仕方なくジェノアスに乗って出撃したフリットを「期待外れだな…」と言って一発蹴りをお見舞いした。 フリット「ユリンは僕の母となる人だったんだぁー! 20 . 性格は大人しめで、紫の髪、華奢な体、白い肌という外見からミステリアスな雰囲気を醸し出している。, その後、フリットにガンダムのコクピットに乗せられて、一緒にコロニーから脱出を図る。, そして、宇宙に出た時、UEの攻撃やノーラ崩壊のカウントダウンに焦るフリットの為に、, アンバット攻略の作戦を立てる為にやって来たフリットと再会し、フリットに自分の事を話す。, フリットとの別れ際に、フリットに涙ながら抱き着き、「またフリットに会いたい」とフリットに伝え、再会の約束をする。, しかし――バーミングスにミンスリーの安全と引き換えに売られ、デシル達UEに捕らわれてしまう。, 一度は保護された事で『生存フラグ』が立ったものの、脅迫の末連れ去られた事で折られてしまった……。, デシルに追い込まれ、止めを刺されそうになるフリットを庇い、二人の間にあり得ない軌道で無理矢理に割り込みゼダスソードで串刺しにされてしまう。, その直後、機体は炎を吹き上げ爆散。 その儚い命を散らし、愛すべき家族達の元へ逝った。, そしてこれが、フリットのヴェイガンへの手段を問わない卑劣な戦法や愛こそはあれど実の子と孫への強制的なパイロット教育になってしまった…。, そして時は流れ50年後――今まさにヴェイガンを滅ぼそうとするフリットとそれを止める孫キオ。, ※因みに、ユリンがガンダムから逃げる件と対ゼダス戦がカットされている為、序盤の出番は少なめに。, バーミングスを父と呼ぶ事を躊躇うユリンをフリットは「バーミングスは本当に君を思っている。 見知らぬ人間を家族と呼ぶ事を恐れているのはきっとお互い様」と説得する。, だが――下校しようとした際、学校の人間とミンスリーそのものを人質に取ったデシルに拉致されてしまう。 (迎えのエレカの運転手も殺害されている), 尚、ユリンをファルシアに据える事を提案したのはデシルで、理由は最適だったからではなく、フリットの縁者だったからであった。, 育ての親を亡くし悲しみに暮れるフリットに対して何も言えなかったが、助けてくれたお礼として自身のリボンを渡す。, フリットからエミリーは幼馴染だと聞かされ『幼馴染か…やっぱり私――…』とその場を離れようとするが, その様子を同じくXラウンダー能力で不安を察知し、ユリンを追ってきたフリットが目撃してしまう。, その後、ユリンは気絶させられた状態でパイロットスーツを着せられ、ファルシアに乗せられる。, コントロールを取り戻したファルシアのコクピットの開閉口を開けて、同じくコクピットを開けていたフリットと対面するユリン。, フリットに言われてバーミングスとも仲良くやっていけそうになった直後、通信とはいえ彼の目の前で死んでしまった。, 因みに戦闘台詞は無理矢理戦わされた原作を再現してか厭戦的なものが多い…が、特殊台詞になると明らかに自分から殺りにいっている。, ゲームシナリオではアンバット戦でシークレット条件としてフリットの手で倒さざるを得なかったり、, もしも、次のシリーズでフリット編が参戦したら、ユリンの生存条件並びにファルシアと共に自軍としての仲間入り(出来ればAGE系の機体の乗り換え)を期待したい所である。, なぜフリットをかばうシーンでコクピットに完全に命中していないことに誰も突っ込まない?おかしいだろあれは -- 名無しさん (2013-05-29 07:47:49), もう今さらその辺りに突っ込んだら負けかなーって -- 名無しさん (2013-08-16 09:50:20), はいはい。夏休みの宿題終わったのか? -- 名無しさん (2013-08-28 13:45:52), あれ?UE組はバーミングスのおやっさんに「ユリン渡さねえとミンスリーを襲う」的な事言ってたっけ?自分が見落としてたのかな・・・ -- 名無しさん (2013-08-28 13:56:56), 実はヴェイガンの工作員。フラムはコールドスリープしていた姉。終盤にフラムからその事を明かされ葛藤するフリット…みたいなのを最後まで期待していた -- 名無しさん (2013-09-01 20:00:24), 死んでしまうことで、その後の男の生き方を決定づけてしまうタイプのヒロインって大好きです。 -- 名無しさん (2013-09-30 18:07:33), もし殺さなければAGEもマシになっていたかも・・・まぁ変わらない・・・か? -- 名無しさん (2013-10-02 21:25:50), ↑×6~8はユリンに何か恨みでもあんのか?ひょっとしてデシルさんか? -- 名無しさん (2013-10-31 15:09:56), 脅されたんじゃなくて無理やり乗せられただけなんだけどなぁ。漫画版だとフリットの目の前で誘拐されているし -- 名無しさん (2013-10-31 15:13:43), ぶっちゃけ、はやみん補正もかかってる。 -- 名無しさん (2013-12-27 23:33:31), ぶっちゃけユリンが生きてても、フリットが軍にいてヴェイガンと戦っている以上はどっかで復讐の鬼になるだろうし、そんぐらい徹底してないと連邦の腐れっぷりからして負けてた可能性もあるのよねー。 -- 名無しさん (2013-12-27 23:51:24), なんかどことなくガンダムXのティファに似てて好きだったんだけどなぁ。スパロボに出たらティファとの絡みを期待するわ -- 名無しさん (2014-01-10 08:51:21), というか、AGE自体がXのオマージュ作品なんだよな…。 -- 名無しさん (2014-03-03 20:52:39), 「ガンダムage ユリン」より「ガンダムage 山田」のほうが検索ヒット数多い… -- 名無しさん (2014-03-10 22:53:48), もしスパロボに出るとしたら、ぜひ彼女の生存イベントを入れてほしい。ただ、そうすると第二部のシナリオも分かれるだろうから、制作側は大変だろうけど -- 名無しさん (2014-03-28 11:31:56), GジェネOWのデビルハイロゥ戦でユリンと同時にシロッコ出てくるよね、味方だけど。ユリンを助けてシロッコ!とか思ったわ(笑) -- 名無しさん (2014-07-16 20:06:06), ドラマCD聴けばわかるけどフリットと似た部分多かったのな,フリットがガチ切れしたのもわかるわ -- 名無しさん (2014-09-20 14:52:55), ↑ユリンは結局一家皆殺しになったんだよなー…… -- 名無しさん (2014-09-20 17:17:19), 次のガンダム作品に転生し、おっぱい大きくなっても何だかんだで序盤不幸だった気がする -- 名無しさん (2014-10-01 16:55:22), 小説版ではデシルにケツをまさぐられたんだっけ? -- 名無しさん (2014-10-10 22:53:16), ↑(0M0)デタラメヲイウナ -- 名無しさん (2014-11-21 00:55:56), キオ編とはいえAGEも参戦したからその内フリット編もやるだろうけどユリン生存は無理だろうな、その後のフリットの行動がかなり変わってしまうだろうし -- 名無しさん (2015-08-27 08:31:03), BXはキオ編からということは……彼女の死はどうあがいても覆せないのね……。Rの皆さん、かむばーっく!>< -- 名無しさん (2015-08-27 08:44:27), ↑フリットがフォーンファルシアを見たとき、ユリンの事を思い出したり、ミンスリーに立ち寄った時墓参りに行っていたことから彼女の影響はフリットの中ではかなり大きい模様 -- 名無しさん (2015-08-27 16:04:09), 確かにAGEのカップリング投票ではフリットとユリンがダントツの一位だったっけ?因みにエミリーとフリットは7位 -- 名無しさん (2015-10-30 12:42:06), アニメでもTVでも出会えなかった 俺様 放送当初見てもいない。鉄血も -- 名無しさん (2017-05-21 18:56:35), 拉致した一般人の少女を特殊能力者だからといって無理やり兵器に乗せるって歴代ガンダムでもけっこう珍しいと思う -- 名無しさん (2017-10-29 14:47:29), 生存したとしてももう戦わせたくはないな…BXのロニみたいに生存しても自軍に入らず平和に暮らしてるって感じでいいと思う -- 名無しさん (2019-05-18 08:16:38), ORIGINno -- 名無しさん (2019-11-13 18:34:50), EXVSのマキオン以降だとナビをユリンに使用機体をファルシアにするとユリンが悲鳴を上げて戦わされている中ノリノリでナビゲートするユリンが見れる -- 名無しさん (2020-09-01 20:09:40), フリットが復讐の鬼になった理由はユリンみたいな悲劇を生まないためとかいう話(ファンの妄想かもしれない)を聞いたが、仮にユリン以外の誰かが代わりにユリンの運命辿っても親しくないとあそこまで復讐鬼キャラにならなさそう。逆に言うと単純に親しい誰かを奪われたという事でもかなりの復讐鬼キャラになるかもしれないが -- 名無しさん (2020-11-07 15:19:13). 誰だシオニーちゃんみたいって言ったヤツ、ほめてつかわす。, 2016/05/24(火) 01:40:09

