今日: 14. /execute as <セレクタ> at @s offset <座標> run <コマンド> とすることで、1.12.2までの /execute <セレクタ> <座標> <コマンド> と同じ動作になります。 後者の引数は「指定したエンティティの座標でコマンドを実行」するはずですが、18w02a現在正常に動作していません。 この記事では、Minecraft Java Editionで使用可能なテレポート用コマンド、tpコマンドについて解説します。, tpとはTeleportの略で、つまりtpコマンドとはテレポートコマンドのことを指します。tpコマンドを使うことで、特定の座標にテレポートしたり、特定の人の元へテレポートできます。, tpコマンドで生成されていないチャンク(座標)を指定してテレポートすると、テレポート後にチャンクが生成されます。このように他のコマンドとは異なり、チャンク生成が後にくる特殊なコマンドでもあります。, この二つのコマンドの違いは、/tpコマンドは対象基準のコマンドであるのに対して、/teleportコマンドはコマンドを実行した場所基準であることです。またこの違いはMinecraft JE特有のもので、BEでは無いとされています。, tpコマンドを使用して返ってきた結果がエラーであった場合、考えられる原因としては以下があります。, 現在、ディメンションとは、オーバーワールド、ネザーオーバーワールド、ジ・エンドオーバーワールドの3つを指します。つまり4の「[移動させる対象]と<行先>が同じディメンション内に存在しない」とは、オーバーワールドとネザーオーバーワールドを行き来しようとしている場合などにおきます。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 【マイクラ】前提MOD「Minecraft Forge」とは?入れ方も含めてまとめてみた【最新版】, 『誰かの役に立つアウトプット』をテーマに、管理人が一度使用した物の使い方(取説)について情報発信中。, [移動させる対象]と<行先>にはプレイヤーIDが入ります。[移動させる対象]は省略可能。省略した場合コマンド実行者がテレポートする。, には座標の数値が入ります。座標を見るにはF3キー。F3キーの解説は, は水平回転。北向きは-180.0、南向きは0.0、東向きは-90.0、西向きは90.0。. みたいなことをやるとします。 全プレイヤーの場所でコマンドを実行したいので、 こんな感じにしますよね? execute as @a at @s run kill @s. でもこれだと、全員が無慈悲に殺されるだけです。 ここに、「足元がminecraft:stone net.minecraftforge.fml.common.Mod.EventHandler, net.minecraftforge.fml.common.event.FMLInitializationEvent, net.minecraftforge.fml.common.event.FMLPreInitializationEvent, net.minecraftforge.fml.common.event.FMLServerStartingEvent. トーチ、ボタンについて確認してみました。, 地面にも置けますが、壁にもくっつけられるタイプのブロックです。 例えばマイクラで、 石ブロック(minecraft:stone)の上に立ったら死ぬ. ※Snapshot18w05a時の情報です。今後変更が加わる可能性もあります。また、一部誤字等誤りがある可能性もあります。ご了承ください。, 以前この記事にて1.13の/executeの解説記事を書きました。https://skyblock.jp/2017/11/11/mcje-1-13-execute/, ですが、本日2018/01/10に公開されたSS18w02aにて先の記事から変更が加わったため今回新規に投稿し直すことにしました。, 無理やり一行のコマンドで表そうとするとややこしいので、まず次のことを覚えてください。, また、1.12.2以前との変更点として、以下のコマンドが/executeに吸収されました。, atは「executeの実行者」が「セレクタのエンティティの座標・向き・ディメンション」でコマンドを実行するように、, asは「セレクタのエンティティ」が「executeの実行点」でコマンドを実行するようになります。, →「セレクタのエンティティの座標・向き・ディメンションでコマンドを実行」(向き等も変更), このため、ローカル相対座標等もatで指定したエンティティの向きが基準になるようになりました。, 後者の引数は「指定したエンティティの座標でコマンドを実行」するはずですが、18w02a現在正常に動作していません。, rotatedの引数の内、前者は「指定した向きでコマンドを実行」します。ローカル相対座標等の挙動に影響します。, 後者の引数は「指定したエンティティの向きでコマンドを実行」するはずですが、positioned同様18w02a現在正常に動作していません。, facingの引数の内、前者は「指定した座標が視点の先に来るように実行する向きを設定」します。, 後者は「指定したエンティティが視点の先に来るように実行する向きを設定」します。引数のは指定したエンティティのどこに視点を合わせるか指定します。, ローカル相対座標などで基準となる点を実行対象の目にするか足にするか、を設定できます。, x,y,zの順番はどれが先でも大丈夫なので、例えばx,y,z軸全てを指定したい場合はxyzでもxzyでもyxzでもyzxでもzxyでもzyxでも問題ありません。, で自身の今いるブロックの中心に、NoGravityアーマースタンドを召喚できます。, ifは「条件が満たされた場合」、unlessは「条件が満たされなかった場合」にrunのコマンドを実行するか、runが指定されてなければコマンドの実行に成功します。, /functionコマンドのif・unlessと同じ仕様で、実行点や実行者は変化しません。, allは「空気ブロックを含む全てのブロックが等しいか」、maskedは「比較元の空気ブロックを除いたブロックが比較先のブロックと等しいか」を条件にします。, maskedの場合、比較先の比較元では空気ブロックの場所にブロックが設置されていても、そのブロックは無視されます。, 前者は「比較元のプレイヤーのスコアと比較先のプレイヤーのスコアを比べたときに等号不等号を満たしているか」の条件です。, で1.12.2までの/scoreboard players testコマンドの比較版のようになります。, 後者は「指定のプレイヤーのスコアが範囲内にあるか」の条件です。数値範囲指定は最小値a,最大値bの場合「a..b」のように指定します。, で1.12.2までの/scoreboard players testコマンドと同じ事が可能です。, これは「runで実行したコマンドの結果を得る」コマンドです。1.12.2までの/statsが進化したような感じです。, successは「実行したコマンドの成功した回数」を、resultは「実行したコマンドの返り値」を得ます。, /statsのSuccessCountがsuccess、その他がresultになった感じのようです。, この時、statsとは違い代入先のスコアは値が設定されていなくても問題ありません。, この時、スケールに指定した値を掛けて代入することも可能です。スケールには負数や小数も使用可能です。, NBTの指定方法は、例えば{A:{B:[{},{},{C:1b}]}}でCを指定したい場合、「A.B[2].C」になります。, NBTTagCompoundやNBTTagList、NBTTagStringなどの値の書き換えは出来ません。(CompoundとListは中身の書き換えは可能), 使用例として、座標にアイテムの入ったコンテナを指定して下のコマンドを実行することで、コンテナ内のアイテムの個数が実行点から半径50m以内に居るエンティティの数になります。, ※/dataなどで小数の値を得てそれを代入したい際には、整数を扱う時と同じようにすると動かない場合があります。これはコマンドの返り値の小数点以下が失われて整数になるためです。, /data等の値を得るコマンド側で値を定数倍して、その後store側で元の値に戻るように割る(定数の逆数を掛ける)ことである程度の精度で小数点以下も得ることが可能です。, コマンドの結果を/bossbarコマンドにて表示することが出来るボスバーの最大値・現在の値に代入します。, 今後もSnapshotで仕様変更はあるかもしれませんし、バグも生まれるかもしれません。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, 〈at・as・positioned・rotated・facing・anchored・in・align〉, Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます), https://skyblock.jp/2017/11/11/mcje-1-13-execute/, (前者)指定した座標を実行点にする (後者)指定したエンティティの座標を実行の基準点にする, (前者)指定した角度分向きをずらす (後者)指定したエンティティの向きを実行の基準にする, (前者)指定した座標に視点を合わせる (後者)指定したエンティティに視点を合わせる, /executeの後には上記の引数のいずれかが来る(ここではrun以外でこれらの引数を含めたものをサブコマンドと呼びます). 「おとうさんすごい」と言わせたくて、手探りでマインクラフトのMOD作りを始めてみたのですが、座標関係が頭に入りません。ブロックの配置を指示するFacingプロパティと、座標のXYZと、座標のFacingの話がごっちゃになってきたので一度落ち着いて確認してみました。, 環境作成についてはいろいろなところで紹介されていますので割愛しますが、下記バージョンを利用しています。, 公式によると座標の定義は下記になります。 その他. 昨日: 37. には座標の数値が入ります。座標を見るにはF3キー。F3キーの解説はこちら。 は水平回転。北向きは-180.0、南向きは0.0、東向きは-90.0、西向きは90.0。 は垂直回転。真上を向くには-90.0、真下を向くには90.0。 tpコマンド使用例 The direction the top of the torch is facing. 投稿している内容は個人の主観に基づくものです。. デバッグ画面のFacingが示す方角を正しいとして、自身のx+1(東)に丸石ブロック、z+1(南)に氷ブロックを置いて軸を確認してみます。.

