工場勤務じゃない、技術屋だっておるよ。

このような企業・業界に就職できれば都会で働くことができます。ただし、 関連会社への出向、他企業との合併・買収の可能性 もあるので、ずっと都会勤務になるのは難しいかもしれません。 また、就職四季報にも勤務地は載っていますが、これは新人の配属地なので注意してください。 田舎勤務が辛い方へ 今回の記事では、企業選ぶ際に参考にしてほしい、「勤務地」について書いてきました。勤務地も非常に大切な要素であると思いますので、きちんと考えてみることをオススメします。 都会で働ける企業へ転職することを

ずっと一か所の地方で働き続ける訳ではないですよね? それは、ある人が1年間でどれくらい稼いだかを示す数値だが、それ以上の意味を持つ言葉でもある。, 場所や伝える相手によっては、会話のマウンティング、セックスアピール、そして支払い能力の証明にもなる不思議なデータだ。, 「年収よりもやりがいやホワイト環境」なんて言う人ですら、ある意味で年収に固執していると言えるだろう。, 男女も会社も振り回す「いくら稼いだか」という数値。就活生も気にしているに違いない。, 人によっては、年収こそ最優先の軸だと言ってはばからず「金のためなら、どんなことも頑張れる。一番大切なことだ」と進路を決めていく。, 新卒1年目から1000万円の給与を支払う企業がメディアで多く取り上げられていることからも、世間の注目度が高いことがよく分かる。, 本連載では、「お金が欲しい」という目的のために働き続けてきた、かつて就活生だった大人たちを取り上げ、彼らの今の率直な気持ちを聞いていく。, 私としては「給料の額で仕事を決めるのは早計だ」という警鐘にしたいが、これを読んだ後に「それでも年収が一番」と言えた人こそ、本当にその軸が合っているはず。そんな指標にもしてもらえれば幸いだ。, 大学院時代にニッチな分野の研究を続け、業界でも数少ない専門知識に長けている存在として、チョウよ花よと、あるメーカーに採用された。, そこは合コンで盛り上がるような知名度はないが、業界では世界シェア1位の優良企業。それなりに出世して、今は係長をしている。, 院の同期の大半は大手メーカー勤務ということを考えると、彼のスペックは圧倒的だ。ホワイトな環境でそこそこの高収入。間違いなく「勝ち組」そのものだ。, だが、世の中そんなに甘くない。取り立てて優秀ではなかった彼のプロフィールには裏があり、誰もが陥るわながある。事実、彼はここ数年ずっと転職を考え続けている。, 「数字の羅列に何を必死になっていたんだ」と頭を抱える彼のプロフィールを一緒に見直していこう。, 端的に言えば、彼の高収入は「地方勤務」だからであり、彼が転職を検討している理由も同じく「地方勤務」だからだ。, マイナーだがマーケットで存在感がある企業は、大手との採用競争で勝つために抜群の好待遇を用意していることが多い。, そして、企業によっては、地方への転勤では「会社が本社だけど、田舎に行ってもらってすまん!」「家族を置いて転勤させてすまん!」という意味合いからか、不思議な名前の手当で報いるところもある。, 大手のメーカーでも30歳で600〜800万円くらいが相場という中で、彼はこの2つの要因に加えて「特殊な業務のため、かなりの長期間にわたってその場所で仕事をしてね」ということで破格の待遇になったのだ。, 学生のころに求めた「高い年収」を得た彼は、地方での生活が苦しく、転職を考え続けている。「年収のためなら何でも我慢できる」という学生の時の思いは甘かったのだ。, 彼が住むのは東京以北のある県の県庁所在地。若者の流行の発祥地はイオンだが、そもそも、高校生以上の若者がそういない。, 宮城県や北海道のように全国規模の支店もなく、メガバンクはみずほ銀行以外にはない。お金の出し入れは不便だ。, 世田谷生まれの彼も、引っ越して最初のうちは憧れの「田舎暮らし」を楽しみにしていた。, 実際にご飯もおいしいし、地価や物価も都会と比べると安い。マイカーで移動するたびにドキドキしていた。だけれど、彼の「田舎暮らし」はしょせん「都会人の幻想」。たまにするからこそ、いいものなのだとすぐに気付いた。, 20代後半で地方に住む人の多くは、その地域の出身者。周りの人は優しいが、地理や学校というバックボーンがない彼は孤独を感じていた。, 恋人を探したくても、都会では信じられないだろうが、マッチングアプリが全く普及していなかった。そもそも、多くの人が学校の同級生たちと25歳になるまでに結婚しているケースが大半だった。, 大学院の同期たちは、社会人になって余裕ができたのか、学生の時に「いつか行きたいな」と話していたお店に通うようになっていることをSNSで知った。アクセスの良さから、大規模なフェスにも気軽に行っていた。