8月22日 奈良 桜井市民会館

【ポケモンGO】マスクド・ピカチュウをゲットしろ! カントーカップ用のオススメポケモン8選, スシローの2貫100円皿で高コスパなのはこれだ! 回転寿司マニアに聞いた「オススメ3選」(2020年11月版), 【実録】突然「声が出るよ」と書かれた謎の段ボールが届いた → 開封してみた結果 …, 2021年の福袋はどうなる? 人気どころ40社以上に聞きまくった結果 / 2020年11月13日時点, 【嘘やろ】育児で疲れ果てた妻に「デニーズ × ゴディバの期間限定パフェ」を食べさせたら予想外すぎる一言が返ってきた, 【KODAWARI】これだけは譲れない! 頑固一徹なる姿勢! おはようアサコちゃん第48回「オレの肩! 貸してやるよ!」, » 夏の風物詩「ザ・ベンチャーズジャパンツアー」の日程を調べたら超過密でビビった! どう考えても、日本に永住した方が良いレベル. 2019-03-07 09:32:18 | 松島ベンチャーズ ブログの更新、お久しぶりです。 Yahooのホームページが3月で終了にともない、今後のライブスケジュールはこちらより発信いたします。 【台湾フェア】カルディオリジナルの「愛玉子(オーギョーチー)」が最高だった! 輸入版に負けていないどころか完全にウマイ!! Photo:Rocketnews24, 【美人すぎか】石原さとみ似の韓国アイドルが話題! 見てみたらボーイッシュな美少年風さとみんだった / NCT “ウィンウィン” さん. オリジナル・メンバー4人のうち、ボブ・ボーグル(リード・ギターからベースへ)、ノーキー・エドワーズ(ベースからリード・ギターへ)、メル・テイラー(ドラム)が他界し、リズム・ギタリストのドン・ウィルソン(85歳)だけが唯一の生き残りメンバーですが、そのウィルソンの娘、スターチ・レイン・ウィルソンが監督を手掛け、ウィルソン自身も制作に参加した本作品には、ドン・ウィルソン …

8月18日 埼玉 本庄市民文化会館 ステージは2部構成のプログラム進行を採り、アンコールで必ず「キャラバン」が演奏される。さらに長尺のドラムソロと、ドラムスティックでベースの弦を叩くパフォーマンスが行われる。, この他、1970年代半ばころには、スーザン・シュレイバー、リーシャ・キャリー、ジョネル・カレンダーといった女性シンガーがツアーに参加したこともある。また、1984年のライヴではレア・アースやナイト・シティのギタリストだったポール・ウォーレンがボブ・ボーグルの代理で一時的にベースを弾いている。, レコーディングでは無名のスタジオ・ミュージシャンが多数加わり、例えば「テルスター」ではキーボードが主要メロディーを取り、「ダイヤモンド・ヘッド」、「十番街の殺人」ではアルト・サックスにエフェクト・ペダルやレスリー・スピーカーを介して後のシンセサイザーを連想させる音色に似たサウンドを加えたり、曲によっては女声コーラスを導入したり、ブラスセクションやオーケストラを起用するなど、これらをサウンド面の主要アクセントにした。さらにはギターよりキーボード(当時ファルフィッサ製電子オルガンなどが使われていた)をリードパートに多用した曲が多く、その後正式にキーボーディストをメンバーとして加え5人編成となった時期もある[39](5人体制時期は1968年から1972年前半および1974年から1976年である)。ステージ上ではリードギターとベースが途中で交代する場面もある(最初期の演奏ではボブ・ボーグルだけでなくドン・ウィルソンがリードギターを担当するなど、現在と比べて演奏面やサウンド面も大きく異なっている)。, 最初のヒットシングルとなった「急がば廻れ(ウォーク・ドント・ラン)」は、チェット・アトキンスが自身で編み出した「ギャロッピング奏法」をベース、メロディ、コードバッキングに分解し、それにドラムパートを加えロックンロールのリズムに乗せるといった初期のベンチャーズの基本的な演奏スタイルとなっている[40]。, アンプのリヴァーブをフルにし低音弦をスライドさせて、トレモロ・ピッキングを行う「トレモロ・グリスダウン」奏法(日本では一般的に「テケテケ」と呼ばれる。