いよいよ指名チケット付き魔宝石セットが販売開始されました.チケットで指名できる範囲はすでに発表済みで変わりませんが,販売自体はしばらく先まで行われるので迷っている方はぜひ検討してみて下さい.さて今回はそんな指名チケットで召喚してみたい推しの2人目,べバルについてです.べバルば今回の指名チケットから選択肢に入った新しめのメギドで,彼女を指名するとすれば主な目的はやはり協奏パーティを組むことでしょう.協奏に役立つメギドで今回指名可能といえばまず浮かぶのはバル … 憲法 27条が規定する「指名チケット(通称〆チケ)で選んだメギドを推す義務」は、同26条の教育の義務及び同30条の 納税の義務 とともに国民の三つの義務の一つとして知られる。� 2019-08-27 21:04 更新 指名召喚では、下記に記載している「指名できるメギド」か「指名できるオーブ」の中から、1つを選択して召喚可能です。 この機会をお見逃しなく! 販売期間 2020/7/2(木) 00:00~2020/8/31(月) 23:59 指名召喚チケット有効期限 2020/9/7(月) 23:59:59 魔宝石セット内容 メギドは基本、星6になると、小匣2つ、中匣1つ、大匣1つを持った状態になります。メギドがガチャなどで被って手に入ると、この匣が大きくなっていき、装備できる霊宝の組み合わせも増えていく、ということになります。 『メギド72』指名召喚チケットで誰を召喚する?役割ごとのおすすめメギドを考える. | ブログを報告する, メギド72の主人公を「モンモン」、この記事の執筆者を「俺」と呼称し、メギド72を遊ぶ人たちの総称として「プレイヤー」もしくは「ユーザー」を用いる, 偉大なるソロモン王諸侯に折り入ってお願いがある。パンツが見えるメギドを教えてほしい。. メギド72で販売される「ev指名召喚チケット」(ev〆チケ)で誰を選ぶべきかの解説記事です。オススメのメギドとオーブなどを紹介しています。メギド72の攻略でev指名チケットを購入する際に … メギド72で販売される「EV指名召喚チケット」(EV〆チケ)で誰を選ぶべきかの解説記事です。オススメのメギドとオーブなどを紹介しています。メギド72の攻略でEV指名チケットを購入する際にご覧ください。, メギドのイベント限定メギドは、復刻されるまでは入手ができない。中には次回開催まで半年以上待つことになるメギドもいるので、持っていないメギドがいる場合は要注目だ。, 通常の指名チケットと異なり、交換期限が約3週間と短め。期間中に対象メギドの所持状況が変わることは無いため、早めに交換は済ませてしまおう。, イベント報酬メギドには、各種戦略においての基礎となるような性能のキャラが多く存在する。初心者で手持ちメギドが少ない人は、色々な所で活躍する汎用性の高いメギドを交換するのがおすすめ。, ある程度メギドが揃ってきて、基本的な役割に苦労しない人は”協奏”や”チェイン”といった各種タクティカルソート系のメギドで持っていないものを交換しよう。各種戦術の鍵となる性能を持つメギドも多く、色々なパーティを組みたい人は逃さず仲間にしておきたいところ。, いずれのメギドも持っている人は、よく使うメギドを交換して奥義Lvを上げるのがオススメ。より上位の霊宝を贈れるようになり、ステータスを底上げしやすくなるのが魅力だ。, 交換対象のオーブは、いずれも既に常設されている復刻イベントの報酬品。わざわざチケットで交換せずとも、少し周回すれば入手できるので交換は非推奨。, ※全てのコンテンツはGameWith編集部が独自の判断で書いた内容となります。※当サイトに掲載されているデータや画像類の無断使用・無断転載は固くお断りします。[記事編集]GameWith[提供]DeNA Co.,Ltd.▶メギド72公式サイト, いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。, 過去に開催されたイベントは基本的には順番に復刻されていくので、新しいイベントメギドほど入手できるのは先になります。最近はじめた人は、復刻までの期間も考えて交換することをオススメします。