都会に住む彼らがタピオカを食いまくる一方、彼の町には、今になってパンケーキブームが来ている。, たとえ仕事でつらいことがあっても、すぐにかつての同級生と飲みに行って相談できることがうらやましかった。一人だけポツンと遠くに住んでいるためか、旅行に誘われることも減り、今ではみんな結婚して遊びどころではない。, 最先端の技術を商売にしている自分が、世の中からどんどん取り残されていることが恥ずかしかった。, 地方では多くの人が、「好きな地域で、安定して充実した生活」を求めていると感じていた。彼のように「ウチの製品は世界ではね」といった規模感の大きい話をする部外者は、眉をひそめられた。, 同窓会で「おまえは同期で一番出世している。うらやましい」と自尊心をくすぐられる時だけが幸せだ。でもきっと、みんなうらやましいと言う割に、自分の待遇と交換しようと言っても「いやでも東京から離れるのは……。名古屋とか大阪とかならまだしも」と言って断るのだろう。, 友達も恋人もできず、人生の墓場だと思いながら過ごした。趣味は貯金残高を見ることくらい。残高はついに3000万円までになった。これが若い時間と体力、人に会うチャンスの代償だと思うと、安いと思わずにはいられない。, 着任当初は、同じく東京から来た上司と「都会に帰りたいですよ」とグチを吐くこともできたが、今では自分自身がその上司のポジションだ。最近できた後輩は、この地域の出身者ということもあり、自分とは考えも違うだろうし、弱音は言えない。, 転職をしたくとも、スキルがニッチすぎるあまり、選択肢があまりないことはとっくの昔に気付いている。, どこの会社に入っても、この給料がもらいすぎな環境には及ばない。シビアな話だが、おそらく年収は半分でとどまればいい方だろう。福利厚生も一般的なものになり、物価や家賃が上がることを考えると、可処分所得は3分の1程度が妥当なラインだろうか。, いざ辞めようと、転職で内定をもらった後に辞表を書いては捨てを繰り返した時期がある。もらっていない時にお金を望む時よりも、十分もらっている時にお金を望む時のほうが、お金は人の心をがっちりとつかむ。, サイゼリヤも鳥貴族も松屋もないこの町が嫌いだが、もう戻れない。そんなことを思い始めている。, 生まれは世田谷。都立高校を卒業し、現役で早慶の理工系の学部、そしてそのまま修士で2年過ごした。われながらそれなりにまとまった経歴だと思う。, こんな中産階級だからこそ、近くに当たり前にいるお金持ちとの差を感じながら生きてきた。父さんは最大手の銀行で働いていた。母さんもパートで家計を支えている。, それでも、決して大きいとは言えないマンションを買うのにローンも組んでいるし、院まで行かせてもらうのに借金をしたことも知っている。, 都会で生きていくのにどれだけお金が必要なのか。特に秀でていることがない自分が、大手の電機メーカーより稼ぐなんてできるのか。そんな時に出会ったのが、この会社の求人だった。, 田舎暮らしは嫌いじゃないし憧れもある。それにこの待遇。同期よりも稼げる、東京のアッパーダウン層くらいの豊かな生活が味わえる。, ちょっと長い田舎生活になりそうだけど、その間にお金をためればいいじゃないか。お金があれば、毎週末東京へ帰ればいい──そうしてこの仕事に就いた。「これが地獄の始まりでしたね」, そう思っていたし、周囲の大人も「それが普通」としていたので疑うこともなかったが、あまりにその1点に固執しすぎてしまった……彼は今そんな風に思っている。, 楽に稼ぐ方法などなく、何かしらを代償に高い年収を得ているとすれば、彼は「住まいを選択する自由」を放棄したのだ。それによって、出会いや勉強する機会を若いうちに失っていたと悔いている。, 「『年収上がんねぇな』って新橋のガード下の立ち飲み屋で友人とグチることがどれだけうらやましいか」, 年収を下げる勇気は持てない。でもこの生活も耐えられない。きっと迷いながら、ずっとこうやって時間を消費するのだろう。, 世間から見る「勝ち組」の彼は、勝つでも負けるでもなく、そもそも勝負の土俵にも立っていなかった。, しかし、それだけでなく「市場で評価されるスキルを得られるか」「人間らしい生活ができる勤務時間か」「パートナーの結婚や出産に対応できるか」、もう一つの軸を決めて加えたほうがいい(もちろん年収に重点を置かない軸だってある)。, (Photo: ESB Professional , FotoDuets , olgakim93/Shutterstock.com), ワンキャリ執筆3年目。学生時代は政治家、経営者、芸能人が夜な夜な足を運ぶ会員制バーに勤務し、仕入れた業界裏話をリポート。有名企業から多々お祈りされるものの、その情報量から某週刊誌にスカウトされた経験有り。