しかし開祖はキング・オブ・サーフ・ギターと謳われるディック・デイルであり、ベンチャーズが編み出したわけではない)と共に、「ダイアモンド・ヘッド」、「パイプライン」(これを題材にしたのが映画化もされた芦原すなお原作の『青春デンデケデケデケ』)、「10番街の殺人」、「急がば廻れ '64(ウォーク・ドント・ラン '64)」、「キャラバン」など、数々の名演を生み出した。ベンチャーズは最初にサーフ・ミュージックを演奏したバンドと言われている[41]。, 2代目のリード・ギタリスト(初期はベーシスト)であるノーキー・エドワーズは2回目の来日公演(1965年1月)で「電気ギターの王様」と紹介され、天才的で卓越したテクニックは多くの日本人ギタリスト達に影響を与えた。彼はカントリー・ピッキング(親指にピックを固定し、人差し指や中指を同時に利用する多指奏法)を基本としたテクニックで、トレモロアームをアクセントとして使用し、モズライトギターの高出力ピックアップを活かしたラウドで金属的なサウンドを作り出していた。特に1965年7月来日時の録音を収めた赤盤ライヴの収録の「クルーエル・シー」、「ペネトレーション」、「ドライヴィング・ギター」、「キャラバン」はその特徴が顕著である。その後、彼は1980年代にベンチャーズを脱退(2度目の脱退)し、ソロ活動が中心となっているが、公式ホームページでは脱退扱いにはなっておらず、実際本国では何度か、ノーキーがベンチャーズに参加して活動している。近年は、オリジナルモデルのギターを用い、よりカントリースタイルを意識した演奏となっており音色もソフトなものとなっている。, 1968年にノーキーが1度目の脱退をし、3代目リード・ギタリストとして加入したのがジェリー・マギーである。ジェリーはエミルー・ハリス、エルビス・プレスリー、デラニー&ボニー、モンキーズなど多数のレコーディングやセッションなどで経験を積んで来たスタジオ・ミュージシャンである[42]。ジェリーのサムピックを使用した奏法(ノーキーも1972年に復帰したときからレコーディングやステージでサムピックを使用するようになった)や彼の出身地ルイジアナをルーツとした南部色の強いソウルフルなサウンドが特徴的である。「朝日のあたる家」は、ベンチャーズが1960年代からもともとレパートリーとしているが、1980年代にジェリーが再加入した後のステージでは彼独特のアドリブによるブルージーなサウンドが、新たな聞かせどころとなっている。その後は、中音域をブーストさせる回路付きのフェンダー・ストラトキャスターを用いており、曲によってブーストのかかり具合を微調整して、音色にバリエーションを持たせる工夫をしている。, 全盛時のメンバー。左からボブ・ボーグル、ノーキー・エドワーズ、メル・テイラー、ドン・ウィルソン, The Ventures: still rocking after 50 years, ベンチャーズ結成60周年を記念した初の長編ドキュメンタリーが間もなく完成 Music Life Club(2019年1月31日), http://web.archive.org/web/20080315080500/http://mainichi.jp/enta/music/news/20080313mog00m200001000c.html, ジェリーマギーさんのファンの皆様へ – Gerry McGee Japan Tour 2019, General George Babbitt Jr. 4-star CNY NEWS.com, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ザ・ベンチャーズ&oldid=79628610, Going To The Ventures Dance Party(1962年11月), The Ventures Play Telstar/The Lonely Bull AND Others(1963年1月), Bobby Vee Meets The Ventures(1963年4月) ※Caravan 収録(ノーキー・エドワーズ版), All About The Ventures(1966年3月) ※邦題:Ventures in Japan 第二集, The Ventures 10th Anniversary Album(1970年3月), The Ventures Only Hits!