executeコマンドを使って幾何学的操作をする分野です。 点A :Aの居る座標のこと 面A :Aの居る座標を通りAの視線と … What is going on with this article? トップページ; ページの編集の仕方はこちら; execute幾何学. Why not register and get more from Qiita? これについて、コードを書いて確認したいと思います。, (参考 Coordinates - Official Minecraft Wiki), デバッグ画面のFacingが示す方角を正しいとして、自身のx+1(東)に丸石ブロック、z+1(南)に氷ブロックを置いて軸を確認してみます。, 実行すると、赤い軸の方向に丸石ブロック(東想定)、青い軸の方向に氷ブロック(南想定)が配置されました。, デバッグ画面上のFacingが south の方向を向くと、z+1(南)に置いた氷ブロックが目の前にあり、south(南)は+zの方向であり、青い軸だということがわかります。, デバッグ画面上のFacingが east の方向を向くと、x+1(東)に置いた丸石ブロックが目の前にあり、east(東)は、+xの方向であり、赤い軸だということがわかります。, ブロックにも、Facingプロパティを持つものがあります。 By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole, By "stocking" the articles you like, you can search right away. カウンター. トーチやボタンと違って、想定どおりの配置となっています。, 方角と座標については無論ドキュメント通りでしたが、実際に試すことで理解できたかなと思います。 ドキュメントの見方もわかってきたので、MOD作りに励もうと思います。, 気になったことを、調べて試して。

サイト全体: 11490. 2019-12-26 21:23:47. Facing=southと指定して配置してみます。, 南側のブロックにトーチが配置されると思いきや、逆の北側のブロックに配置される結果となりました。, 公式ドキュメントによるとトーチのFacingは下記の定義になるようです。トーチの先端が南を向くように配置されるようです。, (引用元 Block States - Official Minecraft Wiki), 公式では、下記のように定義されており、やはりFacing=southで南に配置すると北側のブロックに配置されるようで、仕様通りの動作です。, ブロックによっては、axisというXYZを表すプロパティもありますので、そちらも確認してみました。, 年輪が指定したaxis方向へ向きました。 Help us understand the problem.

IntelliJ IDEA 2018.1.4(Community Edition), you can read useful information later efficiently. コード実行時. (参考 Coordinates - Official Minecraft Wiki). 元ページへ . デバッグ画面の軸と座標の対応を確認する. ページ名:execute幾何学.