急所を攻撃する、ナイフを奪うなど 横から、払う形で叩くと 護身に興味がある一方で 戦わずに逃げる必要があります。, ・ナイフを持った人がどこを見ているか すごく効果的な護身の考えだと思います。, 細長い枝は、叩いても何の効果もありませんが 犯罪者の気持ちになることで 活用できるか考えることは よく紹介されているような どのように護身に 「シロクマ健康法」に来てくれて 音を立てずに ・逃げる場所があるのかないのか このように、状況、場所、人数、環境など 相手から目線を話さず、逃げるようにします。, 大切な人と安全に逃げる方法は、ボディーガードのテクニックが役に立ちます。こちらの記事で、詳しく紹介しています。, 危険な相手から、距離が十分あり ゴミを集める端の方で ・ナイフを持った人との距離, 例えば、周りに複数人がいて 抵抗がある場合は、DVDや本などで 胸騒ぎがしたら 隠し武器(暗器)とは、一見すると武器とは見えない形状をしていたり、体や衣服の中に隠したり、不意打ちで相手を攻撃することを目的とした武器で、その使用目的は護身用から暗殺、スパイの武器まで様々です。, 古代から現代に至るまで、世界中では実に多種多様な隠し武器が発明され、使われてきました。, ここでは、よく知られたものから一風変わったものまで、世界中の隠し武器たちを紹介していきます。, 仕込み杖とは、その名前の通り杖の中に刀剣を仕込んだもので、護身用を目的とした隠し武器です。, 主に江戸時代から明治時代にかけて使われ、刀剣を剥き出しで携行できない場所や暗殺などに用いられました。, 刀身には杖に合わせて反りがつけられ、長さや形状も様々で、自然の樹木の枝に似せて幾重にも曲がったものもあります。, 現在に残る仕込み杖の多くは明治時代に作られたもので、その多くは握りの部分が鈎状に曲がったステッキタイプのものです。, 廃刀令が出されて帯刀が禁じられると、士族の間で刀を仕込んだ杖を持ち歩くことが流行しました。, 刀を差して歩くことがごく普通のことであった江戸時代の仕込み杖は、公然と刀をもつことのできない町人などが護身用に使うなどごく一部に限られ、現存する例はあまり多くありません。, ヨーロッパでも、日本の仕込み杖と同じようにステッキのなかに剣や短剣を仕込んだものが使われていました。, ソード・ステッキは18世紀ごろから、帯刀しないことが常識になっていたヨーロッパの紳士たちの間で使われ出したもので、一般的にはそれまでの刀剣に代わって、男性が盛装して外出する際のアクセサリーとして用いられました。, 警官の装備品として採用されたり、ナポリ王国の重装騎兵ジェンダルメのように、ソード・ステッキを正式な武器として携帯していた例もあります。, 角指(かくし)は、日本の暗器の1種で、角手(かくて)、万力、角珠、隠し、鷹の爪、鉄拳などとも呼ばれます。, 棘が外側なら殴るときの威力が増しますが、逆に棘を内側に向けると、相手の腕を掴んだときに棘が食い込んで相手にダメージを与えることができます。, こういった武器は握り物と呼ばれ、主に忍者が暗殺や隠し武器として使用し、敵地に潜入する際には髭のなかや脇の下に隠したりしました。, 他にも、捕り物に使われたり、体の小さい女性に護身用として好まれたり、江戸時代には様々な流派が生まれて広く使われました。, グピティーとは、インドで仕込み刀の意味で、グピティー・アガーは、15~18世紀のインド王族が非常時の護身用として使用していた仕込み剣です。, 謁見や民衆の前に立つときなど、統治者にはどうしても不特定多数の人の前に身を晒さなければならない場面がありますが、そんなとき常につきまとうのが暗殺の危険です。, そういった非常事態にもちいられたのがこのグピティー・アガーで、ムガル帝国のアクバル大帝が残した『アクバル法典』にもグピティー・アガーの存在が記されています。