margin-right: 10px; jQuery('.post h2 , .h2modoki').wrapInner(''); 『名探偵ポワロ』(めいたんていポワロ、原題:Agatha Christie's Poirot)は、1989年から2013年にかけて、イギリスのロンドン・ウィークエンド・テレビ(London Weekend Television)が主体となって制作した、アガサ・クリスティ原作、探偵エルキュール・ポワロ[注 1]を主人公としたテレビドラマ。, 原作を重んじた丁寧な作りが放映開始当初から支持を集め、「エルキュール・ポワロ・シリーズの映像化作品における決定版」といわれる本作は、 途中から制作チームが変わったニューシーズンの作品(第9シーズン以降;長編作品のドラマ化が中心)が収録されたDVD-BOXは別にあり、それらは現時点でBlu-ray化されていません。それらのBlu-ray化も待たれます。 jQuery("#toc_container:not(:has(ul ul))").addClass("only-toc"); height: 1.5em; } ga('create', 'UA-123916062-1', 'auto'); .appreach__links { これは、おそらく創元推理文庫の旧訳版から収録されたものと思われます。(創元推理文庫版の現在の翻訳は厚木淳さん。) width: 72%; max-width: 120px !important; dl.number:before { 物語は原作に忠実に展開しますので、テレビドラマとの違いも比較してみると面白いかもしれません。 i['GoogleAnalyticsObject'] = r; ただし、コラムニストの香山二三郎さんによる解説は割愛されています。(クリスティー文庫の最初の100巻の電子書籍には、解説は所収されていません。), クリスティー文庫以外では、デジタル書店グーテンベルク21が出版している『ポワロ登場!』シリーズ(全7巻)のうち、小西宏さんの翻訳による第1巻〜第3巻の中から9編読むことができます。 a = s.createElement(o), 「灰色の脳細胞には栄養が必要」と語るなど食事を大切にしており、減量中に事件が起きた際には事件解決の一歩としてまず昼食を取りに向かっていた。なお役を演じるスーシェ本人はスマートで、ポワロを演じる際は胸や肩に大量のパッドを入れている。

font-size:13px; display: block; max-height: 3em; .appreach__info { margin: 0; テレビドラマ版などとも比較して読むのも一興でしょう。, マッシュー・ブンスン 著・笹田裕子/ロジャー・プライア 訳, アガサ・クリスティ大事典(柊風舎), ディック・ライリー & パム・マカリスター 編・ジュリアン・シモンズ 序文・森英俊 監訳, ミステリ・ハンドブック アガサ・クリスティー(原書房). margin-left: 0.5em; m.parentNode.insertBefore(a, m) } .appreach__name { display: inline-block; float: left; } ga('send', 'pageview'); 『ポアロ登場』に収録された作品のドラマ版がどれに相当するのかについて、詳細は参考文献に挙げた「名探偵ポワロ」データベースの「各作品紹介:原作収録別」にありますので、そちらをご参照ください。, 2020年はアガサ・クリスティーの生誕130周年。 clear: both; white-space: nowrap; } color: #ffc107; }.no-js .native-lazyload-js-fallback { jQuery(this).addClass("st-ac-cat"); (参考文献に挙げた『アガサ・クリスティー完全攻略』では、神秘の探偵ハーリ・クィン氏が登場する『謎のクィン氏』をクリスティーの短編小説の中のベストとしています。), では、『ポアロ登場』の魅力は何でしょう。 .appreach p { ************************************/ h4 { }); 「クイーンの定員」カテゴリー第3回目は「小さな灰色の脳細胞」の持ち主、名探偵ポワロの登場。アガサ・クリスティーです。 font-weight:bold; } border: 1px solid #7C7C7C; margin-right: 0.5em; height: 40px; text-align: left;