, 既にメギドが揃っている場合は、普段遣いする好きなメギドの奥義Lvを上げるのがオススメです。, 好きなイベントメギドがいるなら迷わず交換してOKです。イベントメギドは奥義Lv上げや匣拡張ができる機会が限られているので、今回のような, 多少の前後はありそうですが、前回開催から日が浅いほど復刻まで遠いと考えてOKです。表下部の方は常設復刻までの期間も短そうです。. メギド72では今回以外にも過去に1度指名チケットを販売したことがある。今回との違いは前回の指名チケットでは祖メギド[注1]だけであったのに対して今回は祖メギド(リジェネ[注2]前)+ssrオーブが指名できるという点。 具体的には、ブニ~ニバス(バースト)まで。ジニマルは近日常設のため除外。ハックもおそらく近日復刻により除外。 憲法27条が規定する「指名チケット(通称〆チケ)で選んだメギドを推す義務」は、同26条の教育の義務及び同30条の納税の義務とともに国民の三つの義務の一つとして知られる。この条文にある「メギド推し」に関しては、メインストーリーやイベントで加入するメギド推しや非プレイアブルキャラクター推しの立場から法の下の平等をめぐる訴訟が行われた事例があるが、判決は「憲法27条が定める規定は、〆チケ対象外のキャラの推し活をする権利を否定するものではない」という判断を示している(昭43・最高裁)。この判例は公務員試験において頻出なので、公務員志望者は覚えておくといいだろう。なお、〆チケでオーブを選んだ者については、「オーブについても、指名した者はそれを推す義務を負う」という解釈が学界での通説となっている。この〆チケ指名メギド推しの義務は強制力を伴うものではなく、従って履行しなくても罰則等があるわけではないが、義務として定められているのに履行しないのも気分が悪いので、ここで俺が指名したメギドについて愛をこめて紹介しておきたいと思う。, 今回の〆チケはアムドゥスキアスを選ぶことにした。なんでもう選んじゃったかというと、日曜日がきてヒャアがまんできねぇってなったからだ。, 「またパンツ見えないメギド選んだのかこいつ」と思われるかもしれないが、違うんだ聞いてくれ。パンツは確かに〆チケ対象の考査において大きなファクターになる。しかしそれはそのうちの一つに過ぎないのであって、パンツのほかにも様々な要素を勘案しながら〆チケ対象を選んでいる。あと、パンツ見える報告がないことはパンツが見えないことを意味しない。それは俺が実際に試してみてから、俺自身が判断する。前回の記事は幸いなことに俺の予想を大きく超えてたくさんの人に読んでもらえた。大変感謝している。また、パンツ報告も何件か寄せられた。中には俺が所持しているにもかかわらずパンツ見たことないメギドもいて、総じて大変有益な情報であった。パンツ情報を寄せてくれた方についても、この場で感謝の意を表しておきたい。, ……話を始める前に、重要な前提事項があるので先にそれについて触れておく。まず、俺はメギドの主人公に自分の姿を重ねて捉えていない。劇中で活躍するモンモンと俺は別人である。もちろん主人公とプレイヤー自身を重ねてゲームを楽しむ人もいるだろう。ただ俺はそういう風に見ているというだけである。, 以下では、区別のために、メギド72の主人公を「モンモン」、この記事の執筆者を「俺」と呼称し、メギド72を遊ぶ人たちの総称として「プレイヤー」もしくは「ユーザー」を用いる。紛らわしいので「ソロモン(王)」という呼称はこの先一切使わない。, また、俺はメギド72を始めて1年も経っていないので、未読のイベントストーリーやキャラストーリーも多くある。もし、下記のバティンさんやアムちゃんの公式設定に関わる重大なイベントの見落としがあったら、「あーあ、こいつ〇〇やってないんだろうけど復刻来たら死ぬわ」と優しい目で見守っていただければ幸いである。あといつものことだが俺はネタバレに配慮しないので、ネタバレを見たくない人も今すぐ引き返した方がいい。, 医療者のメギド。見た目は看護師っぽいのだが、物語中では医者として扱われているし実際に看護の領域を超えた医療行為を行っている。