「人生にそんなもの必要ないんだ。必要なものは理想ではなく行動規範だ」 「自分がやりたいことをやるのではなく、やるべきことをやるのが紳士だ」 「ねえ、お金持であることの最大の利点ってなんだと思う?」 「お金がないって言えることなのよ」 「たぶんあまりに長く待ちすぎたせい� 紳士であることが行動規範だと述べたことに対し 「どうしてそんなこと言うの?」「肩の力を抜けば体が軽くなることくらい私にもわかっているわよ。そんなこと言ってもらったって何の役にも立たないのよ」, 僕はときどきひどく不安な気持になってしまう。ひょっとして自分はいちばん肝心な部分の記憶を失ってしまっているんじゃないかとふと思うからだ。, 全てがあまりにもくっきりとしすぎていて、どこから手をつければいいのかがわからなかったのだ。文章という不完全な容器に盛ることができるのは不完全な記憶や不完全な想いでしかないのだ。, 「ちゃんとした言葉っていうのはいつももう一人の私が抱えていて、こっちの私は絶対にそれに追いつけないの」, 「現代文学を信用しないというわけじゃないよ。ただ俺は時の洗礼を受けてないものを読んで貴重な時間を無駄に費したくないんだ。人生は短い」, 「二十歳になるなんてなんだか馬鹿みたいだわ。私、二十歳になる準備なんて全然できてないのよ。変な気分。なんだかうしろから無理に押し出されちゃったみたいね」, 「孤独が好きな人間なんていないさ。無理に友だちを作らないだけだよ。そんなことしたってがっかりするだけだもの」, 「ねえ、お金持であることの最大の利点ってなんだと思う?」「お金がないって言えることなのよ」, 「たぶんあまりに長く待ちすぎたせいね、私すごく完璧なものを求めてるの。だからむずかしいのよ」, 「ある種の人々にとって愛というのはすごくささやかな、あるいは下らないところから始まるのよ。そこからじゃないと始まらないのよ」, 「死んだ人はずっと死んだままだけど、私たちはこれからも生きていかなきゃならないんだもの」, 「いちばん大事なことはね、焦らないことよ」「物事が手に負えないくらい入りくんで絡みあっていても絶望的な気持になったり、短気を起こして無理にひっぱったりしちゃ駄目なのよ」, 「私たち二人は離れることができない関係だったのよ。だからもしキズキ君が生きていたら、私たちたぶん一緒にいて、愛しあっていて、そして少しずつ不幸になっていったと思うわ」, 「あなたの人生の邪魔をしたくないの。誰の人生の邪魔もしたくないの」「さっきも言ったようにときどき会いに来て、そして私のことをいつまでも覚えていて。私が望むのはそれだけなのよ」, 「何もかも放り出して誰も知っている人のいないところに行っちゃうのって素晴らしいと思わない?」, こんな日曜日をいったい何十回、何百回くりかえすことになるのだろうかとふと思った。日曜日には僕はねじを巻かないのだ。, 「ゲームと同じさ。ルールがひとつわかったら、あとはいくつやったってみんな同じなんだよ」, 「世の中というのは原理的に不公平なものなんだよ。それは俺のせいじゃない。はじめからそうなってるんだ」, 「ときどき俺は世間を見まわして本当にうんざりするんだ。どうしてこいつらは努力というものをしないんだろう。努力もせずに不平ばかり言うんだろうってね」, 「そういうのってたぶんどうしようもないことなのよ。自分ではどうしようもないことなのよ」, 「時間がほしいんだ。考えたり、整理したり、判断したりする時間がほしいんだ。悪いとは思うけど、今はそうとしか言えないんだ」, 「私に何をしてもかまわないけれど、傷つけることだけはやめてね。私これまでの人生で十分に傷ついてきたし、これ以上傷つきたくないの。幸せになりたいのよ」, →職業としての小説家→風の歌を聴け→1973年のピンボール→羊をめぐる冒険→ねじまき鳥クロニクル. 緑の身内はみな大病して苦しみぬいて死んだ (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 「マズグレーヴ家の儀式書・ライゲートの大地主(コナン・ドイル)」の名言・台詞まとめました. ブログを報告する, Microsft Wordでページをまたぐ表を作る時、タイトル行の繰り返しができない問題, 「恋愛小説」とか「エロな描写がキツイ」ことで有名なこの小説だけど、僕は昔からこの小説は主人公の先輩で独自の, 永沢さんの人物造形は素晴らしいのだが、これは、実は主人公が潜在的に抱えている人格の投影像だったりするんだろうなぁと今は読みながら思う。, 永沢さんの名言集は、インターネットで検索すると色々、出てくるので、興味のある方はそちらを。. この本を読むことをオススメします。 |