(1973年3月) ※邦題:グループ結成15周年アルバム!「西暦2001年という邦題が付けられた」, The Ventures on Stage '73(1973年9月) ※来日公演中にリリースし話題となる。, The Ventures The Jim Croce Song Book(1974年4月), The Ventures Play The Carpenters(1974年6月), Rocky Road (1976年3月) ※ラリー・カールトン、トム・スコット、キム・カーンズ、ウィルトン・フェルダー、デニス・ウィリアムス等が参加, 裕也 Meets The Ventures(1975年10月20日) ※内田裕也が参加したヴォーカル・アルバム。インストルメンタル版が「Hollywood Metal Dinamic Sound 3000」という題名で海外で発売される。, Hollywood Metal Dinamic Sound 3000(1975年) ※「朝日のあたる家」のアコースティック版など貴重な音源満載。「裕也 Meets The Venures」のインストルメンタル版も収録。国内未発売。, The Ventures on Stage '75(1975年) ※大阪フェスティバルホール、札幌厚生年金会館(現:ニトリ文化ホール)で収録。音質にこだわった最高のライヴアルバムと評されている。, The Ventures on Stage '76(1976年12月) ※渋谷公会堂, Chameleon(1980年7月)※坂本龍一、細野晴臣、高橋ユキヒロ、竹田和夫等が曲を提供し、糸井重里がアルバム名や曲名を担当する。, ORIGINAL MEMBER LIVE ´1984(1984年) ※ノーキー・エドワーズとジェリーマギーの共演, 60'S ROCKIN' CHRISTMAS(2001年)※ノーキー&ジェリーの共演。ドンのヴォーカルも収録(京都慕情のクリスマス版), DELUXE DOUBLE (2005年) ※1960年代と1990年代の日本公演のDVD付属の2枚組ベスト盤。, ゴー・ゴー・ベンチャーズ (2007年) ※新しくレコーディングしたダイアモンド・ヘッド収録と、1960年代と1990年代の日本公演のDVD付属の2枚組ベスト盤。, アリガト ジャパン! ドン・ウィルソン・スペシャル・ボックス (2015年) ※ドンの来日ツアー引退を記念して作られた5枚組ベスト盤。未発表曲も収録。, Here We Go Again (2018年) ※現メンバーのラインナップによる初のオリジナルアルバム。2枚目に旧メンバーによるベスト盤付属。, クルーエル・シー(1964年) - 日本のみA面で、アメリカでは「急がば廻れ '64」のB面。, ダイアモンド・ヘッド(1965年) - 全米70位という結果だったが、日本ではベンチャーズ曲の中で最も人気の高い曲。, パイプライン(1965年) - 日本のみのシングルカットで、アメリカではシングル未発売。, キャラバン(1965年) - 日本のみのシングルカットで、アメリカではシングル未発売。, 二人の銀座(1966年) - アメリカでは「Ginza Lights」というタイトルで、「Arabesque」のB面として発表された曲。山内賢、和泉雅子の歌唱でヒット。, 青い渚をぶっとばせ(1967年) - 日本のみA面で、アメリカでは「Theme From 'The Wild Angels'」のB面。, さすらいのギター(1971年) - 日本のみのシングルカットで、アメリカではシングル未発売。, 京都の恋(渚ゆう子) 1970年 - アメリカでは「Expo '70 (Kyoto Doll)」というタイトルで発表された。, Joel Whitburn Presents The Billboard Hot Charts 100. 9月9日 東京 北とぴあ さくらホール, 7月14日から9月9日までの約2カ月の間に35公演! 