フルフラット時のシートバックは、やや傾斜しています。, ライズ 369L(4人乗車時) ・排気量はヤリスクロスが1.5Lに対してライズは1.0L(ターボ) ・衝突警報機能 今回は、2020年2月10日に発売されたトヨタ「ヤリス」と、2019年11月5日に発売されたトヨタ「ライズ」のどっちを買った方が後悔しないのか!?燃費性能・加速性能・安全性能・運転のしやすさ・エクステリア・インテリア・車内の広さ・価格など、徹底比較いたします。 フロントマスクはキーンルックを象徴する大きな開口部を設けて迫力がありますね~, やはりヤリスがベースということもあり、Cピラーからリアガラスにかけては広さよりもデザインや空力を強く意識したものとなっています。 引用:https://global.toyota ガソリン車 2020.9.1更新 ラゲッジスペースの画像を更新, ヤリスクロス 行動派のドライバーにとってヤリスクロスで車中... 2020年2月にデビューした新型ヤリスのクロスオーバーとしてヤリスクロスが発表されました。 Bセグメントにしては広い1,765mmの全幅はフェンダーの張り出し(トレッドの拡大)に費やされています。, 対するライズは完全に国内専用モデルの5ナンバーサイズであり、狭い路地や駐車場もOK! HYBRID X・・・228万4,000円 手っ取り早く一番高く買い取ってくれる

注目のヤリスクロスとライズを比較してみましたがいかがだったでしょうか?, ヤリスクロスもライズもユーティリティを重視したSUVですが、ライズは5ナンバーの制約の中、ヤリスクロスに使い勝手では全く負けていません。, 後席足元スペースは、間違いなくライズの方が広いです。 ホイールベース:2,525mm, ヤリスクロスは世界共通モデルとして3ナンバーサイズで設計されています。

X Bパッケージ・・・179万8,000円 ・リヤクロストラフィックアラート (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ヤリスクロスは基本的にヤリスと同じデザインが与えられています。 ・オートマチックハイビーム ほとんど樹脂パーツで構成されていますが、デザインや配色のおかけで安っぽさを意識させないのがうれしいところ。 2020年2月にデビューした新型ヤリスのクロスオーバーとしてヤリスクロスが発表されました。 こうなると5ナンバーsuvとして大人気のライズとどちらがいいのか気になるところ。 さっそく判明している情報をもとにヤリスクロスとライズを比較してみました。 ・全車速追従機能付ACC X・・・189万6,000円

キャビンの広さを追求したスクエアなデザインです。, ヤリスクロスのリアのデザインは横長のテールランプユニットのおかげてヤリスベースと思えないワイド感を与えてくれます。

ヤリスクロスはヤリスより10mmホイールベースが延長され室内高も高く解放感がありますが、後席足元空間はカローラより確実に狭いのに対して、ライズの後席足元空間はカローラより広いです。 G・・・202万円 ・パノラミックビュー

カップホルダーなど収納スペースでもヤリスより充実していました。, ヤリスクロスはベースとなるヤリスよりわずか10mmですがホイールベースが延長されています。それに加えて室内高はヤリスより大幅に余裕があり開放感はヤリスクロスの方が上です。 G・・・189万5,000円 ・レーンキープコントロール

