1989年あたりから1990年代前半を指す「バブル期」には、より高級なもの、より豪華なものが人気を博し、自動車業界にもその傾向が顕著となっています。, 1989年当時のホンダ車のクラスとして、フラッグシップモデルとして位置づけられていたのは「レジェンド」でした。 ▶ホイールベース:2,740mm 「UA1型(2.0L)モデル」に加え、「UA2型(2.5L)モデル」、1995年にはエンジンがV型6気筒となった「UA3型(3.2L)モデル」も発表されています。 そのことから、この時代の景気を「バブル景気」、この時期を「バブル期」と呼ぶようになったのです。 プラザ合意により急激な円高となった日本は、政府が内需拡大を目的とした公共投資を増やすとともに、日銀は公定歩合を引き下げ、長期間の金融緩和を実施します。 インスパイア(ホンダ)の燃費情報ならカーセンサーnet!インスパイアのモデルやグレードごとに燃費の確認・比較をすることができます。インスパイアの中古車情報や中古車検索も「カーセンサーnet」に … ▶燃費(10・15モード):9.3km/L しかし、日本の車に対するニーズが、SUVやミニバンなど「小回りの効くファミリーカー」へと移行したこともあり、販売は思うように伸びず、ホンダ・インスパイアはアメリカで「アコード」に統一される形での販売のみとし、日本での販売は2012年を最後に終了となってしまったのです。, 【アコード・インスパイア CP3型 35iL 2007年12月モデル】 いつか復活することもあるのでしょうか? ▶最大トルク:19.0kgm/4,000rpm, 初代から6年後の1995年、ホンダ・インスパイアはフルモデルチェンジがなされ、2代目となるUA1型となります。

3代目ホンダ・インスパイアの最大の特徴は、それまで引き継がれた「FFミッドシップ・縦置き5気筒エンジン」が廃止され、「V型6気筒エンジン」が採用されたことだといえます。 また、4代目ホンダ・インスパイアの最大の特徴として掲げられるのは、エンジンの「可変シリンダー・システム(VCM)」と、最上位グレードとなるアバンツァーレに「追突軽減ブレーキ(CMS)」、「車線維持・車速/車間制御システム(HiDS)」が搭載されたことでしょう。 当時、アメリカでは、ホンダの高級ブランドとして「アキュラ」がありました。 ▶車両重量:1,520kg 高級志向に拍車がかかったバブル期、高級セダンのクラスに手薄感のあったホンダは、「レジェンド」と「アコード」の中間にあたる「アッパー・ミドルクラス」として、「インスパイア」を開発・製造することとなったのです。 この背景には、当時日本とアメリカの間で懸案となっていた「日米自動車・貿易摩擦」が関係しており、アメリカで自動車を販売するための策として、日本メーカーが対処しなければならなかったことに由来しています。 ▶最高出力:225ps/5,500rpm ▶排気量:3,210cc ▶ホイールベース:2,840mm ▶最高出力:280ps/6,200rpm ▶最高出力:160ps/6,700rpm ▶全長×全幅×全高:4,805×1,820×1,455mm その他にも、エンジン振動を軽減する「アクティブ・コントロール・エンジンマウント」や「アクティブ・ノイズ・コントロール」など、ホンダらしい最新技術が多彩に盛り込まれているのです。 ▶燃費(10・15モード):9.3km/L ▶燃費(10・15モード):9.8km/L ホンダ・オデッセイは大きく1・2代目と3・4代目、そして5代目それぞれに人気が分かれます。同じオデッセイですが、それぞれ人気の理由も違うため、一つを選ぶには全てを知る必要があります。ここでは、人気のグレードとその理由を詳しく解説します。

