シェイクスピア四大悲劇の一つに数えられる「ハムレット」。この「ハムレット」は復讐劇でもある。「主人公であるハムレット王子が、一国の王であった実の父を毒殺され、犯人へ復讐を実行した」というシンプルな話が、どうして悲劇と呼ばれるにいたったのだろうか? 400年の時を超え、今もなお世界中で愛されているシェイクスピア作品。 2018/11/3 いかがでしたでしょうか? . ギリシア悲劇の特徴や構成 ~ヨーロッパ最古の演劇の誕生秘話~ ギリシアのアテナイを中心に前5世紀頃に栄えた「ギリシア悲劇」と呼ばれるヨーロッパ最古の演劇があります。紀元前534年アテナイのディオニュソスの祭礼にて、イカリアの詩人テスピス(Thespis シェイクスピアの代表作を言えと言われれば、いくつか作品を挙げること... これだけ知っていれば大丈夫!シェイクスピア作品の特徴を簡潔に紹介 2018/11/3 シェイクスピアの作品って、面白そうだし、有名だしということで誰しも一... Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます). .

‚é‰~Œ`‚Ì•‘‘ä‚ðuƒIƒ‹ƒPƒXƒgƒ‰v‚ƌĂсAuƒI[ƒPƒXƒgƒ‰v‚̌ꌹ‚Æ‚È‚è‚Ü‚µ‚½B. シェイクスピアの四大悲劇は「ハムレット」、「オセロ」、「リア王」、「マクベス」 の順で執筆され、共通して見られる悲劇の特徴は、「裏切りがもたらす死」と考えました。 「ハムレット」、「オセロ」、「マクベス」、「リア王」、「ロミオと... シェイクスピアとはと聞かれて真っ先に思い浮かぶのは言葉の魔術師でしょうか?

芸術・文学, 執筆から400年以上も経っているにも関わらず世界中で愛され、映像化されてきた作品は、シェイクスピアの作品以外にはありません!, 400年の時を超えて、人々の心を捕えて離さないシェイクスピア作品の魅力はどこにあるのか気になりますね。, そこで今回は、シェイクスピア作品の中でも特に有名なシェイクスピアの四大悲劇についてご紹介していきます。, 「イギリス人の誇りはなんですか?」と問えば、その答えに真っ先に出てくるのが「シェイクスピア」。, 400年以上もファンを生み出し続けているシェイクスピアの作品にはどんな魔法が使われているのか気になりますよね。, シェイクスピア作品には色々なものが存在しますが、中でも人気なのは「シェイクスピアの四大悲劇」と言われる「ハムレット」、「リア王」、「マクベス」、「オセロ」です。, 四大悲劇の中でも最も有名な「ハムレット」は、シェイクスピアが執筆を始めた1589年から約10年後に生み出された名作というわけです。, ところで、シェイクスピア四大悲劇に共通してみられる特徴についてえたことはありますか?, シェイクスピア四大悲劇の中でもやや異質感が光る「オセロ」を除く「ハムレット」、「リア王」、「マクベス」に共通して描かれているものは、切り、信頼、家族愛、王位継承問題です。, しかし、「オセロ」において描かれているものは、異人種問題、同性愛、嫉妬であり、3作品に共通して見られる王位継承問題などは、かれていません。, では、この4作品に共通して見られる悲劇の特徴は何かというと、「裏切りが招く死」なのではないかと考えます。, 執筆された四大悲劇の中でも最初に世に出された作品であり、四大悲劇の原点とも言えるものです。実際「ハムレット」は、四大悲劇の中でも最も人気がある作品だと言われています。, それは恐らく、シンプルな人間関係と謎解き感覚のエンターテイメント要素、あっさりした恋愛模様からくるものだと思われます。, この「ハムレット」では、主人公がメインで彼の考え、行動、思いが中心で話が回っていきます。, 「ハムレット」の中の名言、“ To be, or not to be: that is the question.”「生きるべきか、死ぬべきか、それが問題だ。」