©1995-2020 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc. マホイップの見た目について. コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります, DLCを購入いている方はマホミルを連れ歩いた状態で回転すれば途中でマホミルが「!」を出すのでそこが長短の区切りです。, 本記事の内容は攻略大百科編集部が独自に調査し作成したものです。

マホイップは進化時の条件によって、デコレーション7種類×色9種類の全63通りから見た目が決まります。後から変えることはできません。 どの見た目でも能力的な違いはないので、好みで選びましょう。

キョダイマックス. 『ポケットモンスター ソード・シールド(ポケモン剣盾)』に登場する新ポケモン「マホイップ」の見た目一覧です。全63通りのデコレーション・色の組み合わせパターンを画像付きで掲載しています。, 新たに入手できるようになった「リボンアメざいく」と「スターアメざいく」の見た目を掲載しました。, マホイップは進化時の条件によって、デコレーション7種類×色9種類の全63通りから見た目が決まります。後から変えることはできません。, 2月17日(月) 8時59分までの期間限定で、キョダイマックス個体のマホミルがマックスレイドバトルに大量出現しています。, このレイドバトルの報酬として、通常は入手できないアメざいく2種類「リボンアメざいく」と「スターアメざいく」が新たに入手できるようになり、見た目の種類が全45種類から63種類になりました。, マホイップはマホミルに「アメざいく」を持たせて、スティックをぐるぐる回すことで進化します。, この時に持たせたアメざいくの種類によってデコレーション部分が、進化させた時間帯・スティックを回した方向・スティックを回した時間の長さによって色が決まります。, 殿堂入りする前は本体時間に関係なく、ゲーム内の時間が固定されているため、思い通りに進化させられないことがあります。, ワイルドエリアのみ、殿堂入り前でも本体時間とゲーム内時間が連動しているので、殿堂入り前はワイルドエリアで進化させるのがおすすめです。, 色違いマホミルの場合、進化時の条件に関係なくグレーのマホイップに進化します。アイコン部分のみ、進化時の条件に応じたカラーが反映されます。, デコレーション部分は通常カラーと同じように、持たせたアメざいくによって変化します。, コメント送信前に利用規約をご確認ください ダイマックスとは、限定された場所でのみ発生するポケモンの一時的な巨大化現象。ポケットモンスター ソード・シールドで登場。, ポケモンの体内から放たれた特殊なパワーが周りの空間を歪ませ、実際の大きさよりもポケモンを巨大に見せる現象[1]。マグノリア博士が発見した。, ダイマックスはムゲンダイナから出る「ガラル粒子」と呼ばれる赤い光が発生している場所でしか起こらない。そのような場所は「パワースポット」と呼ばれ、マグノリア博士がソニアに持たせたパワースポット探しマシーンが反応する。スパイクタウン以外のポケモンジムおよびローズタワーはパワースポットの上に建てられている。ワイルドエリア・ヨロイじま・カンムリせつげんのポケモンの巣からも赤いオーラが出ていることがあり、調べると野生のダイマックスポケモンをマックスレイドバトルで捕獲できる。, また、カンムリせつげん内のマックスダイすあなでは、レンタルポケモンを用いて複数の野生ダイマックスポケモンを倒しながら巣穴の先に進むダイマックスアドベンチャーに挑戦することができる。これは大まかにはマックスレイドバトルを数回繰り返す形式だが、細部のルールが異なる。, ダイマックス中は姿が大きくなる以外にもHPが上がる、技がダイマックスわざに変化する、いくつかの状態変化を無効にするといった効果がある。ザシアン、ザマゼンタ、ムゲンダイナ以外の全てのポケモンがダイマックスすることができるが、1回のバトルで1度しか使えず、3ターン経つと元の大きさに戻る。