ただし彼女の医療には激しい苦痛を伴う。そのことはゲーム内の物語でたびたび語られる。, 俺に冷たそうなのがいい。「好き……」って言ったら無言でビンタするか、もしくは「そうですか、息が臭いので二度と話しかけないでもらえますか」って言ってくれそう。それでいいんだよ。俺が求めているのはそういうやつだ。断わっておくが俺はマゾではない。俺はただ生の感情が欲しいだけだ。ソシャゲのキャラは概して俺に甘すぎる。俺は女性から好意を持たれる要素を何一つ持っていない。女性キャラがプレイヤーに向けて甘い言葉を囁いても、それは俺でない誰かに向けられた言葉として俺の中では処理される。そこに俺はいない。俺は孤独になる。バティンさんはその点信頼できる。, バティンさんは「ヴィータはバカだから嫌い」と常々言っているが、賢い奴なら好きってわけでもなさそうなので、単にあらゆるヴィータが嫌いということなのだろうと思う。しかし彼女もメギドラルを追放された今となってはそのヴィータの一部である。彼女にとってそれは我慢ならないことに違いない。そのストレスはヴィータを痛めつけることで解消される。しかし彼女は医療者でもある。医療者は患者の生命を守る責務がある。だからバティンさんは全力で医療行為を行う。生命の危機にある患者ならなおさらである。「ヴィータは嫌い」だが「医療者としての義務は全うする」、この矛盾がバティンさんという人物を特徴づけている。バティンさんは、治療はちゃんとするが、患者を痛めつける。医療は行うが、それは単に自分の義務であるから行うというものであり、決して患者の苦しみへの共感からではないし、人道主義的な立場からでもない。バティンさんの医療はバティンさんのための医療であり、患者不在の医療である。結果、彼女の医療は周囲から避けられる。, ヴィータ嫌いでありながら職責は全うしなければならないというバティンさんの矛盾は、「メギドとしての誇り」と「医療者としての誇り」との衝突である。メギド72の初期に実装されたメギドのキャラストーリーには、「ヴィータとして生きるメギドの矛盾」というテーマを持つものが散見される。例えばストラスさんやフルカスさんのそれが該当する。バティンさんもその中のひとつといえるだろう。小野不由美の『屍鬼』においては人から人ならざる者へと生まれ変わった者たちの苦悩や葛藤、その他さまざまな感情が描かれる。バティンさんたちの物語はこれによく似ている。俺はこの手の物語に非常に弱い。最近はこの辺の「ヴィータとして生きる自己への苦悩や葛藤」が描かれることが減ったように感じており、わびしく思う。バティンさんの物語ももっと掘り下げがくるといいのだが。, 完全にやってくれましたわ。まあモンモンは特別なのだ。バティンさんがヴィータ嫌いなのは変わっていないのだ。メギド始めてからずっと、俺とモンモンは違う、俺はモンモンにはなれないという意識で遊んできたが、その分離が決定的になったのはこのイベントからである。, ヴィータ嫌いなのにモンモンが好きというのは、まあいい。いいんだ。モンモンはいい男だから。そういうことがあってもおかしくはないだろう。でもそれなら、せめて説得力を持たせてほしい。大概のヴィータをバカにしているバティンさんが、なぜモンモンだけを特別視するのか、その部分の掘り下げがもっともっとほしい。現状では、詳しいことがほとんどわからない。俺は創作でイチャラブを見ると背中に水疱ができる程度にイチャラブが苦手だが、世の中には俺が見ても大丈夫なイチャラブが存在する。メギドで言えばウェパルとモンモンの組み合わせがそれに当たる。公式でもたびたび押されている組み合わせだが、これはちゃんとウェパルのキャラストーリーやメインストーリーで説得力を持たせられている。これなら俺が見ても水疱は出ない。というか、ウェパルの他にも恋敵は多いんだぞバティンさん!シバとかいう女に至っては現実世界での史実(伝説だけど)という圧倒的アドバンテージを持ってるんだぞ!チョコのひとつだけでは奴らを倒せないぞ!, バティンさんのゲーム内の性能高攻撃力・高体力・低速度の三拍子そろったヒーラー。ヒーラーである。アタッカーではなく。看護師だからね。