ID: FXok5gu0WK, https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%87%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%AC%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88, 推奨環境:Edge, Safari, Chrome, Firefox, Opera いずれかの最新版, 『先生を消す方程式。』“義澤”田中圭、“筋トレ”シーンにネット歓喜「良い筋肉! ID: UHUIYJ8fnJ, 2019/06/09(日) 19:27:50 フリット・アスノとは、tvアニメ『機動戦士ガンダムage』のフリット編 主人公である。 cv. ラスボスと思われたヴェイガンダムが宇宙海賊ガンダムに一撃でやられる 妥協して別の女と結婚する。 ユリンはフリットの母であるマリナやウルフにグルーデックと言った人々と共にフリットの今迄の苦労を労い、 ヴェイガンを、そしてユリンや大切な人達を守れなかった自分自身を許す様、促 …

泣きも笑いもあったからそれなりには満足, 歴代シリーズMSで『最軽量のモビルスーツ』が、コチラwwwwwwwwww【ガンダムまとめ】, 【ガンダム】『SEED』が叩かれ続ける3つの理由 「記号的なキャラデザ」「露骨な性描写」「ファーストに寄せ過ぎ」. そのかわいらしい外見とときどき見せる凶悪な顔から人気が出ると思われたが、

ID: wUZIkhxUeI, 2018/09/14(金) 20:22:10 戦闘は動きだけなら00以上に動いてるけど何か全体的に演出とか配分が悪い気がする 機動戦士ガンダムAGEの登場人物(きどうせんしガンダムエイジのとうじょうじんぶつ)では、テレビアニメ『機動戦士ガンダムAGE』に登場する架空の人物について説明する。, 『機動戦士ガンダムAGE』は、MS(モビルスーツ)と呼称される有人ロボット兵器同士による戦争を描いた「ガンダムシリーズ」の、テレビアニメ第14作目にあたる作品で[1]、100年に亘って続いていく宇宙戦争を、親子3世代に亘って主人公を交代しながら描くという内容である[1][2]。, 劇中の戦争は、劇中で用いられる架空の紀年法でA.G.101年から始まり、最初の主人公がガンダムに搭乗して戦うことになる第1部はA.G.115年の出来事であると設定されている[3]。物語は「フリット編」「アセム編」「キオ編」「三世代編」と、各世代の主人公の名前で区切られており[4]、世代交代を経るごとに数十年の年月が劇中で経過する。本記事では、最初のフリット編から順に「第1部」「第2部」「第3部」「第4部」という呼称を用い、登場人物を初出の世代に分けて説明する。, OVA『機動戦士ガンダムAGE MEMORY OF EDEN』については、以下『MOE』と表記する。また、小説版や漫画版などにおいてのTV版の登場人物の動向も記載する。なお、PSP用ゲームソフト『機動戦士ガンダムAGE ユニバースアクセル/コズミックドライブ』、漫画『機動戦士ガンダムAGE 〜クライマックスヒーロー〜』は、以下『PSP版』、『クライマックスヒーロー』と表記する。, 外伝漫画『機動戦士ガンダムAGE トレジャースター』の登場人物については「機動戦士ガンダムAGE#『トレジャースター』の登場人物」を、外伝漫画『機動戦士ガンダムAGE 〜追憶のシド〜』の登場人物については「機動戦士ガンダムAGE#『〜追憶のシド〜』の登場人物」を、それぞれ参照。各登場人物が所属する国家や組織の詳細については「機動戦士ガンダムAGE#用語」を参照。, 第1部はA.G.115年を舞台として進行する。第1部の主人公フリット・アスノは、物語開始時点ですでに地球連邦軍アリンストン基地の軍人たちと交流を持ち、彼らと共に宇宙戦艦「ディーヴァ」に乗艦することになる。フリットが居住するコロニー「ノーラ」は第1話の敵襲によって破壊されるため、共にディーヴァに乗艦する友人2名を除き、学校での交友関係などはあまり語られない。ディーヴァは2か所のコロニーを渡り歩いて宿敵「UE(ユーイー、アンノウン・エネミー)」と戦う協力者を集めるが、その過程で連邦軍の指揮下を離れる。, 第1部終盤にて、UEの正体はかつて火星圏に取り残された移住民の末裔「ヴェイガン」であると判明するが、フリットに個人的な接触を図る場面がありつつも基本的には断片的な状況のみが描写される。フリットに想いを寄せる女性は2名登場するが、一方のユリン・ルシェルはフリットと惹かれ合いつつも戦死し、常にフリットのそばにいた幼なじみのエミリー・アモンドが第2部主人公であるアセム・アスノの母となる。, ウルフ・エニアクルを除くディーヴァクルーは物語当初「ノーラ」の地球連邦軍アリンストン基地に勤務しており、「ノーラ」崩壊時には自分たちやコロニー住民の避難のためにディーヴァに乗艦する。彼らはグルーデックの虚言により自覚なしに地球連邦軍の指揮下を離れることになるが、「ファーデーン」の出港時には真相を明かされ、反逆者という立場でUEと戦うことを甘受する。, 第2部はA.G.140年から開始されるが、年単位での時間経過も描かれる[3][66]。