, マックスレイドバトルでの野生ポケモンはダイマックスポケモンとして登場し、ターンが経過しても元に戻らない。マックスレイドバトルにおいてもトレーナー側のポケモンは通常通りダイマックスの回数とターンの制限を受ける。また、参加する4人のトレーナーの内、1人しかダイマックスさせることができない。, ポケモントレーナーは地上に落ちたねがいぼしから溢れ出るエネルギーを使い任意のタイミングで自分のポケモンをダイマックスさせられる。ねがいぼしが埋め込まれたダイマックスバンドを持つトレーナーしかダイマックスは扱えない。但しダイマックスそのものはポケモン単独でも起こる現象の為、条件さえ揃えばバンド無しでもダイマックスの発動そのものは可能である。, 各ポケモンにはダイマックスレベルというパラメータが設置される。ダイマックスしたポケモンは、ダイマックスレベルに応じて最大HPと残りHPが数倍に増える(端数切り捨て)。ダイマックスが終了すると最大HPは元に戻り、残りHPも補正値で割られる。ただし、ヌケニンのみダイマックスレベルに関わらずHPが増えない。, ダイマックスレベルはダイマックスアメを使用することで1上げることができる。通常、捕獲や孵化で新たに手に入れたポケモンはダイマックスレベルが0の状態でスタートするが、マックスレイドバトルで捕獲した個体は、最初からダイマックスレベルがいくつか上がっている状態で捕獲される。NPCと交換したポケモンもダイマックスレベルがいくつか上がっていることがある。, ザシアン・ザマゼンタ・ムゲンダイナはダイマックスすること自体ができないポケモンであるため、ステータス欄にはダイマックスレベルの項目はあるが、0のままでレベルを上げることはできない。, 一部のポケモンのみ、キョダイマックスというより個性が際立つ姿へと巨大化することができる。キョダイマックスできるポケモンは同じ種類のポケモンの中でも限られており、マックスレイドバトルにおいて低確率で入手するなど、特殊な手段でしか入手できない。キョダイマックスできる個体かどうかは、名前横のXのようなマークの有無で容易に判別できる。キョダイマックスが使える種族のキョダイマックス個体は必ずキョダイマックスになるため、使い分けることは出来ない。, 見た目の姿が異なることと、専用のキョダイマックス技が使えること以外は、通常のダイマックスと能力などは一切変わらない。専用のキョダイマックス技が使えるということは、そのキョダイマックス技が対応しているタイプの技は「通常のダイマックス技」にならないということなので、キョダイマックスできることは必ずしもメリットにはならない。(例:キョダイマックスリザードンはキョダイゴクエンが使える代わりにダイバーンが使えない。), キョダイマックスできるという特性は遺伝しないため、対戦で使う場合は捕獲した個体を直接育てるか、ヨロイじま内のストーリーを進めていくと利用できるようになるダイスープを与えるしかない(メルメタルを除く)。, なお、ステータスにキョダイマックスのマークがあっても、未進化などの理由により対応するキョダイマックスの姿がない場合、ダイマックスパワーを送り込んでも通常のダイマックスしか発動しない。ダイマックス未進化個体はダンデから譲り受けるヒトカゲとミツバから譲り受けるフシギダネ・ゼニガメ(二者択一)を除き、通常プレイでは入手できない。ただし、期間限定のピックアップ配信などで進化前のキョダイマックス個体が入手できる場合がある。(例:2020年2月のマホミル), キョダイマックスのステータスがあるピカチュウ、ニャース、イーブイは進化できず、しんかのきせきの効果も得られない。ワイルドエリア駅で貰えるピカチュウ、イーブイなど、最初からキョダイマックスのステータスがある個体は、ダイスープを与えてキョダイマックスできない個体にすると進化できるようになるが、進化系にキョダイマックスの姿がないため、進化させるともうダイスープを飲ませられなくなる。ニャースは元のすがたにしかキョダイマックスの姿が用意されておらず、アローラやガラルのニャースにダイスープを飲ませることはできない。