以上です。 基本的には街乗りばかりですが、遠征等で高速に乗る機会もあり、長時間の運転でもなるべく身体が疲れないほうがいいです。 改良により性能をアップした新型フォレスターについて、スペックや価格などを最新情報からご紹介します。, スバル・フォレスターは、「シンメトリカルAWD」の走りを本格SUVスタイルで楽しむことができるモデルとして人気になり、「世界で一番売れているスバル車」になっています。, C型となった新型フォレスターの改良では、これまでベースモデルとしてラインナップしていた2.5Lガソリンエンジンを廃止し、新たに新世代の「レヴォーグ」にあわせて開発した1.8Lリーンバーンエンジンを搭載する「SPORT」グレードを設定。, 「SPORT」グレードでは、専用開発のダンパーとコイルスプリングを採用することで、SUVでありながら質感の高い、スポーティな走りを実現。, エクステリアは、ブラック塗装のフロントグリルや、ダークメタリック塗装のアルミホイール等でコーディネート。, インテリアではホールド性などの機能性に優れたウルトラスエード/本革シートを採用することで、最上級スポーツグレードにふさわしい仕様とされています。, あわせて、新型フォレスターでは、ハイブリッド「e-BOXER」搭載グレードを「X-BREAK」と「Touring」に拡大し、「X-BREAK」には新制御の「モーターアシストe-アクティブシフトコントロール」を採用。, また、ドライバーモニタリングシステムを「Advance」「SPORT」に標準装備、「X-BREAK」「Touring」にメーカー装着オプションとすることで全グレードに設定しています。, 新型フォレスターは2020年10月22日に発売。価格は2,915,000円~3,289,000円となっています。, 【新型レヴォーグ】「310.2万円から!」2020年10月15日発表&11月26日発売フルモデルチェンジ!最新情報、燃費、価格は?, 【スバル新型レガシィアウトバック最新情報】フルモデルチェンジ!発売日や燃費、価格は?, スバル新型フォレスターの価格は、これまで設定されていた2.5L自然吸気エンジンに代え、新世代の1.8Lターボエンジンが搭載されたことで変化しています。, 1.8Lターボモデルは328万9000円からとされ、シリーズの最上位モデルとしてラインナップ。, その他、新型フォレスターでは、これまで上級グレード「Advance」のみが設定されていたハイブリッド「e-BOXER」のグレードラインナップを拡大することで、選びやすさが維持されています。, スバル新型フォレスターの外装は、ブランドデザイン「DYNAMIC x SOLID」に基づき、SUVらしい存在感、力強さ、機能性が表現されています。, ボディは逞しさや躍動感、荷室空間や機能性の高さを重視した、モダンなキュービックフォルムに仕上げ。, 新型フォレスターX-BREAKは専用のエクステリアアクセントにより、アクティブな印象とされています。, エクステリアには随所にアクセントカラーやハイグロスブラックを採用し、専用アルミホイールなどによりSUVらしさを強調。, その他、サイドシルをドアパネルで覆い、汚れが付着しにくいクリーンサイドシルを採用。, リアドア開口部のステップの幅を広げてフラットな形状に変更することで、乗降時をはじめ、ルーフレールに荷物を積んで固定する時や洗車時などの足場としても活用できるようになっています。, スバル新型フォレスターの内装は、機能的かつ操作性のよい室内レイアウトに仕上げられています。, スマートフォンなどの充電に使用できる最大2.1AのUSBポートは、前席に加え後席用にも用意されています。, インテリアデザインは、インストゥルメントパネルとコンソールを連続させることで、SUVらしい力強さに加えゆとりと開放感を表現したほか、ピラー形状の最適化によって死角を減らして視界性能を確保。, リアシート空間は、ホイールベース拡大分の30mmすべてを活用することで、前後席間距離はクラストップレベルに。, B型への改良時には、後席への荷物等の置き忘れをブザー・画面表示でお知らせする「リヤシートリマインダー」が新採用され、機能がアップしています。, その他、パーキングブレーキには電動式を採用し、「アイサイト」を使用した停止時にホールドする機能も搭載。, ラゲッジスペースは、最大1300mmの荷室開口幅とスクエアな形状を採用して積載性を向上。, 新型パワーリアゲートにより、駆動ユニットをカーゴスペースに影響しないようにしたほか、開閉スピードを向上。