名言集, 及川 徹(おいかわ とおる、Oikawa Tooru)は漫画『ハイキュー! 「猛(たける)」という甥がおり、彼に徹と呼び捨てにされている。どうやら年の離れた姉か兄がいるようだ(原作のファンブックで彼の苗字が「及川」であることが判明した為、兄である可能性が高い)。 女子の集団に捕まっては相手をしているようで、制裁として岩泉にボールをぶつけられている。 スピード その後、絵の違い(原作絵からアニメ絵になった)があるものの、ハイキュー! このように高い技術を有しているが、あくまでも「及川徹は天才ではない」。 テクニック

頭脳 前述のドラマCD内では、NHKのコント番組LIFE!の登場人物、イカ大王のテーマ『イカ大王体操第二』https://youtu.be/7_hhwvZhwMw

セッター 184.3cm

コンテンツ 「超攻撃型セッター」 これを受けてか2014年8月18日から8月24日まで仙台で行われていた「ハイキュー! 「天才ってムカつく」といった主旨の発言を何度もしている上、影山に対し正々堂々と試合で叩き潰すと宣言し、それをとても楽しみにしていた。

★★★★☆ ジャンプ最高到達点

猛「カノジョにフラれたから暇だってゆったじゃん!(大声)」

烏野 vs 青葉城西の練習試合中ピンチサーバーとして登場。 !」にて青葉城西高校の主将を務める及川徹とは、一体どんな人物なのでしょうか? 登場回数も多く及川徹のことが大好き、よく知っているという方も多いと思いますが、改めて及川徹の性格や人間関係、名台詞や名シーンまでご紹介したいと思います。

パワー

いわゆる努力型であり、作品内でのアンチ天才の代表。それゆえに"天才"にコンプレックスを抱いている様子で、かつての後輩である"天才"影山飛雄に対し、大人げない態度を取っている。

バネ ハイキュー登場人物の身長をランキング形式で発表!身長だけでなくプレーもめきめきと成長していくキャラクターの最新情報を交えながら比較して紹介します。アニメ・漫画で大人気のバレーボール漫画ハイキューで一番デカい男は一体誰なのか?

を鼻歌で歌った。. 彼自身も主将兼セッターとしてチームの信頼を集めており、一言で場の空気を変えるカリスマ性を有する。普段のおちゃらけている彼と、試合中に見せるとてもシリアスな彼のギャップが凄まじい。

