『ハイキュー! 『ハイキュー! 2018/9/30 地に這いつくばった後また立って歩けるのかという, ざざっとご紹介しましたが、やっぱりお読みいただくのが一番(笑) 【ホンシェルジュ】 本作は、『週刊少年ジャンプ』で連載中の大人気シポーツ漫画です。なんといっても、登場人物が1人残らず魅力的!今回は本作のキャラクターを、第2回人気投票順に、各キャラの魅力が伝わる名言と合わせてご紹介します! | 星奈やえ(ライター)

けれど、相対するライバル校たちも個性豊かで、それぞれのストーリーがあり、そこもハイキュー! )バレーマンガ『ハイキュー!!』の名シーン、名言、感想をまとめてます。今回は、リベロ・西谷 夕(にしのや ゆう) ことノヤっさん まとめ第1弾。なにかとピョンピョン飛び跳ねる姿が可愛くて好きですが、試合中は超絶男前です。コミックス2巻~3巻、烏野vs町内会チームまでの、めぐる的厳選!名シーン5つをまとめてます!, 『ハイキュー!!』4巻/古館春一(第26話~第34話/おまけ漫画)見えないところで火花をちらす、大地さんvsクロさんも何気に楽しい(笑)音駒戦!各話あらすじと感想をお伝えしていきます!, ワクワク面白く、まっすぐな熱血が清々しい。そしてジワっと感動できる・・・読み始めたら止められない!ノンストップ(? !の魅力ひとつ。今回は烏野と同県の強豪、青葉城西と伊達工業がぶつかった試合を 』(集英社)2011 winter・『週刊少年ジャンプ』(集英社)2011年20・21合併号にそれぞれ読切版が掲載された後 、『週刊少年ジャンプ』にて2012年12号から 2020年33・34合併号まで連載された ぜひぜひ『ハイキュー!!』をマンガでもお楽しみください♪, 春高2日目にして優勝候補の稲荷崎と激突!と、その前に・・・春高の小さな巨人に出会った日向は!? 影山は、かつてチームメイトだった国見が及川のセットアップで、のびのびとプレーするのを見て打ちのめされるがーーー。, 31-32で追い込まれた烏野。 『ハイキュー!!』28巻/古館春一(第243話~第251話)あらすじとみどころ感想をお伝えしてます!, 読み始めたら止められない! 原作が最終回を迎えたにも関わらず、いまだに大人気のアニメ「ハイキュー! ”コートに残るのは強い奴だけ”それを突きつけられた日向と影山はーーー。, 敗戦の悔しさが忘れられない烏野メンバーたち。 東京遠征編へ 12巻 第二回戦(烏野は初戦)烏野対扇南(ヤンキー風)、 第三回戦、烏野vs角川(2mの新人)、 … ハイキュー!!は主人公・日向翔陽が所属する烏野高校を主軸に物語が進みます。けれど、相対するライバル校たちも個性豊かで、それぞれのストーリーがあり、そこもハイキュー! !』の原作は「週刊少年ジャンプ」で2012年2月から2020年7月まで連載されていたマンガ。 全45巻で累計発行部数5,000万部以上を誇る人気作品だ。 『ハイキュー! ウラオモテのない及川さん、わかりやすくて好きだわ。, 激闘の末の敗北。 仲間を信頼することを覚えた影山が最後に選択する攻撃はーーー?, セットカウント1-2で敗れた烏野。 でも今までと明らかに違うのは”仲間”が意識できてること。, 影山ひとりじゃ及川さんにまだ敵わないけど「ひとりで戦うわけじゃない」のはもうわかってる。, そんな影山の変化に及川さんは心底嫌そう(笑) !」、烏野高校の遠征について気になる人も多いはず!やっぱり高校の部活といえば遠征先での練習で勝敗に影響されるところありますよね。

読み始めたら止められない!ノンストップ(?