北は北海道から南は鹿児島までほぼ全国を網羅して、東京にいたってはなんと5回も公演を行う。基本は中1日で、3日連続公演もザラだ。, インディーズバンドの全国ライブハウス巡りに匹敵するレベルである。ロックの殿堂入りを果たしているのに! ブラック企業ばりに働き過ぎだろ。もう少し緩やかなツアースケジュールを組んで欲しいと願うくらいだ。「いっそ日本に住んだ方がいい」と思うのは、私だけではないはず……。55年もアメリカから通ってるなら、本当に住んだ方がいいのでは。, 参照元:M&Iカンパニー「ザ・ベンチャーズジャパンツアー2018」 7月16日 大阪 森ノ宮ピロティホール 。2008年にはロックの殿堂入りを果たした。代表曲には「急がば廻れ(ウォーク・ドント・ラン)」「ダイアモンド・ヘッド」「10番街の殺人」「パイプライン」「キャラバン」「ハワイ・ファイブ・オー」など、多くの既製曲を中心としたものが有名である[3]。ちなみにベンチャーズは、他人の楽曲を演奏することをカバーとは呼んでいない。, 1959年、ドン・ウィルソンとボブ・ボーグルのギタリスト2人により結成。結成時は「ジ・インパクツ」を経て「ヴァーサトーンズ」と名乗っていたが、すでに使われていたため、ドンの母親であるジョシーからの提案によって「ザ・ベンチャーズ」と名乗るようになる。当初の演奏スタイルは、リードギターとリズムギターを曲によって交代するギターデュオで、ドラム、ベースなどはいなかった。結成前、ドンは自動車のセールスマン、ボブは昼間に建築業をしていた。ボブがドンに仕事を紹介し、一緒に仕事をするようになり、夜にはナイトクラブに出演してキャリアを積み、音楽関係の人脈を築き上げていく[4]。またこの頃から既にフェンダー社製のストラトキャスター、ジャズマスターを主に使用していた[5]。後にベーシストにノーキー・エドワーズ、ドラマーにジョージ・バビットをメンバーとして迎え入れた。しかし、ジョージは当時未成年でナイトクラブでの演奏が許可されずデビュー前に脱退し、後任としてホーウィー・ジョンソンが加入する[6]。 7月20日 東京 ティアラこうとう 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/19 06:18 UTC 版), 故郷アメリカではサーフ・サウンドの元祖とされ、また日本においてはビートルズと並び、日本のポップスやロックに多大な影響を与えたバンドとされている[1][2] 7月28日 千葉 松戸市民会館 2019年に結成60周年を迎えた が、同年10月12日にジェリー・マギーが日本で他界(メンバー欄で後述)。 2020年代 - 2020年 、 新型コロナウィルス の影響でアメリカからの入国が制限されている為、来日ツアーが2021年8月以降に延期となる [27] 。 8月31日 兵庫 神戸文化ホール 9月8日 千葉 君津市民文化ホール ... ベンチャーズオフィシャルブログ. 元「ベンチャーズ」メンバー ジェリー・マギーさん 来日中に急死 [ 2019年10月14日 05:30 ] 「ザ・ベンチャーズ」のメンバー。 Copyright © SPORTS NIPPON NEWSPAPERS. また、同年からボブとイアンのスポルディング親子にリオン・テイラー、そして、前年からベンチャーズのサポートメンバーとしてアメリカ国内で活動していたベーシスト、ルーク・グリフィンによるニューバンド「V-2」が活動を開始。, 2016年、前年のドン・ウィルソンのツアー引退に続き、ノーキー・エドワーズも自身の高齢と体力低下により、同年の来日ツアーが最後の来日となることを表明した。2017年8月の来日ツアー中にジェリー・マギーが入院。その連絡を受け、「V-2」のメンバーであるルーク・グリフィンが急遽来日し、ベースで7公演ほど残りの日本公演に初参加したことで、結成55周年ジャパンツアーを無事終えた。2018年にドン、ノーキーに続き、ジェリーも自身の高齢化のためツアー引退を発表。それに伴い、同年以降の来日公演は、昨年来日しジェリーの代わりに日本ツアーに初参加したベーシストのルークを正式メンバーに迎え、前述の通りである「V-2」のメンバーによる新体制ベンチャーズとして、7月より来日ツアーが新たに開始された。