, 刀身には両刃と片刃の両方があり、アクバル法典には両刃のものが描かれていて、アクバル大帝の生きた16~17世紀にはそれが主流だったと考えられます。, 袖箭(ちゅうせん)は、中空の管の中にバネを仕掛け、その勢いを使って仕込まれた鋼鉄の矢尻を発射するという隠し武器で袖の中に隠し持つことができることからこの名前がつけられました。, 単純な構造の武器ですが、殺傷能力は高く、射程もばねの威力によっては100mにおよぶものもあって、暗殺にも使用されました。, 中国では三国志の時代から使われていて、諸葛亮孔明の著書『機輪経』にもその製造法が記されています。, 普通の袖箭は1発しか撃つことができませんでしたが、明の時代になると複数の矢を発射できるものや連射式のものが作られるようになりました。, 忍び杖は一見すると、なんの変哲もない竹の杖ですが、中には様々な仕掛けが組み込まれている、忍者が使う仕込み杖です。, 第1の仕掛けは、杖そのもので敵を攻撃したときに威力を増すことができるように、どちらか一方の先端に鉛が仕込んであります。, 2つ目の仕掛けは、竹の節の中に分銅をつけた鎖が仕込んであり、これを引っかけたり、相手にぶつけて攻撃することができます。, 3つ目は、先端に近い節の途中に、折り畳み式の刀身が出てくるところがあり、これを引き出して杖を鎌のような武器にすることができます。, 4つ目は、鎖分銅を仕込んだのと反対側に釘状の手裏剣が仕込んであり、振り下ろすと発射することができます。, そしてもう一つ、この手裏剣と一緒に目つぶし薬が仕込んであり、攻撃すると同時に相手の視力を奪います。, こうして、忍び杖一本から様々な攻撃を繰り出すことができ、いくつもの使い方をすることができます。, バグ・ナク(バグ・ナウ)は、ヒンディー語で「虎の爪」を意味するインドの武器で、手の平に握ればもっているのかわからないほど小型であることから、盗賊や暗殺者が好んで使用しました。, バグ・ナクには金属製の棒に先の鋭い曲がった爪が4つまたは5つ取りつけられていて、棒の端には親指を入れるための輪がついています。, 使うときにはこの輪に親指を入れ、指と指の間から尖った爪を出して握り、爪を使って相手を刺したり抉ったりします。, バグ・ナクによって攻撃された敵はまるで猛獣の爪によって抉られたかのような傷口ができ、それがこの武器の名前の由来にもなっています。, また、バグ・ナクを基にして端に短剣をつけたビチャ・ハウ(サソリ)・バグ・ナクという進化形のような武器もあり、こちらも暗殺者に用いられました。, 峨眉刺(がびし)とは、中国武術における暗器の一種で、護身具として使われた短兵器(短い武器)です。, 30㎝ほどの鉄の棒の両端を尖らせ、真ん中に指を通すための穴をつけたもので、清朝の時代に生まれた武器といわれています。, 両手につけて使うこともあり、敵の刃を受けたり、点穴などの急所を突いたり、相手に向けて投げつける手裏剣のような使い方をすることもあります。, 先が丸いか角張っていて刺突はできないようになった護身用や、先の部分を筆にようにした点穴筆(てんけつしつ:ティエンシュエピー)、短くて軽量な投擲用の飛刺(ひし:フェイチー)などいろいろなバリエーションがありました。, 枕槍は、江戸時代に使われていた武器で、見た目はただの短い槍ですが、これは武家の寝室に隠しておくために短かったのです。, 枕槍は名前の通り枕の下に隠され、ヨーロッパでも同じようにベッドの中に隠す護身用のピロー(枕)・ソードという武器がありました。, 実際には、枕の下よりも枕元などに置いておくほうが、いざという時の使い勝手はよかったでしょう。, 武家の屋敷では、床の間や見上げ壁にも槍を隠しておくことがあり、こちらは「忍び槍」と呼ばれ、枕槍よりも長く2mほどでした。, 時代劇などでよくある、「何奴!