しかし、立ち止まることなく次の”頂”を目指す。, 引退か、”最後の戦い”にのぞむか・・・ 4.春高予選編(vs条善寺、和久谷南、青葉城西、白鳥沢)(ハイキュー) 2016/1/12 ハイキュー!! 日向翔陽や影山飛雄といった優秀な1年生が入部して初となった大きな大会・インターハイ予選。, 烏野高校キャプテンである沢村大地の中学時代のチームメイトだった池尻隼人との試合でした。, 池尻隼人は沢村大地のが言っていた「勝とうとしなきゃ勝てない」という言葉をつぶやきチームの雰囲気を変えていきました。, 常波高校は本気で1っ点を取りにいき、烏野高校もそれにこたえるように本気でぶつかり合いました。, 3か月前にエーススパイカーである東峰旭が鉄壁のブロック相手に惨敗し、烏野高校の上級生達にとってはリベンジマッチとなりました。, 伊達工業高校の青根高伸は後半に行くにつれて日向翔陽の速攻についてくるようになり点差がなかなか離れない状況が続きました。, 鉄壁の向こう側をイメージできなかった東根旭だったが、日向翔陽の最強のおとりと西谷夕のレシーブがエースの道を切り開きネットの向こう側の景色を再び見ることができました。, 青葉城西高校の及川徹は強烈なジャンプサーブを炸裂させ大岬高校相手に4本連続のサービスエースをとっていました。, サーブが返されても安定した連携によって確実によってストレート勝ちを決めていました。, 牛沢若利が率いる白鳥沢学園の一回戦は扇南高校を相手に全く流れを渡さずに大差で勝利しました。, テレビのローカル番組でも王者である白鳥沢高校が危なげなく全国への切符を勝ち取るのか、それを止めるチームがいるのかに注目していました。, 練習試合では烏野高校が勝利をしましたが、正セッターとして及川徹が入って試合を行うのは初めてとなりました。, 力強いサーブと味方の力を100%引き出すトス、さらに変人速攻の掛け声に気づかれてしまい苦戦をしいられます。, 勝利に焦った影山飛雄だったが菅原考支というチームからの信頼されるセッターが入ることによってチームの体制を立て直すことができました。, 激しいラリーが続く中、山口忠の未完成フローターサーブを入れるなど何とか流れを変えて追いつこうとするするが、最後に上がるトスを及川徹に読まれ烏野高校は敗北しました。, 烏野高校に勝利した青葉城西高校は泉石高校相手にストレート勝ちを決め決勝戦に進出しました。, 及川徹は牛沢若利を相手に何度も敗北をしているため今日こそはへこましてやると意気込み、試合を開始しました。, しかし白鳥沢高校は青葉城西の練り上げられた強さを前にしても力ずくで点を取っていきストレート勝ちしました。, 日向翔陽と影山飛雄が到着する前の試合で、この時には8セット連続で敗北していました。, 日向翔陽の速攻は灰羽リエーフによって止められてしまいますが、日向翔陽は新たな強さを欲しがるようになり東峰旭へのトスを無意識に奪いに行ってぶつかってしまいます。, 「今のままじゃだめだ」という日向翔陽の発言で他の選手等にも意識の変化が芽生えました。, 選手たちがそれぞれ新しい課題に取り組み始め、バックトスやシンクロ攻撃などを実践しだしました。, 日向翔陽は他の選手が進化していく中、自分だけが何もないことにイライラしており影山飛雄の落ちるトスではないトスを上げたことにキレていました。, 強烈な強羅昌己のサーブをレシーブし田中龍之介がフリーでスパイクを打ちますがコースを狙いすぎてアウトとなり負けました。, それ以外にもシンクロ攻撃ややバックトスからのバックアタックなどのばらけていた歯車がかみ合い始めました。, 木兎光太郎はスパイクミスで気を落とさせますが、チームの信頼性は梟谷高校の方が高く上手く立て直しました。, どのチームにとっても3年生は最後の試合となるため、1・2年生は負けることが許されない大会です。, 試合前、日向翔陽は「簡単に全国とか言ってんじゃねぇ」と否定されますが、試合が始まると烏野高校の強さにみな驚いていました。, 扇南高校の十和田良樹は烏野高校との試合でまた強い相手とあたってしまったとあきらめていましたが、前主将の秋宮昇の応援で自分のみっともなさを認め「烏野を倒す。一次予選突破。打倒白鳥沢」と宣言していました。