ボイス~112の奇跡~dvd-box1クリエーター情報なしエスピーオーレビュー一覧は、こちらから。 ジニョクは、サンテに会いに行きました。応援を要請するというグォンジュを押さえて、一人で行きました。庁内スパイがいるからと言うのが、ジニョクの理由でした。 多種多様なキャラクターを見事に演じ分けてきたチャン・ヒョクが、初の刑事役に挑戦したヒューマンドラマ「ボイス~112の奇跡~」。 また、同じくチャン・ヒョクが出演した傑作サスペンス映画『ありふれた悪事』が2017年12月9日(土)よりシネマート新宿・シネマート心斎橋にて劇場公開!

ドラマ『ボイス3 ~112の奇跡~』の第12話~第16話のまとめフル動画を配信!国内最大級の動画配信数を誇る【ビデオマーケット】ではボイス3 ~112の奇跡~のその他の放映日の動画も多数ご覧いただけ … シーズン2の主演はイ・ハナとイ・ジヌク 。. ボイス2~112の奇跡~dvd-box1イ・ジヌク,イ・ハナ,クォン・ユル,アン・セハ,ソン・ウンソエスピーオーレビュー一覧は、こちらから。グォンジュは一瞬ナ係長の疑いに共感しそうになったようです。でも、それだけで?・・・と言いました。他にも証拠があるのでは?

2017年OCNで放送された韓国ドラマ、「邦題:ボイス~112の奇跡」の視聴感想です。主演はチャン・ヒョク&イ・ハナ。残酷なシーンも映像化された本格クライムサスペンスでした。本作独自の魅力などを語っていきたいと思います。ネタバレは後半にあります。... 本作の監督さんはOCNのクライムサスペンスの中でも事件捜査ものに強いイ・スンヨン監督が担当されていました。, 本作もまた、途中から「これはすごいな」とじわじわ感じざるを得ない印象が高まり、脚本力を映像化させる力量を感じました。, 実によくできているな~と感じたのはこのラストまで捕まることのない、今作でのラスボス的な存在だった犯人の描き方, 熱くなっていく人々の傍らで、きちんと自分の目と耳で状況判断をしてゆくグォンジュの存在がとても頼もしかった, 人々から向けられる偏見や心ない憎悪の目がいかに人を傷つけるのかもう一度自分自身を振り返ってみたくなる物語, 優れた聴覚を持つグォンジュは、遠くの音や小さな音、音の種類を聞き分けるだけでなく、声色などから話者の精神状態や持病、嘘をついているのかどうかまで聞き分ける力を持っています, 二つ目は、RASの症状を引き起こしてしまう理由の一つであったのですが、彼のお父さんは少女を殺害し耳を切断した猟奇犯だったこと, 真犯人は自ら手を下すことはほとんどなく、殺人を犯させるターゲットを選別していました, 自分たちの基準でみて、社会にとって害悪となる“害虫”を駆除してやっているという使命感に突き動かされていた, 強迫性障害も抱えていたジェスは人々からの憎悪を受けて育ったガンウなら理解者となり仲間であるはずだという望みも抱いていたようでした, ジェスが自分側へと引きずり込みたかったガンウは、どんな手を使っても最後まで悪の道には来ませんでした, 本作はグォンジュの指揮官的な立ち位置が安定したこともあり、ストーリーの充実度が増していました。, https://hobbitholy.com/wp-content/uploads/2020/07/habbit-logo.png. 今見てるのは「ボイス〜112の奇跡〜」 Copyright © Rakuten, Inc. All Rights Reserved. 韓国ドラマ『ボイス~112の奇跡~』予告編動画や、高画質日本語字幕版の第1話は誰でも無料視聴できます。動画、あらすじ、おすすめポイント、人物相関図、キャスト、出演者情報など、ドラマの魅力を徹底的にご紹介します。チャン・ヒョクxイ・ハナ主演! プンサン庁にはジェスが自首してくる。グォンジュとガンウが取り調べをする中、母親が原因で、ジェスが警察に恨みを抱くようになったことが判明。ガンウは、ジェスが自分を標的にする理由を問い詰めるが、わからないのか?と挑発されるばかり。さらに検察庁への移送直前、ジェスが逃走。警察が全力で捜索する中、アパートに閉じ込められたという通報が入り、ジェスの関与を察したグォンジュとガンウは現場に向かうが…。