「マシュマロを食べても良いけど、私が戻ってくるまでの間に食べるのを我慢したら、もう1つマシュマロをあげるよ。でも待てずに食べてしまったら2つ目はあげないよ」, 多くの場合で、1/3のグループの子たちの方がその後も優秀と周りから評価されていた。, この自制心というものが子供の頃からすでに持っていること持っていないこがいるのではないのか?, という考え方です。環境や育て方によって自制心を育てることが可能なのはと言えるかもしれません, と言いますと、自制心を保てた時に相手のニーズを満たすというやり方が最適だと思います。, このサイトの運営者の高木鉄平の本 引用)時間選好(じかんせんこう)とは – コトバンク, 時間選好とは、「”いま”の価値を高く評価する傾向」のことを表します。将来のことよりも現在のことを重視する性質、と言い換えてもよいでしょう。末尾に “率” を付けて「時間選好率」とすると、「”いま”の価値を高く評価する度合い」を示します。, 簡単な例でいえば、「今すぐ1万円が貰える権利」と「1年後に1万5千円が貰える権利」ならどっちを選ぶ?と聞かれたときに、前者の今すぐ貰う方を選ぶなら時間選好率が高い、後者の一年後に貰う方を選ぶなら時間選好率が低い、と表現します。, マシュマロ・テストをこの観点で捉え直すと、このテストは「今すぐ得られるマシュマロ1つの価値」と「15分後に得られるマシュマロ2つの価値」を比較しているということになります。つまり後者を選んだ時間選好率が低い子供たちの方が、将来有望であったと説明されます。, ニッセイ基礎研究所が2011年に実施した調査では、時間選好率が高い人ほど貯蓄額は低下することが示されています。時間選好率が高いほど “いま” の消費を優先する傾向があるので、至極当然の結果と言えるでしょう。 【参考】時間選好率が高い個人ほど貯蓄額は低下する | ニッセイ基礎研究所, さて、マシュマロ・テストの結果は、発達心理学の側面では「自制心(我慢強さ)」や「欲求充足の先延ばし」、行動経済学の観点では「時間選好」で説明されました。このことから、ビジネス書や一般の情報では両者を同一視して、「時間選好率=我慢強さ」などと説明しているものが多く見つかります。

実験台に拒否されたので、自分でやってみよう(笑 身長が元に戻るだけじゃなくて、伸びるのかどうか実験してみます。 乞うご期待! 【追記です。結果途中報告】 5月18日に身長を測ってみました。 人生最高身長になりました! えぇ~~! “Marshmallow Test Points to Biological Basis for Delayed Gratification”, https://www.webcitation.org/62C1F65DW?url=http://www.sciencedaily.com/releases/2011/08/110831160220.htm, “Marshmallow test - how resisting a sweet can lead to a better life”, https://www.webcitation.org/62Bm6R1Uw?url=http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-1082430/Marshmallow-test--resisting-sweet-lead-better-life.html, http://journals.sagepub.com/doi/abs/10.1177/0956797618761661, “Cognitive and attentional mechanisms in delay of gratification.”, Journal of Personality and Social Psychology, http://psycnet.apa.org/journals/psp/21/2/204/, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=マシュマロ実験&oldid=74208337. 皆さん「マシュマロ・テスト」って、ご存知でしょうか?マシュマロ・テストとは、子供を対象にした有名な心理学の実験で、一言で言えば「マシュマロをすぐ食べずに我慢できた子は、将来社会的に成功する可能性が高い」ということを示した実験です。 (これは「変数を一つにする」という “単純化” のテクニックです。→「お勉強のコツ」の話。②単純化), 全く同じように量と時間を変えてみましたが、これだと皆が必ずしも赤字の方を選ぶとは限らないのではないでしょうか。人間いつも多い方や早い方がいいとは限りません。これらの例を考えてみれば、選択は人それぞれの好みであり、時間選好率も人によって(また状況によっても)まちまちであることが理解できるでしょう。, しかしながら、実は時間選好率は個々人の好みとは別に、ある環境条件によっても大きな影響を受けることが分かっています。, 例えば「貧困」は、時間選好率を高くすることが知られています。低所得者層と高所得者層の時間選好率を調べ、低所得者層の方が3~5パーセント高くなることを示した研究結果があります。さらに人種や学歴を考慮するとその差はより広がるとのこと。 1978年生まれ。26歳から事業を起こし累計で30億円以上売り上げた実績を持っている。 