なおリジェネレイトしたらアタッカー看護師になったもよう。覚醒ゲージは3で、素早く奥義を撃ちやすい。, スキルは単体対象の吸収攻撃。吸収のおまけがついているのはいいが、攻撃部分の倍率が低くてそんなに吸えない。あまり使わない。, 覚醒スキルは毒攻撃。このゲームの毒は刺さる相手には刺さるので、使う場面はある。弊アジトではこの間の周年イベントでアクィエルと組んで(リリムで昏睡させた)ベリアルを毒殺していた。しかしこれもそんなには使わない。, 奥義は列回復。これがバティンさんの最大の強みで、3ゲージという短さで40%と大幅な回復ができる。, 高体力と列大回復という特徴から、「前衛のメギドでパーティーを揃えたい」という状況でバティンさんは輝く。この状況はメインストーリーの進行中にもたびたび生じるが、このゲームは前衛で回復できるキャラが少ないので、バティンさんの重要度は相対的に高くなる。体力が高めなのも、他ユニットの足を引っ張りにくいという点でうれしいし、場合によっては敵の攻撃を散らすデコイとしての働きも期待できる。高い攻撃力も、スキルや覚醒スキルではあまり生かせないが、攻撃オーブを持たせれば力を発揮することができる。ツインサーペントなど持たせた日にはスナイパー大虐殺が始まる。バティンさんの弱点である足の遅さは割とどうしようもないので、相手の動きをよく見ながら、危なくなる前に奥義を撃とう。, 最近はもっぱらガガゼゼガ用のパーティーとして活躍している。前衛としてはブニがいれば十分なのだが、フォトン湧きや相手のフォトン破壊で事故ることがある。その事故率を低減する目的でバティンさんを投入している。, ラッシュなのでミミックを装備できるというのが重要で、スキルを取りそこなったブニや、終盤のラストスパートをかける際のマルコシアスにスキルを供給する役割を担う。ミミックなどのフォトン追加役を担うに際し、バティンさんの足の遅さは有利に働く。素の体力が高いので敵の攻撃一発では落ちないのも重要。, オーブはマルコシアス:ゴーストバティン:ミミックオロバス::カラミティエッグヴィネ:カミハカリブニ:マクベス, ゴスロリのメギド。オッドアイ・ロリータ衣装・片翼の羽と中二病の記号をこれでもかと盛られているが、見た目以外は中二病ではない。想像力と語彙が豊かなだけで、ふつうにとてもいい子。名前が長いうえにタイプしにくいので以下では「アムちゃん」と呼ばせていただく。, とにかく健気でかわいい。6章やって「ヒロインじゃん…」ってなった。こんなん見せられたら何としてでもお迎えするしかないと思った。ただ、俺がアムちゃんに「好き……」って伝えたらたぶん次の日からアジトの奥に引きこもって二度と会ってくれなくなると思うし、ブエルちゃんかアミーさんあたりからきつめのお叱りが飛んでくると思うから、そういうことはしてはいけない。アムちゃんの可愛さは遠くから静かに鑑賞するべき可愛さなのだ。あと水着着てくれる。早く水着買ってあげたい。最高の夏が始まる。, アムちゃんと言えばやはりメインストーリー6章での行動だろう。6章ではモンモンの留守中にアジトが襲撃され、指輪の支援を受けられないメギドたちが窮地に立たされる。追い詰められた一同だが、アムちゃんが敵将アドラメレクに攻撃されながらしがみつき、モンモンに自身を召喚するように念じる。アムちゃんの呼びかけを受け取ったモンモンはアムちゃんを召喚し、彼女にくっついてきたアドラメレクの撃破に成功する。, アムちゃんのこの自己犠牲の精神は、キャラストーリーにおいても発揮される。キャラストーリーの内容を続けて見ていきたい。モンモンに召喚される前のアムちゃんは、自分がメギドだという確信を持てずにいた。自分は自分の出自についておぼろげに記憶しており、自分は本当はこの世界とは別の世界から来た存在であり、ヴィータとは異なる存在であることを何となく知っている。しかしそのことを周囲に伝えても、それは狂人の妄言と捉えられるのみである。アムちゃんの孤独はいかほどであっただろうか。, おかげで同年代の少年少女には完全にバカにされているのだが、アムちゃんは彼らのことも「友達」と見なしている。いい子すぎる。