プンサン庁にはジェスが自首してくる。グォンジュとガンウが取り調べをする中、母親が原因で、ジェスが警察に恨みを抱くようになったことが判明。ガンウは、ジェスが自分を標的にする理由を問い詰めるが、わからないのか?と挑発されるばかり。さらに検察庁への移送直前、ジェスが逃走。警察が全力で捜索する中、アパートに閉じ込められたという通報が入り、ジェスの関与を察したグォンジュとガンウは現場に向かうが…。 …閉じる, ボイス2 ~112の奇跡~ 第12話 嫌悪の時代2 ゴールデンタイムのために!(最終話), プンサン庁にはジェスが自首してくる。グォンジュとガンウが取り調べをする中、母親が原因で、ジェスが警察に恨みを抱くようになったことが判明。ガンウは、ジェスが自分を標的にする理由を問い詰めるが、わからないのか?と挑発されるばかり。さらに検察庁への移送直前、ジェスが逃走。警察が全力で捜索する中、アパートに閉じ込められたという通報が入り、ジェスの関与を察したグォンジュとガンウは現場に向かうが…。プンサン庁にはジェスが自首してくる。グォンジュとガンウが取り調べをする中、母親が原因で、ジェスが警察に恨みを抱くようになったことが判明。ガンウは、ジェスが自分を標的にする理由を問い詰めるが、わからないのか?と挑発されるばかり。さらに検察庁への移送直前、ジェスが逃走。警察が全力で捜索する中、アパートに閉じ込められたという通報が入り、ジェスの関与を察したグォンジュとガンウは現場に向かうが…。, 人気シリーズ第3弾にして最大の緊迫感!絶対聴覚を失ったヒロインと容疑者となった刑事、絶体絶命の危機を迎えたふたりの前に最恐の敵が現れる!, 生きるために整形手術をしたヒロインが記憶喪失に…失った記憶を取り戻しながら、自分自身を見つけ出すドラマチック・ラブサスペンス!許されざる愛、歪んだ愛情、執着、利己的…それぞれの愛のかたちーキム・ジェウォン×ナム・サンミ×チョ・ヒョンジェ出演。豪華俳優陣が織りなす愛と復讐の本格ラブサスペンス, 社会現象を巻き起こした話題作がついに日本上陸!頂点を目指す彼女たちの物語が今、始まる。, 完全密室で起こった事件を担当することになったウン・ソル。刃物から被告人の指紋が検出されたが、被告人は一貫して無罪を主張し続け、裁判は難航していた。そんな中、被告人側の証人として突如現れたペク・ボムが、臨床鑑定の結果から衝撃的な事実を明かすと、法廷は騒然とする…。一方、仁川港に怪しげな男たちが到着するのだが、そこで新たな事件が起きようとしていた。, ミステリー小説の女王、アガサ・クリスティの人気シリーズ女性探偵「ミス・マープル」の物語をドラマ化!私を捕まえられるかしらーー, 不思議な力を持つ“アイテム”の謎とは!? 常識を超えた現象が続発する新感覚ミステリー!同名人気ウェブコミックを原作とした本作は、テギョン主演「君を守りたい~SAVE ME~」を手がけた脚本家とヒット作「グッバイ ミスターブラック」の演出家がタッグを組んだ意欲作! さらに、殺人に引用される聖書やセファンの邸宅にある数々の絵画、モーツァルトやショパンの名曲など、ドラマを深読みさせる小道具の使い方にも注目!, 勝率100%の弁護士であるウルチ・ヘイは、死刑囚であるチャン・ファサの再審請求を担当することになる。一方“希代の悪女”といわれ34年もの間、収監されているファサは、死んだはずの恋人チュ・ヨンベが生きていることを刑務所の中で知る。“9号室”で面会中、事故によって意識を失ったヘイとファサが目を覚ますと2人の体が入れ代わっていた。そしてファサは、これをきっかけにヨンベに復しゅうすることを誓う。, 「被告人」制作スタッフが贈るコ・ス×オム・ギジュン主演のメディカルサスペンス!「二つの命、ただ一つの心臓」医師としての使命と、個人としての事情が衝突するジレンマに陥った状況にある胸部外科医たちの物語。. 2017年に放送され人気があった「ボイス~112の奇跡~」 (←シーズン1)のシリーズ第二弾として放送された「ボイス2」 は、イ・ハナが112通報センター(日本の110番)のセンター長として続投しています。.