同年3月12日にノーキー・エドワーズが他界[7]。, 2019年に結成60周年を迎えた[26]が、同年10月12日にジェリー・マギーが日本で他界(メンバー欄で後述)。, 2020年、新型コロナウィルスの影響でアメリカからの入国が制限されている為、来日ツアーが2021年8月以降に延期となる[27]。, 現在も世界各国にファンがおり(ただし、シャドウズやビートルズを生んだイギリスや祖国アメリカではあまり多くないが、ジミー・ペイジ、ジョン・フォガティ、エアロスミスがベンチャーズをリスペクトしていることは有名。)、コピーバンドも多数存在する。特に日本では老若男女問わず存在し、さらには子供のコピーバンドまでいるほどである。これは、日本との特別な関係や与えた影響という観点から、日本の音楽史になくてはならない存在とされる。彼らがアメリカ本国で一番人気があったのは1960年代までだが、日本では長く人気を保ち続けている[28]。米国のバンドではあるものの、インストゥルメンタルグループであり言語の壁を乗り越えその明快な楽曲が受け入れられ、米国以上に日本のエレキギターブームやポップスシーンに影響を及ぼした。日本で発表されたレコードなどの総売上は4000万枚を超える。現在も定期的に日本公演を行っている[29]。 All Right Reserved. 。2008年にはロックの殿堂入りを果たした。代表曲には「急がば廻れ(ウォーク・ドント・ラン)」「ダイアモンド・ヘッド」「10番街の殺人」「パイプライン」「キャラバン」「ハワイ・ファイブ・オー」など、多くの既製曲を中心としたものが有名である[3]。ちなみにベンチャーズは、他人の楽曲を演奏することをカバーとは呼んでいない。, 1959年、ドン・ウィルソンとボブ・ボーグルのギタリスト2人により結成。結成時は「ジ・インパクツ」を経て「ヴァーサトーンズ」と名乗っていたが、すでに使われていたため、ドンの母親であるジョシーからの提案によって「ザ・ベンチャーズ」と名乗るようになる。当初の演奏スタイルは、リードギターとリズムギターを曲によって交代するギターデュオで、ドラム、ベースなどはいなかった。結成前、ドンは自動車のセールスマン、ボブは昼間に建築業をしていた。ボブがドンに仕事を紹介し、一緒に仕事をするようになり、夜にはナイトクラブに出演してキャリアを積み、音楽関係の人脈を築き上げていく[4]。またこの頃から既にフェンダー社製のストラトキャスター、ジャズマスターを主に使用していた[5]。後にベーシストにノーキー・エドワーズ、ドラマーにジョージ・バビットをメンバーとして迎え入れた。しかし、ジョージは当時未成年でナイトクラブでの演奏が許可されずデビュー前に脱退し、後任としてホーウィー・ジョンソンが加入する[6]。 8月11日 神奈川 神奈川県民ホール ジェラルド・ジェームズ「ジェリー」・マギー(Gerald James "Gerry" McGee, 1937年 11月17日 - 2019年 10月12日 )は、アメリカ合衆国 ルイジアナ州 ユーニス出身のギタリスト。 ザ・ベンチャーズのリードギター兼ベース、ヴォーカリスト。 <ベンチャーズ ジャパン・ツアー 2020> 【来日予定メンバー】 Leon Taylor / リオン・テイラー - Drums Bob Spalding / ボブ・スポルディング – Guitar Ian Spalding / イアン・スポルディング - Guitar Luke Griffin / ルーク・グリフィン - Bass 【スケジュール】