読後レビューは下巻に記載 残っている意識は痛みと苦しみだけ

映画になったのは何年後?

あいかわらずひとつひとつの表現が楽しい 必要なのは理想ではなく行動規範だ。 生きるという事の難しさを訴えているような気がする。 あれから約20年経ち、改めて読み直してみる。 ブログを報告する. それまでも読書は好きで、読みやすいものを読んでいた。 処分する前に読む母の村上本 その⑧ この世は生きづらいだろう。 (目次に戻る)(初めてこのblogに来られた方は、まず目次をご覧ください。) (前のページに戻る) * 激しくネタバレしています。ご注意願います。 レイコさんは阿美寮を出て主人公の家を訪問します。そして「直子の葬式」をした後、主人公とレイコさんはセックスします。

私が読んでいるところは、まだ20歳のワタナベ君だったし、直子もいる。 デビュー作からファンだったので、初版時に店頭に並ぶと同時に買い求めましたが、この作品で少なからず落胆があり、以来春樹作品から少し距離を置く期間に入ったのを覚えています。しかしけして嫌いな作家ではなく、春樹氏が小説に求めるものや方向性が変化し、初期の頃のドライで心地良い空気感をどんどん無くして陰鬱さと性的な湿度を増大させた内容が消化しきれなかったのです。 大学内でビラを配り授業を中断させ演説する学生を見て 恐ろしさをひしひしと感じる, 【僕はノルウェイの森を読むことができない】 ただ、この作品は映画化してほしくなかったかも。