韓国の女優さんで初めて好きな声て思った!

1話から見直したいなぁ ナ係長は、駐車場を歩く男の後ろ姿が写っている写真を見せました。グォンジュに送られてきたメールの添付動画と同じものです。, でも、彼女もこれまでの経験から、ト刑事の行動は警官として本モノだったと感じていました。, そして、ト刑事の日本での記録が全く無いと言いました。実父のこと、学歴のこと等、全く記録が無く、戸籍は母親の再婚相手のところにあったが、その母親も1年前に死んでいると言いました。, 「最初にここに来た時俺に言ったことを覚えてるか?“犯人を10人逃がしても1つの冤罪もつくらない、それが刑事だ”」, だから、一刻も早く真犯人を捕まえないと・・・とナ係長に言いました。それが俺でも良いから・・・と。, お喋りで、何かと自分に関わって来ようとするのがうざかった・・・と言う感じです。まぁ、普通のアジュンマなんですけどね。, だから、黙らせるためには、殺すしかないと思ったのです。その舌を切ってしまえば良いと, ソファーを置くのを了承してもらったと大喜びでやってきたマルスンは、そこで、様々な殺人の証拠を見てしまいました。どうせ殺すのだから、隠すことは無いと言うジェスでした。, 捜査に当たったナ係長。一瞬、ト刑事の事が頭を過ぎったようですが、部下から、アリバイがあると聞き、その考えを捨てました。, この時、パン・ジェスが偶然を装って話しかけたりしたのですが、ま、全く怪しむ理由もありませんので、ナ係長もそのままスルー。, 元々、ナ係長は、有能なト刑事を買っていたようですから、なおさら裏切られた気持ちなんだろうと部下は言いました。でも、それは間違っているのでは?とね。, 被疑者が釣りのゲームにハマっていた形跡を見つけたのです。そのIPアドレスが他人のモノだと言う事が分かり、俄然疑惑が。, 反射性無酸素発作症という病気だそうで。怒りや精神的に追い詰められた時、脳への酸素供給が途切れて記憶が残らないんだとか。, なんと、彼が演じるのは、ソン・ホミンと言う心療科の医師?心理相談を警察で行っています。, ウンスの同僚の前では、恋人だと自己紹介しましたが、実は、1カ月前に別れていたのです。, 自称”酒とケモノを愛する名古屋のおばさん”が作る、可愛くてくすっと笑える猫好きにはたまらないブログ. 阿保捕り物シーン  馬ー鹿 やってんじゃないよ! 主役も 頭悪い筋書なのか 隙が多すぎて 笑えるわ!, 最近、韓国のTVドラマにハマってる。 動画視聴で楽天ポイント貯まる楽天TV(Rakuten TV)!【ボイス2 ~112の奇跡~第12話 嫌悪の時代2 ゴールデンタイムのために!(最終話)】サスペンス・ミステリーの韓国ドラマ。【あらすじ】プンサン庁にはジェスが自首してくる。グォンジュとガンウが取り調べをする中、母親が原因で、…

韓国人気ドラマ「ボイス~112の奇跡~」をまだ観ていない方に是非とも観ていただきたい!私自身、韓国ドラマはあまり興味が無く、この「ボイス~112の奇跡~」が初めて観た韓国ドラマになります。チャン・ヒョクさん主演のこのドラマの第1話からその演 主演イ・ハナ×チャン・ヒョク (보이스)「ボイス~112の奇跡~」 ocn 2017.01.04~2017.03.12 放送 事件現場のゴールデンタイムを守… 112とは日本の110番通報のこと。. 張り込んだ 大勢の刑事が 犯人1人捕まえ 1人楽々逃がしてしまう

