工業プラントなどでは機械が動いている間は加圧、機械が止まった瞬間に負圧になるといった配管が多数存在します。, そうした配管の内部の圧力を把握する際に使用するのが、今回ご紹介する「連成計」です。とは言っても測定できる範囲に限りがあるのも連成計の特徴です。, 加圧と負圧の両方を計測できる連成計は工業ブラントや圧力機械では欠かすことのできない計器です。今回はその連成計の仕組みや構造についてご紹介していきます。, まずは、連成計の基本についてご説明します。連成計とは大きなカテゴリーで言えば「圧力計」に分類される計器です。, 通常圧力計は、大気圧を基準とし大気圧以上の圧力がある場合に使用します。またその逆に真空状態を観察する計器としては「真空計」と呼ばれるものがあります。, 一般的に連成計の定義は「大気圧以上と大気圧以下(760mmHg)までを測れる圧力計」とされています。つまり加圧側は計れる上限はないものの、負圧側は一定の圧力までしか計測できない仕組みを持った圧力計ということになります。, 加圧状態と負圧状態の両方が存在する場面は、実は私たちの生活の中にもたくさん存在します。例えば消防のポンプ車などのポンプ関連機器。, 消防ポンプ車の給水側配管に取り付けられ、消火栓から給水を受ける場合には絶対に必要な計器となっています。, また、二次圧縮を行うようなコンプレッサーなどにも使用されています。使用環境で加圧も負圧も発生する環境でもちいられるのが連成計です。, 一般的な圧力計は「ブルドン管」と呼ばれる仕組みを用いて、圧力を検知し指針によって指示しています。このブルドン管はスパイラル形状やC型なのど形状をした管状の構造物で、内部に圧力を感知すると規則的な変形をおこします。, ブルドン管の素材は真鍮やアルミ、ステンレスなどを用いることが多いですが、近年ではより精密に計測できるベリリウム銅などの素材も開発されています。, 実は連成計も仕組みは通常の圧力計と変わりません。同じようにブルドン管の構造を有した圧力計であることは同じです。, 通常の圧力計では目盛りは0からそれ以上となっているのに対して、連成計はマイナス方向にも針が動くことができる仕組みになっています。, ただ、同じ負圧(真空)を計測することのできる「真空計」との最大の違いは、その精度です。, 真空計は同じマイナス0.1㎫を指すことのできる圧力計で、その負圧の状態を細かく観察できるように設計されています。しかし、連成計はあくまでも圧力の状態が加圧なのか負圧なのかを判断するための計器であるため、真空側の目盛りは参考程度にしか読み取ることはできません。, 先ほどの説明で、連成計の負圧側の数値は参考程度とご説明しましたが、唯一例外的なのが上の製品のような微細圧力を感知するタイプの連成計です。, 加圧側のレンジが0.1㎫と小さい為、ブルドン管の動きを加圧側、負圧側両方ともにおなじようなレンジでコントロールできることから、このような微細圧力タイプの連成計の場合は負圧・加圧ともに細かく数値を観察することが可能です。, デジタル方式の連成計です。一昔前はデジタル式圧力計は公的機関の検査では使用できませんでしたが、近年は校正の方法やその証明方法も確立され、デジタル式の圧力計・連成計が増えてきました。, 計測できるレンジも広く、数値の判読に個人差や環境差が生じない使いやすさが普及の理由です。, いかがでしたか?圧力計の仲間としてはどうしても存在感の薄い印象の連成計ですが、日常の様々な場面で活躍している、なくてはならない圧力計です。