, さらに、リアゲートの自動閉操作から車両全体の施錠までを連続して行なうことができる新しいロックシステムが採用されています。, スバル新型フォレスターは、市販化を予定する「フォレスターSTI」が公開されています。, 新型フォレスターSTIは、ハイブリッドの「Advance」をベースに、外装に専用色「ファイターグレー」を採用しアルミホイールを19インチ化。, さらにbrembo製フロントモノブロック対向6ポットキャリパーを装着することで、運動性能の高さを予感させる仕上げとされます。, スバル新型フォレスターには、新開発された1.8Lのダウンサイジングターボエンジンが搭載されています。, これまでフォレスターには、従来型から約90%の部品を刷新して直噴化した2.5Lエンジンが搭載されていましたが、新型フォレスターでは新世代の「レヴォーグ」にあわせて開発された1.8Lターボエンジンに変更。, 第4世代となる新開発1.8L BOXERターボエンジンでは、リーン(希薄)燃焼技術を採用し、加速性能と環境性能を高次元で両立。, 新型フォレスターではその他、現行モデル発売移行人気になっているハイブリッド「e-BOXER」をラインナップ。, 「e-BOXER」システムは13.6ps/6.6kgmの出力を持つモーターによる低速トルクのアップをメインにするハイブリッドシステムとされ、高い動力性能を実現。, また、走行システム「X-MODE」や安全システム「アイサイト」との協調制御により、モーターアシストを活かして悪路走破性や追従走行時の燃費性能が高められます。, スバル新型フォレスターは、新たに1.8Lターボエンジンが搭載されたことでガソリン車の燃費が改善しています。, これまで搭載されていた2.5LエンジンはWLTCモード値で13.2km/Lとされていましたが、最新の1.8Lエンジンでは13.6km/Lとなり、2Lハイブリッドモデルと比較しやすくなっています。, スバル新型フォレスターの安全装備には、最新の「アイサイト」と乗員認識技術「ドライバーモニタリングシステム」が搭載されています。, アイサイトは、後退時自動ブレーキにより車両後退時の衝突回避または衝突による被害を軽減するほか、後側方警戒支援システムにより自車の後側方から接近する車両の検知に対応。, ステアリング連動ヘッドライトやハイビームアシストにより夜間走行時の視認性がアップされています。, 乗員認識技術「ドライバーモニタリングシステム」は、マルチファンクションディスプレーの上に顔を検知するカメラを設置し、ドライバーの居眠りやわき見運転の検知、注意喚起機能により安全運転をサポート。, その他、ドライバーの顔を5人まで登録し認証することで、シートポジションやドアミラー角度、空調設定を登録したドライバーごとに自動調整することができるようになっています。, 改良では「Advance」と「SPORT」に標準装備、「X-BREAK」「Touring」にメーカー装着オプションとすることで、全グレードに設定されています。, 新型フォレスターの走行システムには、滑りやすい路面などで、エンジン、トランスミッション、ブレーキなどをコントロールする「X-MODE」が搭載されています。, 「X-MODE」は制御を最適化することで悪路走破性を向上し、路面状況に合わせて2つのモードを切り替えられるスイッチを設定。, また、あわせて装備される「SI-DRIVE」では制御を見直し、スポーティな加速とダイレクトな変速を愉しむことができる「S#モード(スポーツシャープモード)」が設定されています。, 4WDシステムには、走行状況にあわせ駆動力を最適化するアクティブトルクベクタリングも採用され、より高いコーナリングパフォーマンスを発揮することができるようになっています。, 新型フォレスターには、新世代パワートレインとしてプラグインハイブリッドモデルバージョン「フォレスターEVOLTIS」の設定が予定されています。, 新型フォレスターPHVは、協力関係にあるトヨタから提供されるハイブリッドシステムに、水平対向エンジンを組み合わせて搭載。, 電気モーターのみで走行するEV航続距離は60kmほどに設定されるとみられ、日常では電力だけでの走行もできるようになります。, 新型フォレスターPHVには、コンセプト「SUBARU VIZIV FUTURE CONCEPT」で搭載が発表されていた「シンメトリカルモーターAWD」が搭載されます。