1989年(平成元年)10月12日に5ナンバーモデルの「アコードインスパイア」を発売(型式名cb5)。 4代目アコードの登場から1か月遅れで発売された。グレードは上位から「ax-i」「ag-i」「az-i」の3種。姉妹車は3代目ビガーである。. バブル景気とは、1985年に深刻なドル高・貿易赤字に悩むアメリカ救済のために、当時の先進5か国が揃って市場に「協調介入」するという合意がなされた「プラザ合意」に端を発しています。 ▶車両重量:1,330kg 1989年、4代目アコードの登場にあわせて設定されたアコードインスパイア。それまでアコード&ビガーが担ってきたスタンダードモデルとしての役割はアコード&アスコットが受け持つ一方で、上質なスポーティサルーンを求めるユーザーに向けて送り出されたモデルです。コンセプトは"パーソナルなFF4ドア・スペシャルティ"。2805㎜の超ロングホイールベースとし、ハードトップボディながら従来型・3代目アコードセダンと同等の室内寸法を実現し、実用性とデザイン性を両立したボディが与えられました。, エンジンは新開発の2ℓ直列5気筒「G20A型」で、これをフロントアクスルより後方に搭載。"FFミッドシップ"の優れた重量配分でリニアなハンドリング性能をもたらすのみならず、フロントサスペンションまわりに十分なスペースを作りストローク量の多いサスペンションを組み合わせる狙いもありました(サスペンション自体は従来型アコード同様に4輪ダブルウィッシュボーン式)。ミッションは5速MTと4速ATが選べましたが、最上級グレード「AX-i」はAT仕様のみのラインアップでした。, 車体面も非常に凝った構造となっています。航空機やF1マシンなどには用いられていたものの、乗用車での採用例は当時なかった「ハニカム構造」をフロアとルーフに世界初導入し、軽量かつ高剛性なボディを開発。フロア部に関しては従来までの構造に対し100倍近い剛性アップが図られたといいます。また、ルーフ部はペーパーハニカムコアを2層のフェルトで挟みつつ成型したり、エンジンルームと室内を仕切るバルクヘッドを3層構造とするなど、遮音性・耐振動性にも入念な配慮が行われていました。, 1992年にはボディサイズを拡大した3ナンバーモデルが登場(同時に2.5ℓエンジンも追加設定されます)。この3ナンバーモデルは車名にアコードが付随せず、「インスパイア」として独立した車名を名乗る"初代"のクルマとなりました。, その後、1995年に2代目、1998年に3代目、2003年に4代目、2007年目に5代目とモデル変遷を遂げていったインスパイアですが、2012年に5代目で販売を終了。インスパイアの歴史は一端ここで閉じられてしまうのですが……なんと2018年に中国でインスパイアの車名が復活! そのベース車は海外市場では既に発売済みの10代目アコードという、歴史は繰り返す的な運命をたどっています。, [アコード インスパイア主要諸元]■寸法・重量全長:4690㎜全幅:1695㎜全高:1355㎜ホイールベース:2805㎜トレッド:前1465㎜/後1470㎜車両重量:1270㎏(「AZ-i」MT車)~1350㎏(「AX-i」サンルーフ装着車)燃料タンク容量:65ℓ, ■エンジン・トランスミッション型式:G20A型 水冷直列5気筒OHC4バルブ排気量:1996cc最高出力:160馬力/6700回転最大トルク:19.0㎏m/4000回転トランスミッション:5速MT、4速AT, ■サスペンション・ブレーキ・タイヤサスペンション:前後ともダブルウィッシュボーン式, ブレーキ[AX-i/AG-i]:前ベンチレーテッドディスク/後ディスク[AZ-i]:前ベンチレーテッドディスク/後リーディングトレーリング, タイヤ[AX-i]:205/55R15[AG-i]:195/65R14[AZ-i]:175/70R14, ■1989年発売当時価格[AX-i]264万4000円 [AG-i]216万1000円 [AZ-i]192万7000円(東京地域標準現金価格、AG-iとAZ-iのオートマチック仕様は+9万5000円). ▶エンジン:水冷V型6気筒SOHC ホンダの発表するセダンは、少し地味ではあるものの、技術力の高さとセンスの良さで、際立っていましたね。