2017年ocnで放送された韓国ドラマ、「邦題:ボイス~112の奇跡」の視聴感想です。主演はチャン・ヒョク&イ・ハナ。残酷なシーンも映像化された本格クライムサスペンスでした。本作独自の魅力などを語っていきたいと思います。ネタバレは後半にあります。 JavaScriptが無効の為、一部のコンテンツをご利用いただけません。JavaScriptの設定を有効にしてからご利用いただきますようお願いいたします。(設定方法), プンサン庁にはジェスが自首してくる。グォンジュとガンウが取り調べをする中、母親が原因で、ジェスが警察に恨みを抱くようになったことが判明。ガンウは、ジェスが自分を標的にする理由を問い詰めるが、わからないのか?と挑発されるばかり。さらに検察庁への移送直前、ジェスが逃走。警察が全力で捜索する中、アパートに閉じ込められたという通報が入り、ジェスの関与を察したグォンジュとガンウは現場に向かうが…。プンサン庁にはジェスが自首してくる。グォンジュとガンウが取り調べをする…続きを見る

どっかで観たと思ったら、アンティーク出てたキム・ジェウクがものそい悪い人で出てたわ, — GCDionysus (@gachapan_da) 2017年11月28日, ボイス~112の奇跡~ 第11話 韓国ドラマのボイスて初めて観た 2017年韓国SBSで放送され評判が高かったヤン・セジョン、ソ・ヒョンジン、キム・ジェウク主演の韓国ドラマ「愛の温度」の感想です。主演俳優さんについてやハマり度評価、後半ではネタバレありの感想を語っています。... 2014年韓国OCNで放送されたアクションクライムサスペンス「バッドガイズ~悪い奴ら~」の視聴感想レビューです。凶悪犯で凶悪犯を捕まえるコンセプト。見どころやキャストなどドラマ情報。ネタバレあらすじは後半に。... OCNがドラマティックシネマプロジェクトと銘打ち、映画とドラマフォーマットの長所を融合させて製作されたという企画第一弾2019年の「ト... https://hobbitholy.com/wp-content/uploads/2020/07/habbit-logo.png. このドラマは、特殊聴力を持つ主人公カン・グォンジュが112通報センターゴールデンタイムのチームを結成して通報者を迅速に救出するスリラードラマ。. 全16話中やっと12話を見終えた。見たことある人が出ているので検索したら「メリは外泊中」に出ていたキム・ジェウクだった。 10話だったんだがなかなか面白い 韓国ケーブル局OCNの2017年放送のクライムサスペンス「ボイス~112の奇跡」。, 本作は聴力が発達したある意味“能力者”である主人公を中心に描く猟奇殺人犯を追う犯罪捜査ものでした。, 「ボイス(シーズン1)~112の奇跡」の作品情報や魅力など、私が感じたところをじっくり語っていきたいと思います。, 人気シリーズ化してきた本作は、2019年5月にイ・ジヌク イ・ハナ続投でシーズン3が放送されています。, シークレットルーム(2007)チョン・ヤギョン(2010)夜叉(2011)武士ペク・ドンス(2011)ライアーゲーム(2014)交渉人~テロ対策特捜班(2016)ボイス~112の奇跡~(2017)ブラック(2017)客ーザ・ゲストー(2018), チャン・ヒョク(ム・ジニョク)イ・ハナ(カン・グォンジュ)イェソン(オ・ヒョンホ)ソン・ウンソ(パク・ウンス)ペク・ソンヒョン(シム・デシク)キム・ジェウク(モ・テグ), 「ボイス」の芯となる人物が112コールセンターのセンター長となるカン・グォンジュ。