, 「シンメトリカルモーターAWD」は、リアタイヤの駆動を電気モーターが行うことで、駆動力をリアに伝達するプロペラシャフトが除去されます。, これにより室内空間を広げ、回生エネルギーを使用し走行することで燃費も向上することができるようになります。, スバル新型フォレスターのボディサイズは、スバルの主力市場になっている米国でサイズアップのニーズが多かったことから、前世代から全長+30mm、全幅+20mmと一回り拡大されています。, 米国では新しく3列シートSUVである「アセント」が用意されたため、その拡大幅は小さめになっていますが、新型フォレスターではこれまでより大きな室内空間が魅力になっています。, 加えて、ボディサイズを拡大しつつも、最小回転半径は従来型比0.1m増の5.4mに抑えられており、低速域での取り回しのよさと高速域での直進安定性を両立したVGR(Variable Gear Ratio)ステアリングギヤボックスも採用。, 新型フォレスターではSUVらしい悪路走破性能も重要視され、斜面への乗り上げなどに重要な車体前後対障害物角度(アプローチアングル/ディパーチャーアングル)、丘部分の頂上を越える時の車体下角度(ランプブレークオーバーアングル)も最大限確保されています。, C型にマイナーチェンジした新型フォレスターは、2020年10月22日に発売されました。, この改良にあわせ、2.5Lエンジンは2020年7月20日にオーダーがストップされています。, スバルは新世代エンジンのラインナップを拡大することにより最新の環境規制に対応し、ユーザーにアピールしていく予定です。, スバル・フォレスター(Forester)は、1997年に初代が登場したクロスオーバーSUVです。, フォレスターの車名の由来は、英語の「森をはぐくむ者」からとなっており、世界共通で使用されています。, インプレッサのワゴンにオフロード装備を搭載した「インプレッサ グラベルEX」の後継モデルとなり、初代と2代目はタフな外観を持つクロスオーバーワゴンのスタイルを採用。, 2007年に登場した3代目からはボディラインが大きく変更され、現行モデル同様のSUVデザインに。, 2012年に登場した前モデルの4代目では、走行システムに「X-MODE」を新搭載し、ボタンでエンジン・トランスミッション・AWD・VDCの統合制御を行い悪路走破性を高めることができるようになりました。, 新型フォレスターについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!, 当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 スバル・フォレスターの3代目モデルとなるsh系。2代目よりも丸みのあるデザインに意匠されたことでsuvらしくなり、悪路走行でも強い走破性と安定性を発揮します。しかも、乗っていて楽しい部分も満載!そんなフォレスターsh系の、詳細やおすすめポイントを紹介します。 当方、バス釣りが趣味でして、以下の点について購入を悩んでいる状態です。 スバルが、ミドルクラスsuv「フォレスター」の改良発売を発表しました。 改良により性能をアップした新型フォレスターについて、スペックや価格などを最新情報からご紹介します。

の順なのですが、、、。 ②、加速性能や乗り心地について。 旦那が東大卒なのを隠してました。 変な質問でごめんなさい。2年前に結婚した夫婦です。それまで旦那は「専門学校卒だよー」って言ってました。 世間のイメージとはそういうものなのでしょうか?. 【スバル フォレスター 新型試乗】クロカン4wd並と言っても大げさではない走破性…齋藤聡 試乗記 国産車 2018年7月31日(火) 14時30分 とても参考になりました。 シートはスバルのほうがいいと聞きましたが、実際どうなんでしょうか? また実体験などを交えていただけると嬉しいです。 1997年2月発売の初代フォレスターSF型。エンジンは伝統のEJ20型水平対向ターボエンジンを搭載、駆動方式はスバル独自開発シンメトリカルAWDで地上最低高高くラフロードの走破性を持ちまた見た目とは異なり車重が軽いので(2.0Lクラスは1400kgを切る、例外STIタイ … スバルは、人気suvであるフォレスターをフルモデルチェンジし発売を開始。5代目となる新型フォレスターは、新プラットフォーム(車台)であるsgpが採用され、優れたawdにより悪路走破性や操縦安定性を向上。また、室内や荷室スペースの向上や使い勝手もアップした。 どちらの方が凄いのですか?, クラウン、生産終了で22年に新型投入を発表しました。