, 広島県出身の41歳。現在は製造業で管理職の傍ら執筆活動を行っている。実は調理師出身という経歴の持ち主。得意分野は工業系の専門分野からアウトドアクッキングまで幅広く対応可能。, 運転とアルコールの問題がなかなか解決しないのは、酒の誘惑という「悪魔」が存在するからです。飲酒運転は人々の良心に期待するだけでは撲滅できず、社会的な仕組みが必要です。東海電子のアルコール濃度測定器は、精度の高さもさることながら不正をさせない仕組みが秀逸であるといえます。, フルマラソンの走破距離である42.195Kmを計測する際は、巻き尺、測量のような装置や地図上での確認しているわけではなく、ロードメジャーという距離を正確に設定するために使われている計測機が用いられています。, 物作りの現場でもっとも重要なことは、寸法を正確に測る事だといっても過言ではありません。しかし、その前提として製品が正確に加工されていることは欠かせません。そんな正確な加工を陰で支えるのが今回ご紹介する「リニアスケール」と呼ばれる装置です。 質問(2) >>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか? HT  耐熱塩化ビニール管、継ぎ手、 普通の塩ビ管は熱に弱く、フニャフニャになりますが、HTは熱に強いので給湯管に使います、でも最近はあまり使いません、 材質的にもろく、後日ひび割れ、漏水等が起きやすいので、 耐熱と言っても80℃位のお湯で使うと管の内部は、劣化し、ざらついて来ます、つまり、塩ビ樹脂、可塑剤、その他モロモロの添加剤が、お湯に溶け出していると言うことです。  電気の理論には、「対地電圧」という考え方があります。大地に対する電圧です。単相200Vの対地電圧は、100Vしかありません。それに対し、三相200Vの対地電圧は、173Vまたは200Vあります。この違いは、万が一感電した場合の人体に及ぼす危険性に影響します。このため、住...続きを読む, ある装置の説明に「負圧度-1.0MPaとする」という記載がありました。 >>> 200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V50A(3相)から電源をとるとどうなりますか?, > 電源200V単相と3相の違い… なんか、日本語が変ですね。 一般的に電気的な容量とは、電圧×電流×時間で表されます。これは、エネルギーの容量を表し、遮断容量の場合も同じです。よって、容量であるにも関わらず電流値であると捉えらえることは間違いだと思います。 この実験はご存知ですか。 4桁以上の数字が出てきた場合は別の本を調べて見る方がよいようです。書いた人が現象の意味がよく分かっていない可能性がありますから。, ポンプで水を吸い上げる時、高さの差がある値以上になると吸い上げることが出来なくなるというのは早くから知られていたことです。多分ガリレオの時代からでしょう。問題になった場面は鉱山でのわき水のくみ上げです。トリチェリーの真空で有名なトリチェリーはガリレオの弟子です。トリチェリーがあの実験をやってみようというきっかけにもなっていると思います。 (なお、既出の一部に明らかな誤解もあるようですが、それを指摘することは、規約違反となり、削除対象とされるので控えます。) The following two tabs change content below.