導入では「学園物のガンダム」[8]と形容されるような、第2部の主人公アセムの学校生活が描写され、地球連邦軍への入隊はその1年後のA.G.141年となる[3]。さらに第2部最終話となる第28話では第27話の1年後となるA.G.142年の出来事が描かれ、第28話のラストではその3年後のA.G.145年となっている[18]。第2部では敵勢力であるヴェイガン側の描写も多く描かれている。, 第3部はA.G.164年から開始される[3]。第4部の開始は、第3部の最終話(第39話)から1ヶ月後となる[105]。, 第3部以降のディーヴァのクルーは、フリットを疎むオリバーノーツ基地司令アンディ・ドレイムスによって半ば投げ槍的に選出されている。クルー個々の能力はそれなりに高いものの、その多くが実戦経験に乏しく、また問題の多いはみ出し者たちで構成されている[21]。, MEMORY OF EDEN - トレジャースター - 〜追憶のシド〜 - UNKNOWN SOLDIERS - EXA-LOG - ガンダムトライエイジ - ゲイジングバトルベース - ユニバースアクセル/コズミックドライブ, 君の中の英雄 - My World - WHITE justice - forget-me-not 〜ワスレナグサ〜, 小説版では男子生徒のアイドル的存在であるエミリーに世話を焼いてもらっていることも疎まれる要因になっていた。, 第2部のED映像や劇中の回想シーンでは、幼いアセムと共に青年時代の姿で登場する。また身長も189cmと、42cmも伸びている。, 連邦軍の技術者としてフリットに協力する祖父・バルガスを見咎めたり、第4話においてAGE-1のパイロットの座を懸けたフリットとウルフの模擬戦においてフリットを焚き付けつつ、密かにウルフの勝利を願っていた。第5話ではグルーデックに直談判を持ちかける。なお、第4話での模擬戦焚き付けは小説版では削除されている。, 第3部で姿を見せたのは50歳時。63歳の姿は第39話でのイメージシーンと第3部・第4部のエンディング映像およびエピローグの肖像画にしか描かれていない。, この行動に対してデシルは驚いており、最期はユリンが機体のコントロールを取り戻していたかのように描写されているが、アニメ版では具体的な説明はなく詳細は不明。小説版では、なぜそのようなことができたのかはユリン自身にも理解できなかったが、人類が類人猿であった頃から持っていた愛情という力に、人の姿をした器であるファルシアが呼応し、フリットを救おうとするユリンの純粋な想いに従ったのである、という内容の説明がされている, 小説版の該当場面では、フリットは生涯これをXラウンダー同士による精神感応であったと信じ続けたとしつつも、これが現実であったか幻であったかは定かではないという説明になっている, アニメ本編では、グルーデックはフォンロイドらに対して殺傷力のない銃を用いており、その後「ノーラ」から脱出できたかどうかは定かではないものの、拘束された直後には生きている描写がある, 第9話では、ヤーク・ドレから改修を依頼されたゼダスの技術力の高さに目を奪われ、UEとは知らずに機体を自分の工房に搬入する。, エンドクレジットは、各話ごとに「ギーラ・ゾイ」「ヤーク・ドレ」表記が混在しているが、第15話では出撃時に「ギーラ・ゾイ」を名乗りつつも、その後のグルーデックとの会話では過去に「ヤーク・ドレ」と名乗っていたことを肯定し、同一人物であることが明かされている。なお第15話の字幕放送では「ヤーク・ドレ」を名乗る場面でも、役名では「ギーラ」と表示されており、小説版の該当場面でも、地の文ではギーラ・ゾイとされている人物が「ヤーク・ドレ」を名乗る描写となっている, 本編では、最後は生死不明に思える描写(第3部のフラムのセリフで死亡が明らかになる)だったが、小説版第2部では、ゼダスMの装甲は大気圏突入に耐えられず、機体が爆発するという明確な死亡描写が描かれている。, 祖父であるバルガスとは姓が異なっているが、エミリーの両親の存在については触れられなかった。但し、祖父母と姓が違う事は何ら珍しい事ではない。, 初出はバンダイナムコチャンネルでの特番放送より。フリット編ではEDでのクレジット表記がなかったが、アセム編から正式に表記されるようになった。, ゲーム『機動戦士ガンダムAGE ユニバースアクセル/コズミックドライブ』データベース。, なお、時間軸としてはキオがヴェイガンに捕らわれてから、ビシディアンに救出されて地球圏に戻るまでに3か月が経過している。, ガンダムトライエイジ第4弾で排出されている"パーフェクトレア"キオ・アスノでは固有能力としてXラウンダーを所持している。, 新ガンダムシリーズ「機動戦士ガンダムAGE」は2011年10月よりMBS・TBS系列にて放送開始。レベルファイブ制作のRPGやアーケードゲームなどを展開, 「Q.ガンダムAGE放送開始!