人事や経営者、エリートサラリーマンの酔いからこぼれる本音や苦悩、内輪話などの「リアル」を伝える。現在はメディア系企業で勤務しており、業務内容はまさしく「アウトレイジ」かつ「クレイジージャーニー」。「ブラック企業」の実態、有名企業やハードワーカーなど「勝ち組」の悲哀、失敗談を守備範囲とする。ことしは就活生向けに労働災害、「やりがい至上主義」に関する記事を執筆するのがテーマ。. こんにちは。化学系博士課程のshuheiです。 今回は化学メーカーの勤務地について。 「化学メーカーの勤務地って地方ばっかり・・・?」 「なるべく都会で働きたいけど、希望は通る?」 「転勤は多い?」 就職する上で、勤務地がどこになるのかって気になりますよね。 私のイメージだと、理系の方は 検査装置などの設備機器の設計を担っていただきます。, 人々の身近な生活を支えているナブテスコ製品。独創的なモーションコントロール技術で、移動・生活空間に安全・安心・快適を提供するナブテスコで、一緒にものづくりをしませんか。, ・工場ローカルシステム導入・開発・運用の対応 >地方なので出会いがない。 >地方なので出会いがない。 地方の工場での勤務のイメージがあるのですが 事業内容 . なお、都会が好きだというならば、23区内っていう絞り方は根性が足りません。 直径3〜16mのシールドマシンの修理・メンテナンスを行ないます。, 月給30万円〜50万円 ※上記には40時間分のみなし残業代(5万5,000円以上・・・, 本社・機工部(東京都大田区平和島5-11-3 浅井第2ビル)※転勤無し《アクセス・・・, 官公庁、自治体、大手ホテルなどへの納入実績多数。信頼と実績の日本ゴンドラの求人です。, ・CADによる窓拭きゴンドラの設計業務 ・出荷データとりまとめ・取扱説明書作成, 月給200,000円~330,000円+諸手当 ※年齢、経験、能力を考慮の上、当・・・, 本社(東京都あきる野市) 最寄駅:JR五日市線「東秋留駅」より徒歩15分 ※マイ・・・, ・電子関連部品やその他の製造検査 でもそうじゃなく、本当に私の事が好きで復縁を希望してるなら。。。 その会社は地方にいくつか工場があります。 みなさんはどうされていますか?ご意見よろしくお願いします。 石油化学業界には主に①から④を一貫して扱うメーカーと、③と④だけを扱うメーカーがあります。 宇部興産株式会社 . ここからは都会で働くメリットをご説明します。 ですが、この時代ではいつまでも不変ということはありえず、仕事の内容が大きく変わってあなたの意にそぐわない仕事に回される可能性があります。それが嫌だと言えば、他地区の工場に転勤をしてあなたに向いた仕事を宛がわれるかも知れません。 3年前に付き合っていた元彼から最近頻繁に連絡があります。 入るだけの学力をつけることです ・PLCによるソフト設計・電装ボックス板金設計・メカ配 あとできればその学科が強い?私立大学も教えてくれるとうれしいです, こんにちは 勤務地: 日新製薬株式会社 本社工場または荒谷工場: 初任給: 大学院卒 (理系)217,200円/(文系)211,800円 大学卒 (理系)208,200円/(文系)203,100円 短大・高専卒 184,500円 高校卒 170,100円: 勤務時間: 8:30~17:30(製造職は交替勤務あり) 福利厚生・待遇 あとはベットタウンに住んで長距離通勤してもらうかですね, 理系院卒となるとほとんどがメーカー系の職種となると思うのですが、メーカー系だと地方勤務も結構多く、特に工場などは地方に多いといったイメージがあります。私は今まで田舎暮らしが長かったため、都会での生活にあこがれており(便利であり、活気がある所がすきというのもあります)、就職先は首都圏で考えているのですが、私も現在理系の大学院であるため、自分の専攻を活かすとなるとやはりメーカーになってしまいます。東京都内の職種だとほとんどが営業、事務といった院卒ではあまり採用されないような職種ばかりといったイメージがあります。また、IT関連企業も何社も受けてきたのですが、私自身コミュニケーションが得意ではないため、高いコミュニケーション能力が求められるIT関連企業は何社も落とされています。 都会から田舎に移住するIターンのメリット・デメリット, DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集, リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!, マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中.