, 並外れた聴力を持つグォンジュが、それを補うプロファイリング技術などのスキルをアメリカで身に着けて戻ってきたことでコールセンターが受け持つ初動捜査のメリットを最大限に活かせるようになります。, 何よりも、瞬間瞬間の感情に振り回されず可能な限り理性的に物事をとらえようとするグォンジュの姿勢が、やがてもう一人の主人公ジニョクとの信頼関係を築くことにもなりました。, ジニョクを兄貴と慕う後輩刑事デシク、グォンジュ率いるコールセンターの優秀なホワイトハッカーのオ・ヒョンホ、5か国語堪能なパク・ウンス。, それぞれ適材適所ともいえる人物を左から順に、ペク・ソンヒョン、イェソンそしてソン・ウンソが演じていました。, とはいえ、全能ではない彼ら。まさかの展開も含めてジニョクの足を引っ張ることもありましたが…。, しかしジニョクの妻からの112番(日本の110番)通報を受け取ったコールセンターのカン・グォンジュが被告の声は犯人とは違うと裁判で証言したことから男は証拠不十分で釈放となった。, 真犯人が見つかることなく過ぎた3年間、ジニョクは釈放された容疑者を捕まえようと執念で生きてきた。, ジニョクは裁判のことを恨み反発するのだが、やがてグォンジュの実力を知り協力するようになっていくのだった・・・。, この時間内に一人でも多くの被害者を助けようと奮闘する主人公たちの姿がよくわかる予告編となっています。, 以前に見た「バッドガイズ」もそうだったのですが、極悪犯罪者や猟奇殺人犯などを捕まえていく過程で見るのがちょっとつらい残酷なシーンが出てきます。, 怖いのですが、そういう犯人を相手にしているという意味で、やはり必要なシーンと言ってもいいと思います。, グォンジュはアメリカに渡り、聴力が異常に発達した耳を活かすためにボイスプロファイラーとして学び、ジニョクは命をかけているのではというほど一途に犯人逮捕に執念を燃やしていました。, 真犯人のエピソード以外にもジニョクたちがその熱意で解決させた事件がいくつかありました。, どれも実際にあるんじゃないかと思わせるような社会の闇を描いたようなエピソードたち。, けれど、グォンジュ達がいたから助かったのでは?という事件もあって、そうでなかったら人知れず無念の中で死んでいく人もいるのでは、と空恐ろしくなってしまいます。, 物語の当初から、真犯人は決して捕まらないことを確信し、自信満々で愉快犯的に殺人を繰り返していたふしがありました。, 物語はいくつか通報のあった事件を描きつつ、ミスリードされつつ徐々に真相に迫っていくのですが、真犯人は何か大きな権力によって守られていました。, この役を本国放送時、その表現力を評価され“優雅な殺人鬼”ともいえる独自の存在感を確立した俳優さんが演じました。, 尻尾を掴ませない残虐な殺人鬼を追う2人の執念の警官残酷な殺人シーンも映像にした気迫のドラマ, 通報があった被害者を助けることと、因縁の犯人逮捕に向けて揺るがない信念を貫く二人の刑事の信頼関係も良かったです。, *本記事をご覧のタイミングで、配信状況が変化している可能性があります。ご了承ください。, 当初ジニョクはグォンジュの証言で釈放された容疑者を真犯人だと信じていたためにグォンジュを目の仇にしてたのですが、実はグォンジュもまた警官だった父親を死なせた犯人を捜していました。