, 序盤は2mの打点とブロックの高さに驚いていましたが、百沢雄大はコースの打ち分けができてないことに気づきコースを絞っていました。, 「アソビ」を重視して型にはまらないバレーをしている条善寺高校は様々な動きで烏野高校を翻弄していきます。, 条善寺高校には澤村大地のような安定した土台を作ってくれる芯の強い選手がいないため、自由にあそべる「アソビバ」がないことを感じます。, しかしマネージャである三咲華の一言がチームの雰囲気を変え、残り少ない後半で頭の中のシミュレーションと現実が一致しだしました。, 中島猛は角度を意識したスパイクを使い、鳥養繋心は宮城県内で最も小さな巨人に近いプレイスタイルをしています。, レシーブを拾う際に田中龍之介と澤村大地がぶつかってしまい、縁下力がその代わりを務めて自ら作戦を練って成功させました。, そして烏野高校が23点に到達したときに山口忠がピンチサーバーとして入り始めてジャンプフローターサーブを決めましたが、残り1点になったときにジャンプフローターサーブをやめてしまい鳥養繋心に怒鳴られそうになっていました。, 新たに黄金川貫至という大型セッターが入った新制伊達工業高校と青葉城西高校の試合です。, 及川徹のスパイクを三枚ブロックで防ぐなど伊達工業高校もブロックの強さを見せるが、新しいチームが故バタバタしている部分もありました。, 青葉城西高校は及川徹の威力の上がったサーブと新たな選手である京谷賢太郎の超インナースパイクで烏野高校を苦しめていきます。, 田中龍之介があえて京谷賢太郎をあえて狙って挑発をしたり、菅原考支を加えてツーセッターの体制で立て直していきました。, ピンチサーバーで入った山口忠は和久南戦の反省を生かしジャンプフローターでサービスエースを連続2本をとりました。, 最後は日向翔陽が特訓の成果を見せ、ブロックの高さが足りていなかった京谷賢太郎の隙間を狙い勝利しました。, 序盤は白鳥沢高校の左利きエーススパイカーである牛島若利の強力なスパイクと日向翔陽の速攻やほかのスパイカーに対して天童覚の”ゲスブロック”や一人時間差攻撃が炸裂します。, 烏野高校も三枚ブロックでブロックがいることを意識させて西谷夕が拾うトータルディフェンスやセッターを入れ替えながら応戦していきます。, そして誰も止めることができなかった牛島若利のスパイクを月島蛍はセッターである白布賢二郎を揺さぶることでブロックしました。, 牛島若利の気持ちがこっもたスパイクを受け止めチーム一丸でラリーを続け、最後は日向翔陽が自ら店テンポを変更しバックアタックを決めて勝利しました。, 試合の中で目立つ選手は一部かもしれませんが、バレーはチームスポーツのためチーム全体で支えあうことが大切だと感じます。, ☆【ハイキュー】宇内天満がやめた理由は?日向たちを見て何を思ったのだろうか?☆【ハイキュー】北さんが泣く!おばあちゃんの言葉や思いについても, ☆【ハイキュー】小さな巨人にがっかりしなかった理由は?日向はあの時どうとらえたのか, ☆【ハイキュー】キャラがトラウマ解消するまでの物語まとめ!月島や影山・その他の人物も, 烏野 VS 青葉城西 1セット〈15-25〉 2セット〈25-23〉 3セット〈31-33〉, 烏野 VS 和久南 1セット〈25-20〉 2セット〈20-25〉 3セット〈25-23〉, 烏野 VS 青葉城西 1セット〈25-23〉 2セット〈26-28〉 3セット〈26-24〉, 烏野 VS 白鳥沢 1セット〈16-25〉2セット〈31-29〉3セット〈18-25〉4セット〈29-27〉5セット〈21-19〉, 【ハイキュー】キャラがトラウマ解消するまでの物語まとめ!月島や影山・その他の人物も, 【リゼロ】ロズワールの素顔をスバルが見たのはいつ?覚えていないロズワールについても, 【東京BABYLON】は面白い?見どころやタイトルに2021と付いている理由についても, 【夏目友人帳(いつかゆきのひに)】はNetflixで見れない?動画を無料で見れるアプリ比較!, 青葉城西 VS 烏野〈25-13〉〈22-25〉〈23-25〉(日向が烏野に入って初めての練習試合), 烏野 VS 音駒 〈22-25〉〈23-25〉〈24-26〉〈25-27〉〈30-32〉(GW合宿最終日の練習試合), 鳥野 VS 新井川 2セット〈17-25〉 (インターハイ宮城県予選:大地たちが1年の時 3期6話 ). ハイキュー! !