セカンドシーズン」BD&DVD Vol.5の特典ドラマCDは、上記の番外編を元に制作された。 基本情報

★★★★☆ !」の中でもイケメンなポジションのキャラクターです。いつもニコニコしていて人当たりがよく、初めて練習試合で烏野高校に出会った時も自分から日向翔陽に話しかけたりと、コミュニケーション能力も高めな様子です。, 作中でもイケメン故に女の子に囲まれていたり、試合に及川徹目当てで応援に来る女の子も多いです。そんな及川徹の最近の悩みは烏野のマネちゃんに声をかけたらガン無視されたことだそうです。及川徹自体も女の子が好きなのでしょうね。, 及川徹のプレーはどんなチームに居てもそのチームの最大限を引き出せるセッターとして牛島若利も称しており、他校からも及川徹は有名なようです。トスだけではなく、サーブも強烈で烏野高校も幾度となく苦しめられました。多くの学校は、及川徹のサービスエースによって何点も取られていることでしょう。流れを切るためにタイムアウトを取る学校も多いですが、その際集中を切らさないよう及川徹はミーティングには参加せず目を瞑って集中しています。, 影山飛雄にトスは敵わないけれど、それ以外なら負けないとも言っており、自分の実力に自信も持っています。総合的に見れば県内トップクラスの実力の持ち主なのですが、及川徹は天才ではありません。自分の才能を開花させるために努力をし続け今の実力に至るのです。, 普段はニコニコとしていますが、ニコニコしながら嫌味を言ったりすることも多く、影山飛雄曰く月島蛍以上に性格が悪いとのことです。そして意外と涙脆いです。しかし、チームメイトからは多大なる信頼を寄せられており、及川徹自体もチームメイト全員を心から信頼しています。相手を観察し長所と短所を見つけ出すことが得意であり、チームメイトの最大値を引き出すことができます。, とてつもない努力家で、たまにオーバーワークをして岩泉一に叱られることもあります。後輩の影山飛雄や白鳥沢学園の牛島若利の存在が心のどこかで引っかかっているのか、天才と呼ばれる人があまり好きではない様子。及川徹の実力は、傍から見れば天才と呼ばれる実力なのですが、あくまで及川徹の多大なる努力で身に着けたものなのです。, 及川徹と岩泉一は幼馴染で、小さい頃から一緒にいます。お互いがお互いを口にはあまり出しませんが1番信頼しており、土壇場で及川徹がトスを上げるのはいつも岩泉一です。中学校時代には、焦りでオーバーワークをする及川徹を岩泉一が口で止めても聞かないので、力ずくで止めているシーンもあります。自分のことを思い、ここまでちゃんと叱ってくれるのは岩泉一だけなので、及川徹にとって自分のことをよく理解してくれている大切な友達です。, よく悪態をついていますが、行動するときには常に一緒にいます。烏野高校と白鳥沢学園との試合もバラバラに見に来たものの、結局一緒に見ていました。, 及川徹の身長は184.3cmと高身長です。青葉城西高校の中では4番目くらいの身長の高さでしょうか。及川徹はツーアタックやブロックも率先してするため、高身長は有利です。身長があるので、セッターとしてネット際にいるだけで存在感と威圧感が凄いでしょう。, 及川徹の声は、浪川大輔さんです。ステイラックに所属し、東京都生まれの声優、俳優、歌手です。, 代表作はアニメでは、2004年「GANTZ」の玄野計、2013年~2020年「ダイヤのA」の滝川・クリス・優、2014年~2018年「東京喰種」の有馬貴将、2018年「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」のギルベルト・ブーゲンビリアがあります。ゲーム作品では、「テイルズオブグレイセス」のリチャード、「逆転裁判6」ナユタ・サードマディ、「ファンタジーアースジェネシス」のゼノがあります。他にも映画の吹き替えをいくつも演じました。, これは及川徹が試合の直前に必ずチームメイトに言う台詞です。及川徹が言うことで一気にチームの雰囲気が引き締まります。これは観客席から見ていた烏野高校のOBにも空気が変わったことが伝わるほどのものです。, 青葉城西の監督曰く、この一言はただの冗談のようで、或いは脅迫のようでもある。ただこの言葉だけは何の裏もない言葉だとチームメイトは知っているからこそ、チームメイトも及川徹を全力で信じることができるのだそうです。, 決して天才ではない及川徹がいかに自分の力でここまで強くなってきたのかが分かる台詞ですね。持っていなかった才能は自分の努力で開花させ、センスも必死に磨いてきた及川徹が言うからこそ説得力がある言葉です。天才ではなくても自分次第でなんとでもできると言われているようなこの台詞は読者の中でも人気な台詞で、心に響いた方も多いのではないでしょうか。, 烏野高校に入ったことでコート上の王様と呼ばれていた影山飛雄が、急速にプレーも精神面でも成長している様子を見ていずれ天才に追い越されるのかもしれないと思っている及川徹ですが、しかし自分もまだ負けるわけにはいかないのです。影山飛雄の成長は素晴らしいものでしたが、まだ及川徹には及ばないのです。, 相手に点を取られ焦るチームメイトに向けて言った台詞です。点差がギリギリになると、相手に点が入るだけでどうしても気持ちが焦ってしまうものですが、さすがは主将です。落ち着きを取り戻すような言葉をかけチームメイトに冷静を取り戻させ、いつも通りの実力を発揮させるところは信頼されているからこそです。, 烏野高校に負け、引退となった及川徹と岩泉一の前に現れた牛島若利にお前の道は間違いだったと言われたことに、冷静に怒りを覚える及川徹です。及川徹は自分が青葉城西に来たことは間違っているとは思わないと牛島若利に言いました。3年間青葉城西というチームで仲間を信じ全力で戦ってきた及川徹にとって青葉城西を侮辱された気持ちにもなったのでしょうか。, 及川徹は影山飛雄のことを後輩でありながら倒したい相手と見てきましたが、アドバイスを求める影山飛雄にそれとなくアドバイスをしてあげたりと、何だかんだで後輩思いな優しい人です。, 烏野高校と青葉城西高校の公式での試合は2回とも及川徹が沢山活躍しますので見どころ満点です。普段と試合中の表情のギャップに及川徹を好きになった読者の方も多いのではないでしょうか。. レシーブが苦手だと判断した相手に得意のサーブをガンガン狙い打ちしたり、ツーアタック、スパイクモーションからのセットなど彼の性格を表すような相手を翻弄するプレイスタイルを取る。まさに「ピンチはチャンス」とでも言うように、チームにピンチが訪れても冷静にそれを打開してくる。更に、それぞれ個性の違うスパイカー達をどう活かすかということも常に考えており、臨機応変な戦術でチームを率いている。 ちなみに岩泉とは小学校のクラブチームから共にバレーをしており、いわゆる幼馴染(原作67話にバレーを始める前から一緒に遊んでいたと思われる描写がある)。 !Tシャツの数量限定の購入特典のハンガーの一つとして本当に復活した。 青葉城西高校 3年6組。バレー部主将。影山 の中学時代の先輩にあたり影山がプレイの手本にしたほどの実力者。中学最後の大会ではベストセッター賞を獲得しており、選手それぞれの性格や特徴を活かす「スパイカーの力を100%引き出せるセッター」として牛島 からも一目を置かれてる県内トップクラスのセッター。しかし、その実力は及川本人の努力の賜物であり、天才と呼ばれる人間に対してコンプレックスを抱いている。そ …