マツダの新型FRプラットフォームや、直6エンジンも22年だと言われていますが、 車に詳しい方、アウトドア・バス釣りが趣味の方など、よろしくお願いします。, ありがとうございます。 初代 フォレスター SF型. 結婚したことを後悔しています。私と結婚した理由を旦那に聞いてみました。そしたら旦那が「顔がタイプだった。スタイルもドンピシャだった。あと性格も好み。」との事です。 フォレスターSH(NAorターボ)型とハイラックスサーフ185 ディーゼルターボとで購入を悩んでいます。 当方、バス釣りが趣味でして、以下の点について購入を悩んでいる状態です。 ①、ぬかるみや 、急な坂道や山道での走破性。 WRXなんか買ったら破産しませんかね…笑, コロナで今月クビになった35歳男です。貯金は2000万ほどしかありません。 そして車を停める制動性能です。いくら発進や走破性が優れていても、走っている車を止められなければただの凶器になってしまいます。 生活保護申請したいのですが、どうやったらいいですか?, https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12105395772, http://www.youtube.com/watch?v=P21lwEYY-D0&feature=related, http://www.youtube.com/watch?v=DVHTXCaG0EA, http://www.youtube.com/watch?v=93L9JMbQI3E, http://www.youtube.com/watch?v=0_MXK2nzt2Y&NR=1&feature=endscreen, http://www.youtube.com/watch?v=EwRZKKwT4-k, http://www.youtube.com/watch?v=pyGMpei2t0k, http://www.youtube.com/watch?v=2MbBpNbg8K4, http://www.youtube.com/watch?v=mI2lhNiRG-o, http://review.kakaku.com/review/K0000286686/#tab, http://www.sti.jp/flexible_tower_bar/#/movie, http://www.sti.jp/flexible_tower_bar/#/makinen/page1. フォレスターSH(NAorターボ)型とハイラックスサーフ185 ディーゼルターボとで購入を悩んでいます。 当方、バス釣りが趣味でして、以下の点について購入を悩んでいる状態です。 ①、ぬかるみや 、急な坂道や山道での走破性。 と言ってる方が多いですが、貧乏人ならそもそも外車など維持できないと思います。 スバルから新型フォレスターが登場した。5代目にして「e-BOXER」と呼ばれるハイブリッドが設定されたのに対して、ついにターボエンジンのラインアップが消えたことは古くからのファンにとってはネガに思えるだろう。一部のスポーツターボエンジンを除くと、高回転まで使えないダウンサイジングターボにならざるを得ない環境にあって、ターボからモーターアシストへとシフトしていくのは、気持ちよく走るための提案として理解すべき時代といえるのかもしれない。その意味で、2.5リッターの直噴タイプへとグレードアップしたNAエンジンは燃費性能と気持ちよさについて好バランスという印象もある。, さて、フォレスターはモノコックボディのクロスオーバーSUVだが、その走破性については従来から高い評価を得ている。タイヤの対角線に合わせてローラーを配置、いわゆる対角線スタック(タイヤが空転する状態)になったときに、他ブランドのSUVではそのままスタックしてしまうが、フォレスターは前に進むことができる。そうした走破性の高さは、インターネットの動画サイトなどでも確認するこができ、多くのファンに知られている。実際、クローズドコースでの試乗においても、坂道でそうした対角線スタック状態を作ってみたが、タイヤの空転に構わずアクセルを踏んでいると、あるところで空転が止まりヌルヌルと前に進んでいく様が確認できた。, しかし、フォレスターのAWDシステムはトルクスプリット型であり、機械式LSDを備えているわけでもなければ、センターデフロックもできない。LSD効果を生み出しているのはブレーキ制御によるものであって、その点において他ブランドのクルマとはさほど違いはないはずだ。