どのような業種の会社か存じませんが、「エアコンのスイッチを入れたら、サーバーまで落ちてしまった」ではしゃれにもなりません。

しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

水の場合も長いホースに水を満たして持ち上げていくと同じような実験が出来ます。でも実際はなかなか難しいようです。古い本ですが岩波かがくの本のシリーズ(板倉聖宣著)に実験がのっていました。透明なビニールホースを川に沈めてから欄干に引き上げるということをやっています。気密性を確保するのが難しかったようです。水の重さもかなりになりますので欄干に引き上げるのも大変です。断面積が5cm^2だとすると50kgほどになりますから。 よろしくおねがいします。, 「自動車 消防」に関するQ&A: 消防自動車のサイレンは小さくなりませんか?, 「意味 カタログ」に関するQ&A: カタログを読んでも意味がわからない言葉を教えてください。, 「連成計」に関するQ&A: 連成計などのメーター類が安い通販のお店探してます。, 早速回答いただきまして、ありがとうございます。 よろしくお願いします。, 管用ねじの使い方はおおむね2通りあります。 恥ずかしくて誰にも聞けないんです。, 一番大きな違いは、簡単な構造で、起動できるか(自分で回転を始められるか)どうかだと思います。一番簡単な構造である 誘導電動機で三相の場合はスイッチを入れるだけで回転を始めますが、単層の場合は、唸っているだけで回転を始められません。単相電動機でも何らかの方法で回転させれば、(例えば手で回しても良い、回転方向は、回してやった方向で決まる。)回転を続けます。この方法には、コンデンサー起動、反発起動等がありますが 1/2HPぐらいまでの小さなものに限られます。町工場など住宅地では、三相交流の供給が受けられませんので苦労したこともありました。 そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。 >>> 工業プラントなどでは機械が動いている間は加圧、機械が止まった瞬間に負圧になるといった配管が多数存在します。そうした配管の内部の圧力を把握する際に使用するのが、「連成計」です。加圧と負圧の両方を計測できる連成計は工業ブラントや圧力機械では欠かすことのできない計器です。 体積膨張するということは、大気比重が減少するということです。流量を処理する装置の場合、処理する気体の質量や運動がその性能に関係してきます。同じ体積でも、比重の小さな気体は処理効率がよいと言えます。また、空気に水蒸気が混じっていれば、比重は大きくなります。 センサーは、異変を検知して知らせてくれる機械です。人が監視をすると疲れたり見落としたりしてしまいますが、センサーは24時... https://www.morita119.jp/fire_engine/pump/004.html, http://www.daiichikeiki.co.jp/pressure/pressure_p03.html, http://products.naganokeiki.co.jp/product/qa/1748.html. ポンプの能力が大きくなると一度に吸い込む水の量が大きくなります。 ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか? この定格電流値以下で遮断器を利用している限り、遮断器の開閉操作を行ったとしてもメーカーが保証する回数まで(一般に数千回~数十万回)は、操作が可能である値という意味もあります。 HT  耐熱塩化ビニール管、継ぎ手、 普通の塩ビ管は熱に弱く、フニャフニャになりますが、HTは熱に強いので給湯管に使います、でも最近はあまり使いません、 材質的にもろく、後日ひび割れ、漏水等が起きやすいので、 耐熱と言っても80℃位のお湯で使うと管の内部は、劣化し、ざらついて来ます、つまり、塩ビ樹脂、可塑...続きを読む, エアー機器の流量に記載されているANRって何のことでしょうか? その理由は、日本の(多分全世界でそうだと思いますが?)電源事情が、定電圧送電方式となっているからです。即ち、電圧の項は、定数として扱えるため、変数となる電流値で表せば事実上問題がないのと、実用上合理的となるからだと思います。 すでに三人の方から回答があるとおりですが、まだ出ていないことを補足します。 1.実揚程について ポンプが設置される系統において、ポンプが液体に実際に付与する位置エネルギー(ヘッド)のことです。 図1の様な系統があるとします。 [図1:送水系統図の例 ①] この系統でポンプが液に与えるべきエネルギーには次の2つがあります。 圧力計1と圧力計2を比べると、圧力計2は圧力計1よりも20cmだけ下になっていて、圧力も20g/cm²だけ高くなっています。 逆に言うと、圧力計1は圧力計2よりも20cmだけ上になっていて、圧力も20g/cm²だけ低くなっています。つまり、圧力計の読みは、圧力計の取付け位置が上方になるほど低くなり、その読みは垂直高さ分だけ低くなるのです。, ここでは、円筒内周の底面積を1cm²にしましたが、底面積はいくらでもよいのです。底面積が大きければ、水の質量も多くなりますが、圧力は断面積で割るので同じになるのです。, 次に図2-3-4を見てください。圧力計1と同じ高さに圧力計5を取り付け、円筒と圧力計をつなぐ枝管の中は水を充満します。円筒からの取出し口は圧力計4と同じH4=90cmです。このとき、圧力計1と圧力計5の読みはどうなるでしょうか。 結論をいうと、同じになります。つまり、圧力計の読みは、圧力計の取出し高さには無関係に、圧力計の高さによるのです。, さて、最初の質問の答えです。図2-3-1および図2-3-2において、ポンプの運転点が変わらないとすれば、ポンプ吸込側の圧力計は両者で読みは同じになります。 1kgf = 9.8N 10m以上ある時は吸い上げポンプでは駄目ですが押し出しポンプでは可能です。川の水を堤防の上にくみ上げたいときはポンプを水面近くに持っていきます。

> あと、200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V30A(3相)から電源をとると… 色は濃い茶色に着色されています。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む, 水の吸込み高さはポンプの能力に関係なく限界値は10mですよね? これってどうゆうことか説明できる方いますか? 吐水側配管は圧力計、吸水側配管には連成計、どっちも配管内の圧力を計測する圧力計。ぶっちゃけ同じようなもんですね(^^) 吐水側配管が陰圧になることはないので大気圧基準の0指針からです。 吸水側配管は陰圧になります。 ・平行=平行 ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか? 400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2 ※動く前の状態を見ていないので最初がマイナスだったのかゼロだったのかは分かりません。マイナスだったかも知れません。マイナスだったとすると何故動いた時にゼロに??