その「友達」から誘われて廃屋へ肝試しに行くことになるのだが、彼女はそこで危機に陥った彼らを身を挺して助けようとする。アムちゃんは非常に危なっかしい「いい子」である。本部以蔵でなくても「守護らねば……」となることだろう。アムちゃんのキャラストーリーはメギド開発陣の容赦のなさが遺憾なく出ていておすすめ。未読の人はぜひ読んでほしい。, アムちゃんの片翼は、もしかしたら何者ともわからない自己の象徴なのかもしれない。アムちゃんは、そこから抜け出して自由を得るためのもう片方の翼を探していた。それがもしかしたらモンモンなのかもしれない。アムちゃんがモンモンに特別の信頼を寄せるのはこのためなのだろう。, 防御寄りのサポーター。素早さが高く、多くの敵に先手を取れる。これを生かして回復・覚醒補助・防御などさまざまなオーブを装備することで柔軟な役割をこなすことができる。, スキルは単体対象の2回バリアと自動回復の付与。アムちゃんを起用する主要な目的その1であり、特に「単体・単発」の攻撃を主とする敵に対して非常に強い。例えば5章ラスボスのアスモデウスの奥義もノーダメージでやり過ごせる。しかも回復する。マジ強い。メインストーリー、特に序盤には盾役にこれを連発するだけでほぼ完封できるボスも多い。, 覚醒スキルは暗闇を付与する列攻撃。暗闇が効く雑魚を複数連れているボス相手には役立つ場面もあるだろう。, 奥義は単体攻撃+味方全体の回復。希少な全体回復行動のひとつである。回復量そのものは20%とやや心許ないが、敵へのダメージがおまけでついてくるので妥当なところだろう。, アムちゃんはマスエフェクトも優秀であり、「カウンターのスナイパーのゲージ-1」という希少なものを持っている。これがアムちゃんを起用する主要な目的その2。ゲージ-1は適用できるメギドにとって誰でも嬉しい効果である。また、もう一つのマスエフェクトである「カウンターのファイターに毎ターン自然回復」も、多くの盾役に踏ませられて強い。, 総じてメインストーリーの序盤の進行を大きく楽にしてくれるメギドである。ガープくんにかばってもらってアムちゃんのスキルで適宜守り、3ゲージになったマルコシアスさんに私本性獣ムーブしてもらうというスタイルだけで、かなりのボスに対応可能なのではないだろうか。もちろん、メインストーリーの序盤を過ぎてからも息の長い活躍が見込める、優秀なユニットと言えるだろう。, 育成してすぐなのでまだ特定のボスの周回パーティーには組み込んでいないが、4章の難所のネイロード金冠用のパーティーを組んでみた。, 2ターン目には決着をつけることを目指す短期決戦である。アムちゃんは初手スキルで自分自身を守り、ベヒモスにスキル、ウァサゴさんにアタック、あとはパイモンとベヒモスにひたすらアタックを積んでいく。スキルが余ったらブニでかばう。実際にやってみたら金冠が取れた。ネイロードVH金冠は☆6が育っていても難しかった記憶があったが、アムちゃんがいるだけでずいぶん楽になった。, このようにアムちゃんはワンボトム戦略にも向く。ただしこの場合、守る対象を選択する必要があるアムちゃんのスキルの仕様上、守るべき対象を守るのと攻撃バフをかけるべき対象に攻撃バフをかけるのを両立するのが難しいのが難点ではある。, オーブはウァサゴ:エクスプローラーアムちゃん:モグラ・マグラパイモン::リャナンシィブニ:マクベスベヒモス:リャナンシィ, 俺がメギドのパンツだけを見ているわけではないということが伝わっただろうか。伝わったのであれば幸いである。まあパンツ見る努力はするんですけどね。, oinaridaisukiさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog メギド72『メギド72』指名召喚チケットで誰を召喚する?役割ごとのおすすめメギドを考える, いわゆる強キャラ、捨てキャラの概念がなく、組み合わせ次第で誰でも活躍させることができる戦術性が魅力の『メギド72』。, 手に入れたメギドによってプレイヤーごとの戦いかたが大きく変わる本作において、特定のメギドを選んでゲットできる“指名召喚チケット”の存在は非常に大きい。