||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)};

車の整備をDIYでやってみよう, 初度登録からもうすこしで7年となるG4。 作業工程などをご紹介します。, バンパーやボンネットに付着した虫の死骸を小麦粉洗車できれいにできないかやってみました。, 以前取り付けていたLEDヘッドライトの明るさがいいなと思い、再びアルト(HA36S)にLEDヘッドライトを装着してみました。 虫除けスプレーに使われるディートの安全性が心配な人へ。ディートとはどんな成分で、なぜ虫除け効果があるのか、ディートの副作用は本当に危険で、どれくらい発生しているのかをわかりやすくまとめ … これだけでは新品同様のクリアさまでは戻りませんが、かなり綺麗になるので、家に虫除けスプレーがあれば試してみるのも良いと思います。, ヘッドライトが曇っていて、車検のヘッドライト検査で光量不足で落ちるような場合は、これで、検査が通るようになる可能性もありますね。. 非常に効果を体感でき、コスパの高い一品となりました。 d.id=a,e=c.getElementsByTagName("body")[0],e.appendChild(d))}) (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a; ヘッドライトウレタンクリア塗装は、様々ある黄ばみ取りからコーティングまでの作業方法の中で、おそらく最高難易度です。 スプレー缶での塗装経験が無い人や、diyが得意でない人は絶対にオススメしません。 サーモスタットは二つあり、ひとつはCVTクーラーにいく配管にあり、もうひとつはラジエターのロアホース付け根にありました。 2020/9/21 msmaflink({"n":"サラテクト ウォーターミスト 虫よけスプレー [200mL]","b":"サラテクト","t":"-","d":"https:\/\/m.media-amazon.com","c_p":"\/images\/I","p":["\/41pV14vEKGL.jpg","\/61Dfx2oN3UL.jpg","\/51YEPWY+93L.jpg","\/51yfujiw6sL.jpg","\/51YdrG2caNL.jpg","\/41QZZC5fO0L.jpg","\/51vUkgmpmfL.jpg","\/51Ob7r2ZznL.jpg"],"u":{"u":"https:\/\/www.amazon.co.jp\/dp\/B01N4UZ2XF","t":"amazon","r_v":""},"aid":{"amazon":"1570032","rakuten":"1570029","yahoo":"1571341"},"eid":"a7pQg","s":"s"}); 本当に落ちるか半信半疑でしたが、ひと拭きしてみたらこんなに落ちました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 真夏の炎天下の車の温度がどうなるか、測ってみました。ダッシュボードは80℃もありました。 ただ、効果の持続性はやはり気になるところなので、今後も引き続き経過を観察し、また年明けにでも、変化の有無を報告したい。, 自動点灯が「義務化」なのにいつ使う? ヘッドライトの「AUTO」以外に「スモール」と「オン」があるワケ, ヘッドライトの「黄ばみ・くすみ」で車検不通過が増加中! 「明るい光」を取り戻す方法とは. ヘッドライトをウレタンクリア塗装する. サンシェードや窓開けでどう変化するか確認してみたのでご紹介します。, アルト(HA36S)に自作のドアスタビライザーを取り付けてみました。 ヘッドライトの光量が下がるほどではないと思いますが、見た目がぼろい。, いずれ、磨いてウレタンクリアを塗ろうとは思っているのですが、かなり手間がかかるので、なかなか着手にいたらず。, そんな中、ネットで虫除けスプレーでヘッドライトを磨くと綺麗になるという情報をゲット。 