同姓同名の漫画家がいる(新世界よりとアブソリュート・デュオのコミカライズを担当)⇒Wikipedia, 青葉城西高校バレー部主将。作中でイケメンであることが一番強調されている。 !』と書かれている。 ポジション

長い付き合いもあってか、彼との連携は『阿吽の呼吸』と評されている。→ 一徹コンビ

北川第一中学出身で、影山の先輩。影山は彼を見てサーブやブロックを覚えたとのこと。「影山の先輩=王様より上=大王様」ということで日向に「大王様」と呼ばれる。

また、ハイキュー!!

1 北川第一中学→青葉城西高校

© 2020 コミックキャラバン All rights reserved.

"天才"にコンプレックスを抱いている要因は、影山以外にも牛島の存在がある。同期であるために牛島はずっと及川たちの前に立ちふさがり、そのせいで及川は一時期荒んでいた。だがある日岩泉の言葉のおかげで吹っ切れ、中学時代最後の大会では「ベストセッター賞」を獲得した。この時の岩泉の言葉は、今のセッターとしての及川を形成しているようなもの。

!のご当地仙台に実際に存在する遊園地であり、東北民ならば一度は聞いたことのあるフレーズであるとのこと。

及川にとって越えるべき"壁"である牛島だが、牛島自身は及川を優秀なセッターとして評価しており、9巻で「白鳥沢(ウチ)に来るべきだった」「どこであろうとそのチームの最大値を引き出すセッター」と称していた。 俳優 【ハイキュー】青葉城西高校. 能力値 意外にも部屋は和室。低い机にパソコンを乗せ、部屋の真ん中に布団を敷いているシーンがある。漫画では高校生らしく雑誌や服で散らかっていたが、何故かアニメでは綺麗に片付けられていた。やはりイケメンの部屋が散らかっているのは体裁が悪いからだろうか⋅⋅⋅⋅⋅