, これはハムレットが長い廊下を歩いている時に発するものですが、本来であれば、このセリフは頭の中のセリフですよね。, それがわざわざはっきりした言葉で表現されているということにも、ハムレットの重要性、主要性が見て取れるのではないでしょうか。, この主人公による一人芝居のような内容の話は、「マクベス」にも見られることがありますが、「マクベス」ではマクベスという主人公とレディ・マクベスという強烈キャラが主役を二分しているので、「ハムレット」とはまた違います。, 「ハムレット」に見られる主人公の一人芝居は主人公への感情移入も容易であり、主人公の気持ちになりきって「ハムレット」を読み進める、もしくは観劇することが出来るのを大きな特徴としています。, 若くして父の死に悩み、母の父に対する軽薄な愛に失望し、叔父への復習に苦しみ、友人への信頼を失った悩めるハムレットに対して気持ちが入りやすいのです。, この400年間に様々な本が執筆、販売されてきましたが、これほど主人公の気持ちに自分の気持ちを重ね、主人公になりきって読めるものはあるでしょうか?, 主人公の気持ちになって、あっという間に読み進めることが出来る作品なので、是非試してみて下さい。, の順で執筆され、共通して見られる悲劇の特徴は、「裏切りがもたらす死」と考えました。, 四大悲劇の中でも特に人気が高い「ハムレット」は、主人公の考え、思い、行動によって話が進むことから主人公に感情移入しやすく、まるで自分が「ハムレット」の主役になった感覚で話を読み進めることが出来ます。, シェイクスピアは難しそうでとっつきにくいと思っている方や、悲劇は苦手という方でも、, 「ハムレット」は手を出しやすい作品なので、是非一度「ハムレット」を試してみて下さい。. Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. シェイクスピア四大悲劇特徴のまとめ. そんなシェイクスピアの名前ってインパクトがあるのでしょうか? ... シェイクスピアという名は、誰しも一度は耳にしたことがありますよね。 バカの壁を取り払い、モモとモモコとモモヨの3人娘と感じたままを生きようと奮闘中。まずはモモの御三家合格を目指して、中学受験の本質を見極めようと日々をレポートします。熱くなって鉛筆を投げつけることもあり・・・。, シェイクスピア四大悲劇の一つに数えられる「ハムレット」。この「ハムレット」は復讐劇でもある。「主人公であるハムレット王子が、一国の王であった実の父を毒殺され、犯人へ復讐を実行した」というシンプルな話が、どうして悲劇と呼ばれるにいたったのだろうか? 悲劇と呼ばれるからには、ハムレットの考える復讐の理想形が、観るものに伝わったはずだ。なぜなら、その理想の復讐の形が実現しなかったからこそ、観客が悲劇と感じたに違いないからだ。日本で有名な復讐劇に赤穂浪士たちの忠臣蔵があるが、その話は、主人公が最期死を遂げるなど、幾多の人間が死、家族たちの悲劇が重なっていようとも決して悲劇と思われない。むしろ理想の復習がきちんとなされているがゆえ爽快感さえ味わえる復讐劇となっている。, すなわち、ハムレットの悲劇とは、ハムレットの復讐における理想の結末とは一体何であったのかを考える必要がある。, ハムレットの復讐の始まりは、彼自身が自分の父親が殺された真実を知らされるところから始まる。父親である前王の亡霊から、叔父である現王のクローディアスに殺害されたことを聞かされたハムレット。亡霊だけにその存在自体に信憑性が有るか疑わしいが、ハムレットだけが見たわけではなく、自分の友人たち、特に真友であるホレイショーも見ていることからその存在は疑うべきものではなくなっている。ましてその亡霊は、ハムレット以外には何も語らず姿を見せるだけで、息子であるハムレットだけにしかクローディアスに毒殺されたという真実を話さない。