Mischel, Walter; Ebbesen, Ebbe B.; Raskoff Zeiss, Antonette (1972). マシュマロ実験(マシュマロじっけん)、またはマシュマロ・テストとは、子ども時代の自制心と、将来の社会的成果の関連性を調査した著名な実験。スタンフォード大学の心理学者・ウォルター・ミシェル(英語版)が1960年代後半から1970年代前半にかけて実施した。マシュマロ実験という名前ではあるが、報酬はマシュマロの代わりにクッキーやプレッツェルが使われることも多くあった。, 一連の実験が最初に行われたのはトリニダード・トバゴである。ミシェルは1つの島に住んでいる異なる民族はそれぞれの民族に対して、特に無謀さや自制心、物事を楽しむことなどについて互いに異なる固定観念を抱いていることに気づいた[1]。そこでミシェルは地元の学校に通う7歳から9歳の子供たち53人(黒人35人と東インド人18人)に対して実験を行った。子供たちは今すぐに1セントのキャンディーをもらうか、1週間後に10セントのキャンディーをもらうか選ぶ。ミシェルはこの実験で、子供たちの属する民族や年齢による選択の違いははっきり出たが、経済環境による違いは出なかったと報告した[1]。アフリカ系黒人の子供には父親のいない子が多くいたが、東インド人の子供には1人しか父親のいない子供がいなかった。この違いから、家族のメンバーがそろっていることが喜びを遅らせる能力と強く結びついていると結論づけた。, 「自制心」「セルフコントロール」などと呼ばれている「将来のより大きな成果のために、自己の衝動や感情をコントロールし、目先の欲求を辛抱する能力」(Delayed gratification)が、人の社会における成功に重要であることはよく知られている。この実験の本来の目的は、この能力の幼児期における発達を調査するためであった。最初の実験は、ミシェルと、エッベ・B・エッベセン(Ebbe B. Ebbesen)によって1970年に行われた。最終的にこの実験には、600人以上が参加した。, 職員の子どもたちが通う、学内の付属幼稚園の4歳の子ども186人が実験に参加した。被験者である子どもは、気が散るようなものが何もない机と椅子だけの部屋に通され、椅子に座るよう言われる。机の上には皿があり、マシュマロが一個載っている。実験者は「私はちょっと用がある。それはキミにあげるけど、私が戻ってくるまで15分の間食べるのを我慢してたら、マシュマロをもうひとつあげる。私がいない間にそれを食べたら、ふたつ目はなしだよ」と言って部屋を出ていく。, 子どもたちの行動は、隠しカメラで記録された。1人だけ部屋に残された子どもたちは、自分のお下げを引っ張ったり、机を蹴ったりして目の前の誘惑に抵抗した。小さな縫いぐるみのようにマシュマロをなでたり、匂いをかぐ者もいた。目をふさいだり、椅子を後ろ向きにしてマシュマロを見ないようにする者もいた。映像を分析した結果、マシュマロを見つめたり、触ったりする子どもは結局食べてしまう率が高いこと、我慢できた子どもは目をそらしたり、後ろを向いたりして、むしろマシュマロから注意を逸らそうとする傾向があることが観察された。すぐ手を出してマシュマロを食べた子供は少なかったが、最後まで我慢し通して2個目のマシュマロを手に入れた子どもは、1/3ほどであった[2]。, ウォルター・ミシェルの娘も実験に参加した一人だったが、娘の成長につれ、ミシェルは実験結果と、児童の成長後の社会的な成功度の間に、当初予期していなかった興味深い相関性があることに気がついた。そして1988年に追跡調査が実施された。その結果は、就学前における自制心の有無は十数年を経た後も持続していること、またマシュマロを食べなかった子どもと食べた子どもをグループにした場合、マシュマロを食べなかったグループが周囲からより優秀と評価されていること、さらに両グループ間では、大学進学適性試験(SAT)の点数には、トータル・スコアで平均210ポイントの相違が認められるというものであった。ウォルター・ミシェルはこの実験から、幼児期においてはIQより、自制心の強さのほうが将来のSATの点数にはるかに大きく影響すると結論した。2011年にはさらに追跡調査が行われ、この傾向が生涯のずっと後まで継続していることが明らかにされた。, また被験者の大脳を撮影した結果、両グループには、集中力に関係するとされる腹側線条体と前頭前皮質の活発度において、重要な差異が認められた[3]。同実験は、スタンフォード大学で「人間行動に関する、最も成功した実験のうちの1つ」とされた[4]。, 一方、被験者の数を900人以上に増やしてマシュマロ実験の検証を行っていたニューヨーク大学のテイラー・ワッツ、カリフォルニア大学アーバイン校のグレッグ・ダンカンとホアナン・カーンは、2018年5月25日に「マシュマロ実験の結果は限定的」とする実験結果を発表した。スタンフォード大学での実験は被験者が大学の関係者に限られていたが、再現実験ではより広範な被験者についての実験が行われ、実験結果について被験者の家庭の年収といった要素ともあわせて、複合的な分析が行われた。その結果、「2個目のマシュマロを手に入れたかどうか」は被験者の経済的背景と相関が高く、長期的成功の要因としては「2個目のマシュマロを手に入れたかどうか」よりも被験者が経済的に恵まれていたかどうかの方が重要であったこと、「2個目のマシュマロ」と長期的な成功は原因と結果の関係ではなく、経済的背景という一つの原因から導かれた2つの結果であったこと、が示されたという。[5]. (1958).