content: ""; } 名探偵ポワロ - NHK, 『ポアロ登場』に収録されている短編のうち2編(「マースドン荘の悲劇」と「首相誘拐事件」)は、オーディオドラマにもなっています。 「クイーンの定員」カテゴリー第3回目は、アガサ・クリスティーが生み出した「小さな灰色の脳細胞」の持ち主、名探偵ポワロが活躍する『ポアロ登場』。ヘイスティングズ大尉とのかけあいが楽しい短編集です。また、全作品がtvドラマ化されています。 padding:2px 6px; 私の場合は自然と脳内変換してから読むことが多いです。, ドラマについては、原作にかなり忠実なものから大きく脚色されたものまでさまざまで、中には原作よりも格段に良くなっているドラマもあります。 これは、クリスティー文庫の解説やその刊行当初についたリーフレット「クリスティー文庫通信」No.9、および『アガサ・クリスティー完全攻略』でも示されているように、, にあります。 『ポアロ登場』アガサ・クリスティー(英1924年、米1925年)ーHQR, 『ポワロの事件簿 1』厚木淳 訳(創元推理文庫)に、全編(11編)収録。 jQuery(function(){ .appreach__aslink img { が、また映画化よ、と思いつつもその現代版の映像がどうなのかに興味を覚え観てきました。, 最高のエンターティメント映画でした。大した客入りではなかったですがエンディングの最後まで席を立つ人はいなかったです。, 内容のことはとやかく言っても複雑すぎて説明できませんが、是非機会があれば観て損のない映画だと思います。, ポアロの頭は切れすぎと言っても過言ではありませんが、良く考えたらこの「灰色の脳細胞」・・あまり意味はわかりませんが、とてつもない切れ味の脳みそなんでしょう。, 列車の中の密室と云えども、そのまわりの景色や風景は大した迫力で見応え充分でしたね。, このポアロ・・アガサクリスティの小説ですが、要するにポアロの「灰色の脳細胞」はアガサクリスティの頭脳と云うことなんですよね、考えてみれば・・・・。, それにしても凄い作家ですね。今も時代を超えて映画になり、そのエンターティメント力は半端ないものなんですから・・。, 音楽はパトリック・ドイル、ハリー・ポッターなどの音楽も担当した有名な音楽家らしいですが、このサウンドトラックもまた素敵なんですよね。, 剣道のこと、オオカミ復活運動のこと、そして紀州犬のことやいつも行き来している大好きな京都のネタなども綴っていきます。. ** アプリーチのスタイル

このカテゴリーで、アルセーヌ・ルパンが探偵として活躍する連作短編集『八点鐘』(クイーンの定員No. また、ある人は『おしどり探偵』(『二人で探偵を』)、『パーカー・パイン登場』(『パーカー・パインの事件簿』)や『謎のクィン氏』(『クィン氏の事件簿』)、さらにはノン・シリーズ物で幻想と怪奇の短編集『死の猟犬』(『クリスティ短編全集1/検察側の証人』)などを上位に挙げられるかもしれません。 position:absolute; jQuery(this).addClass('st-btn-open-click'); また、短編単体についても『リスタデール卿の謎』(クリスティー文庫)に収録されているノン・シリーズ物の短編「ナイチンゲール荘」(「夜鶯荘」)や「事故」を言挙げしているようです。, 「クイーンの定員」は、H:歴史的重要性、Q:文学的価値、RとS:稀覯本としての希求度の3つの基準を重視することを、このカテゴリーの最初に記しましたが、特に「歴史的重要性」からその作家の第一短編集が「クイーンの定員」に選ばれている割合は比較的高いように思われます。(要検証) この素晴らしいドラマ・シリーズは下に記したDVD-SETあるいはBlu-ray BOXにて見られますし、またAXNミステリーなどで放送されていたり、Amazonプライムビデオなどで配信もされています。 デジタル大辞泉 - 灰色の脳細胞の用語解説 - 英国の推理作家アガサ=クリスティの作品に登場する名探偵エルキュール=ポアロが、優れた洞察力を持つ自身の頭脳を指していう言葉。 a.async = 1;

} display: block; }); jQuery(function(){ } width: 135px; dl.number::before{ } どの電子書籍にどの作品が収録されているかは以下の通り。, うれしいことに、これらの短編集はすべてテレビドラマ化されています。 また、原作の『ポアロ登場』に収録されている作品の多くは1920年代に起こった出来事であるのに対し、ドラマでは一律1935年頃の舞台設定になっているため、時代背景なども変わっていたりすることもあります。 #side .st-author-description{