, 本記事では、指名召喚チケットで召喚すべきメギドを、攻撃や回復といったカテゴリごとにピックアップしていく。, “とりあえず○○さえ持っておけばオーケー”といったキャラクター(メギド)は存在しないので、手持ちのメギドやオーブとの相性がいいメギド、あるいは自軍の弱点を補強できるメギドを選択していくといい。, 数いるメギドの中でも特徴的なのが、オーブの使用可能ターンを短縮できるフォラスとナベリウスの2体。, フォラスはスキルで味方単体のアタック強化と攻撃力アップ、覚醒スキルで味方単体への効果全体化と攻撃力アップを行うことができ、オーブと併せて非常に優秀なサポーターとして立ち回ることができる。, 特性の短縮効果によって、1ターンで使用可能になるオーブであれば毎ターン使うことができるため、味方全体の覚醒ゲージを+1できるボーパルバニーなどと組み合わせれば、ほぼどんな組み合わせでも活躍するぞ。, ウァサゴは特性によって戦闘開始時に覚醒状態となり、初手から奥義や覚醒スキルを発動することができる。, また、奥義は敵単体への攻撃と同時に自分以外の味方の覚醒ゲージを+1でき、メインクエストを進めると仲間になるパイモンのマスエフェクト(戦闘開始時に覚醒ゲージ+1)と組み合わせることで、ラッシュ主体のデッキなら1ターン目から奥義を畳みかけることが可能だ。, ゼパルやウヴァルなど、覚醒ゲージが少なく火力が高いメギドをすでに持っているのであれば、ぜひとも獲得したいメギドの1体だと言える。, 覚醒スキルで防御無視攻撃、マスエフェクトで味方に防御無視付与と、防御が固い相手にもかなり有効だ。, 強敵との長期戦には欠かせない回復役では、カウンター/スナイパーのマルバスがオススメだ。, スキルフォトンひとつで単体回復を行うことができ、奥義では全体回復と防御力アップ、覚醒スキルでは単体回復に加えて覚醒ゲージを+2することができ、回復、支援要員としてはかなりの性能を誇る。, また、特性によって毎ターン覚醒ゲージが増加していくので、アタッカーにフォトンを割いていても中盤以降は奥義による全体回復を行うことができる。一度覚醒してしまえば覚醒スキルの連打もしやすい。, 素早さも高いため、敵の追撃を受ける前に味方の回復を行うことができるのも大きな魅力だ。, ラッシュのモンスターのレアドロップ率が上昇する特性もあり、贈り物集めにも重宝する。, 優秀なサポートスキルを持ったメギドの中でも、オススメしたいのはカウンター/スナイパーのアムドゥスキアスだ。, スキルによって味方単体に攻撃を2回無効化するバリアを張りつつ、自動回復の効果を付与することができるので、盾役のサポートとしては非常に優秀だ。, 奥義では敵単体への攻撃と同時に全体回復を行うことができるため、長期戦においてはかなり頼りになる。, もともと高い素早さが特性によって底上げされているため、敵の攻撃よりも先に支援や回復を行うことができるのも魅力。, スキル強化は攻撃、回復、支援、防御などあらゆる方面に役立つため、どのメギドと組み合わせても強みを活かせる。, サブナックは特性によって敵から狙われやすくなり、防御力も上昇するため、スキルを使用せずともある程度攻撃をかばってくれるのが大きな魅力。, また、スキルで味方全体へのダメージを軽減することができ、奥義で味方全体に攻撃を2回無効化するバリアを付与できるので、範囲攻撃を行ってくる敵に対しては非常に有効な防御要員となる。, 盾役としては珍しくトルーパーなので、ほかの盾役では活かせないマスエフェクトを利用できる。, 自分の手持ちメギドをよく確認し、防御力の高い敵への攻撃手段が少ない、持久戦に耐えられる回復、防御要員が足りない、一気に攻め切るための補助要員が欲しい、など、自分にとっての需要をよく考えて選ぶのが大事だ。, どうしてもいますぐ欲しいメギドがいない場合は、使用期限ギリギリまで待ってからチケットを使うのも十分にアリ。, ただし、チケット召喚をウッカリ忘れて使用期限を過ぎてしまうとシャレにならないので、チケットの期限はよく確認しておこう。, 指名召喚チケットが手に入る期間限定魔宝石セットの販売期間と、チケットの有効期限は下記の通りだ。