▶燃費(10・15モード):10.2km/L ▶最大トルク:30.0kgm/4,500rpm, 2003年に発表された「4代目ホンダ・インスパイア」は、3代目が製造された「オハイオ州・メアリズビル工場」から、従来の「ホンダ・狭山工場」での製造に戻る形で生産が開始されました。

日本では、この時期「バブル景気」が終焉をむかえ、ホンダ・インスパイアにもコストを削減し、価格帯を抑える必要も出てきた時代となりました。, 【アコード・インスパイア UA2型 25G 1995年2月モデル】 インスパイアも然りです。

▶エンジン:水冷V型6気筒SOHC ▶最大トルク:34.9kgm/5,000rpm, それでは、ホンダ・インスパイアの評判について、リアルな声をいくつかご紹介してみましょう。, ホンダインスパイア、本体49万、4年前に購入して大きなトラブルなし。3ヶ月前にロッソコルサに全塗装。現在距離16万Km。ホンダオブアメリカもなかなかのものです。#皆さんの車いくらで買ったんですか pic.twitter.com/KqyjbYdsnV— Yuki Carlprit (@EATsleepYUKI) 2016年12月7日, 今日見かけたレア車(ホンダインスパイア最終)セダン不人気な時代の中、さらにホンダ車ということでセダン乗りにも縁遠いモノとなっていますなー。当地ではなかなか見かけません。 #車好き #LOVECARS pic.twitter.com/PHCNA2gO8o— のひる (@Nottinghill8) 2016年11月16日, 愛車ホンダインスパイア、車検取ります(´-`)ホントいい車で気に入ってます(´-`) pic.twitter.com/cTO8jROE3C— ▓▒░ H I R O ░▒▓ (@HIRO_SennaJapan) 2015年3月17日, ホンダインスパイア30TL(4代目)長所:3000cc V6エンジンを搭載しながら燃費とパワーを両立している、クラウンアスリートの水準に達する乗り心地短所:少々税金が高い#乗ってる車名と長所と短所書いてけ正確には乗っていた車。歴代の中で一番バランスが取れた車でした。— 早乙女乱子@スポーティーブルーGK3 (@fitrs1500ima) 2014年7月31日, 今日見かけたレア車(ホンダインスパイア代目)マイノリティを気取るにはぴったり。程度のよいタマも探せばありそうだし保有した満足感もあるだろう。けどこの辺の上級ホンダセダン乗りの次に乗るのはなに? #車好き #LOVECARS pic.twitter.com/UOnbuf0lB1— のひる (@Nottinghill8) 2014年3月5日, ホンダ・インスパイアの歴代モデル、燃費、評判についてご紹介してきました。 2代目インスパイアが室内空間の広さにこだわったのには、アメリカでの市場ニーズが大きく関係しており、アメリカでセダンとして認知され、売れるためには、室内の居住性アップがかかせなかったからだとされています。 ▶エンジン:水冷直列5気筒SOHC ▶全長×全幅×全高:4,840×1,785×1,420mm ホンダ・インスパイアが最初に誕生したのは、1989年です。 外観としては、何といっても前後ドアに沿うように引かれた「深いプレスライン」が特徴的で、このプレスラインが5代目インスパイアの印象をグッと引き締めて、堂々たるセダンという風格となっています。 ぜひ、そうして欲しいと思っている一人として、街でインスパイアを見かけた時は、ぜひエールを送ってあげて下さいね。, 【新型ノート フルモデルチェンジ最新情報】2020年11月下旬に予約受注開始か!読者からのリーク情報, 【次期新型トヨタ ランドクルーザープラド 最新情報】フルモデルチェンジは2021年2~4月か!, 【次期新型トヨタ ノア/ヴォクシー/エスクァイア】フルモデルチェンジは2021年6月?2022年に延期?, 【トヨタ】新型車デビュー・モデルチェンジ予想&スクープ|2020年11月6日最新情報, 【新型トヨタ アルファード】フルモデルチェンジは2022年!?ヴェルファイアは廃止へ?, 復活新型ホンダ インテグラの大予想デザインCGを入手!