執筆:佐藤英典 8月2日 北海道 七飯町文化センター また、同年からボブとイアンのスポルディング親子にリオン・テイラー、そして、前年からベンチャーズのサポートメンバーとしてアメリカ国内で活動していたベーシスト、ルーク・グリフィンによるニューバンド「V-2」が活動を開始。, 2016年、前年のドン・ウィルソンのツアー引退に続き、ノーキー・エドワーズも自身の高齢と体力低下により、同年の来日ツアーが最後の来日となることを表明した。2017年8月の来日ツアー中にジェリー・マギーが入院。その連絡を受け、「V-2」のメンバーであるルーク・グリフィンが急遽来日し、ベースで7公演ほど残りの日本公演に初参加したことで、結成55周年ジャパンツアーを無事終えた。2018年にドン、ノーキーに続き、ジェリーも自身の高齢化のためツアー引退を発表。それに伴い、同年以降の来日公演は、昨年来日しジェリーの代わりに日本ツアーに初参加したベーシストのルークを正式メンバーに迎え、前述の通りである「V-2」のメンバーによる新体制ベンチャーズとして、7月より来日ツアーが新たに開始された。同年3月12日にノーキー・エドワーズが他界[7]。, 2019年に結成60周年を迎えた[26]が、同年10月12日にジェリー・マギーが日本で他界(メンバー欄で後述)。, 2020年、新型コロナウィルスの影響でアメリカからの入国が制限されている為、来日ツアーが2021年8月以降に延期となる[27]。, 現在も世界各国にファンがおり、コピーバンドも多数存在する。特に日本では老若男女問わず存在し、さらには子供のコピーバンドまでいるほどである。これは、日本との特別な関係や与えた影響という観点から、日本の音楽史になくてはならない存在とされる。彼らがアメリカ本国で一番人気があったのは1960年代までだが、日本では長く人気を保ち続けている[28]。米国のバンドではあるものの、インストゥルメンタルグループであり言語の壁を乗り越えその明快な楽曲が受け入れられ、米国以上に日本のエレキギターブームやポップスシーンに影響を及ぼした。日本で発表されたレコードなどの総売上は4000万枚を超える。現在も定期的に日本公演を行っている[29]。 8月24日 福岡 春日市ふれあい文化センター ジェラルド・ジェームズ「ジェリー」・マギー(Gerald James "Gerry" McGee, 1937年11月17日 - 2019年10月12日 )は、アメリカ合衆国ルイジアナ州ユーニス出身のギタリスト。ザ・ベンチャーズのリードギター兼ベース、ヴォーカリスト。, 父親がケイジャンミュージック界で名の知られたヴァイオリン奏者ということもあり、幼少期からケイジャンミュージックやカントリー、ブルースといった音楽に囲まれた環境で育つ。ギターを始めたのは14歳からであるが、やがて彼はスタジオミュージシャンとなり、ボビー・ダーリン、エルヴィス・プレスリー、ウィリー・ネルソン、ジョン・メイオール、モンキーズ、トリニ・ロペスなど幾多のレコーディング、セッション、ツアーをこなすようになる[1][2]。, デラニー&ボニーのデビュー・アルバムに参加していた1968年に、ノーキー・エドワーズが脱退したベンチャーズのオーディションを受けてみないか、との友人の誘いを受け(それ以前にロサンゼルスの「シー・ウィッチ・クラブ」に出演していた際にメル・テイラーの実弟である、後にキャンド・ヒートに加入するラリー・テイラーと共に「バンビーノース」として活動していたため、必然的にベンチャーズとの人脈は出来ていた)、その結果加入することになる。ベンチャーズに加入後は、それまでになかったR&Bやブルースのテイスト、また「京都の恋」や「雨の御堂筋」といった日本の歌謡曲的なメロディをもたらすなど、ベンチャーズに新しいスタイルをもたらした[2]。, 1972年にベンチャーズを脱退し、スタジオやセッションに再び活動の場を移すが、「ベンチャーズとは違う音楽性に挑戦したい」という意向でベンチャーズを離れたメル・テイラーから声を掛けられ、ビル・リンカーン、ジョン・ダリル、ボブ・スポルディングらと共にメル・テイラー&ザ・ダイナミックスを1973年に結成。来日当時、“二つのベンチャーズが来日”と話題を呼ぶが、大きな評価は得られず、その後ジョー・バリルのベンチャーズ解雇に伴いテイラーはベンチャーズに復帰、メル・テイラー&ザ・ダイナミックスは自然消滅的に解散となり、マギーは再びスタジオやセッションでの活動に戻ることになる[2]。, 1984年、ボブ・ボーグルが急病でベンチャーズのツアーに参加できなくなったことから、サポートのためベーシストとしてツアーに参加する。この年のステージではノーキー・エドワーズとのアコースティックギターデュオや、曲によってリードギターをエドワーズと交代するシーンが見られた。