, グォンジュが聞いたジニョクの奥さんの112通報時の犯人の声とお父さんが亡くなったときに聞いた犯人の声は同じ。, ジニョクの奥さんの事件から3年後、アメリカから戻って112コールセンター長となったグォンジュがまずしたこと、それはゴールデンタイム緊急出動班のチーム長にジニョクを抜擢することでした。, 決して信念が揺るがない当事者ジニョクとともに因縁の殺人犯を捕まえるという共通の目的に向かっての第一歩でした。, 政治家や司法関係者すら抱きこんでいた会長の築き上げた城壁は瓦解し、真犯人だった息子テグがその姿を現しました。, スラリとした高身長のイケメンぶりを活かして富裕層の優雅さを表現しつつ、殺人に楽しみとアイデンティティーを求めているという異常犯を巧みに演じ、まさに優雅な殺人鬼ともいえました。, けれど本作のテグという役を演じたことによって、彼の持つルックスから表現できる独特の危うさや妖艶さスマートさや優雅さなど引出しの組み合わせ方が見えたのではと感じました。, 韓国ドラマに出てくる“いかれた”キャラクターを演じる俳優さんの演技はサイコパスタイプや粗暴タイプであってもリアリティーを追及していて良いですね。, 本作のあと演じられた「愛の温度」のジョンウ役はキム・ジェウクの独特の表現力が生きた良い作品でした。(犯罪者役ではないですよ念のため。), 暴力で地位を築いてきた会長がある日別荘の地下でライバル企業の社長を殺害する現場をみてしまった奥さんと息子テグ。, 奥さんはうつを悪化させて自殺し、一連の出来事からテグは境界性パーソナリティ障害を悪化させ殺人鬼への道をまっしぐらとなりました。, 完治できる治療法がないと言われ外聞も気にして病院に入れることを躊躇した会長は、テグが犯す殺人を隠蔽し続ける道を選びました。, シーズン1はシリアルキラーを追う刑事たちの物語としてとても良くできたドラマでしたよ。, 視聴歴18年の韓国ドラマを中心に海外ドラマ・映画などハマれる作品を求め楽しみながら感想を綴ってはや13年の元演劇部ブロガー, 聴力が発達したある意味“能力者”である主人公を中心に描く猟奇殺人犯を追う犯罪捜査ものでした。, この時間内に一人でも多くの被害者を助けようと奮闘する主人公たちの姿がよくわかる予告編, 極悪犯罪者や猟奇殺人犯などを捕まえていく過程で見るのがちょっとつらい残酷なシーンが出てきます。, 真犯人は決して捕まらないことを確信し、自信満々で愉快犯的に殺人を繰り返していたふしがありました。, 本国放送時、その表現力を評価され“優雅な殺人鬼”ともいえる独自の存在感を確立した俳優さんが演じました。, スラリとした高身長のイケメンぶりを活かして富裕層の優雅さを表現しつつ、殺人に楽しみとアイデンティティーを求めているという異常犯を巧みに演じ、まさに, 彼の持つルックスから表現できる独特の危うさや妖艶さスマートさや優雅さなど引出しの組み合わせ方が見えたのではと感じました。. 異例の高視聴率を記録した 「ボイスー112の奇跡ー」 のシーズン2の見どころ、あらすじ、感想です。. 最初は耳あたりがあまり良くなかった韓国語も聞き慣れたら大丈夫‍♀️ pic.twitter.com/hoIUfA55iV, — かめ(kame) (@kki_231009_16__) 2019年2月16日.