width: 134.5px; それを記念して、4月4日より毎週土曜午後5時台にNHK BSプレミアムにて、第1シーズン〜第6シーズンが放送されるようです。 ヘイスティングス大尉の声は、テレビドラマの吹き替えにおける二代目アーサー・ヘイスティングス役、安原義人さんが担当されています。 position: absolute; overflow: hidden; 名探偵ポワロの声は、ここでも熊倉一雄さん。 }) jQuery(function(){ font-size: 14px !important; text-align:justify; i[r] = i[r] || function () { jQuery('.st-btn-open').click(function(){ height: 40px; このカテゴリーで記事を書くのは初めてなので、最初にその目的を記します。 はじめに;このカテゴリーの目的 目次はじめに;このカテゴリーの目的作品の詳細データ『エラリー・クイーンの冒険』新訳版は序文も収録 ... Poirot Investigates max-width: 72%; なお、DVD-SETには[全巻]とありますが、テレビドラマ「名探偵ポワロ」全作品が収録されているという意味ではありません。 margin-top: 8px; .appreach__gplink img { ポアロの頭は切れすぎと言っても過言ではありませんが、良く考えたらこの「灰色の脳細胞」・・あまり意味はわかりませんが、とてつもない切れ味の脳みそなんでしょう。 今のこの時代、映像の迫力が全然違います。 最近のホームズ物もそうでしたが・・。 69)を紹介しました。 探偵としてのルパンも魅力的ですが、やはりルパンと言えば「怪盗紳士」。この記事 ... 今回の記事は、本格ミステリの生みの親であり、「探偵小説の父」、「推理小説の父」とも呼ばれるエドガー・アラン・ポーの短編集を取り上げます。 (なお、「探偵小説の母」については、こちらの記事をご参照くださ ... このカテゴリーの最初の記事に参考図書として挙げている『世界ミステリ作家事典[本格派篇]』(国書刊行会)。 その最後から2番目に取り上げられた劇作家パーシヴァル・ワイルドの諸作は、この本が刊行された19 ... 「クイーンの定員」カテゴリーの第2回目は、モーリス・ルブラン『八点鐘』を取り上げます。 このカテゴリーの目的については、こちらの記事をご参照ください。 ルブランと言えばアルセーヌ・ルパンの生みの親で有 ... 自分自身も楽しむためのあれこれを探求中。

a.src = g; overflow: hidden; color:#fff; height: 40px; font-size: 12px !important; left:0; .appreach__icon { } } position: absolute; position:relative; .appreach__detail:after { } width: 5em; }); font-size: 20px; .appreach:after {

background:#D81B60;

このカテゴリーの目的については、こちらの記事をご参照ください。

padding:2px 5px

border-radius:15px; overflow: hidden;

海外古典ミステリとリラックマが大好き。愛媛県在住の薬剤師。, デビット・スーシェ, フィリップ・ジャクソン, ポーリーン・モラン, ヒュー・フレイザー, デビッド・スーシェ, ヒュー・フレイザー, フィリップ・ジャクソン, ポーリン・モラン, その作家の第一短編集が「クイーンの定員」に選ばれている割合は比較的高いように思われます。. .appreach { }, i[r].l = 1 * new Date(); margin-bottom:10px; また、このオーディオドラマ・シリーズは他に長編3作が制作されています。長編についてはAmazonやApple Books(iTunes Store)のほかに、audiobook.jpでも販売されています。, クイーンの定員No. } position: relative;

.appreach__star { これらのオーディオドラマは上にお示ししたようにAmazonで販売されている(Audible会員ならば聴き放題です)ほかに、Apple Books(iTunes Store)でも販売されています。 border-radius: 10%; .number { width: 25% !important; (i[r].q = i[r].q || []).push(arguments) } ただし、「クリスティ」ではなく「クリスティー」と記すのは、私の好みです。。。 『ポアロ登場』真崎義博 訳(クリスティー文庫(早川書房))に、全編(14編)収録。, 最初に、作品の詳細データでは「ポワロ」と「ポアロ」が混在していますが、以下、このブログ記事では「ポワロ」で統一します。 } (function (i, s, o, g, r, a, m) { }?>.recentcomments a{display:inline !important;padding:0 !important;margin:0 !important;}.broken_link, a.broken_link { 「クイーンの定員」においては、先に出版されたイギリス版を<定員>と定めているようですが、光文社文庫『クイーンの定員Ⅱ』には、アメリカ版の最後に収録されている「チョコレートの箱」(深町眞理子 訳)が収録されています。, クリスティー文庫はほぼすべてが電子書籍化されているので、『ポアロ登場』も電子書籍ですべての短編を読むことができます。 display: none; [シャーロック・ホームズ物語]のホームズとワトスンを彷彿とさせる二人の関係でありますが、『アガサ・クリスティー完全攻略』では、この二人の関係を面白く例えていますので、興味のある方はそれにも目を通してみてください。, ところで、上の作品詳細データに記しているとおり、この"Poirot Investigates"という短編集は、1924年にイギリスで出版された英版と翌年にアメリカで出版された米版とでは収録短編数が異なります。 2020年10月より放送中のTVアニメ「憂国のモリアーティ」。 原作は集英社「ジャンプSQ.」で連載中の人気漫画ですが、アニメの方はいよいよシャーロック・ホームズが登場するようです。 TVアニメ「憂国 ... 2020年10月の最終週に、興味深い特集番組がNHKラジオ第2で集中放送されました。 その放送内容は期間限定でストリーミング配信されているので、ここに紹介します。 「英語で読み解く現代社会」ホームペー ... 2020年、画期的な短編全集の刊行が開始されました。 『ソーンダイク博士短篇全集』全3巻(国書刊行会)。 私がこの年に最も読みたかった作品の一つです。 第Ⅰ巻には2つの短編集が収録されていますが、いず ... 2020年の始めに、ミステリマニアの心をくすぐる書籍が出版されました。 副題に「偶像を作り出した人々の物語」とある本書をご紹介します。 「シャーロック・ホームズ」というキャラクターの創造と発展と受容 ... 2020年の春に、『「受験英語」でシャーロック』というタイトルの興味深い本が出版されました。 この記事では、その本をご紹介します。 取り上げられた作品は'The Adventure of the Sp ... このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。.