ハムレットは、父親が自分にだけ復讐を煽ったという事実を、一体どう受け止めたのだろうか? すなわち「単に殺害という短絡的な結論ではないなにかを求められたのではないか」とハムレットが考えても不思議ではないということだ。実の子供として、王子としてできる復讐とは一体どのような形なのか? 彼は頭を悩ませたに違いない。, さらに、彼にとって父親は尊敬に値する人間だったが、完璧な政治を執り行っていたわけではなく、他人から恨まれても仕方がないことも実際に行っていたことをハムレットは知っていた。すなわち、即座にこの亡霊の言うことがすべて信じられるわけではなかった。こうして、真実を探りながら、亡霊の求める最良の復讐の形、そして殺害の方法を見つけるために、そのそぶりを一切悟られることのなきように、気のふれた芝居を始めることにしたハムレット。そして、その父親である亡霊が「素早いモグラのように」地中を移動して、常にハムレットを見張りしつこく復讐を求める中、ハムレットは何とか状況証拠を積んで、自白をとろうと考え、ついには劇中劇を仕込むことにする。この真意を隠すために、気のふれた芝居を続けたハムレットであったが、この作為に満ちた行動が、悲劇を呼ぶ事となるのであった。, 結論から言うと、実はハムレットは王子という立場上いくらでも復讐する機会はあったものの、この理想の形を模索してしまったがために、悲劇を生み出してしまったのだ。この容易に殺害できたという事実は三幕三場に「今ならやれるきれいさっぱりと」と出てくる。だが、「俺は見事、仇が討てる。いや、待て、ここは思案のしどころだ」とすぐに思い留まってしまう。そうしてしまったことで、ハムレットにとっては予想外の多くの人間の死という最悪な結末を迎えてしまう。すなわち、この「いち早く犯人を殺害という形で復讐さえしていれば、悲劇は訪れなかった」という事実が、ハムレットの一番の悲劇なのである。この予想外の多くの人間の死の行方をたどり、彼の悲劇を整理していく。, ハムレットは、父親の亡霊から叔父による暗殺を聞かされる前から、前王の死後二か月足らずで現王・クローディアスの后となった母親・ガートルードを嫌悪している。この時代では、前の夫の弟の再婚は近親相姦と同じに思われており、ハムレットは母親・ガートルードに「心弱きもの、お前は女」と心変わりを容易にしてしまったことを責めたてていた。さらにハムレットが「親類と言うにはより近いが、心はよほど遠い」とかつてより発言するほどクローディアスを嫌っていた事実を知りながらも母親が彼を夫に選んだという事実。すなわち父親や自分への思いがその程度であったことを悟り、かつ、そんな母親から自分が生まれていることに彼が苦しんでいた所に、父親の亡霊より暗殺の秘密を告げられる。それも、父親の死後、母親が夫として即座に選んだ相手が父親を殺害した叔父クローディアスだという真実。この母親の早すぎるまでの再婚という事実。これは、母親がクローディアスの父親殺害の共犯ではないかと考えてもおかしくないほどの状況証拠であり、彼をより一層、ガートルード不信に陥れた。, しかし、そんな母親に対してでも復習という形はとりたくなかったに違いない。共犯でないことを信じ、ガートルード自らがクローディアスによる父親殺害の事実に気付き、そして、自分から、后の座を捨ててほしかったはずだ。こうなることでも殺害者・クローディアスへの復讐の一端としたかったに違いない。だからこそ、挑発的な言葉を母親に浴びせ続けた。しかし、いくらその言葉を浴びせようとも、それを決して実行しようとしない母親を見て、ハムレットは女性に不信感をさらに強くしていく。こうして母親との関係性が、彼の理想化された母親像と大きくかけ離れたものであることを自身で悟っていき、彼の根源の世界もひどく揺らいでいくこととなる。, さらに、この母親との崩れた関係により、男に対する女性への不信感が拭えなくなってしまったハムレットはその矛先を、愛する人・オフィーリアに向けていく。