「虫よけスプレー、成分」で検索してみた実際、私の手元にあるものをみると、塗るタイプもスプレータイプも「ディート」という成分が書かれている。たぶん、ハーブ系?か何かの比較的安全そうなものから作られてるのかなと思ったら、そうではなかった模様。 msmaflink({"n":"ワコーズ SH-R スーパーハード 未塗装樹脂用耐久コート剤 W150 150ml W150 [HTRC3]","b":"ワコーズ(Wako\u0027s)","t":"W150","d":"https:\/\/m.media-amazon.com","c_p":"\/images\/I","p":["\/51bDM3+bFJL.jpg","\/41qEY60nR4L.jpg","\/411mjltthJL.jpg"],"u":{"u":"https:\/\/www.amazon.co.jp\/dp\/B0068UVPIM","t":"amazon","r_v":""},"aid":{"amazon":"1570032","rakuten":"1570029","yahoo":"1571341"},"eid":"SMhSZ","s":"s"}); 虫除けスプレーに含まれるディートでヘッドライトの劣化部分を除去することができました。 汎用品で多くの車種にも実施できるとおもうのでやってみることをお勧めします。, ブレーキキャリパーのピストンを戻してからフルードを交換すると、通常のブレーキフルード交換では交換できない劣化したフルードが排出できるというのをネットで知り、コルトで試したところ、どす黒い色のフルードがでてきたので、これはアルトでもやらないわけにはいかないと思いブレーキフルードを交換しました。ブレーキフルードの交換作業をご紹介します。, タワーバーなどを装着してボディ補強をしていくと、フロントセクションとリアセクションばかり補強され、キャビンに負荷がかかってきてしまいます。 続いて、「ヘッドライトコンパウンド」をテスト。付属のクロスに、適量を垂らしてレンズを磨いていくと……。, あれれ、思ったよりきれいにならない。でも、三度・四度と繰り返すと、「サラテクト」で磨いた面と同じぐらいの透明度は復活した。, 最後に、もうひとつの虫よけスプレー「虫とバイバイ PLUS」(近江兄弟社メンターム)でトライ。, ややや、最初の磨きでいえば、これが一番きれいになった! もう一度、新たなウエスにスプレーして拭いたら、もう先の2か所と同等レベルの仕上がりに!, なんでこんなに虫よけスプレーが効くのかというと、それは虫よけスプレーに使われる主たる虫よけ有効成分(忌避剤)=ディート (DEET)に、プラスチックを薄く溶かす効果があるからとのこと。, 今回の検証で使った、二種類の虫よけスプレーでいうと、「サラテクト」のディートの含有率は2%で、「虫とバイバイ PLUS」は、7%。その差が、そのまま効果の差として表れたようだ。, ちなみに、日本国内では、「虫よけ剤」のディート濃度は、12%が上限とされている。ドラッグストアに行けば、ディート成分12%の製品も数種類販売されているので、それを使えばもっと強力な効果が得られるかも。, ただし、ディートはプラスチックを溶かす作用があるので、磨いた後は、レンズを水拭きして、虫よけスプレーをきれいに拭き取っておくことを忘れずに。また、レンズに直接スプレーするのも避けた方が無難だ。, もうひとつ気になるのは、この虫よけスプレーにしても、コンパウンドにしても、もともとレンズ表面に塗布されていて、レンズの劣化を防いでいるハードコートも剥がしてしまう可能性があること(もっとも、ハードコートが効かなくなったから、レンズが黄ばんできた可能性も……)。, 万全を期すなら、レンズを磨いた後に、ヘッドライト用の「ハードコート復元キット」などを併用するという手も考えられる。, ちなみに、今回テストした「ヘッドライトコンパウンド」(PROSTAFF)には、ツヤ出し保護成分・表面コーティング成分が配合されてあると書かれていた。