地方の工場勤務になった人は実際上記の事を考えますか? 詳しくは無いけど、研究職になればいいんじゃないのかな。 ってことだよね 「商社で働きたい!」「編集の仕事に就きたい!」といったことと同じように、私にとって「東京で働く」というのは譲れない条件なんです!

この方はどういうことでしょうか? 適当な私立の理系に行って、職人でもなく新技術の開発もできないのに まあ本人の努力次第なんでしょうが、やはり男性が多い職場であるとか、勤務地がかなりの田舎になった場合、出会いの場も少ないのでしょうか?, 田舎の工場勤務経験者です。まぁはっきり言って女の子に縁が無くなりますよ。特に若くてかわいい娘は製造業や工場には入社して来ないし、ただでさえ田舎では女の子自体もあまりいません。いたとしても正直魅力的な娘ではない可能性が相当高いです。あくまでも私の経験上、製造業や工場勤務というのは恋愛をしたいと考えている人には絶対入ってはいけない世界だと思います。私のまわりもほんとに女日照りの女っ気の全く無いむさっ苦しい男性ばっかりでした。そういう男性は工場労働者には多いですよ。ほんとに女性にモテなくなります!!田舎と工場勤務というこのふたつの要素で恋愛には縁が無くなることを覚悟しておいた方がよろしいと思いますね。田舎の工場勤務者・・・寂しいです(>_<), 私は婚活中の女性です。 彼とは元々友達で、別れてから直接の接触はなかったですが ミキサー及び周辺機器の設計開発業務全般(担当製品は基本的に1人で全般対応する) できるだけ高い偏差値の大学、理系なら私立といわずに国立しかも 参考にしたいので教えてください。, 地方には出会いがない? 彼も田舎町にひとりで寂しいんでしょうから。 彼は大学院まで進学し、現在は大手メーカーの工場で働いています。 自分の会社の技術屋さんなんか、都内だらけだけど?

入ってしまったら経済的に出られなくなる社宅という可能性もありますので、もし自由に選べるなら最初は選ばないというのも一つの手でしょう。後から入るのは、空きさえあれば簡単だと思いますので。, その社宅の規則しだいでは? 拠点が各地にあれば、どの仕事も一緒でしょ?そんなの。, 理系修士2年のものです。メーカーで就職した場合の配属において、一般的に、生産技術(工場)職への配属を進められるということは、研究開発職に比べて、能力がない人間だと評価されているということなのでしょうか?, 生産技術職は一般的には研究開発で成功した物の工業的生産技術や工程の確立を企てたり、試作、試験・検査、既生産工程の改良、生産技術上の問題の解決及びそれらに対する対内外的な折衝、打ち合わせ等が主な業務範囲になり、工場の技術上の多様な業務に関われるうえ、競争相手の同僚も少なく、工場で働く人からは一目置かれ、さらにそこから生産管理や技術管理の上級部署等への職域も広がり、やりがいのある職ではないかと思います。理系修士であれば当然やがての工場の責任者、管理者として期待されての配属と思います。それに比べ研究職は将来の潰しが利きません。研究職から生産技術職へ移動する方は、やはりこのような幅広く対応出来る人間性を有する人が多いように思います。

同じ会社でもこれなので、実際に入る社宅が決まるまではわかりませんが・・・まさか会社に聞くわけにもいかないですしね(^^; 今年新入社員になったばかりです。 3年前に私は彼に「他に好きな人ができた」と振られました。 私は専門職(IT系)ですが、技術職ともいわれます。 結婚したら一生田舎に住むのでしょうか? かつ一般職で採用されれば、転勤はまずないです。 もうちょと、彼の仕事の話を聞いてあげたらどう?

理系で、技術職などではなく、総合職につく人の割合ってどのくらいですか?

個人的には都会はある程度の年数を経験する位で良いのではないかと思います。地方の方が住みやすいですよ。一番理想的なのは東京に本社のある会社に就職して給料は東京基準でもらって、物価の安い地方に住めば優雅な暮らしができます。, 私は現在理系の大学院に通っており、もし専攻を活かすとなれば、メーカーなど現場での仕事になる可能性が高いです。実際に有名なメーカーでも現場勤務となる場合、全国に工場を構えていることが多いため、何もないようなかなりの田舎に勤務となる場合も結構あります。 「中央区か千代田区か港区でないと嫌だ」って言うのがエリート大学生によくある希望ですので。, 自分は昔から大手電気メーカーに就職するのが夢です 「研究開発職に比べて、能力がない人間だと評価されているということでしょうか」との設問に対しての答えにはなりませんでしたが、企業のプロが適材適所で配属するのですから、与えられた職場の優位性に着目して自信を持って活躍されれば良いのではありませんか。, 製造業の技術職で転勤の可能性ありと記載されている求人が気になったのですが、高卒の製造業は転勤が殆どないと聞くのですがそれなのに転勤の可能性ありと記載するのはどういう意図が隠されているのですか?, 高卒で製造業に正社員として入ると、多くの場合は工場に勤めるブルーカラー(云わば現場作業者)になるかと思います。工場勤めのブルーカラーは地元の人を採用するケースが多く、仕事の内容が大きくは変わらなかったり工場がずっとそこにあると、転勤はないかも知れません。