46 風吹けば ... オランダの天才シャビ「バルサカンテラ未来ねーわ psg行くンゴ ほなさいなら」 アダマトラオレ「バルサカンテラ出身だけど移籍するならレアルやなぁ」 どないなっとんねん . 掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。 バルサのカンテラで育ったメッシは、17歳(2004年)でトップチームデビューすると翌年5月、クラブ史上最年少(当時)でリーグ初得点をマーク。 その後も突出したテクニックを存分に生かし、スターへの階段を一気に駆け上がる。 ©2020FACTORIES Inc. ここ最近はやや印象が薄くなっているが、バルセロナといえばカンテラ(下部組織)から数多くのタレントを輩出してきたクラブだ。クラブ独自の哲学を知る選手たちが中心となり、数多くのタイトルを獲得してきている。, では、カンテラが生み出した最高傑作を選ぶとすれば誰になるのか。すでに答えは見えているようなものだが、今回『90min』が「カンテラ出身者TOP10」を発表している。並ぶ名前は驚くほどに豪華だ。, セスクのキャリアは少しばかり特殊だ。バルセロナでブレイクする前にアーセナル行きを決意し、プレミアリーグで自身の評価を高めてみせた。バルセロナでは中盤にライバルが多かったこともあって大爆発とはならなかったが、プレミアリーグ史上最高のMFの1人と同メディアは評価している。, バルデスも実にバルセロナらしいGKだ。足下の技術に優れており、ジョゼップ・グアルディオラ好みの守護神だった。足下の技術に優れたGKがブームになったのもバルデスからと言っていいだろう。, ピケもグアルディオラの黄金期を支えたメンバーだ。今でもバルセロナに欠かせぬ存在だが、最終ラインからの組み立て能力は群を抜いており、バルセロナのサッカーを知り尽くす存在だ。レアル・マドリードを強烈にライバル視しているところもバルセロナらしい選手と言えるか。, バルセロナでは選手としてだけではなく、カンテラのコーチやクラブのディレクターを務めたこともあるレジェンド選手の1人だ。中盤でプレイする選手で、リーガ・エスパニョーラを5回、チャンピオンズリーグも1度制している。, プジョルはバルセロナの象徴だ。ピケのように華麗なテクニックを備えているわけではないが、クラブのために全力で体を張る姿勢はサポーターから愛されてきた。バルセロナの歴史に残る熱いファイターDFだ。, 指導者としてバルセロナを変えたのはもちろんだが、グアルディオラは選手としても一流のMFだった。バルセロナで指揮官になってからはカンテラ出身者の重要性を再認識させ、クラブの哲学を知る者たちでスタメンの大半を固めて黄金期を築いてみせた。バルセロナへの貢献度は計り知れない。, そのグアルディオラをも超える評価を得たのがブスケッツだ。グアルディオラに才能を見出されたブスケッツは、アンカーの位置からチームを見事にコントロール。バルセロナのアンカーは適任者を見つけるのが難しいポジションと言われるが、ブスケッツはその役割をパーフェクトにこなせる選手だ。, そのブスケッツと同じく黄金の中盤を築いたイニエスタも忘れてはならない。パス、ドリブル、トラップなど全ての技術が超一流で、それはヴィッセル神戸にやってきた今も変わらない。基礎技術の高さが生む究極のプレイはサッカーファンを熱狂させ続けている。, そんなブスケッツ、イニエスタの尊敬する先輩がシャビだ。グアルディオラ政権時のピッチ上のリーダーで、誰よりもバルセロナの哲学にこだわっていた人物でもある。攻撃を組み立てるビジョンがずば抜けており、バルセロナを頭脳で完璧に支配していたパーフェクトな司令塔だ。, 何も言うことはないだろう。バルセロナだけでなく、サッカー界史上最高の選手の1人と言われるのがメッシだ。メッシにはさすがのシャビもイニエスタもプジョルも敵わない。もしかすると今後バルセロナはメッシ以上の才能を生み出すことはできないかもしれない。それほどの衝撃をサッカー界に今も与え続けている。, さすがにグアルディオラ政権時の選手が多いが、あの黄金期はカンテラ出身者がいたからこそ実現できたものだ。今はその哲学が少し変わりつつあり、もう少しカンテラ出身者に目を向けてもいいのかもしれない。, 渋野日向子に復活の兆し!「69」で回った最終日に「シビアな下りのスライス」を強気に打てた理由, 「斎藤佑樹」現役続行…すぐ首になる「ドラ1」、不振でも生き残る「ドラ1」の分かれ目. 現在JavaScriptが無効になっています。Yahoo!ニュースのすべての機能を利用するためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。, バルセロナのU-21スペイン代表MFリキ・プッチ(21)がゴルフの才能を披露した。イギリス『Dugout』が伝えている。 ゴルフが趣味というプッチだが、U-21スペイン代表の合宿中にその腕前を披露。手始めにゴルフクラブでボールをリフティングしてみせると、10m程度先のバケツに見事なアプローチショットを決めてみせた。さらに数十メートル先のミニゴールにもアプローチショットを沈めるなど、その腕前はかなりのもののようだ。 3 バルサ 破産手続きも視野に...バルトメウ退陣も232億円の給与削減が必至. new!