の魅力ひとつ。, 今回は烏野と同県の強豪、青葉城西と伊達工業がぶつかった試合を見ていきたいと思います!, 青葉城西と伊達工業の試合は、春高予選で行われます。この試合で勝った方が烏野との準決勝に進むので、コート外には試合を終えた烏野メンバーの姿も。, 大王様こと及川さんはじめ、3年生も含めたフルメンバーの青城。一方の伊達工は2年生の二口をキャプテンとした新しいチーム。 完成されたチームと発展途上チームのぶつかり合いです。, アニメでは、1話前の18話、冒頭部分で及川さんと二口くんが握手するシーンがあります。, その際、及川さんが「まあまあ、そんなに気張んないで。君らは来年だってあるんだし」と笑顔で言うと、それに対して真っ向勝負で「関係ねぇっす」と返す二口くん。, 及川さんも二口くんも、見た目は爽やかイケメンボーイなのに、少し性格に難ありで癖のあるキャラクターが魅力的ですよね。, その伊達工に新しくメンバー入りしたのが190cmを超える長身の黄金川。1年生ながらセッターポジションを任されています。, 見た目にはかなりインパクトのある布陣。けれど、まだまだ技術が伴わない黄金川はトスを高く上げすぎたり、バレバレのフェイントをしたりと足を引っ張ります。, 伊達工ってみんな背も高いし、青根くんや監督さんのイメージが強くて、イカつい顔であんまり喋らない、ちょっと怖いイメージがあったんです。けど、黄金川くんが入ることによってコミカルさがプラスされたというか、ほんわかシーンが多くなった気がします。, わたしがこの試合中、一番好きなシーンは、黄金川くんがあげたトスが、高すぎてスパイカーを通り越し、ベンチの監督さんがキャッチするシーン。, 二口が注意するも、元気よく返事はしますが、わかってるのかわかってないのか…二口も困惑気味です。, 一方で、高さがあるからこそできる、高い打点から高い打点へのトスでのクイック攻撃、二口・青根と並ぶ3枚目の壁として及川のスパイクをドシャットするブロックなど、荒削りとはいえ周囲を驚かせる黄金川。, 二口、青根の安定したプレイと共に、最初のうちはミスの方が目立つ黄金川も少しずつ決まるようになり、試合の行方は亀甲。青城メンバーに火をつけていきます。, 無口な青根くんも、言葉数は少ないですがアドバイスをしたり、精神面も成長中の伊達工2年生にも注目です。, 及川は鉄壁ブロックを避けるために、いつもよりネットから離れたトスを岩泉に上げます。, それに気付いた岩泉は「いつも通りでいい。俺に勝負させろ」と静かな闘志を及川にぶつけます。, 青城のセットポイントに、必死に食らいつく伊達工。しかし、最後は黄金川の締めの甘いブロックを岩泉に真っ向から打ち抜かれ、力の差を見せつけられるように試合終了。, 試合終了後、もっと強くなる、と自分に言い聞かせるように宣言する黄金川。どんなパワーの奴でも、デカい奴でも止められるようになる、その言葉に青根は、「止めることが難しい相手が、大きくて強いとは限らない」と返します。その先には日向の姿が。, 腕と腕の間、ど真ん中を打ち抜く岩泉さんのスパイクは、まさに1年と3年の格の違いを見せつける一撃!, 黄金川くん、悔しかっただろうなあ…それでも、きっと、この悔しさをバネにもっともっと成長し、鉄壁の名に恥じない素晴らしい選手になるんだろうな、と感じる前向きな終わり方でした。, 今回は叶いませんでしたが、試合後に青根くんが日向とすれ違い、心の中で再戦を誓う姿も印象的。, 体格に恵まれている青根くんにそう言わせる日向は、この時すでに、小さな巨人への一歩を大きく踏み出していたのかもしれません。, ・伊達工の新兵器、大型セッター・黄金川。ミスも多いが、高さと真面目さを武器とし、試合をかき回す, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. 空気がピリッと変わる。, みんな自分がやるより緊張してたと思われ(笑) さて、ハイキュー! )バレーマンガ『ハイキュー!!』1巻/古館春一(第1話~第7話)日向と影山の成長が楽しみです♪各話あらすじと感想をお伝えしていきます!, 頑張っているのに何かが上手くいかない時、悩んだり凹んだりしますけど、ちょっとした言葉で”浮上”できることもあります。