, ■期間限定魔宝石セット(無料おまけ付き) 販売期間:2019年2月8日 14時59分まで 有効期限:2019年3月10日 14時59分59秒まで, 手持ちのメギドが十分充実している、あるいはピンポイントで欲しいメギドがとくにいない場合、指名召喚チケットをオーブとの交換に利用するのもいいだろう。, PvPではオーブを使った戦術がかなり重要となり、また通常のクエスト攻略においても、優秀なオーブを持っておいて損はない。, とくに、ナベリウスやフォラスのようにオーブを使用できるターン数を短縮できるメギドがいる場合、オーブを選択して獲得できる価値は大きい。, 各スタイルにオススメなオーブをピックアップしたので、メギドよりもオーブを選びたい場合は、こちらを参考にしてほしい。, ラッシュ用のオーブでは、スキルやアタックのフォトン追加や強化を行えるものがオススメだ。, ソレントはめまい耐性を大幅にアップできるうえに、技によってアタックフォトンの追加と強化を同時に行えるため、強力な奥義を持つメギドとの相性が非常によい。, 技:味方単体にアタックフォトンを1つ追加し、2ターンの間、アタックを強化する。(2ターン), 技:味方単体にスキルフォトンを1つ追加し、2ターンの間、スキルを強化する。(2ターン), 技:味方全体のフォトンをスキルに変化させ、1ターンの間、スキルを強化する。(2ターン), カウンター用オーブでは、強力な防御無視の特性を持つハニワキングやチーフブレーダー、素早さをアップして相手より早く動ける可能性を上げられるエージェントなどがオススメ。, 味方全体のHP回復をしつつ自動回復の効果を付与できるクルルも持久戦では役に立つぞ。, 技:敵全体に攻撃力1.75倍のダメージ。さらに敵が暗闇状態のとき、ダメージが2倍になる。(3ターン), 技:敵横一列に攻撃力1倍の2連続ダメージ。さらに40%の確率で、敵に積まれているフォトンを1つ破壊する。(2ターン), 技:味方全体のHPを20%回復させ、さらに1ターンの間、ターン終了時にHPが10%回復する。(2ターン), バースト用のオーブでは、1ターンで味方全体の覚醒ゲージを+1でき、特性による攻撃力アップも強力なボーパルバニーがオススメ。, カミハカリは、フォラスに装備させれば毎ターンバリアを張ることができるようになり、こちらも非常に便利だ。, そのほかにも、感電耐性を大きくアップする特性とスキル変化&追加の技を持つアイビーや、素早さ上昇と技による単体回復が行えるプロデューサーなどがオススメ。, 技:味方単体のHPを30%回復させる。さらに2ターンの間、状態異常と弱体を無効化する状態になる。(2ターン), 『メギド72』“アガリアレプト”のハロウィン衣装が登場!イベントクエスト“暴⾛児バラキエル︕”が10/29より開催!, 『メギド72』ピックアップ召喚に新メギド“タナトス”が登場!イベントクエスト“美味礼讃ノ魔宴前編・後編”も10/13より復刻, 『メギド72』をはじめたばかりの人にオススメの育てておきたいメギド&オーブ、戦略をまとめて紹介!【1章~4章攻略指南】, 『メギド72』激★魔宴召喚に“ベヒモス(バースト)”が登場!イベントクエスト“小さな君に、伝えたいこと”も開催, 『メギド72』適切な防御でしっかり耐えろ!第5章のバラム&アスモデウス戦用パーティーを考察, 『メギド72』8章実装に備えてクリアーを目指せ!イカロエン&アッキピテル&7章全ステージ攻略, 『メギド72』初心者に勝算あれ!メインクエストで仲間になるメギドだけで挑む序盤攻略, 『メギド72』メインクエで仲間になるメギドの再入手が可能&霊宝作成に超便利!“星間の禁域”を解説, 『メギド72』TGS2019ゲーム大賞優秀賞受賞記念特別企画!喜びから今後の展望まで・宮前P&福島氏に週刊ファミ通 林編集長が直撃取材, 『メギド72』宮前Pがプレイヤーと1対1でトーク!“メギ談義”インタビュー【マチ★アソビvol.23】, オーブを使えばスキルやアタックの強化、味方単体へのバリア付与など、多彩なサポートができ、.