ポケモンGOの対戦中(トレーナーバトル)に使用することで能力変化する技についてまとめています。技の追加効果の仕様や追加効果がついている技などについて知りたい方はここをチェック!, 能力変化する技を使用した際に、それぞれ効果に応じたポケモンのステータスが変化する。今までダメージを与えるだけだったが、今回の能力変化の追加で対戦(トレーナーバトル)が更に奥深くなっていくかもしれない。, 変化した能力は交代すると元の状態にリセットされる。以前の仕様では交代しても変化状況が保存されていたが、1月23日(木)に仕様の変更と不具合が修正された。能力が下がってしまった場合は交代も検討しよう。, 能力変化をする技を使用した時に、技の能力変化が発生するのは他プレイヤーとバトルできる対戦機能(トレーナーバトル)時のみ。レイドやジムバトルでは能力変化が発生しない。, 能力変化する技によって上昇率や、上昇確率が異なる。どの技がどのように能力変化するのかを予め確認しておこう。, 相手が技を受ける際にシールドを使用していても、能力変化は発生する。シールドを使われた場合はダメージを与えられないが、ステータスを上げれば有利に戦うことが可能だ。, 能力変化の効果は重複させることができる。例えば2段階ステータスが上がった状態で、再度2段階上がると合計で4段階ステータスが上がったことになる。, 能力変化時に上がるステータスの倍率は以下の通り。最大で4段階まで能力変化でステータスが変化し、それぞれ最大まで変化すると上昇は元のステータスの2倍まで、下降は元のステータスの1/2まで下げることができる。, 技によって1度の能力変化で何段階ステータスが変化するかが異なる。何段階ステータスが変化したかについては、表示された文字を見ることで判断することが可能。, /トレーナーのみなさん!\まもなく「トレーナーバトル」に新たな効果が実装! 今週末から、一部のスペシャルアタックに、一定確率でバトル中のポケモンの能力を上昇させる効果が追加されます! 詳細はこちら:https://t.co/ZcNA4upUtc#ポケモンGO pic.twitter.com/bo4XrR1SLU, ©Pokémon. ポケモンで、相手を交代出来なくする、しめつけるや、くろいまなざし、すなじごくなどは、その技をだしたポケモンが交代すると相手はポケモンを交代出来るようになってしまうんですか?でしたら、技をだしたポケモンが交代しても相手は交代出来ないという技はありますか? 相手のポケモンが表示されないバグも…。 バトルリーグが始まる前の 対戦でも時々起きていたけど 相手のポケモンが 表示されない事がありました — いちごみる紅♡ポケGO青♡ (@15369nvn) February 10, 2020. ポケモンの技には、くろいまなざしやとおせんぼうなど、相手を逃げられない状態にして、対戦を有利に進めるためのものがあります。, ターンが経過しても解除されることはなく、この状態にする技を使った相手が、交代するかひんしになるまで続きます。, くらいつくは、自分と相手のどちらかがひんしになるまで、どちらも交代ができなくなります。, かげふみは、相手を逃げられない状態にする特性です。ただし特性かげふみ同士の場合は、お互いにかげふみが無効になります。, ほろびのうたを使ってからこれらのポケモンに交代することで、相手を交代させずに倒す戦法や、ゴチルアントと呼ばれるハメ技のような戦法が存在します。, アイアントの特性ははりきりが主流ですが、隠れ特性で、2ターンに1度しか行動できない特性なまけがあります。, 1ターン目:相手を自分と同じ特性にする技なかまづくりで写し、相手をなまけにします。さらにアイアントはだっしゅつボタンなどで特性かげふみのゴチルゼルに交代します。, 2ターン目:相手はなまけで行動できず、ゴチルゼルは積み技で能力をアップします。相手はかげふみにより交代できません。, 以降、なまけに合わせて積み技を使い、相手が行動するターンはまもるで防ぐという動きを繰り返し、十分能力が上がったら攻撃するという戦法です。, 他には、じばくなど、自力で退場できる技があれば、なまけにされてからゴチルゼルと対面した場合でも、ループから抜け出すことができます。(おきみやげは、まもるで防がれると不発になります), ただし、すでに特性がなまけに変えられた場合は、ダイマックス中でもなまけは発動してしまいます。, 特性かげふみ同士の場合はお互いに交換ができますが、ありじごく同士の場合だとお互いに交換ができません。, 戦闘には無関係ですが、手持ちの先頭にいると、野生ポケモンと出会いやすくなる効果があります。, 特性かげふみ同士の場合はお互いに交換ができますが、じりょく同士の場合だとお互いに交換ができません。, 戦闘には無関係ですが、手持ちの先頭にいると、鋼タイプの野生ポケモンと出会いやすくなる効果があります。, とんぼがえりやボルトチェンジ、バトンタッチ、すてゼリフなどの技なら、逃げられない状態でも交代することができます。. Copyright (c) 08 LLC All Rights Reserved. ポケモンgoの対戦中(トレーナーバトル)に使用することで能力変化する技についてまとめています。技の追加効果の仕様や追加効果がついている技などについて知りたい方はここをチェック! 「すばやさ」に関係なく技を繰り出すことができる先制技などに付いている数値のこと。また、優先度が同じ場合だと「すばやさ」が早いほうが先に技を繰り出すことができる(トリックルーム時は遅い順から)。他にも「トリックルーム」「ほえる」「ふきとばし」などの技には「-(マイナス)」の優先度が付いている。この場合は通常の技より遅く発動してしまうがそれに見合う強力な効果が付いていることが多い。, そのポケモンが「変化技」を繰り出すときにその技の優先度を+1上昇させる。ただし、「あく」タイプのポケモンには繰り出した技が無効になる。, そのポケモンがHPが満タンのとき、「ひこう」タイプのを繰り出すときにその技の優先度を+1上昇させる。, このポケモンが「場」に居る限り自分と味方は先制技(優先度+1以上)の技を相手から受けない。. フォルムチェンジは元に戻るものと、戻らないものがある。(当 … 対象のゲージ技が既に貯まっている時に、通常技の硬直中にゲージ技のアイコンを1回タップする, ※QSA状態が解除された後もゲージアイコンは小さいままになることがあるため、2回目以降は目印にできない場合もあり。.