またやる気が出たり、気持ちが軽くなったり。。「少し苦しくても、頑張ることが楽しくなる」そんな”浮上”できる言葉を、バレーマンガ『ハイキュー!!』からめぐる的厳選!名言5つをまとめました!, このブログではマンガ話を中心にして、日々の中で気になる色んなものを、さらっと探ってサクッと発信するブログです。, 読んでくれた人が、ちょっとでも「おっ♪」って思って楽しんでくれるような、小ネタ発信を目指しています。. 果たして進学をひかえた3年生たちの決断はーーー。, 1年でただひとりベンチの山口くん。 優位に立った烏野の前に立ちはだかるのは及川の強烈サーブだがーーー。, 激しい攻防が続き、ついに30点を超えるデュースに突入した。 原作が最終回を迎えたにも関わらず、いまだに大人気のアニメ「ハイキュー!!」、烏野高校の影のボスとも言われる存在、縁下力(えんのしたちから)について話していこうと思います! なんとか流れを変えたい烏野は、1年の山口をコートに送り込む。, 空気が張り詰める中、ついに山口がコートに立った。 それができず自分の主張を押し付け”拒否”された影山。, 影山が”コート上の王様”のままだったら自滅してるかもしれない場面。 だから選手自身のプレッシャーは計り知れないです・・・, なので烏野チームメイトが”目の前の1点”とかよりも、なんか面白いこと考えてて救われる(笑), 山口くんの”悔しさ”を受け止めてチームメイトたちがまた奮起! 1.5 烏野 vs 青葉城西 1セット〈15-25〉 2セット〈25-23〉 3セット〈31-33〉 1.6 青葉城西 vs 泉石 2セット〈25-22〉 1.7 白鳥沢 vs 青葉城西 2セット〈25-23〉 (決勝) 2 【ハイキュー】戦績・試合結果一覧(夏合宿前合同練習試合) 2.1 烏野VS生川 〈20-25〉 1点取られたら窮地!みたいなまさかの場面での起用!, こういう時、見てる側も相当緊張するんですよね~。 顧問の武田先生の言葉。, 君たちにとって”負け”は試練なんじゃないですか? !』全43巻のあらすじまとめ!名シーンや名言が多くバレーボールに詳しくなくても楽しむ事ができる超王道の熱血スポーツマンガです。試合中の臨場感や緊張感、プレーひとつひとつのダイナミックさはもちろん、高校生たちの熱くもまっすぐな清々しい姿に感動します。 互いに譲らない気迫がぶつかり合う中、日向&影山の攻撃でついに青葉城西に追いついた。, 疲れからタイミングの合わない移動攻撃で辛くも逆転した烏野。 ノンストップ(? 私も高校生の時は、... 梅雨明けして一気に気温が上がってきましたね~みなさん、熱中症など体調は大丈夫ですか? )バレーマンガ, 日向の移動攻撃にうまく対応し3点差まで広げる青葉城西。 ハイキュー, ワクワク面白く、まっすぐな熱血が清々しい。そしてジワっと感動できる・・・ 『ハイキュー!!』8巻/古館春一(第63話~第71話/番外編)ついに青葉城西戦決着の時。そして烏野の秘策!?ついに山口くん登場!各話あらすじと感想をお伝えしていきます! みなさん、こんにちは!毎日がハイキュー日和の本日は角川学園についてお話していきます。脇役として登場する角川学園ですが、注目しておくと最終章を読んだ時に感動間違いなしです!!!!それではいきましょう!! 2018/8/19 ”負け”しか見えてない日向と影山に向けた、 こうやってボールだけじゃなく”思い”を繋ぐのもバレーなんだな~。, 影山のかつてのチームメイトたちの能力をうまく引き出す及川さん。 ウォームアップゾーンから早く出たいと思っていたけど、 ハイキューのアニメでの質問なのですが 青城3年がラーメン食べて自主練して及川が3年間ありがとう!と言った所はアニメで何話でしょうか?分かる方教えて頂けると嬉しいです! 劇場版総集編青葉城西戦ハイキュー!! !』は、古舘春一による高校バレーボールを題材にした日本の漫画作品。 『少年ジャンプnext! ピンチサーバー山口のジャンプフローターサーブが烏野の重い空気を変えるーー。, 連続得点で青葉城西の背中を掴みかける烏野。