バルサに朗報!カンテラの天才mfが残留を決断(sport.es スポルト)ニコ・ゴンザレスは、fcバルセロナのユニフォームを今後も着続けることになる。バルサのmfニコ・ゴンザレスは、監督デニス・シル… dメニューニュースを適切に表示するために、JavaScript設定をONにしてご利用ください。, バルセロナの絶対的エースに君臨するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、32歳を迎えた現在も、サッカー界のトッププレーヤーの1人として輝きを放ち続けている。そんなメッシが、バルセロナB所属当時に披露していたプレー動画を、バルサの公式サイトが公開。若かりし頃のメッシが見せていたパフォーマンスに対し、ファンからは「本当に素晴らしい」、「アンリアル」などの声が上がっている。, バルサのカンテラで育ったメッシは、17歳(2004年)でトップチームデビューすると翌年5月、クラブ史上最年少(当時)でリーグ初得点をマーク。その後も突出したテクニックを存分に生かし、スターへの階段を一気に駆け上がる。これまでリーガ・エスパニョーラ制覇を10回、UEFAチャンピオンズリーグ優勝を4回経験しただけでなく、昨年12月には史上最多となる6度目のバロンドール受賞を果たすなど、トッププレーヤーとしての地位は揺るがない。, 今回、バルサの公式サイト上で公開されたのは「バルサB時代のダービーで、メッシはマスタークラス」と題した1本の動画だ。そこにはバルセロナBに所属していた10代のメッシが、2004-05シーズンに行われたエスパニョールとの“バルセロナ・ダービー”で見せたプレー集が収められている。軽やかなタッチでDFを翻弄するシーンや鋭いドリブル突破を試みるシーン、スルーパスでのアシスト、さらには左足でのゴールシーンなどが含まれている。, 現在のメッシと比べても遜色のない卓越したプレーの数々に、この動画を見たファンからは「アンリアルだ」「有望に見える」「本当に素晴らしい」といった称賛するものから、「この少年は最高級の選手になる。早くサインしなければ」と、メッシをトップチームへと引き上げていない当時のバルセロナに対するメッセージも見られた。, “最高級”のテクニックで観る者を魅了し続けているメッシだが、かつて在籍したバルサBチームでも、変わらぬ技量を見せつけていたようだ。. 渋野復活への兆し「強気」の1打

不振でも生き残るドラ1 なぜ? セ6球団のドラ1 今季を振り返る スペインの名門『fcバルセロナ』の下部組織(カンテラ)でプレーしている日本人の天才少年をご存知だろうか。少年の名前は久保建英(たけふさ)くん。現地では「日本のメ … 数年前からFCバルセロナのカンテラはアンダルシア出身の選手たちに注目している。 セビージャ出身のアンス・ファティやグラナダ出身のパブロ・モレノ、マラガ出身のクリスト・ムニョスなどがその例だ。 2年前にバルサはもう一人の若き天才選手をカンテラに迎えた。その名はフェルミン・ロペスである。ベティスからバルサに加入したこの選手について、監督らは“選ばれた者だけが有する才能がある”と語っている。 身長は現在わずか1.49mのフェルミンは、小柄ながらも度に様なライバルの前にもひるまない。とびぬけた攻撃力を持ち、対レアルマドリー戦では得点を決めている。 前シーズンはウイングだったが、その後カルレス・マルティネス監督によりセンタフォワードに抜擢された。このポジションはバルサにおいては稀有であるが、この時からフェルミンは更に才能を発揮し始めた。 フェルミンがバルサへの道を歩みだしたのはわずか6歳の頃だった。当時は地元のサッカークラブに所属していたが、すぐに才能を開花させ、レクレアティーボ・ウエルバへ移籍し、ポルトガルで開催されたリカルド・ゴドイ・インターナショナルトーナメントで初めてFCバルセロナと対戦した。翌年ベティスへ移籍し4年間活躍したが、その頃からバルサのスカウトマンはフェルミンに注目していた。 若手選手の登竜門と言えるプロミスリーグでもフェルミンはその才能を披露するはずだったが、水疱瘡に感染し出場を果たすことができなかった。 スペインリーグの並み居る強豪クラブからのオファーを受けていたフェルミンだが、最終的にラ・マシアのシステムに惹かれFCバルセロナへの加入を決心した。 加入直後よりめきめきと頭角を現し、現在カデテBの主要選手となっている。 フェルミンを個人的に知る者は、彼を非常に謙虚で落ち着いた選手であるという。フェルミンの家族はアンダルシアからバルセロナまでの1,000㎞の道のりを頻繁に移動し息子を尋ねている。 また代理人の一人ゴンサロ・バルビはバルセロナにおけるフェルミンの兄のような存在である。, リーガエスパニョーラ専門サイト「SPORT.es(スポルト)」は、スペインの4大スポーツ新聞の1紙「SPORT」の日本語版WEBサイトです。リーガを知り尽くしたスペイン人記者が現地から最新情報をお届けします。また「SPORT」はバルセロナを本拠地に置く事から、特に“バルサ”情報に精通しています。.