体積膨張するということは、大気比重が減少するということです。流量を処理する装置の場合、処理する気体の質量や運動がその性能に関係してきます。同じ体積でも、比重の小さな気体は処理効率がよいと言えます。また、空気に水蒸気が混じっていれば、比重は大きくなります。 蒸気などの高温の流体の圧力を測定する場合、圧力計や圧力センサーにはサイフォン管が必須です。 今回は、 ... 連成計は正圧(大気圧以上の圧力)から絶対真空(-0.1MPaG)までの圧力を測定することが可能です。ただし、メモリ幅の関係から、詳細な真空は測定することができません。, 正圧にも真空にもなる可能性があるポンプの吸込や蒸気を使用する熱交換器、その他の凝縮する気体を使用する箇所で使用します。内圧が大気圧よりも下がる可能性がある箇所には連成計を設置しといたほうが無難です。, 例え真空にならなかったとしても連成計は壊れることがありません。連成計にも設定圧力で接点が入り切りするような接点付きの真空スイッチというものもあります。, 大気圧以上になることのないような真空ポンプやコンプレッサーの吸込口などの圧力測定に使用します。連成計に比べより詳細な真空を計測できますが、大気圧以上になった際には故障のリスクが上がるので注意が必要です。, ポンプの場合は、一次側は連成計、二次側は圧力計を設置することが多いので、設置の際は間違えないように注意が必要です。, ポンプ、ファン、ブロワの圧力を測定することでキャビテーションやサージングを防止することが出来ます。, 圧力を測定する機器でも、測定範囲にによって3つの種類に分かれます。また、測定レンジを間違えると故障してしまうので注意してください。, 取り付ける箇所が、大気圧以上の正圧なのか、それ以下の負圧なのかを考えて使い分ける必要があります。たまに圧力計と連成計を同じものだと勘違いしている方がいますが、一応使い分けられているので覚えておいてください。. 具体的に言うと、日本製の225AF/225ATの遮断器に...続きを読む, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。  分解可能な構造用配管や、多少の漏れが気にならない流体用。 色は灰色に着色されています。給水配管用。 逆に外から部屋の中に送るように働いた時を正圧、陽圧といいます。 限界値である定格電流値になった場合の動作は、日本の規格(JISなど)では、不動作の状態を維持する最大値を表しています。 Copyright© ベストなパーツ. 以上、簡単な回答ですみません。, HI  耐衝撃性塩化ビニール管、継ぎ手、 普通の塩ビ管は、衝撃を受けると割れますが、HI管は粘りがあるので割れにくい。 黒っぽい色に着色してあります。 給水配管用として現在主流。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 最短で資格を取得するためには、いかに効率よく学習するかが重要です。モチベーションを維持しながら最短で資格取得を目指すなら通信講座を利用するのもおすすめです。, 現場技術系専門の通信講座です。イラストを多用したシンプルで分かりやすいテキストと動画がセットになっています。, エネルギー管理士以外にも電験や衛生管理者など25の資格の通信講座を展開しています。, イメージしにくい交流回路についても多様なイラストと解説動画で詳しく解説してくれます。独学ではなかなか勉強が進まないという方に特におすすめの講座です。電気について詳しく学べるので実務で電気を使うという方には最適な教材です。, テキストとレポート形式の通信講座で、最も実績の多い会社です。エネルギー管理士の電気分野を受けるならおすすめの通信講座です。, プラントエンジニアです。工業技術をどこよりも分かりやすく解説するをテーマに2017年から情報発信をしています。最近、Youtubeも始めました。応援していただけるという方は更新情報などを発信するので、Twitterのフォローお願いします。.