"Cognitive and attentional mechanisms in delay of gratification.".

マシュマロ実験(テスト)についての解説です。このマシュマロ実験では子供自制心がその後の将来との関連性があるのか?それともないのか?を調べた実験です。 自制心がいかに大事なのか?という説明の際などのよく使われる実験結果になります。 皆さん「マシュマロ・テスト」って、ご存知でしょうか? マシュマロ・テストは単純に「自制心(我慢強さ)」を測っているわけではなく、「時間選好率」と「自制心(我慢強さ)」の独立な二つの要素を複合した結果を観測しており、且つ前者の方が先に判定されていると考えるのが妥当でしょう。, さて、次に思い浮かぶ疑問は、「時間選好率の高い・低いは何によって決まるのか?」です。, 最も基本的な要素としてはこの答えは簡単で、時間選好率の高低は、本来は単なる好みの問題です。先程インタビューした2人の回答を見れば分かるように、「今すぐ得られるマシュマロ1つの価値」と「15分後に得られるマシュマロ2つの価値」のどちらを高く評価するかは個人の自由で、個々の価値観によって決定されます。本来どちらが絶対に良いとか悪いとかいうものではありません。, マシュマロ・テストがややこしいのは、「量(個数)」と「時間」の2変数を同時に変えてしまっているからです。考えやすくするため、片方を統一して変数を1つにしてみましょう。  「短期間でやる気を引き出す!個人面談」   Amazonビジネス書ランキング1位 苦悩しながらも必死にマシュマロを食べまいとする子供たちのなんとも愛らしい様子は以下で見ることができます。(音が出ますので注意、でもほんとに可愛いので是非♪), さて、このオリジナルのマシュマロ・テストの実験結果では、「2つ目のマシュマロ」を手に入れることができた子供は全体の3分の1程度でした。そしてその後の追跡調査の結果、そのグループは周囲から優秀と評価され、アメリカの大学進学適性試験(SAT)のスコアが高く、大人になってからの収入も多かったとされています。さらには、肥満指数が低く、目標を効果的に追求し、欲求不満やストレスにうまく対処できるとまで言われています。, これらの結果から、ウォルター・ミシェルはマシュマロを食べずに我慢すること、つまり目先の欲求を満たすことを辛抱する力こそが、社会的成功に影響すると考えたようです。, マシュマロ・テストの結果は、現在では発達心理学と行動経済学の二つの学術分野から考察されています。それぞれ見ていきましょう。, 先に述べたように、ウォルター・ミシェルはマシュマロを食べずに我慢すること、つまり目先の欲求を満たすことを辛抱する力こそが、社会的成功に影響すると考えました。これらは「Self-control(自制心)」「Delayed Gratification(欲求充足の先延ばし)」と表現されています。, 「我慢強い方が社会的に成功しやすい」という主張は、端的で分かりやすく、直感的にも経験的にも違和感はありませんよね。そのため、この解釈は今まで何となく信じられていた経験則を科学的に実証したものとして広く受け入れられたようです。, 行動経済学の観点では、マシュマロ・テストの結果は「時間選好」という概念で語られます。, 将来に消費することよりも現在に消費することを好む程度を、時間選好率 rate of time preference あるいは単に時間選好と呼ぶ。

引用)なぜ貧困に陥ると間違った決断をしてしまうのか?そこには避けられない心理的要因があった – GIGAZINE, 貧困は、長期的な視野で物事を考えることの意欲を奪い、短期的で確実な目先の欲求を優先してしまう強い圧力となると考えられます。そして、きっとこの効果は経済的な状況だけに限ったことではないでしょう。, このような何らかの「差し迫った危機」が近づいてきている場合、その人の時間選好率が高くなることは必然だと考えられます。, 長期的な将来の未確定要素が大きいときには、短期的な成果を優先し、確実な策を取って早く状況を確定させた方が適切な場合があるでしょう。これはこれで、緊迫した状況下では合理的な判断であるともいえるのです。, さて、もともとマシュマロ・テストで見極めたかったことは、このテストの結果と学業の成績や経済的安定などの「社会的成功」との関連性でした。そして「社会的成功」は、一般的に長期的な努力や訓練の結果得られる「長期的な成果」であることにほとんど証明の必要は無いでしょう。そして長期的な成果を得たければ、「長期的な視野」で物事に取り組む必要があります。, つまり、本来は時間選好率の高い低いに優劣はなく好みの問題なのですが、社会的に成功したければ、長期的視野を持ち、時間選好率を低く抑える方が有利だということです。