虫除けスプレーでヘッドライトが綺麗になるという情報をゲットし、さっそく試してみました。 有効成分のディートでヘッドライトの表面を溶かすらしく、ひどい劣化部分はかなり綺麗になりました。 お手軽に綺麗になるので、家にあれば試すのはありだと思います。 取り付け手順や明るさなどについてご紹介したいと思います。, コルト(Z27AG)の純正レカロのシートレールがガタつくようになったので、確認してみました。

フロントセクションをサイドバーで連結し捩れ剛性を高められないかと思い、サイドバーを自作してみました。

||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)}; c.getElementById(a)||(d=c.createElement(f),d.src=g, 「ヘッドライトコンパウンド」で検証していました。 なんでこんなに虫よけスプレーが効くのかというと、 それは虫よけスプレーに使われる 主たる虫よけ有効成分(忌避剤)=ディート (deet)に、 プラスチックを薄く溶かす効果があるからとのこと。 ヘッドライトの上部のコーティングが劣化して見た目はかなり残念な状態です。, 上半分はかなり劣化して白く濁っています。

b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript d.id=a,e=c.getElementsByTagName("body")[0],e.appendChild(d))}) c.getElementById(a)||(d=c.createElement(f),d.src=g, その後、ワコーズのスーパーハードでコーティングして完了としました。. 虫除けスプレーには、主にディートやイカリジンなどといった成分が配合されています。成分濃度によって適応害虫や効果の持続時間が変わります。本記事でこれらについて薬剤師が詳しく解説し、おすすめの虫除けスプレーも併せてご紹介します。 これは試さない訳にはいかないということでやってみました。, (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 以前使ったことがあるワコーズのハードコート復元キットの下地処理剤と同じくらい黄ばみが取れました。, ただし、完全に透明になるわけではないようです。 ヘッドライト表面のコーティングが完全に劣化している部分は落ちるようですが、中途半端な部分はそのまま残りました。, 磨き終わったら、一旦水でディート成分を洗い流しました。 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a; ?」記事は、瞬く間に大反響となった。『虫除け施工」から約2ヶ月後のヘッドライトの状態を、さっそく経過報告したい。, 「虫除けスプレーでヘッドライトの黄ばみや曇りがとれた!」という結果に驚きの声が大多数だった。反面に「きれいになってもハードコートをはがし、クリアも一時的なもの」と声が寄せられたのも確かだ。, 被験車の保管場所は、屋外駐車場で、西日が当たる環境。樹脂パーツには優しいとはいえないシチュエーションだが、少なくとも2ヶ月では、曇りも黄ばみも気にならない。非常に厳密に言えば、どちらも曇りはほぼ皆無だが、透明度(明るさ)は、微妙に落ちて、ほんのわずかだが、黄ばみに向かう気配のようなものは感じられる。(左右でいえば左ライトより右ライトにその兆候が……), しかし、いまのところは「気にしなければ、気にならない」レベルだ。虫除けスプレーによる、ヘッドライト磨きは、コストパフォーマンスでいえば、かなり優秀といえるのではなかろうか。 虫除けスプレーによる、ヘッドライト磨きは、コストパフォーマンスでいえば、かなり優秀といえるのではなかろうか。 ただ、効果の持続性はやはり気になるところなので、今後も引き続き経過を観察し、また年明けにでも、変化の有無を報告したい。

10月11日に投稿した、「[噂の検証]虫除けスプレーでヘッドライトの曇りが取れる! 理想はロールゲージのサイドバーのようなものですが、まぁまぁ良く出来たのではないかと思っています。, 樹脂部品の白濁化などをピッチレスコートで磨き、バンパー&トリムジェルでコートする方法でメンテしてみました。, ウォータースポットをケミカル(Water Spot Cleaner)を使って除去してみたのでご紹介します。, インプレッサG4(GJ7)のクーラントを交換するついでに、ラジエターホースとサーモスタットを併せて交換してみました。 調整などでは解決できそうになかったので、社外シートレールを純正レカロに装着しようとしましたが、いくつか加工が必要でした。.
, 虫除けスプレーに配合されているディート(化学名:ジエチルトルアミド)という成分がヘッドライトの表面を溶かして綺麗になるとのこと。, ホームセンターでできるだけ配合量の多いものを探していると、アースのサラテクトが10%配合でよさげでした。これから蚊の季節でもあるので買って損はない。, サラテクトミスト リッチリッチ30は30%含まれてるようですが、手軽に手に入るサラテクトウォーターミストで試すことにしました。. ヘッドライトの黄ばみを虫除けスプレーで除去できるらしいと聞いて、エブリィのヘッドライトで試してみました。 ググってみたら、虫除けスプレーのディートという成分がプラスチックを溶かすようで、含有量が虫除けスプレーによって違うそう。 (window,document,"script","//dn.msmstatic.com/site/cardlink/bundle.js","msmaflink");

(window,document,"script","//dn.msmstatic.com/site/cardlink/bundle.js","msmaflink"); いずれにせよ、虫よけスプレーでヘッドライトの黄ばみ、曇りがとれるという噂は本当だった。, 虫よけスプレーなら新品でも500円前後だし、この夏使い切らなかったもの(ディート成分入り)が残っていれば、お金も手間もかからず、ライトに輝きが取り戻せるので、やってみる価値はあると思う。, ハードコートの面で、今後の経過がやや気になるところだが、これについても1~2か月後に、再レポートするのでお楽しみに。, ライトだけでなく、ナンバープレートにも虫よけスプレーをしておけば、夜の田舎道を走ったときに、虫が付着しにくくなったりして……(それはないだろうな)。, 突然炎上しても「仕方ない」は本当? 旧車はメンテをしていても「壊れて当たり前」なのか.