> 200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V50A(3相)から電源をとると…

(1)ポンプが動いて油を引っ張っている時は連成計のメーターが大抵ゼロになっています。つまりポンプで引っ張る力と同等にタンクから油が押し出されているのでメーターに圧力が掛かっていなく、大気圧のゼロを示していると言う考えで良いのでしょうか?

電流を遮断すると言うことは、アーク電流によるエネルギー放出(一般的に、熱、音、光の形で放出される)を、遮断器構部分で絶えうる必要があります。 あるいは、 【告知】毎週土曜日18:00~ 環境やエネルギーをテーマにしたゆっくり解説動画を投稿していきます。 更新情報が届くので、ご興味ある方はチャンネル登録をお願いします! ⇒ 過去のアップロード動画一覧はこちら, 配管や機器内の圧力を機械的に測定する計測器には圧力計、連成計、真空計という3つの種類があります。この3つはそれぞれ圧力を測定できる範囲が違います。, 今回は、日頃感じる小さな疑問、連成計とは何か、圧力計や真空計との違いや使い分けについて解説します。, 上の写真では大気圧を0として赤い表記が真空域、黒い表記が正圧域(大気圧以上)を示しています。, 連成計は条件によって正圧にも負圧にもなり得るような用途で使用します。圧力計とは見た目が似ていますが、設置場所を入れ替えると計器が壊れてしまう原因になるので注意が必要です。, 似たような計器にマノメーターがありますが、マノメーターは圧力差を測定し、圧力計や連成計は圧力そのものの測定をするという違いがあります。. 1気圧=1013.25hPa=101.325kPa 例えば200リットル/min(ANR)。 ポンプ流量Q=1.2[m 3 /min]、ポンプ軸心と同じ高さに設置した吸込み真空計の指示値が-30[kPa]、ポンプ軸心より0.3[m]高い位置に設置した吐出し圧力計の指示値が200[kPa]、であったとします。 ブレーカーの仕様に定格電流と定格遮断容量とありますが、違いや意味を教えてください。定格電流は、その電流値を超えた場合にトリップするものだとは認識しているのですが。遮断容量は大きいほうがいいのでしょうか?詳しい説明をお願いします。, こんにちわ!

限界値である定格電流値になった場合の動作は、日本の規格(JISなど)では、不動作の状態を維持する最大値を表しています。 「負圧度-1.0MPaとする」というのは真空状態にして行き1.0MPaとなった状態を意味します。この時に正圧と間違えないように-を付けていると思います。「負圧1.0MPa」または「真空圧1.0MPa」との表示でも良いと思います。, 配管・継手の種類でHI、HT、TS、DVといのがあるのですが、このアルファベット2文字はそれぞれ何の略か教えて下さい。また、それぞれの用途も合わせて御教授お願いします。, HI  耐衝撃性塩化ビニール管、継ぎ手、 普通の塩ビ管は、衝撃を受けると割れますが、HI管は粘りがあるので割れにくい。 黒っぽい色に着色してあります。 給水配管用として現在主流。 ポンプ、コンプレッサ・タービン、冷凍機・冷却塔、送風機、エンジニアリング、ドライ真空ポンプ、排ガス処理装置、オゾン関連機器、特殊ポンプ、半導体製造装置 精密・電子事業 高度な精密製造技術で半導体の進化と豊かな情報化社会の発展 これは、規格の考え方の違いでどちらが正しいとかという問題ではありません。しかし、一つの電気設備で、複数の規格を採用しなければならない場合などは、保護協調上注意を要する点であります。 >1気圧=1013.25hPa=101.325kPa この数値はどこで見られたものでしょうか。物理を知らない人の書いた数字だと思います。9.8という値は日本の標準値です。その下の桁の数字は場所ごとに変化しますので普通の計算では9.8という数字を使いましょうという約束だと思って貰うといいです。物理の教科書に出てくる値です。ポンプの吸い上げ能力を理解するのには細かい数字は必要ありません。