気のふれた芝居をしているハムレットはオフィーリアへの愛を閉じ込め、こんな母親から生まれた自分も不貞の子だからと、自分を愛していると言ってくれているオフィーリアへ尼寺に行く事を勧める。これは、美しさ溢れるオフィーリアが清廉潔白で居続けていてほしいがために、女性不振のハムレットがだした結論であった。ハムレットからしてみればこれは実現を見ない切望であっただろうが、それがオフィーリアをひどく落ち込ませることとなり、この後訪れる予想外のオフィーリアの死は、この彼の気のふれた芝居に端を発している。これこそハムレットからすれば全くの本意ではなかったはずであり、ハムレットが復讐の理想を追い求めた故の悲劇なのである。, そして、ハムレットがクローディアスの重臣であるオフィーリアの父親であるポローニアスを意図せず殺害してしまうことが、愛するオフィーリアの死へと繋がる。このポローニアス殺害という事故がハムレットにとって最大の想定外の出来事であり、ドラマは急展開の様相を見せていく。この事故を利用したクローディアスの策略により、ポローニアスの息子であり、オフィーリアの兄であるレイアティーズがハムレットに復習するために、彼と剣を交えて倒れ、さらには母親・ガートルードもクローディアスがハムレットを毒殺しようと用意した飲料によって、その場で死を迎える。, 叔父のクローディアスは、同じ場でハムレットの剣に倒れることから、復讐という形では成立した。が、そこへたどり着くまでに、自分、そして愛する人も含めた多くの人間が犠牲になってしまう。, こうして叔父のクローディアスを殺害すればよかったのに多くの人が息絶え、さらには、自らも毒牙にかかり、死んでしまう。この予想外の出来事の連続が悲劇としてのクライマックスとなる。, こうした彼のキャラクターは、巧みな掛詞や言葉遊びのセリフ、また鋭い突っ込みからも高い知性が感じられ、さらにクローディアスやその重臣ポローニアスらに対する厳しさ、かつ、かつての父親の行っていた政治に対する非難からは正義感がうかがえる。そして、母親ガートルードや彼が愛する女性オフィーリアに対する態度から潔癖症も解釈できる。この真面目すぎるほど真面目な彼の性格が災いし、こうした不幸を連鎖させていってしまった。いくつもの葛藤から自分自身を追い込んでしまったのだ。, 「高貴なるものが凋落するさま」を描くのがギリシャ悲劇のテーゼである。高貴なものとは、知世・身分・強さを兼ね備えた存在である。そして凋落は、運命的な必然、すなわち逆らいようがないものによって行われるものである。知勇兼備で道徳的にも正しい存在が、運命に世って凋落していく様に「悲劇性」がありそれに人は惹き込まれていく。ハムレットもクローディアスの殺害以外の予想外の出来事は、まさにどうすることもできなかったのである。, 結局、復讐からは何も生み出さないという事実だけが残り、誰一人として幸せにならない愚かな結果に終わる「ハムレット」。すなわち理想の復讐の形など存在することがないのだ。, そして、ハムレットはホレイショーには「生きろ」と言う。なぜなら彼はハムレットの行った復讐の無意味さを理解できる賢さを持ち、ただ一人の信頼のおける友であり、この顛末の傍観者ゆえ、の成行きと真意とを唯一理解していた者だからだ。これこそ、この復習という無意味な事象を多くの人に伝えてほしいと、シェイクスピアが復讐劇「ハムレット」を通してホレイショーに期待を込めたに違いない。, つまり、ハムレットとは一般観客に復讐劇(流血エンターテインメント)のカタルシスを与えつつ、さらにホレイショーの視点を持てる観客にはハムレットが復習に悩んでいる姿を見せることで、その無意味さをより深く考えさせるためにとった悲劇という形だったのである。, のカタルシスを与えつつ、さらにホレイショーの視点を持てる観客にはハムレットが復習に悩んでいる姿を見せることで、その無意味さをより深く考えさせるためにとった悲劇という形だったのである。.