2018/02/12. 元々アイドリングは高めだったんですが、夏前ぐらいにエアクリーナーを交換した以降顕著にアイドリングが高くなったように感じられ、都内の信号待ちや渋滞で普通にオーバーヒート気味に水温が高まってたので重い腰を上げて原因を探していました。, 結果的にサーモワックスが原因だったのですが、似たような症状の人が参考になるかと思い一応情報などをまとめておきます。, 中古で購入して早い段階でアイドリングが不安定な時期があったりしたのでアイドリングは元々高めに設定していたのですが(このときはプラグが原因)、走行4万キロ時点でプラグとエアクリーナーを交換後に更にアイドリングが高くなったので下げたいなと思い四苦八苦していました。, 症状としてはアイドリングが不安定とかではなく、むしろアイドリングは安定しているのですが回転数がとにかく高く1500回転ぐらいですかね(エンジンが温まってる状態で)。, 都内の信号待ちや渋滞に引っかかると平気でオーバーヒート近くまで水温があがっていっていたという感じです。, アイドリングが高いとなるとまずはアイドルスクリューを触ると思うのですが、アイドルスクリューのネジが外れるまで回して1500回転ぐらい。, 反対側に回していたか?と思い再びネジを入れて回すとアイドリングは更に上がり1600~1700ぐらいまで。, そもそもサーモワックスはクーラントの水温に合わせてアイドリングを調整してくれるようなパーツです。, 具体的には、エンジン始動時には軽くチョークを引くような動作になっていて、水温が高くなるとアイドリングが下げるような動作をするようです。, ですからアイドリング調整するときはエンジンが温まった状態でするというのはサーモワックスが動作した状態でアイドリングを調整する必要があるという理由からでしょうね。, ですから分解するときはクーラントを抜いておかないと、ホースを外したらクーラントをぶちまけることになるので注意です。, 原因はサーモワックスと書きましたが、サーモワックス本体が劣化で不具合が出ていたとかではなく、そもそもサーモワックスにはアイドリングが正常な値になるよう調節する部分がついています。(ネットではサーモワックス自体が相当劣化していたケースがあったので、一応分解してみましたが綺麗でした笑), 他のバイクがどうかはわかりませんが、FZ1の場合はアイドルスクリューは最終的にサーモワックスまで伸びていて、サーモワックスで大きな調整をし、最終的にアイドルスクリューによってアイドリングを微調整するという構造になっていました。, 今回FZ1のアイドリングが高くなっていた原因としては、サーモワックス側の調整がガバガバすぎて、アイドルスクリューによる調整範囲を超えていたという感じですね。, もっと正確に書くと、サーモワックス側のチョークが引かれ過ぎた状態になっており、アイドルスクリューを一番緩めた状態でサーモワックス側が浮いていた状態でした。(説明が難しい), 一応サービスマニュアルには外気温においてサーモワックスの調整量の指定はあるのですが、この調整を正確にしようと思うとスロットルボディを外す必要があったので、とりあえず今回はサーモワックス側をアイドリングを下げる方向に大きめに調節し、そのあとアイドルスクリューで上げる方向に調整するという対処を行いました。, アイドルスクリューのボルトの長さはだいぶあり締める方向にはかなりの余裕があったので、この方法でも大丈夫かなと。, というか初めの状態では、先も書いていましたがアイドルスクリューが外れた状態でそもそもサーモワックス側が浮いていたので、アイドルスクリューによる下げ調節幅が少なく、元々アイドリングが高めになるような調整になっていたのかなと。, ネットではこの調節することができる長さが劣化で短くなってたとかいう話もあったので、もしかしたら短くなってたかもしれませんね。, とりあえず結果だいぶアイドリングが下がってくれたので、後はアイドルスクリューで下げる方向に持っていき無事解決しました。, 調整後に、水温が60℃に達したらファーストアイドルが解除されるかどうかをチェックしろとのことです。, 60℃からずれてたら調整とのことです。調整ボルトを2/3回転で10℃ぐらい変わるとのこと。, また別記事で改めてまとめなおしたいと思いますが、だいたいのアイドリングの不安定は以下の対策で解決すると思います。, 私の場合は、サービスマニュアルとにらめっこして、原因になりそうな場所は予め目星をつけていました。