, そうした疑問を、車両実験などを担当しているエンジニア氏にぶつけてみた。その答えは理路整然としているもの。, まずスタックを脱出できる理由として「ブレーキの独立制御により空転している側のタイヤをつかむことでLSD効果を生んでいるからです」という。いわゆるブレーキLSDのおかげというわけだ。前述したように、スタック時でも空転に構わずアクセルを踏んでいくのは、クルマ側にブレーキLSDを作動させる必要があると伝えるためのドライビングテクニックだ。, とはいえ、ブレーキLSDという機能は、どのメーカーも装備しているもので珍しくはない。その中でスバルのクルマが走破性の高さを実現している理由についてうかがうと、「おそらくドライブシャフトの強度が高いことにあります。ブレーキをつかむとドライブシャフトに負担がかかりますが、シャフトの強度を上げていることなどで効果を発揮させる領域が広くなっています」と答えが返ってきた。, 新型フォレスターは悪路走破性を高めるドライビングモードとして「X-MODE」を進化させた。従来モデルはシングルモードだったが、「スノー/ダート」と「ディープスノー/マッド」の2モードを設定した。スノー/ダート・モードの制御自体は従来と変わりなく、その制御にトラクションコントロール・オフを加えたのがディープスノー/マッド・モード。後者がターゲットとしているシチュエーションはタイヤが埋まってしまうほどの雪や泥道ということで、おそらくほとんどのユーザーはそうしたシチュエーションに向かうことはないだろうが、万が一ハマってしまった際に、最後の手段が残されているというのはSUVとしての安心感につながる。そして、本物志向の制御を受け止めるだけの強度を持つ駆動系がフォレスターの走破性を担保しているのである。, エンジンや安全装備を刷新! 中身は劇的に変化したスバル新型フォレスターのメカニズムをチェック. 私は見えなくて気が付きませ... ゴートゥーイート 11月中に終了する可能性高いですか?キャンペーンに気付いてなくて最近予約し始めたので フォレスターはクロスオーバーSUVというカテゴリの車で、SUVと乗用車のいいとこ取りをしたような車種です。 SUV譲りの大径タイヤに最低地上高の高さを持ち、ボディは乗用車張りのモノコック構造です。 フォレスターのオフロードでの走破性はかなり本格的なもので、のちほどご説明しますが数あるクロスオーバーSUVの中ではトップクラスです。 ではフォレスターの走破性が高い点についてご説明します。 それぞれの差に重点をおいてお答えいただけると大変助かります。 さまざまな道で深い安心感を提供する「シンメトリカルawd」をはじめ、悪路走破性と安心感を高める「x-mode」などを搭載。行動範囲をさらに広げる鍛え抜かれた走破性を備えた、フォレスターのパフォーマンスについてご紹介します。 トヨタの クラウンが生産終了のアナウンスは 驚きですね。そこそこ 売れてる気がしますが トヨタさんは 満足できる台数ではないんでしょうね。 そんなに早く終了すると悲しいです( ; ; ), これ和訳してください。The media could not be loaded, either because the server or network failed or because the format is not supported © 2020 カーブロ All rights reserved. m)/2,000rpmと高いので、エンジンについてはCX-5のほうが悪路に向いていますね。, フォレスターと競合するクロスオーバーSUVを比較すると、前述したように最低地上高や各種アングルではフォレスターが最高のスペックを持っていました。, しかしそれ以外の点について競合車と比較するとフォレスターに優劣があるのかどうかを検証してみましょう。, 対象車種は先程と同じくマツダ CX-5、トヨタ ハリアー、日産 エクストレイルです。, ※水平対向4気筒、直噴ターボ、ディーゼルターボ、の詳細は以下の記事をご参照ください。, まずフォレスターと競合車3車の違いは4WDの駆動方式にあり、フォレスターが前述したAWDであるのに対し他はすべてオンデマンド式です。, ハリアーにはハイブリッド車がありこちらは後輪をモーターで駆動するe-4WDですが、こちらも常時駆動しているわけではなく、オンデマンド式と変わりません。, 駆動方式のシステムではフォレスターがもっともしっかりしており、クロカンSUVに近い車です。