2017年に放送され人気があった「ボイス~112の奇跡~」(←シーズン1)のシリーズ第二弾として放送された「ボイス2」は、イ・ハナが112通報センター(日本の110番)のセンター長として続投しています。, シーズン1のチャン・ヒョク演じたジニョクは海外へ行き、イ・ハナ演じるグォンジュの良き相談相手兼友人として連絡を取り合っている様子が描かれていました。(チャン・ヒョクは声のみの出演でした), 新別巡検(2007)w/キム・ビョンス別巡検3(2010)w/キム・ミスク他特殊事件専門担当班TEN(2011)失踪ノワールM(2015), イ・ハナ(カン・グォンジュ)イ・ジヌク(ト・ガンウ)クォン・ユル(パン・ジェス)ソン・ウンソ(パク・ウンス)キム・ウソク(チン・ソユル), ボイス1の監督はキム・ホンソン監督でしたが、本作の監督さんはOCNのクライムサスペンスの中でも事件捜査ものに強いイ・スンヨン監督が担当されていました。, 2007年、2010年に監督された「新別巡検」は朝鮮時代の鑑識術で事件を捜査する朝鮮時代版科学捜査班という斬新なコンセプト。人気シリーズでした。, 「失踪~」は韓国で警察が抱えるジレンマだけでなく、事件の隙間や闇をえぐりつつ問題を投げかけるような複雑な構成もあり、しかも刑事ものの面白さも捨てていない手の込んだ作品でした。, そして本作もまた、途中から「これはすごいな」とじわじわ感じざるを得ない印象が高まり、脚本力を映像化させる力量を感じました。, 拘束され、手が届かない所に相棒ソンジュン刑事がしばられ今にも手首を切り落とされようとしていた。, 3年後、112センター長を務めるカン・グォンジュは列車内に人質を取って暴れる爆弾を纏った男の事件に向き合っていたが、現場を仕切るゴールデンタイムチームのチャンチーム長が到着していなかった・・・。, チャンチーム長は薬を打たれ、耳を切り取られ、ハンドルを持たされ、バス停で待っているハイキング帰りの人々を轢かされようとしていたのだった…。, 主人公たちが追うことになる犯人は人体の一部を採取する特徴を持っているため、残酷なシーンがあります。, ただ、直接映像にするのを極力少なくし、そうなったんだなとわかるように工夫されていました。, グロさレベルとしては若干低めくらい?に設定されていたと言ってもいいのではないかと思います。(ただしグロ大丈夫の私の基準ですが), 本作では全編を貫くある犯人の存在を描きながら、その犯人によるほう助とみられる、あるいは関係ないと思われる事件も含めておよそ2話に1エピソードの割合で描かれていました。, それらエピソードの事件内容はここ最近注目され始めた時代を表すものが選ばれていました。, 例えば、小児性愛者の再犯率の高さを表すエピソードであったり、ボイスフィッシング詐欺(特殊詐欺=オレオレ詐欺的なもの)やDJならぬBJと呼ばれる生放送中継をするユーチューバーのような存在による事件、深刻な合成麻薬を描いたものなどでした。, 私が実によくできているな~と感じたのはこのラストまで捕まることのない、今作でのラスボス的な存在だった犯人の描き方でした。, この犯人は主人公であるト・ガンウに執着を見せたのですが、その理由もきちんと用意されていました。, ト・ガンウが常につらい状況に置かれてしまうことになるまた別の理由もストーリーを複雑化させていて、さらにガンウを危機に陥れていきます。, 本作の一つのテーマが“憎悪犯罪”的なものだったと思うのですが、ひとつマイナスの証拠的なものが出ると誰もが一気にその人を犯人だと決めつけ叩き出すという姿が見られました。, 冷静になればそうとは言い切れない部分がまだまだあるのに何で…と思うほどなのですが、そういう熱くなっていく人々の傍らで、きちんと自分の目と耳で状況判断をしてゆくグォンジュの存在がとても頼もしかったです。, 人の憎悪を利用し欲望を果たそうとする猟奇犯と戦ったグォンジュ率いる緊急通報センターの活躍を描くシリーズ第二弾, ストーリーのピースのはめかたが実にうまくいっていて、その複雑なストーリーを工夫された映像で分かりやすく描いてありました。, 伏線が多くなりすぎると視聴者は置いて行かれがちですが、本作はそんなこともありませんでした。, 人々から向けられる偏見や心ない憎悪の目がいかに人を傷つけるのかもう一度自分自身を振り返ってみたくなる物語でした。