, そもそもFZ1電子制御がそこまで豊富というわけではないので、だいたいの場所は限られていましたね。, 場合によってはいずれかのセンサーが不具合を出している可能性もあるので、まあ結局のところは原因を順番に探していくしかないという感じだと思います。, 今回はサーモワックスの調整で解決しましたが、これをバイク屋に頼んでいたらいったい工賃いくらとられていたかと考えると少し憂鬱ですねw, こういう細かい整備は時間工賃のかからない自分自身で整備するからこそなんとかなるというもんですねw, 仮にはじめからサーモワックスだとわかっていたとしても、調整にはスロットルボディの取り外しが必要になってくるので、いずれにせよだいぶお金はかかりそうですw, 宿泊ツーリングでのホテルの予約には楽天トラベルがおすすめで、私も毎回利用しています!, 地域名でホテルの検索をかけることができる上に、次回予約時に使えるポイント還元などなど、定番ながらしっかりと使いどころを抑えているのがさすがですね。, ご存じのように書籍が定額で読み放題なサービスなのですが、そのラインナップの中には「バイクジン」や「ライダースクラブ」、「クラブハーレー」、「モトチャンプ」など、他にも車系雑誌が含まれています!, しかも、話題の漫画のはじめの数巻が読めたり、普通に男性・女性ファッション誌が読めたりなど、雑誌のラインナップは本当に豊富ではっきり言って月額980円は余裕で回収できます。, 1992年生まれ。大阪出身東京在住。大学時代はギターにはまり、卒業後はバイクや旅行へと関心が移り現在に至ります!他にもアウトドア系全般や筋トレなども好きです!ブログでは自分の経験を元にしたリアルな情報を発信できるよう心がけています!. トヨタ ハイエースは商用バンのベストセラー車で、商用のみならず乗用車としても一般ユーザーに人気があります。, 長年の信頼のもとに人気を保ち続けているハイエースですが、故障率についてはどのぐらいの車なのでしょうか。, ハイエースは1967年から現在に至るまでモデルチェンジを繰り返している車で、現行型は2004年に登場してから14年間モデルライフが続いています。, その間細かなマイナーチェンジを繰り返して改良が重ねられており、かなり成熟したモデルとなっています。, 商用車としての効率の高い荷室がハイエースの特徴ですが、それは乗用車としても非常に便利な特徴でありアウトドアやマリンスポーツを楽しむ人にも人気があります。, また個人個人のスタイルでカスタムも頻繁に行われており、もはや商用車の域を完全に越えているといってもよいでしょう。, 愛好家も多いハイエースですので信頼性の高さは重要ですので、実際のデータをもとにハイエースの故障率を調べてみましょう。, ハイエースの故障率はトヨタ自動車がデータを収集しているはずなのですが、メーカーの故障率データというのは社外秘の機密データとなっているので一般には公開されていません。, そのため私たちがハイエースの故障率を把握することはできないのですが、その他にも民間調査会社が独自に収集している故障率のデータが一般公開されています。, アメリカの調査会社であるJ.D.パワー社が調査している「自動車耐久品質調査」という調査があり、これは新車購入から3年~5年が経過した車の故障率を実際のオーナーに聞き取り調査したデータを収集し、メーカーごとにランキング形式でまとめて発表しています。, このデータで各国市場のメーカーごとの故障率を比較することができ、車種ごとではないのですがハイエースがどれぐらいのランクにあるのかがわかります。, トヨタはこのランキングで堂々の1位を獲得しており、非常に信頼性の高いメーカーであることがわかります。, この調査では長年トップにトヨタがおり、国産メーカーのなかでは随一の故障率の低さのメーカーといってもよいでしょう。, ハイエースの故障率が直接わかるわけではありませんが、十分信頼性が高いと考えてもよいでしょう。, メーカーごとの故障率については、以下の記事で詳しく解説しています。こちらも参考にしてみてください。, ハイエースは登場が2004年と比較的古いので、主要コンポーネントの基本設計は2000年辺りの技術となっています。, またエンジンやトランスミッションに関してもアップデートは行われているものの仕様は旧式のものであり、最新のハイブリッドシステムや多段式ATなどは採用されません。, その分現在最新の車に比べると複雑な電子システムの少ない車となっており、その分トラブルの起こりやすい構造は少なく、耐久性が高いと言えます。