結局、マシュマロ・テストは、「長期的な視野を持てる子は、長期的に成功する」という、ほとんど自明のことを示していると考えられます。, もちろんそれを達成するために「我慢」は必要になりますが、既に考察したように、はっきりと明確な長期的視野を持って目標を見据えていれば、精神的に楽に我慢することが可能になります。「納得のうえでの我慢」と言ってもよいでしょう。兎にも角にも、まず「長期的視野を持つ」ということが、社会的成功の鍵になると言えるのではないでしょうか。, さて、直近2018年5月25日に発表されたマシュマロ・テストの大規模な再実験の結果では、被験者の数を900人以上に増やし、人種・親の学歴・家庭の年収などの環境条件を調整して結果を整理すると、「2つ目のマシュマロ」と将来の社会的成果の間に有意な相関は無く、将来の社会的成功に大きな影響を及ぼしているのはその子供の「社会的・経済的環境」であった、という結果が示されました。, Revisiting the Marshmallow Test: A Conceptual Replication Investigating Links Between Early Delay of Gratification and Later Outcomes, そもそも、ウォルター・ミシェルの元研究では、「家庭の年収」のような「2つ目のマシュマロ」と「社会的成功」の両方の結果を生む共通因子の存在が考慮されていない(疑似相関;2つの事象に因果関係がないのに、別の共通の要因によって因果関係があるかのようにみえること)ようですし、調査対象がスタンフォード大学の関係者の子どものみであり、これはかなり偏ったサンプルと言わざるを得ません。統計調査で用いるサンプルは十分にランダムでなければならない、この大前提すら満たしていない調査であったわけです。, 結局、「2つ目のマシュマロ」と「社会的成功」が相関していたわけではなく、それらは「社会的・経済的環境」という共通の原因から生じた2つの結果であったということですね。, …結局、こういう構図だったということですね。考えてもみれば、大きなケーキやチョコレート、クッキーなどを普段から我慢なく食べている子は、マシュマロひとつにそれほど強い欲求を抱くでしょうか。裕福な家庭の子供は、上述の「時間選好率が低い子」である可能性が当然高いと予想されます。, 身も蓋もない結論ではありますが、でも、どうやら少し大きな流れも見えてきたようです。これはまさに、「貧困の連鎖」のメカニズムの一端を表しています。富める者はより富み、貧しいものはより貧しくなる。それが直接的な経済的格差、教育格差だけでなく、思考の方向性・行動様式のレベルまで侵食してきていると捉えるべきでしょう。, このことから、後者には厳しい現実が突きつけられていることがが伺えます。では、後者に生まれたら不運だと思って諦めるしかないのでしょうか?「貧困の連鎖」を断ち切ることはできず、負のスパイラルに身を任せるしかやれることは無いのでしょうか?, 「貧困」が先か、「貧困になる考え方」が先か。これらは互いにその性質を強め合う相乗効果の関係にあるでしょうし、所謂「鶏が先か、卵が先か」問題のように思えるかもしれませんが、私は「貧困」が先だと断言します。生まれた時点で家がとても裕福であったり貧乏であったりすることはあっても、生来の時間選好率の好みの差なんてたかが知れているからです。, 「”貧困” が悪いんじゃない、”貧困になる考え方” が悪いんだ!」とはよく言われますが、「貧困であること」それ自体が、その「貧困になる考え方」を生み出す大きな要因になっている事実を見逃すことはできません。大部分は後天的な学習によって形作られていると考えます。, 想像してみてください。マシュマロ・テストで必死に15分我慢した挙げ句、「さっきもう1個あげると言ったのは嘘でした~、はい、残してた1個も没収です。騙される方が悪いんだよ、バーカ」という仕打ちに遭った子は、もう二度と15分待つことはないでしょう。長期的な努力が報われず無にされる仕打ちを繰り返し経験した子供は、「今手に入れられるものは、今すぐ手に入れてしまった方がいい。でないと、すぐに無くなってしまう。先のことを期待しても無駄」ということを学習してしまうのです。, そのような負の学習をしないため、また親として子供に負の学習をさせないためには、どのような考え方・方針が望ましいのでしょうか? ふわふわのマシュマロは口の中に入れるとじゅわぷにゅっとする。 実験 じっけん の前にかならず石けんで手をよく洗いましょう。 電子レンジで 加熱 かねつ すると 容器 ようき や 材料 ざいりょう が 熱 あ …