, [jin_icon_checkcircle color=”#e9546b” size=”18px”]Netflix, [jin_icon_checkcircle color=”#e9546b” size=”18px”]Amazonプライム, [jin_icon_checkcircle color=”#e9546b” size=”18px”]dTV, 彼は3年前に起こった相棒であるヒョンジュン刑事の手首を切断し殺害した容疑者とされ、嫌疑不十分で釈放後休職していた刑事でした。, 真犯人を追い続け、真犯人の犯行パターンや類似事件を研究し尽くしたガンウ刑事は、再び活動を開始した真犯人を捕まえようと必死でした。, かなりぎっしりと詰まった内容だったので、少し本作のポイントとなったストーリーを書き記しておこうと思います。, 優れた聴覚を持つグォンジュは、遠くの音や小さな音、音の種類を聞き分けるだけでなく、声色などから話者の精神状態や持病、嘘をついているのかどうかまで聞き分ける力を持っています。, ガンウのいう真犯人が警官を狙っていることを察知したグォンジュはガンウをチーム長に抜擢し、ともに捜査することにしました。, ひとつは、RAS(反射性無酸素発作症)を患っていたからということもあると思いました。怒りや極度のストレスで意識を失い記憶を失うなどの症状がある疾患で、ガンウは意識を失っていた前後のことをはっきり断言できませんでした。, 二つ目は、RASの症状を引き起こしてしまう理由の一つであったのですが、彼のお父さんは少女を殺害し耳を切断した猟奇犯だったことでした。, ガンウはその少女とは友達で、少女をおびき出す役割をしたといわれ人々から憎悪の対象とされてきました。, 真犯人は自ら手を下すことはほとんどなく、殺人を犯させるターゲットを選別していました。, 真犯人は運営チームと呼ばれるグループを裏サイトで管理し、ターゲットとした殺人犯(に仕立て上げようとしているもの)が動き易くしたり、被害者を誘導したり決定的な証拠が残らないよう監視カメラの電源を落としておくなど用意周到でした。, 時には、自分たちが手を下しておき、被害者に強い怒りを抱いていた人を犯人に仕立て上げ口封じに殺す、ということまでするグループでした。, 自分たちの基準でみて、社会にとって害悪となる“害虫”を駆除してやっているという使命感に突き動かされていたといえます。, その使命は公には犯罪となるものであるがゆえに、それをいかにして捕まらずにやり通せるかという部分でもゲーム感覚の欲求を満たしていた可能性もありました。, 軍では優秀、実力も度胸もあるジェスでしたが、彼は母親が集団暴行をうけその結果自分が産まれたという悲しい出生を抱えていました。, 心を病んでいたお母さんは他人と関わることを怖れ愛情と憎悪の入り混じる複雑な感情をジェスにぶつけていたけれど、ジェスだけを頼りに愛していたことは確かでした。, 自分たち親子に偏見を持ち、いじめ、引き離そうとする者たちへの憎悪が噴出し歪んだジェス。, 強迫性障害も抱えていたジェスは人々からの憎悪を受けて育ったガンウなら理解者となり仲間であるはずだという望みも抱いていたようでした。, ジェスが自分側へと引きずり込みたかったガンウは、どんな手を使っても最後まで悪の道には来ませんでした。, 爆発物があるため避難とされた建物に幼い女の子が取り残されているとグォンジュに思わせる細工をして爆発物の近くまでおびき寄せていました。, 映像の状況だと逃げる時間はなかったので、爆発に巻き込まれ助からなかったと判断できます…。, ただ、ジェスの背後には、活動を金銭的に支援していたと思しき黒幕的な老人の存在が常にありました。, 続編がある可能性が残った最終話でしたが、このシリーズはグォンジュの聴覚が主役ということもあって、グォンジュが生きていることを祈るばかりです。, ストーリーの濃さと構成のうまさ、見せ方のバランスの良さが相まってとても見ごたえのあるドラマでした。, 前シーズンではストーリーもさることながら、猟奇殺人犯のキャラクター像と存在感が際立った部分もあったのですが、本作はグォンジュの指揮官的な立ち位置が安定したこともあり、ストーリーの充実度が増していました。, アメリカンドラマのクライムサスペンスよりも感情的で、日本の刑事ものよりも凄みのある本作の力を興味のある方は味わって見てもらいたいなと思います。, 視聴歴18年の韓国ドラマを中心に海外ドラマ・映画などハマれる作品を求め楽しみながら感想を綴ってはや13年の元演劇部ブロガー, 2017年に放送され人気があった「ボイス~112の奇跡~」(←シーズン1)のシリーズ第二弾として放送された「ボイス2」.