} m = s.getElementsByTagName(o)[0]; display: none; } 定員No.

初期は短編の映像化をメインに、短編を消化した後は長編に移行して制作された。, そのため原作全ての映像化が期待され、本作でポワロ役を演じたデヴィッド・スーシェ自身も前向きであったが、シリーズ中期以降、企画当初からのプロデューサーの退任や制作母体の変遷など苦難が続き、一時期は制作されない時期もあった(近年では2007年に予定されていた第11シーズンの放送が2008年にズレ込み、告知のあった『オリエント急行の殺人』を含む各エピソードも先送りされるなどしていた)。こうした困難を経ながらも、長年のファンの期待に後押しされるように、断続的に制作は続けられた。, そして2013年6月、第13シリーズをもってついにほぼ全て[注 2]の原作の映像化という偉業を達成。放映開始から24年目にしてシリーズ完結となった。, 最も原作に近いポワロとしばしば賞賛されるデヴィッド・スーシェの演技が良く知られている。スーシェは原作を徹底的に研究し[1][2][3]、多くの俳優に演じられてきた「名探偵エルキュール・ポワロ」のイメージを決定付ける名演を見せた[4]。, 原作においては部分的な登場であった助手のアーサー・ヘイスティングズ大尉(ヒュー・フレイザー)、スコットランドヤードのジェームス・ハロルド・ジャップ警部(フィリップ・ジャクソン)、秘書のミス・レモン(ポーリーン・モラン)をほぼレギュラーとして登場させることで、ポワロを取り巻く人間関係にドラマオリジナルのキャラクター性を加えられている。彼らのユーモラスな掛け合いもドラマ版ポワロの魅力として認識されており、2004年の第9シリーズ以降登場していなかったが、最終シリーズである第13シリーズにおいて再集結を果たした。またゲストヒロインを始めレギュラー以外の登場人物の年齢が原作より高めに設定されており、「大人のドラマ」という側面が強調されている。, 原作の「エルキュール・ポワロ」シリーズは第一次世界大戦直後の1920年代から時代が進んでいくのに対し、このドラマでは1930年代に概ね固定されている。特にジャロー十字軍(『ヒッコリー・ロードの殺人』)やフレッド・ペリーの全仏オープン優勝(1935年)などのエピソード(『ベールをかけた女』)が物語に絡められている事から、第二次世界大戦前夜の1930年代後半期が背景にされていると見られる[注 3]。, こうした時代設定を踏まえて、美術面などでアール・デコ風の世界観が作り出されており[注 3]、原作の持つ独特の雰囲気を演出することに成功している。, 日本ではNHKが1990年から日本語版の放映を開始。ポワロの吹き替えにはベテラン声優の熊倉一雄を起用し人気を博した。熊倉とスーシェの声質は必ずしも似ているわけではないが、その独特の語り口はスーシェ同様日本におけるポワロのイメージとして定着するに至った。スーシェ本人からも「熊倉の声が最もポワロの声によく似合う」とお墨付きをもらっている[注 4]。ヘイスティングスの吹き替えは第45話(『もの言えぬ証人』)まで富山敬が担当、富山の死後となる第47話(『エッジウェア卿の死』)から安原義人が新たに担当した。, NHKの日本語版はオリジナル版とは放送順が替えられていたり、放送時間の関係で数分のカットシーンが存在する(カットシーンについてはソフト化の項を参照)。またオリジナル版の後期シリーズでは使われていないオープニング・エンディング映像は、日本語版では短縮された形で使用され続けた。新作が作られる度に、版権処理や日本語化作業のためオリジナル版から1~3年程遅れて、主に海外ドラマ枠として年末年始や夏休みに放送されていたが、後期シリーズは衛星放送のみの場合が多かった。再放送も随時行われているが、近年ではAXNミステリーやシネフィルWOWOWといったCSでも放送されている。, 最終第13シリーズの日本語版初回放送に先立ち、ドラマ制作にまつわる秘話・最終収録に臨む想いなどをまとめた特別番組『さよならポワロ!〜世界が愛した名探偵・25年の軌跡〜』が放送された[注 5]。, イギリスにおいてリマスター版が制作されたことを受け、2015年10月24日よりNHK BSプレミアムにて『名探偵ポワロ ハイビジョンリマスター版』が放送された(カットシーンのない完全版仕様。