(耐久性の詳細は以下の記事をご参照ください。), また登場からすでに14年が経過していることで初期不良も経年劣化による不具合発生なども一通り出尽くしており、その改良とともに信頼性の高い車に仕上がってきているでしょう。, 車の信頼性の高さは基本設計の確かさもたしかにあるのですが、モデルライフ中の改善、改良も重要でありモデルライフが長ければ長いほど信頼性はあがります。, ハイエースは新車の状態では信頼性の高い車ですが、中古車となるとさまざまな状態の車がありますので見極めが結構大変な車種です。, 基本的には中古車の寿命とされている年式10年以上か、走行距離100,000km以上ということを念頭において見極めればよく、当然ながら新しければ新しいほど故障は少なくなります。(走行距離の寿命については以下の記事をご参照ください。), ハイエースは全世代を考えるとかなりの台数が中古車市場に残っていますが、現行型にしても初期型は年式10年を上回っており、選択肢からはずすことになるでしょう。, 現行型でも走行距離の多い車もありますが、状態の良いハイエースの中古車は価格があまり下落しない傾向にあり、価格と車の状態のバランスはなかなか見極めが難しいものです。, しかし基本的には信頼性の高い車ですので、年式が古かったり走行距離が多くても、基本的には消耗品の交換によってクオリティを維持することは可能です。, 交換部品が豊富で中古部品も市場にたくさんあるハイエースであれば、維持費をおさえつつ車の消耗品を交換することができるでしょう。, あとは基本的に中古車の選び方の一般的なポイントを抑えておけば、大きな問題はありません。中古車の一般的な選び方が分からない方は、こちらの記事もご覧ください。, ハイエースの故障に関する評判は実際のオーナーさんがTwitterにたくさん投稿されており、今回は参考にここから何件かご紹介します。, 新車から乗り出したG4号!12年目で500000km突破しました!消耗品はこまめに交換してきたので大きい故障はダイナモだけ(普通に経年劣化)!さすがトヨタのハイエースや!しかし、オイルいままでに何リットル変えたんやろか?トヨタ最高! https://t.co/ec8d82gXhr, — GOOD4NOTHING (@good4nothing_jp) September 7, 2017, 新車で購入したハイエースを12年乗り続けたこの方はついに走行距離500,000kmを達成されたそうで、これこそハイエースの信頼性の高さを証明しているといってもよいでしょう。, これまで起こった大きな故障はダイナモ(オルタネータ)だけのようで、消耗品をしっかり交換してメンテナンスも欠かせず行われたのがよかったようです。, どのハイエースでもここまでほぼ故障なしでいけるかはわかりませんが、メンテナンスのこまめさこそが長持ちさせるコツでしょう。, ちなみにハイエースの走行距離はかなり長い事例が数々報告されています。詳細は以下の記事で解説しているので、こちらもあわせてご参照ください。, こんな事言ってたからか…ハイエースちゃんがスネてもーて、金曜の朝いきなり左右ウィンカー、前席エアコン、パワーウィンドウ、シガーソケットその他諸々が同時に死にました。ヘッドライトとブレーキランプ点いてたからまだ良かったけど、ディーラーに緊急入院中。今まで故障知らずの12年だったのに。 https://t.co/0SsP85vsUn, この方のハイエースも12年経過されたそうですが、どうも急に故障箇所がたくさん現れてきたようですね。, 症状を総合すると電気系統のトラブルが多いようで、経年劣化によるトラブルといえるでしょう。, いつも整備してて思うんだけど、ハイエースのディーゼルエンジンって故障だらけなのになんであんなに売れているんだろう?? アイドリングが高いとなるとまずはアイドルスクリューを触ると思うのですが、アイドルスクリューのネジが外れるまで回して1500回転ぐらい。 反対側に回していたか?と思い再びネジを入れて回すとアイドリングは更に上がり1600~1700ぐらいまで。

私の60ヴォクシーも遂に、「アイドリングが安定しない」「望んでもないのに時々アイドリングストップ」の症状が出始めて来ました。 そこで、よく聞くスロットルボディの清掃を実施してみようと思います。 作業自体はそんなに難しくは無いんです。 Copyright © ハイエース・プロショップ『ハイエースワールド』 ALL Rights Reserved.