メルカリで出品した商品が売れたのでいざ発送!と思ったものの、色々な事情で発送できなくなることも起こり得ます。今回はそんな時の対処法についてまとめてみました。, 出品時には気づかなかった不備が、商品が売れた後で見つかった場合、そのまま何もせずに発送するわけにはいきませんよね。, メルカリでは基本的に取引開始後のキャンセルはできないルールであることがメルカリガイドにも記載されています。, とはいえ、商品が手元にないなど、どうしても売ることができない事情がある場合には以下の手順で取引キャンセルを申請することができます。, まず一番大切なのが、購入者へ販売できなくなった理由を説明してキャンセル手続きへの了承を得ることです。, お互いの合意がなければキャンセル申請をしても事務局で対応してもらえず、トラブルやペナルティなど最悪の事態にも発展しかねません。誠意を持って謝罪するようにしましょう。, 取引画面の一番下に“この取引をキャンセルする”というボタンがあるのでタップします。, キャンセルしたい理由に該当する項目を選択し、理由の詳細欄で詳しく状況を説明しましょう。また、双方すでに合意していることも記載しておきましょう。, キャンセル申請をすると、購入者の取引画面にキャンセルの同意を問う画面が表示されます。, ここで購入者が同意をするとキャンセルは完了となります。メルカリ事務局からキャンセル処理が完了した内容のメールが届きます。, 上でご紹介した方法で、双方合意の上でキャンセル手続きをすればペナルティが課せられることは基本的にはありません。, この期限を過ぎ、さらに出品者からの取引メッセージが3日以上届かない場合、購入者の取引画面に問い合わせボタンが表示されるようになります。購入者はその問い合わせフォームから事務局にキャンセル申請をすることができます。, 双方合意の上で、あえて発送をせずキャンセルに持っていく方法もありますが、勝手に発送をしないまま放置していれば、購入者がキャンセル申請と同時に出品者を通報する可能性が高いです。, 通報されると、最初の通報では警告のみで終わる場合が多いですが、度重なる通報や、悪質だと判断された場合には利用停止や強制退会といったペナルティが課せられます。, 強制退会となると、一度メルカリに登録した個人情報は削除されないので、同じ電話番号や住所での再登録ができず、一切メルカリを利用することができなくなります。, そうならない為にも、どうしてもキャンセルせざるを得ないときは放置せず、きちんと相手と和解をしてキャンセル手続きを進めるようにしましょう。, それでは、キャンセルを事務局に申請する時はどのような文章を送るのが良いか、例文をご紹介しますので参考にしてみてください。, 出品者側からのキャンセル申請だったとしても、何か返金手続きをしなくてはいけない、手数料を払わないといけない、といった事はありません。, 購入者への返金は、以下のとおり基本的に支払い時と同じ方法で返金されます。コンビニ・ATM支払いだった場合は、売上金に返金されます。また、支払い時にかかった手数料も合わせて戻ってきます。, しかし、キャンセル処理が完了したということは、取引不成立となるので評価はお互いにつけられません。, キャンセルすることは基本のルールに反していることになり、決して軽い気持ちでするものではありません。, しかし、放置すれば通報されてしまったり、不備のある商品を送れば悪い評価をつけられることになるので、やむを得ない事情がある時は誠意ある対応と正しい手順を踏むことで、その後も気持ち良くメルカリを利用することができます。, 前述のとおり、商品が購入された後でキャンセルをするとトラブルに発展することがあります。そうならない為にも、キャンセルしなくてはいけない理由を挙げて気を付けておくべきことを考えてみましょう。, →出品作業が完了したらすぐに梱包しておく、メルカリに出品しているものは分けて仕舞っておくなどして、うっかり失くしてしまうことがないようにしましょう。, →出品するときは汚れがないか裏表全体をよく確認して、商品状態を詳細に記載しましょう。壊れる可能性があるアイテムは事前に動作確認を行ってから出品しましょう。, →出品するときに間違いがないか確認するのはもちろんですが、出品した後にもう一度出品一覧から内容を見返して、間違いがあればすぐに修正しましょう。, →出品する商品は、もう使わないかどうかよく考えてから出品するのが大前提です。やっぱり自分で使いたいからキャンセルしてほしいという理由では合意を得るのは難しいので注意しましょう。, →メルカリだけでなく複数のフリマアプリで同じ商品を出品している人も少なくないでしょう。その場合、同時に同じ商品が購入されてしまうというリスクがあります。, →購入された後で相手の評価を確認したら悪い評価がたくさんあった場合、ちゃんと支払いしてくれるのか、受取りしてくれるのかなどの不安点が残ります。しかし、ただ相手の評価が悪いからといってキャンセル申請をしても対応してもらうのは難しいでしょう。, もし支払い期日を過ぎても支払いされない場合は、取引画面からキャンセル申請・通報ができます。また、そもそも不安のある人の購入を防ぐ策として、プロフィールに“評価に不安のある方とのお取引はお断りしています。”と書いておくことで、完全ではありませんが防止に繋がります。, 出品者都合でのキャンセルは購入者の合意が得られる場合であれば事務局に申請することで可能になります。悪質な理由でない限り、ペナルティや悪い評価を受けることもありません。, しかし、購入してくれた人にとっては非常に残念な取引になってしまいますし、マナーとして極力避けるべきです。, 準備が整っていない状態でとりあえず出品することのないように気を付けて、気持ちの良い取引ができるように心がけていきましょう。, 1.ドコモのケータイ、ドコモ光利用料金の1,000円(税抜)につき10%のポイントが毎月溜まる, 今ならなんと、合計最大13,000dポイント(期間・用途限定)がもらえるキャンペーン中!今がチャンス!, 嫁と1歳の娘と暮らす26歳のクレジットカード専門家でポイ活のプロ(自称)。これまでに累計25枚以上のクレカを発行。クレジットカードやポイントサイトを利用した”ポイ活”が大好き。貯めたポイントやマイルを宿泊費や飛行機代に使って完全無料の家族旅行によく行く。, 今月にスマホを買い替えるならdocomoが圧倒的にオトク!!最大33000円以上もらえるキャッシュバックキャンペーン実施中!