, フォレスターのエンジンは排気量では競合車より大きいわけではないものの、スペック的にはFA20型は出力ではトップですし、トルクもガソリン車としてはハリアーの8AR-FTS型と肩を並べます。, ガソリン車としてはフォレスターのエンジンはトップクラスの性能を有し、オフロードの走破性としては十分なパワーを持っています。, しかし前述したようにCX-5にはよりトルクフルなディーゼルエンジンがあるので、この点ではフォレスターは一歩及びません。(CX-5の走破性の詳細は以下の記事をご参照ください。), また走破性には直接関係ありませんがハリアーやエクストレイルにはハイブリッドがあり燃費にも有利なのですが、フォレスターは燃費がちょっと悪い点もあります。, クロスオーバーSUVは基本的にATやCVTといった自動変速機が主流ですが、フォレスターには唯一マニュアルミッション(6MT)が設定されており、オフロードで最適なギアを選択できるという点ではアドバンテージがあります。, クロカンSUVには必ずといってよいほどマニュアルミッションの設定がありますが、これはオフロードでよりトルクがほしい時などに自由にギアを選択できるメリットがあり、加えて自動変速機よりもシンプルで頑丈という点もあります。, クロスオーバーSUVは街乗りメインで設計されており、変速の楽さや燃費などの面で自動変速機が主流なので、クロカンSUVとは考え方が違うのです。, しかしクロスオーバーSUVといえども走りを重視するスバルは6MTを設定しており、前述した6MT専用のAWDシステムとともによりクロカンSUVに近い車になっています。, 最小回転半径は車の小回りのよさを表すスペックで小さいほど小回りが効きますが、フォレスターは競合車の中ではもっとも小さく良好です。, オフロードではさまざまな路面状況があり、特に林道などの狭い道では重要なスペックです。, クロカンSUVは軒並み最小回転半径が大きく6m代の車も多い中、フォレスターの5.3mというのは破格の小ささです。, 競合車も乗用車としては決して悪くないスペックなのですが、フォレスターのほうが便利な車といえるでしょう。, フォレスターの走破性についてはさまざまな評価がありますが、Twitterにもいくつも実際に使用した評価が投稿されており参考になります。, 今日ほど自家用車がフォレスターでよかったと思う。 X−MORDの走破性が半端じゃない✨ 積雪40cmくらいの小道もグイグイ進む‼️ pic.twitter.com/YmgGcbP3uN, この冬は各地でかなりの大雪となり車の走破性は非常に重要となりましたが、フォレスターのX-MODEを使うと40cmもの積雪でもものともせず走れるようです。, 40cmというと車の最低地上高よりも高いので文字通り雪を掻き分けつつ走るような状態ですが、いくら4WDでも普通の乗用車ではスタックする可能性が高い状況です。, クロスオーバーSUVでも車によっては厳しいですが、こういう場面でフォレスターの走破性の高さがよくわかりますね。, フォレスターの雪道での性能については、以下の記事でさらに詳しく解説しています。こちらも参考にしてみてください。, フォレスターが人気なのはSUVなのに重心を低く作れた四輪駆動車なので悪路の走破性だけじゃなくて滑りやすい道路でもとっても安定してるというのがあるようですね。「一度乗っちゃうとあの安心感は癖になる」と言ってる人がいました。, — suzuki hiroco (@hiroco2003) February 19, 2017, フォレスターの安定感は一度運転した人でも実感できるほど顕著に表れるものであり、走破性も高くそれでいて安心して運転できる次場らしい車に仕上がっています。, スバル車で慣れてしまうとなかなか他社の車には乗り換えることができないと言われるのもこういった点があるのでしょう。, 急な坂でもフォレスターならこの通りらしい#スバルファンミーティング pic.twitter.com/hqWQUBD5ui, これはスバルファンミーティングというイベントでの体験走行の様子ですが、かなりの角度の下り坂をフォレスターがしっかり走っていく様子がわかります。, SUVのアプローチアングルやデパーチャーアングルが活きてくるのはまさにこういった状況で、しっかり角度を確保できていないと地面にバンパーが当たってしまうのです。, 性能面での走破性も重要ですが、ベースとなる車体設計がしっかりしているのが走破性が高い車の基本です。, これがフォレスターの実力だ。余裕の登坂、バンクも安定♪参加した方もびっくり!