しんみりしたり、ドキドキしたりキラキラした世界は 国家権力ではなく想像力の欠如だろうと僕は思った」 永沢さんの名言集は、インターネットで検索すると色々、出てくるので、興味のある方はそちらを。 永沢さんの役は映画で玉山鉄二がやるんですよね。大丈夫かな…。 どう移ろいゆくのか気になる。, 村上春樹(むらかみ はるき) 必要なものは理想ではなく行動規範だ。 _____ 以上です( ´ ` )ノ すごくないですか?永沢イズム! 自分哲学を持っている人は、小説の中に限らず、現実世界でも魅力的な人が多いです。 逆に、自分哲学を持っていない人は、うすっぺらーく見えるんですよね。 ゆっくりと塩影が生命の領域を侵食し (およそ紳士的ではない同じ寮に住む永沢さんが 紳士であることが行動規範だと述べたことに対し 紳士であることってどういうことですかという質問) 大学内でビラを配り授業を中断させ演説する学生を見て 「異論はないが人の心を駆り立てる力のないこの連中の真の敵は 国家権力ではなく� 今日は僕の人生の中で重要な日になる気がする。もちろん今日が人生を良い方向へ向かうレールへ分岐させたかは分らない。しかしそんなものは死ぬ間際にならないと分からないし、今自分が良い方向へ向かっていると感じてしまう人生にどんな面白みがあるんだろう。 それをこの本では、ま正直にさらけ出して、 人って、日常のいろんな事に翻弄されて、 読み終わって、下巻を読み始めてから、この本の冒頭を読んでみると、主人公ワタナベ君は37歳で、隣に直子はいない。 でもこの本の登場人物達のような気持ちも大切だ。 「ねえ、永沢さん。ところであなたの人生の行動規範っていったいどんなものなんですか?」と僕は訊いてみた。, 僕は笑いはしなかったけれど、あやうく椅子から転げ落ちそうになった。「紳士ってあの紳士ですか?」, 「紳士であることって、どういうことなんですか?もし定義があるなら教えてもらえませんか」, 「お前は俺がこれまで会った人間の中でいちばんまともな人間だよ」と彼は言った。そして勘定を全部払ってくれた。, *1:このシーンについて、最近の村上春樹はインタビューで、それまで一人称小説を書いてきた同氏が、三人での会話を小説で書いたのは初めてで、すごく一生懸命書いて、楽しかった、という趣旨の発言をしている, hiroki_natoさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog 村上春樹全作品1979ー19896 ノルウェイの森 85ページより引用. ワタナベと直子はまるで付き合っているかのような関係を 「ノルウェイの森(下)」(村上春樹)より引用. 読書日記をつけよう!と思ったので100%自己満足だけど書く。今年の俺のテーマは「迷ったら行動」なので。まずは村上春樹の『ノルウェイの森』から書く。, 実はずっと前に買ってたんだけどそのままにしてて気持ち悪かったので読んだ。読んだきっかけはなんとなく有名だから。村上春樹作品は比較的淡々と物語が進むので、推理小説みたいなネタバレはあまりないけど、出来るだけ物語の根幹に関わる部分のネタバレは一応避ける。, 村上春樹の作品自体は初めてじゃなかったんだけど、やっぱり文体が気持ち悪いなーって読み始めは思っちゃう。でもだんだん慣れてくるのが不思議。しかも読み終わる頃には「もうハルキの文体じゃないと満足できない!」って状態になる。怖。, あらすじは主人公のワタナベが直子と緑っていう二人の女性と関わりながら「生と死」について考える、みたいな感じ。ヒロイン的なのがその二人なんだけど、その二人を含めてとにかく主人公がめちゃくちゃセックスをする。3ページに1回くらいしてる。『ノルウェイの森』は有名作品で若い女性も当時はよく読んでたみたいに聞いていたのでこれは少し面食らったけど、文学と性は切り離せないものだとも思うし、おそらくこの作品の一つのテーマは「生と死」であり、ダジャレとかじゃなく性は生に直結するものだと思うのでそれはそれでいいなと思った。この性描写のせいで一部から批判を食らっているのは少しかわいそうだなとも思った。, 俺の好きな登場人物は永沢さんっていう人で、この人は東大法学部で頭脳明晰、容姿端麗みたいなタイプ。それでいて友達のためにナメクジを三匹飲むくらい良い人でもある。でも、彼女がいるのに夜遊びしまくる人で、その点は悪い人だなと思った。ただこの人はいわゆる名言メーカーで、かなりいいことを言う。例えばこれ。, 「ねえ、永沢さん。ところであなたの人生の行動規範っていったいどんなものなんですか?」と僕は訊いてみた。, 僕は笑いはしなかったけれどあやうく椅子から転げ落ちそうになった。「紳士ってあの紳士ですか?」, 「紳士であることって、どういうことなんですか?もし定義があるなら教えてもらえませんか」, これはいいなと思った。彼女いるのに女の子と遊んでるやつのどこが紳士だよ!ってなるけど筋を通すみたいな意味合いで捉えたらなるほどってなる。事実この人は性生活を除いてはかなりストイックな人で、性生活に関しても読めばわかるけど「ほう」ってなる理由がある。ここ読んだ日から俺の行動規範は「紳士であること」に変わった。, 俺は謙虚であることは大事にしようと思ってるけど、それが行き過ぎると自分に対する「同情」になってしまうと思う。これはネガとポジの話になるけどネガの空気は人に感染すると思ってて、俺はできるだけポジティブであるように努めているけど、周りの人もポジに変えられるくらいのものを持てたらいいなと思った。, 他にもいっぱいあるんだけどこの辺にしとく!あとは自分で読め!これだけの有名作品なので文体の合う合わないはあるかもしれないけど内容は間違いなく面白い作品。俺も他の村上春樹作品いっぱい読もうと思った。村上春樹読んでみたい人の一冊目にはかなりいいと思った。, SandiegoKimuraさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog