パートで働く主婦の方でも年収がある一定のラインを超えると、税金を払わなくてはなりません。, 一般に税金の手続きでは、税務署の人が親切に「あなた〇〇の手続きが終わってませんよー。」と事前に注意喚起してくれることはありません。, 自分から能動的に行動を起こさなければ、仮に申告を忘れていただけでも延滞税を取られてしまう場合があります。, その一方で、パートで働く主婦の方で税金の計算方法を熟知している方はそれほど多くはありません。, 今回は、年収がいくらを超えると税金が発生するのか、また税金はいくら支払わなければいけないのかをわかりやすく解説していきます。, 住民税とは、市町村民税・道府県民税の総称で地方自治体による教育や福祉、公衆衛生(ゴミ処理など)といった行政サービスの資金確保のために徴収されます。, 住民税は所得税と同様に、課税所得に税率をかけて算出されますが、納税時期が当年ではなく翌年という決定的な違いがあるので注意しましょう。, 住民税は「所得割額」と「均等割額」の2つで構成され、前者は所得の大きさで変動し、後者はみんなに一定額請求される基本料金のようなものとイメージしておいてください。, 一方、均等割額の方では市町村民税の方で約3,500円、道府県民税の部分では約1,500円となっており、計5,000円くらいが徴収されます。, 住民税は、その人の給与額から給与所得控除(65万円)と基礎控除(自治体によって異なりますが大体35万円ほど)を差し引いて算出した課税所得を対象に計算されます。, この時、受けられる控除が合わせて100万円なので、年間給与額が100万円を超えなければ住民税はかからないということになります。, ただ、地方自治体によっては若干住民税の課税要件は異なるので、一度ご自身の自治体のホームページで調べておくことをお勧めします。, 所得税の計算も、住民税と同様に年間の給与総額から控除額を差し引いて課税所得を算出します。, 所得税の場合は給与所得控除が65万円、基礎控除が38万円となっているので年収が103万円以下の人は課税所得がゼロということになります。, 所得税の大きな特徴は累進課税制度という仕組みで、税率が所得の小さな人で5%、課税所得が4000万円を超える場合には45%と大きな開きがあります。, パートで働く分には、税率の最も低い課税所得195万円(年収298万円)のラインで収まることがほとんどなので、所得税自体はそれほど大きな負担にはならないでしょう。, 所得税の具体的な計算方法はこちらのページでより詳しく解説しているので、ぜひご覧ください!, 最近、配偶者控除を受けられる妻の年収条件が103万円から150万円に拡大されたという話は耳にしたことがある人もいるかと思います。, ここで注意するべきなのは、今回の配偶者控除の改正では妻自身の所得税に関しては何も変わっていないということです。, 今回変わったのは、夫の所得税の計算に関わる控除の条件としての妻の年収幅が広がった、ということなのです。, そのため、誰でも150万円稼げば損をしなくなったという話ではなく、夫の年収などとも個別に照らし合わせていかなければ、世帯収入自体は減ってしまうという失敗をしてしまう恐れもあります。, ここまで住民税と所得税の課税条件を見てきましたが、ここで一度おさらいしていきます。, これから年収100万円・103万円・130万円・150万円の時の税金の金額をまとめて算出していきます!, こうしてみると妻の手取りだけ考えると、年収が103万円でも130万円でも手取りはそれほど変わらないという印象を受けますよね。, また、妻の年収が150万円を超えると配偶者控除の適用額が小さくなっていくので、夫の方に多く所得税がかかっていくこととなります。, その後で、150万円を大きく超えられそうな場合はもっと稼ぐようにするのがオススメです。, 今回は税金にフォーカスを当てたので社会保険料の支払いについては言及しませんでした。, こちらのページで社会保険の加入要件や支払いに関してはまとめているので、引き続きご覧ください!, 今回は妻の方の手取りだけを取り上げましたが、配偶者控除を超えるかどうかは夫の所得税に関わってきます。, 配偶者控除について知りたいという方はぜひこちらのページも参考にしていただけると幸いです。.

4 人 つまり整理すると 労働時間はパートと正社員同じ条件で、月収15~17万で稼ぎたいですよね? 時給なら800円より1000円なら月収も希望額に近くなる。 129万円を12カ月で割ると、1カ月あたり約10万7500円です。 週に4回、パート・アルバイトに入ると考えると、一カ月に16日働く計算に。10万7500円を16日で稼ぐとしたら、1日あたり約6719円を稼ぐ必要 …

パートで働いている方は所得税がかかる103万円を超え、社会保険がかかる130万円の範囲の年収の方が多いです。 「妻の年収」に対する「妻の手取り」「世帯収入」の関係は次のようになっています(夫から会社で配偶者手当が支給されない場合)。 1 人 2 人 7 人 3 人 パートで働く主婦の方でも年収がある一定のラインを超えると、税金を払わなくてはなりません。 一般に税金の手続きでは、税務署の人が親切に「あなた〇〇の手続きが終わってませんよー。」と事前に注意喚起してくれることはありません。 自分か 10 人, パートで働いている方は所得税がかかる103万円を超え、社会保険がかかる130万円の範囲の年収の方が多いです。, 「妻の年収」に対する「妻の手取り」「世帯収入」の関係は次のようになっています(夫から会社で配偶者手当が支給されない場合)。, 130万円~154万円がレッドゾーンなので、年収130万円を超えるなら155万円以上を目指してください。, 例として世帯主の合計所得が950万円(1,170万円以下)の場合で計算してみます。, ※ 夫が自営業は130万円の壁は最初からありません。この場合は103万円、130万円(106万円)、150万円の壁など何も気にせずに働いてください。, ※2 従業員501人以上の企業に勤めている方は、130万円ではなく106万円から社会保険料が加算されます。, 課税所得金額 =給与所得-給与所得控除額-基礎控除額 =給与所得-65万円-38万円, なお、収入が130万円以上(従業員501名以上の会社勤務の場合は106万円以上)の場合、夫の扶養から外れて社会保険の加入が必要となります。, 課税所得金額(130万円以上) =給与所得-給与所得控除額-基礎控除額-社会保険料控除 =給与所得-65万円-38万円-保険料の支払額, 課税所得金額(106万円以上) =給与所得-給与所得控除額-基礎控除額-社会保険料控除 =給与所得-65万円-38万円-保険料の支払額, 市民税3,500円、県民税1,500円で、合計5,000円です。※地域により若干違います。※平成26~令和5年度は市民税・県民税の均等割額から500円が引かれます(防災のための施策に必要な財源)。, また、地方によって特別地方税が加算されます。(例:石川県→いしかわ森林環境税 500円), なお給与所得控除額(65万円)と非課税限度額(35万円)を足した年収100万円まで均等割はかかりません(1級地の場合)。, ※ 2級地では、年収96.5万円超から住民税の均等割がかかります。※ 3級地では、年収93.0万円超から住民税の均等割がかかります。, 課税所得に一律10%(市民税6%、県民税4%)です。※地域により若干税率が違います。, なお給与所得控除額(65万円)と非課税限度額(35万円)を足した年収100万円まで所得割はかかりません, 課税所得金額(130万円未満) =給与所得-給与所得控除額-基礎控除額 =給与所得-65万円-33万円, ※ 実際にどの程度、課税をするか計算する場合は非課税限度額の35万円ではなく、住民税基礎控除33万円で計算します。, 収入が130万以上(従業員501名以上の会社勤務の場合は106万円以上)の場合、夫の扶養から外れて社会保険の加入が必要となります。, 課税所得金額(130万以上) =給与所得-給与所得控除額-基礎控除額-社会保険料控除 =給与所得-65万円-33万円-保険料の支払額, 課税所得金額(106万以上) =給与所得-給与所得控除額-基礎控除額-社会保険料控除 =給与所得-65万円-33万円-保険料の支払額, 厚生年金の保険料率は、年金制度改正に基づき平成16年から段階的に引き上げられてきましたが、平成29年9月を最後に引上げが終了しました。, 18.300%(平成29年9月~)18.182%(平成28年9月より平成29年8月までの月分)17.828%(平成27年9月より平成28年8月までの月分)17.474%(平成26年9月より平成27年8月までの月分), Copyright ©2020 pl_kyo. (2) 配偶者の合計所得金額が48万円超133万円以下であること。(注) このことから、(1)の要件に該当する場合には、配偶者のパート収入が103万円超201万6千円未満で、ほかに所得がなければ、配偶者特別控除を受けることができます。 150万から給与所得控除55万、基礎控除48万を引いた額(47万円)の5%。 つまり2万3,500円となります。 ※平成25年~令和19年までの間は復興特別所得税(所得税額×2.1%)が別途掛りますが、ここでは割愛して計算しています。 (since 2015/07/01), 厚生年金保険料は18.300%(自己負担は半分)で計算しています(平成29年9月~固定), 介護保険料の自己負担額は0.79%で計算しています(40歳以上65歳未満限定、平成27年度). パートの掛け持ちで気をつけるポイントは? 掛け持ちでパートをする場合は、メインのパート先にも掛け持ちする旨をきちんと話しておきましょう。 なぜなら、収入が増えると、税金や保険に影響が出てくる場合があるからです。 ホーム > 副業でアフィリエイト・株・FXをしているサラリーマン向けの確定申告方法, このサイトでは夫の収入と、あなたの(パート)収入額をあわせて、家計全体の手取り収入、税金、控除がどれくらいになるのか調べることができます。, 自分の収入を入力したら、所得税、社会保険料、年金、雇用保険、住民税が自動計算でき、世帯収入の概算結果がわかります。, 「扶養を外れて働いた場合に主人の税金が幾ら増えるのか?」などの質問が多いので用意しました。, 0 人 6 人 © Copyright 2020 お金のカタチ. 最近では、子育て中のママの約半数が仕事をしており、専業主婦が珍しい時代になりつつあります。・子どもが幼稚園や小学校に行くので、そろそろ働きに出ようかな?・働きに出るとお金や税金はどうなるのかな?そんな疑問に職場の税金・福利厚生の担当経験があるFP(フィナンシャルプランナー)が分かりやすくお答えいたします。配偶者のいる主婦・ママがパートをするにあたって、税金のことを考えずに働いてしまうと「働き損」をする可能性があります。無駄な税金を払わないですむように、税金についてできるだけ分かりやすく簡単にご紹介いたします。また令和2年からの「基礎控除」「所得控除」の金額が変わります!どこよりも早く変更点をご説明します!, 結論から言えば、パートで働くと「稼いだ金額によって」税金がかかります。「働き損」にならないためにも、できれば税金がかからない賢い働き方をしたいところです。パートで働くと、配偶者の扶養に入るか入らないかにもよりますが、大きく分けて「所得税」「住民税」「社会保険料」の3つの税金がかかる場合があります。それぞれの税金について一つずつ紹介していきますね。この記事で紹介する「年収」とは、給与明細に書かれる収入のことを指します。, 所得税とは、1年間の所得にかかる税金のことです。所得が195万円以下は5%、330万円以下は10%…というように所得が増えれば増えるほど納める金額も増えていきます。(累進課税制度)基本的には年収103万円を超えると所得税が発生してきます。税金は、「直接税」と「間接税」の大きく2つに分けられますが、所得税は直接税に分類されており、国に直接納める税金です。, 住民税とは、前年度の所得によって計算される税金のことです。住民税も所得税と同じように「直接税」ですが、納めるのは国ではなく、自分が住んでいる市町村である地方公共団体へ納めることになっています。前の年に働いた分を翌年に1月1日時点での住所がある市町村に全額を自分で支払うことになります。住んでいる場所によって、金額が若干変わることがあります。, 社会保険料とは、国民の生活を保障するために国が定めた公的な保険制度です。保険料は、「自分と会社とで折半して支払う」という決まりがあります。主婦でパートの場合、・2ヶ月を超えて働くことが決まっている・正社員の労働時間の3/4以上働くこのような場合に加入対象となります社会保険には、「健康保険」や「厚生年金」が含まれており、ケガや病気で働けなくなったときに傷病手当金として給与の2/3をもらうことができます。また、子どもを産んだ場合は、出産手当金として40万円程度の支給を受けることもできます。加えて、年金については、国民年金に上乗せして厚生年金の支給を受けることができます。, 簡単に説明すると、「収入から差し引くお金」のことです。税金の負担を減らすために、収入から一定の金額を差し引いてくれるのです。会社員やパートの所得税や住民税などの税金は、収入から給与所得控除を差し引いた金額によって計算されることになっています。令和2年からの給与所得控除は、最低55万円です。収入によって金額は違ってきますが、多くのパートの方がこの金額にあてはまるでしょう。, 基礎控除とは、納税義務者であれば、どんな人であっても一律で差し引いてくれるお金です。令和2年からの基礎控除額は、48万円です。例えば、給与収入が103万円の主婦がいたとします。給与収入の103万円から給与所得控除55万円を引いて、さらに基礎控除48万円を引きます。結果的に差引金額の合計は103万となり、「所得税はかからない」ということになります。, では実際にパートに出た場合の年収に基づいてシミュレーションしてみましょう。ここでは配偶者あり、東京都新宿区在住の場合で考えてみます。, 【勤務時間例:時給1000円×5時間×週3日の場合(月収60000円・年収72万円)の場合】 ・所得税:0円所得195万円未満の場合、税率は5%で控除額は0円。前述の通り、年収103万円以下であれば所得税はかからないので0円となります。 ・住民税:0円(東京都民税0円、新宿区民税0円)総所得金額20万円(75万円-給与所得控除55万円)-43万円(基礎控除額)と計算するとマイナスになってしまうため、課税されません。, 【勤務時間例:時給1000円×5時間×週4~5日(年収103万円)の場合】・所得税:0円所得195万円未満の場合、税率は5%で控除額は0円。年収103万円以下であれば所得税はかからないので0円となります。・住民税合計:7,500円/年(東京都民税2,500円、新宿区民税5,000円)総所得金額48万円(103万円-給与所得控除55万円)-43万円(基礎控除額)=5万円(課税される金額)東京都民税2,500円/年(均等割年間1,500円と所得割年間1,000円の計)新宿区民税5,000円/年(均等割年間3,500円と所得割年間1.500円の計)※お住まいの住民税については最寄りの税務署にご確認ください, 【勤務時間例:時給1000円×6時間×週5日+残業あり(年収150万円)】・所得税:2万3,500円所得195万円未満の場合、税率は5%で控除額は0円です。年収103万円を超えたので、所得税が発生。150万から給与所得控除55万、基礎控除48万を引いた額(47万円)の5%。つまり2万3,500円となります。※平成25年~令和19年までの間は復興特別所得税(所得税額×2.1%)が別途掛りますが、ここでは割愛して計算しています。・住民税合計:5万4,500円/年(東京都民税2万1,300円、新宿区民税3万3,200円)総所得金額95万円(150万円-給与所得控除55万円)-43万円(基礎控除額)=52万円(課税される金額)東京都民税2万1,300円/年(均等割年間1,500円と所得割年間1万9,800円の計)新宿区民税3万3,200円/年(均等割年間3,500円と所得割年間2万9,700円の計), ここまで、パートにかかる税金や控除の説明や年収に基づいて、どのくらいの税金がかかるのかをシミュレーションしていきました。「税金」と聞くと、なんだか難しそうで敬遠しがちなワードですが、知っているのと知らないのとでは、大きく家計に影響していきます。貴重な時間を使って、パートに出ているのに結果的に「働き損」になってしまって、「無駄な税金を払ってしまった」ということだってあり得るわけです。そうならないためにも、きちんとした税金の知識をつけて、無駄のない働き方をしていけるといいですね。, 結果的に差引金額の合計は103万となり、「所得税はかからない」ということになります。, ・住民税合計:5万4,500円/年(東京都民税2万1,300円、新宿区民税3万3,200円). All rights reserved. 9 人 5 人

8 人