, ゲーム内に登場するメジャークラスのジムリーダーおよびそれに準ずるクラスのトレーナーは、ダイマックス自体を使わないネズを除き、全て「切り札」としてキョダイマックスポケモンを使用してくる。, ダイマックスしたポケモンが覚えているわざは全て対応したダイマックスわざに変化する。ダイマックスわざは強力な効果を持つ。, キョダイマックスしたポケモンが覚えている特定タイプの攻撃技は、専用のキョダイマックスわざに変化する。キョダイマックスポケモンによりタイプや効果はそれぞれ異なる。, ダブルバトル及びマックスレイドバトルにおいて、ダイマックスわざは味方を攻撃対象に選択できない。, ダイマックスは対戦において強力だが、対策されるとパーティの力が発揮し切れなくなることもあるため、あまりダイマックスに頼り過ぎない方が良い。, パーティ6匹を全てダイマックス型にしてしまうと3匹選出する際の選択肢が狭まって柔軟な対応ができなくなる。選出3匹のうち1匹から2匹が非ダイマックス型になるようにパーティを組むと選択肢が増える。, ダイマックスはHPをダイマックス前の2倍にする効果があるので、HPが削れたポケモンでダイマックスを切るのは不適切。ただし、積み技を積んだ後やげきりゅう等のHPが一定割合以下になって発動する特性と組み合わせる場合はその限りではない。かといって初手でダイマックスするというのも、あくびなどで簡単に対処されやすいので好ましくない。, ダイマックスポケモンには先発向けであり火力と技範囲に特化した、可能な限り場を荒らして退場する「逃げ切り先行型」、味方の起点作りを活かして積み技を放って全抜きを狙う「積みエース型」、単体で全抜きを狙いに行く「対面エース型」、相手のダイマックスに合わせてこちらもダイマックスする「対ダイマックス型」が存在する。その配分としては「逃げ切り先行型」を0~2匹、「積みエース型」型を1~3匹、「対面エース型」を0~1匹、「対ダイマックス型」を1~2匹用意することが望ましい。, また、ダイマックスにターン制限があることから攻撃を回避したり軽減できたりする溜めわざやみがわり、まもるを使ってターン稼ぎする戦術が大きく評価されている。, 新無印編第5話で初登場した。サトシとゴウがワイルドエリアで野生のカビゴンがキョダイマックスするところに遭遇し、列車との衝突を阻止した。, 「ポケモンVMAX」として登場した。ポケモンVMAXの一覧はCategory:ポケモンVMAXを参照。, 「ポケットモンスター ソード・シールド見どころガイド 増田順一氏×大森滋氏インタビュー」『, https://wiki.xn--rckteqa2e.com/w/index.php?title=ダイマックス&oldid=483760, ピックアップ: 2019/12/4〜2020/1/8, 2020/3/9~25, 2020/6/2~29, 複数人が参加する場合はホストから順番にダイマックスの使用権が毎ターンローテーションするようになっており、順番が回ってきたときのみダイマックスを使用できる。誰かがダイマックスを使用した時点で他のトレーナーのダイマックス使用権は消滅する。, ふういん状態のポケモン自身がダイマックスした場合、ダイマックスわざのベースになる技のみが縛られたままで、ダイマックスわざを封じる効果は無い。, レイドボスポケモンが出すけたぐり・くさむすび・ほろびのうたは成功するが、ヘビーボンバー・ヒートスタンプ・, 効果の発動にHP量が関係する特性やもちものなどはダイマックス後の数値を参照にすることも多い。, 技をこだわってからダイマックスした場合、ダイマックス終了後にはこだわった技しか使えない。技をこだわる前にダイマックスした場合、ダイマックスが終了した次のターンは自由に技を選べる。, へんしんしたポケモンがダイマックスすることはできる。ただし、キョダイマックスする個体にへんしんしてダイマックスしてもキョダイマックスの姿にはならず、通常の姿でダイマックスする。, 大森滋によれば、キョダイマックスのデザインは下から見上げたときにインパクトのあるデザインとなるよう意識されているという。キョダイリザードンの腹の模様などがそれにあたる.