さて、モンゴルの強さの秘密は何だろう?次のような理由が挙げることができる。 1. 1 ヨーロッパにも分類され得る。, General Staff of the Mongolian Armed Forces, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=モンゴル国の軍事&oldid=78505178. 弩 (いしゆみ)や投石機、火薬を使用して石や鉄の火球を撃ち出す大砲 (元冦の際に鎌倉武士を多いに恐れさせたいわゆる「てつぱう」)、それに接近攻撃時に使用した火炎放射器まで装備していた。 なお、インドは馬の飼養頭数が75万頭、ロバ65万頭、ラバ18万頭(FAO2008年統計)という、堂々とした馬産国である。[2], 中世後期から近世初期にかけて、マスケット銃といった軽火器が発達を遂げた。これにともない、敏捷な軍馬に乗った騎兵は戦闘・伝令の両面において活躍した。, 16世紀、コンキスタドールたちにとって馬は特に有用だった。スペイン人がアステカやインカ帝国を征服した際、馬と銃は絶大な力を発揮した。南アメリカ大陸においては約1万年前に馬が絶滅していたため、アメリカ先住民族たちはヨーロッパ人達にすぐには対応できなかったのである。, しかしながら北アメリカでは、ヨーロッパ人の征服よりも時期的に先駆けて、ヨーロッパより伝来した馬が先住民の間で広まった。その巧みな馬術でアメリカ陸軍を苦しめたコマンチ族やシャイアン族といったグレートプレーンズのインディアンは軽騎兵がもつ能力の高さを実証した好例である。, 明治時代に西欧の技術を取り入れて近代化をはかった大日本帝国では、当然ながら軍馬の飼育生産においても西欧の技術を取り入れ、そのための法整備が進められた。, しかしながら近代化に伴い、軍馬の有効性は徐々に減じていく事になる。まず衰退したのは、最前線における突撃兵器としての軍馬の使用である。弓矢や火器の発達による騎兵の価値の低下は近代以前からはじまっていたが、それでもなお、騎兵の側でも発達した弓矢や火器を装備として取り入れていくなどして発展していった。しかし機関銃の発達による塹壕戦の展開により、第一次世界大戦期において、騎兵の価値は急速に低下していく事となる。背景には、馬に鎧を着せてもライフル弾を防ぐことはできず、背の高い馬は的になりやすく被弾すると容易に戦力的価値を喪失するという理由があった。塹壕戦に対して全く無力だった騎兵に代わったのは、戦車である[3]。, それでもなお、偵察、高速の移動手段、大量輸送手段としての軍馬の有用性は変わる事が無かった。偵察目的としては航空機の発達により、輸送手段としては鉄道の発達により有用性は低下したが、航空機や鉄道が使用できない状況はいくらでも存在した。当然ながら最前線、あるいは最前線でなくても地形によっては鉄道を敷く事は困難であり、軍馬による輸送は欠かせないものであり、むしろ軍の装備の近代化により輜重兵(輸送兵)の価値は増した。しかしながら自動車の発達が、軍馬の地位を脅かす事となった。, 第二次世界大戦においても軍馬は用いられた。緒戦から終戦まで、前線から後方まで、全てにおいて自動車化機械化ができたのはアメリカのみであり、それ以外の主要国家においては、軍需物資や重砲の輸送、偵察用途[4]などで、軍馬は欠かせないものであった。地形踏破能力では当時の自動車・オートバイの比では無かった騎馬は、山岳地域などでは機甲部隊の耳目として大いに活躍した。, 日本軍では、日清戦争で約5.6万頭、日露戦争で約17.2万頭が動員。第二次世界大戦直前の段階、1941年に行われた関東軍特種演習だけでも約13万頭が動員されている[5]。1945年、陸軍騎兵第4旅団が中国戦線における老河口作戦に参加し、老河口飛行場占領に成功。これは世界戦史上最後の騎兵の活躍といわれている。, 第二次世界大戦後、軍馬の需要は完全に消滅。軍馬の生産、補給施設等の基盤は引揚者による開拓地[6]や牧場、森林[7]へと姿を変えていった。, 国産の軍馬である日本釧路種は、1952年(昭和27年)に大楽毛(おたのしけ)家畜市場で開催された「釧路種馬一千頭共進会」を最後に姿を消した。, 騎兵はもはや過去のものになったと思われがちだが、第三世界の国々の中には未だに小規模な騎兵を用いている国がある。