懐かしのカッコインテグラを振り返り, 【南明奈#おため試乗】トヨタ新型ライズを欲しい人は必見!いいとこ取りコンパクトSUV, MOBYは毎日クルマを”使う”人、持っていない人に車を好きになってもらうため、新型車、最新の技術やサービスからドライブ情報まで、車の楽しさや魅力を発信します。, ホンダ新型シビック・セダン フルモデルチェンジ最新情報!発売日は9月29日で燃費や価格も, 【販売台数が多いセダンランキング2020年最新版】セダン新車販売ランキングTOP6. 知人が初代インスパイアに乗っていたこともあり、実際の乗り心地や性能の良さを知っている者としては、日本での販売が終了してしまったことは、残念の限りです。 ▶全長×全幅×全高:4,840×1,785×1,405mm 現在では、カタカナ語として使われることも多く、「~にインスパイアされた」のように使われることもありますよね。 1994年に初代モデルが発売され、現行の5代目までロングセラーを続けているホンダ・オデッセイ。当初、新型車の開発費が少なく、大人数で乗れるミニバンでありながら、当時の常識だったスライドドアを採用できませんでした。, しかし、その後それを理由に「ミニバンの定義にスライドドアが含まれなくなった」といわれるほどの影響力を持つ車種に成長しました。ここでは、そんなオデッセイの人気の理由をさまざまな視点から紹介します。, オデッセイは、まさに「スタイリッシュなミニバン」の先駆者といえます。ミニバンというジャンルには収まりきれない魅力があり、中古車としても高い人気を誇っています。そんなオデッセイの人気の理由を、より詳しくみていきましょう。, オデッセイの最大の特徴は、3列シートのミニバンとは思えないほどの低い車体です。特に3代目からは低床化・低重心化され、2WDモデルでは全高1550mm以下の立体駐車場にも対応できるほどに抑えられています。, この低重心レベルはミニバンよりセダンに近く、格段によい走りという特徴につながります。当時ミニバンは、車体が高くボディ剛性も弱いため安定感がない、段差ではふわふわと揺れてコーナーでは横Gに弱い、横風の影響を受けやすいなどといわれていましたが、オデッセイはこれらを見事に克服しました。, さらに、初代から2Lを超えるエンジンのみを採用し、走りに妥協しないコンセプトもまた、オデッセイの人気を支えてきました。これにより、通常の走りでは満足できないユーザーを中心に、高級かつ高性能ミニバンという独特な人気を獲得しました。, ミニバンの割に低床という特徴から、オデッセイにはもともとおしゃれな車というイメージがありました。しかし、2003年に登場した3代目はさらに全高が低くなり、見た目も変更されてよりスタイリッシュになりました。最近のホンダ車特有のフロントマスクは、この3代目のヒットから生まれたともいわれています。, 現行の5代目モデルは、スライドドアを採用したため車高こそ高くなりましたが、それでもブランドに恥じないスタイリッシュな見た目にこだわり、迫力を感じるデザインを維持しています。, 2017年11月のマイナーチェンジ以降の現行型オデッセイは、ホンダセンシングを標準搭載し、下のような機能を備えています。, その他、マルチビューカメラシステムや後退出庫サポートは、Lサイズミニバンに分類されるオデッセイの、限られたスペースへの駐停車をしっかりサポートしてくれます。, オデッセイは、多彩なグレードがラインアップされています。ここでは、2013年に発売された現行5代目の主要なグレードのオプションなど、それぞれの特徴を紹介します。, Gグレードはオデッセイの標準グレードにあたり、ヒルスタートアシスト機能や低燃費運転をサポートするエコアシスト、左側パワースライドドアを標準装備しています。, 7人乗り仕様の2列目には、オットマン付きのプレミアムクレードルシートなど十分な装備を備え、8人乗りの2列目ベンチシート仕様も選べます。, G・EXグレードでは、Gグレードにホンダセンシングが加わります。