第62話以降は本放送もハイビジョン制作のため、番組名はリマスター版とはせずに、本放送と同じものを放送)。ただし、NHKがBSプレミアムの最終話まで地上波版のオープニング映像をアップコンバート・流用したのに対し、シネフィルWOWOWの放送ではNHK版に準じつつ再制作されたタイトルロゴがみられる。NHKでの放映直前となる2015年10月12日にポワロの吹き替えを演じた熊倉一雄が亡くなった為、NHKの番組HPには追悼のコメントが記載された。, イギリスでの初回放送順に準ずる。なお作品間の時系列は不特定で、台詞を確認すると細かく前後していたりする。日本での放送日は初回放送日。, ※「NHK版吹き替え出演者」で1役2名記載の場合は2005年の完全版で敢行された追加吹き替え時の代役キャスト。, 放送当初から数社がVHSでの発売を行っていたが、これらは全て英語音声日本語字幕で、サブタイトルもNHK版には依っていなかった。, NHKの日本語版がソフト化されたのは2001年から2002年にかけてビームエンタテインメント(現ハピネット)より発売されたDVDが最初で、第47話まで発売された。ただし、NHK総合で放送された第49話までは放送時間の都合上カットシーンが存在したため、その部分のみ英語音声日本語字幕での収録だった。その後2005年に、〔演出:中村烈、翻訳:瀬尾明日香〕でNHK版と同じキャスト(ヘイスティングスは逝去した富山の後任の安原が担当、ゲスト側も一部を除いて同じ声優を起用)でカットシーンの追加吹き替えを行い、加えてNHKで放送された当時の映像(放送枠に合わせカット・編集された日本語版)も全話分収録、パッケージも一新した完全版が第49話まで発売された(旧DVDに収録されていない第48、49話のパッケージはリバーシブルになっており、裏返すと旧DVDのフォーマットに揃えることができた)。, 2007年には第9シリーズ第50~53話が、仕様は完全版ながらパッケージを旧版に戻した『ニュー・シーズン DVD-BOX 1』として発売されると、以降シリーズが制作される度にDVD-BOX化され、最終第13シリーズ収録の『同 DVD-BOX 5』まで発売された。なお、NHK BS2で放送されるようになった第50話以降はカットシーンは存在しないため、完全版とは明記していない。, また2011年にデアゴスティーニ・ジャパンから『名探偵ポワロ DVDコレクション』としてDVDマガジンが発刊(隔週刊行で1巻1作)。2013年7月9日発行の65巻で完結し2013年6月以降放送の最終シリーズは収録されていない。マガジンではあらすじ、原作との相違、作品の時代背景やクリスティの生い立ちの解説がなされ、レギュラー出演者へのインタビューとあわせた出演者紹介・ロケ地・撮影の裏話なども掲載されている。ただし収録されている吹き替えは〔演出:椿淳、録音・編集:恵比須弘和、翻訳:安本熙生、制作:高砂商事(CROSS-GATE)〕によりデアゴスティーニが新録したものとなっており、登場人物の項に記載のとおりNHKの日本語版とはキャストが異なる。また、ゲストキャラクターは何人かの声優が話数によって役柄を変えながら演じているため、キャストが重複している。, Blu-Rayディスクでのソフト化については、イギリスにおいてITVスタジオとAcorn Media制作によるリマスター版が発売され、2015年日本においてもそれを元にしたBOXが第49話まで発売された(NHK完全版仕様)。, ドラマ化に向かない小品や、他の原作と要素が被るもの、戯曲などは映像化されていない。, NHK初回放送時には「25年間ご覧いただき ありがとうございました」というテロップが最後に表示された。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=名探偵ポワロ&oldid=80328831, またイギリスでは、スーシェがこの作品について語った著書『Poirot and Me』や、上記以外のサウンドトラックCD、スーシェやフレイザーが朗読する原作のオーディオブック等が発売されており、これらは日本でも輸入品として購入できる。.