ただし、騎兵を用いる対象は非武装の難民などが中心で、ダルフール紛争におけるジャンジャウィード民兵などがその例である。, 先進国においては、ロシアの大統領連隊やフランスの共和国親衛隊、イギリスの王室騎兵のように、儀仗目的でのみ小規模な騎兵部隊を保有している例が多い。ドイツとオーストリア、チリの山岳部隊は、車輌やヘリコプターが入れない山岳地帯で兵器や物資を運ぶために、今日もなおウマやラバによる騎馬部隊を運用している。同様に、低強度紛争では、自動車やバイクでの行軍が困難な険しい山岳地帯や過酷な砂漠を進む場合、大規模な部隊ではないが馬やラクダが利用されることがある。インドの第61騎兵連隊は、平時には儀仗の任務にあたる一方で、国内の治安維持への投入も可能であり、騎兵による戦闘部隊としては世界最大規模を有する。機敏かつ迅速に展開・撤収が可能な部隊という意味で、機械化部隊の名称に「騎兵」を残している国も存在する。, 軍馬を単に鎧をまとった馬と思っている者も多いが、その認識は誤りといえる。軍事目的に使用する馬には特別な調教が必要であり、そういった馬は全てが軍馬である。軍馬として活躍する馬には、血液の匂いを嫌がらず、人を踏みつけることをいとわないことが求められる。軍馬の調教の一般的な内容として、手綱を用いずとも反応し、周囲の戦闘音に耐え、騎兵が用いる鎧と武器に慣れさせることを目的とする。軍馬の中には、敵兵を蹴ったり、噛み付いたりするよう訓練されたものもあった。また、直接戦闘に参加する馬のみならず、輸送目的に用いられる馬であっても、銃砲の音に慣れさせる調教は可能ならさせておく事が望ましい。, 日本陸軍では、騎兵連隊の規模縮小化や戦車連隊化だけでなく、斥候(偵察)任務に特化された, 岡田利夫 『戦中戦後20年 北海道木材・林業の変遷』 139-141頁 北海道林材新聞 昭和63年6月5日, http://travel.cnn.com/explorations/play/indian-horses-bred-fight-elephants-028129, http://www.bajikyo.or.jp/pdf/journal201103.pdf, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=軍馬&oldid=80398400, 1932年(昭和7年)釧路で本人の体形に合わせた多目的軍馬 日本釧路種が開発された。, 1945年11月21日、勅令第643号「昭和二十年勅令第五百四十二号「ポツダム」宣言ノ受諾ニ伴ヒ発スル命令ニ関スル件ニ基ク軍馬資源保護法廃止等ニ関スル件」によって軍馬資源保護法は廃止された。. 一方で、8世紀、北アフリカ及びイベリア半島を征服したムスリムの戦士たちのように、特定の階層だけでなく全てが騎兵で構成された軍は、その機動性を生かして大いに勢力を拡大した。13世紀にはモンゴル族を中心にしたアジアの遊牧民が騎兵を有効活用して各国を征服、史上最大の版図を持つ世界帝国・モンゴル帝国を樹立した。, インドのラージプート族諸公は、ジョードプル、ブンデールカンド、メーワール、マールワール、ビーカーネルなどの王国を造り、次第に相争うようになった。, 12世紀頃、マールワールを拠点としたラトール王朝は、インド在来馬とアラブ馬、モンゴル馬等を交配して、勇敢で強健なマルワリ馬を、生み出した。, 過酷な砂漠の環境に耐えられるように、また、戦象に怯えず、象に乗った敵と戦うよう調教されていた。戦場におけるこの軍馬たちの活躍は、自己の血族が最も崇高であると信じたラージプート族の盛衰に密接に関わってきたラージプート族王国は、戦闘中敵に近づくために彼らの弱点を巧妙に活用した[1] 。, マルワリ種とカチアワリ種は、ラジャスターン州やグジャラート州が原産地で、外見的特徴は、インド耳(耳の先端がくるっと曲がっていて、内側で両耳が触れあう)である。

モンゴル国軍の装備は主に人民軍時代にソ連から取得した兵器がほとんどであるが、戦闘機や攻撃ヘリコプターなどはすべて退役している。 過去に保有したものとしては、 MiG-17 フレスコ ・ MiG-19 ファーマー ・ MiG-21PFM フィッシュベッド ・ Mi-24V ハインドE などがあった。