ホンダセンシングが標準装備されているのは、上級のアブソルートとアブソルート・EXだけです。, セダンタイプから乗り換える場合は、車体感覚が異なり操作に不安がつきまとうものですが、ホンダセンシングがあれば不安はかなり軽減できるでしょう。, アブソルート・EXは、オデッセイの最上級グレードにあたり、価格以上に走行性能・エクステリア・インテリアが充実しています。もともと高い走行性能・安定性にさらに磨きをかけたアブソルート・EXには、高速道路や山道でも加速の重さやもたつきは感じないほどの動力性能があります。, エクステリアでは、夜間に曲がる方向を先に照らしておいてくれる「LEDアクティブコーナリングライト」や、斜め後ろに車両がある場合に、その方角のドアミラーのインジケーターが点灯する「ブラインドスポットインフォメーション」が、より安全な操作をサポートします。, インテリアもまさに、乗っているだけで優越感に浸れるような高級感があります。アブソルート・EXのオーナーの多くは、どの装備も必要性を認めながらも、あえて高額な最上級グレードを求めています。「せっかくなら最上級グレードを」の思いは、オデッセイに求める要素を最も的確に表現しているともいえます。, オデッセイのボディーカラーは全7色ですが、そのうち5色は有料で、その分車買取査定では金額を大きく左右する要素になっています。, 最も人気があるのは、アブソルート専用カラーのプレミアムヴィーナスブラック・パールで、これはすなわちアブソルートの人気を表しています。このカラーは塗装内に純金でコートされたガラス片がちりばめられており、光の当たり具合で表情を変え、品のある色合いが高級感を醸しています。, 次点には、同じブラック系のクリスタルブラック・パールが入りました。まさに漆黒という表現がぴったりな黒にパールがちりばめられ、光が当たるとキラキラと上品な輝きを放ちます。ブラック系以外なら、第3位のプラチナホワイト・パールがおすすめです。膨張色のため、オデッセイの存在感を高めつつ上品な清潔感があり、ファミリーユースにも適しています。, 一般に車のカラーは、黒・白・シルバーに人気があるといわれますが、オデッセイもこれにならう形でブラック系2色とホワイト系1色が上位になっています。これはこのまま買取査定で上位とされており、将来の買取を考えるならこの中から選ぶことが得策です。, オデッセイは、1994年から4度のフルモデルチェンジが行われています。特に人気なのは、3代目以降の低床化・低重心化されたモデルですが、エクステリアやインテリアには違いが見られます。, 3代目オデッセイRB1/2系の最大の特徴は、低床化・低重心化により車高を1,550mmに抑え、機械式立体駐車場にも対応したことです。低床化・低重心化のほかにも、乗り心地とハンドリングの向上と、低い前項の流麗なシルエット、室内空間の拡大を実現しました。, 中でもアブソルートは、18インチタイヤと専用アルミホイール、専用サスペンションを持つ人気のスポーティモデルで、揺れの少ないソリッドな乗り心地が特徴です。, 4代目オデッセイRB3/4系は、「感性クオリティ」をコンセプトに、人とクルマの一体感や全席の爽快感、独自の存在感をテーマに、あらゆるシーンにマッチする感性豊かなミニバンを目指して開発されました。, ボディスタイルは、先代のブラッシュアップ版と位置付けられ、機械式立体駐車場に対応した車高に抑えられたワイド&ローのフォルムが特徴です。基本的なアイデンティティが引き継がれましたが、エンジンは変更されてより力強くなり、かつ燃費性能が向上しています。, プラットフォームを一新した5代目オデッセイRC1/2/4系は、リアをスライドドアに変更したため、先代より車高が高くなっています。薄型フュエルタンクや排気系の取り回しを見直すなど、徹底した低床化が図られ、歴代で最も広い室内空間により、高い居住性と走行性能・乗降のしやすさを実現しています。, また、インテリアも「モダンスイートルーム」をコンセプトにデザインが大きく見直され、質感が一層高くなっています。, オデッセイは、5代目でリアにスライドドアを採用して全高が高くなったため、ユーザーの間では賛否が分かれました。そのため、人気のある3代目・4代目の中古も人気が高く、状態のよいものになるとかなりの高値になる場合があります。どちらにしても、オデッセイをお得に手に入れるためには、まとまった資金が必要です。, 資金を手に入れる最も一般的な方法は、今乗っている車の処分です。以前は「下取り」という方法もありましたが、今は資金の得やすさと金額の高さから、車買取専門店を利用する人がほとんどです。, 買取金額は、車の状態を細かに見極める査定結果で決まります。査定に影響する要素は、車種や年式、走行距離などたくさんありますが、難しいのはそれらが単純に「走行距離が短ければ高い」「年式が新しいほど高い」とは限らないということです。, 走行距離は1年あたり1万kmが平均とされ、それより極端に長い、また短い場合は査定額が変わる可能性があります。また、オデッセイのように旧タイプであっても人気がある場合は、年式が古くても高値をつけることがあります。, 買取査定金額は、同じ車でも業者によっては、数十万円単位で差が出ることも珍しくありません。それは、査定するポイントや基準が違うこと、その業者の持っている在庫状況に影響されることが原因で、厳密にいえば同じ業者でも、日時が違えば査定額も変わる可能性があるのです。, 車を買い取る業者は多くなりましたが、その中で最も高く買い取る業者は、実際に複数の業者に査定してもらい、その結果を比較して探すしかありません。, 今ネットを中心に話題となっている車買取業者「カーネクスト」は、価値ある車を適切な金額で買い取ることはもちろん、車検切れや故障によって動かない車も、買取金額0円以上を保証しています。もし今まで「買い取りされずに処分費用だけがかさむ」と放置している車があるなら、処分するチャンスです。, しかも、通常ならそんな車は処分するだけで運搬費用や廃車手続き・解体に費用がかかりますが、カーネクストなら買取にまつわる一切の費用を無料としています。つまり、最悪でも手出し費用はゼロ、車によっては買取金額を手にする可能性があるということです。, こんな信じられないようなビジネスが成立するのは、カーネクストが独自に持っている海外への販路のおかげです。日本車は海外で非常に高く評価されており、国内では考えられないほど長い走行距離の車でも、まだ現役で走っています。, そこで問題になるのはメンテナンスで、交換する部品がすでに作られていない場合です。一般にメーカーが部品をストックするのは15年程度とされており、それ以上になると部品の価格が上がる、または部品そのものが手に入らなくなります。, そこに目をつけたカーネクストは、年式の古く走行距離の長い車からまだ使える部品を取り出し、必要な業者に販売する仕組みを作りました。そうすれば廃車でも「買取=仕入れ」となり、見込める売り上げに応じた買取が可能になります。, オデッセイは、現行の5代目が新車で販売されているロングセラーですが、リアのスライドドアなどが大幅に変更されたため、先代以前のモデルにも高い人気があります。そのため、価格も独自の推移を辿っており、お得に購入するためにはまとまった資金が必要です。, その資金を確保する最も手近な方法は、今乗っている車を買い取ってもらうことです。ただ、買取金額は業者によって数十万円の差が出ることもあるため、少しでも高く買い取ってもらうためには、面倒でも複数の業者に査定してもらい、こちらから業者を選ばなくてはなりません。, 好みのオデッセイは、状態がよいほど高額になることが考えられます。車買取をうまく利用して、手に入る最高のオデッセイをお得に購入しましょう。. 外観は、3代目を継承しつつも、よりシャープな印象となるよう、フロント・リアとも鋭角的なデザインに変更がなされています。 ▶最大トルク:32.0kgm/5,000rpm, 2007年、4代目インスパイアより大幅にサイズアップし、全体的にシャープな面構えにフルモデルチェンジされた「5代目ホンダ・インスパイア」。