全高:1,620mm 個人的には走行距離が多いのでハイブリッドが欲しいのとオートホールドに対応した電動パーキングは外せないのでヤリスクロスです。, トヨタ | ヤリスクロス | 先行展示会で気になる外観(エクステリア)を見てきました, トヨタ | ヤリスクロス | 車中泊 | できる?できない?グッズを使って検証してみました!, あなたの愛車、走行距離が モーター最大トルク・・・14.4kgf・m 取り回しにかけてはヤリスクロスより優秀です。, 残念ながらどちらも全高が1,550mmを超えているため立体駐車場を利用するユーザーには向いていません。, ヤリスクロスはベースとなったヤリスと異なり3ナンバーボディということでフェンダーの張り出しが大きく、SUVらしいどっしりと力強さが感じられます。 Z・・・206万円, もう少しC-HRに近い価格になるのかな?と思っていましたが、トヨタもなかなか戦略的な価格設定をしてくるものです。, ただ、ヤリスクロスにはTNGAプラットフォームが採用されており、ヤリスの走りから考えても、走行性能はライズよりもかなり上になるはずです。, サイズ的にもライズとC-HRのちょうど中間なので、このサイズを求めている人も一定数いるはずです。, 【ヤリスクロス ライズ 比較】どっちがいい?違いはどこ?デザイン、サイズ、エンジン、先進機能、価格を比較。, 【次期マツダ6 最新情報】直6エンジン&FR化される模様。発売日、デザイン、サイズ、価格はどうなる?, 【新型マツダ3 2021 最新情報】改良モデルの変更点は?新型SKYACTIV-Xエンジン搭載か。発売時期、先進機能、価格など、まとめ, 驚愕!トヨタ・クラウンが現行限りで生産終了!?後継はハイランダーがベースになるだと!?クラウンはいつまで販売されるの?, 【悲報】新型ソリオにも、電動パーキングブレーキは採用されない模様。ルーミーと、新型ソリオの予防安全装備を比較してみよう, マツダは今後、電動化を推進する!マイルドハイブリッド、プラグインハイブリッド、レンジエクステンダーを開発へ。直6、FRも。. ・レーントレーシングアシスト ・リヤクロストラフィックオートブレーキ システム最高出力・・・116ps, ヤリスクロスに搭載されているエンジンは、どちらもダイナミックフォースエンジンです。, 【1.0Lターボ】 ・アダプティブドライビングビーム 最高出力・・・98ps/6000rpm 全長:4,180mm ・先行車発進お知らせ機能 リアのオーバーハングを180mmも延長されているためヤリスの209Lはもちろん、C-HRの318Lよりも容量アップが図られています。 ヤリスクロスには1.5Lガソリンエンジンに加えて1.5Lハイブリッドがありますが、さすがにライズと比較するには価格差があり過ぎですね。, 1.5LガソリンエンジンのヤリスクロスのGグレードとライズのZグレードが車両本体価格でほぼ、同額になっています。, 主要な装備を見比べてみると... 買取業者が70万円で 2020.04.29 トヨタのSUVが欲... トヨタのヤリスクロスは、手頃な価格とサイズからライズに続いて注目を集めています。 ・シートヒーターはヤリスクロスがオプションに対してライズは標準装備, どちらも安全装備のブラインドスポットモニターとリアクロストラフィックアラートやナビゲーションシステムはオプション扱いです。, こうしてみると排気量が大きく安全・運転支援システムの性能の高いヤリスクロスが、価格面でかなり頑張っていることがわかります。 全幅:1,765mm (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ©Copyright2017-2020 Attract Car.All Rights Reserved. 床面は荷物に応じて2段階選べるようになっていて使い勝手もよさそうです。 全高:1,560mm リアのシートバックは一般的な6:4分割となっています。 ・車線逸脱抑制制御機能 バンパー下部の両サイドの黒いガーニッシュがいいアクセントとなっておりSUVらしさを感じさせてくれます。. たとえ10万キロや20万キロであろうと、 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 今回は、ヤリスクロスとライズの、デザイン、サイズ、パワートレイン、先進機能、価格について比較をしてみましょう。, ヤリスクロスとC-HRの比較記事はこちら

・アドバンストパーク, ・衝突回避支援ブレーキ機能

メーターパネル周りとセンターコンソールがヤリスとは異なり、サイドブレーキが電動パーキングに進化しています。, 引用:https://global.toyota Z・・・221万円, ハイブリッド車

・レーダークルーズコントロール 買い取られることもあります。. 2020年9月2日更新 ヤリスクロスと、ライズを比較します。違いはどこなのか。デザイン、サイズ、エンジン、先進機能、価格を比較。ヤリスクロスには、ダイナミックフォースエンジン、最新のトヨタセーフティセンスが採用されます。

ベースのヤリスに比べてリアオーバーハングが拡大されておりラゲッジスペースが一クラス上のCセグメントに劣らないサイズとなりました。 ヘッドライトについてはヤリスクロスは約9万円のパッケージオプションを選択することでヘッドライトをLEDに変更することがができます。, 総額250万円まで予算が取れるなら、個人的にはヤリスクロスをおすすめしたいところです。, 引用:https://global.toyota 扱いやすいサイズというこ... コンパクトSUVの新型モデルとしてトヨタからライズが2019年11月に登場しました。 ・サイドビューランプ X S・・・174万5,000円 こうなると5ナンバーSUVとして大人気のライズとどちらがいいのか気になるところ。 引用:https://global.toyota, ライズは奇をてらわない端正ですっきりしたデザインですね。しっかり精悍な印象も与えてくれます。 トヨタ ・ブラインドスポットモニター ・アルミホイールはヤリスクロスが16インチに対してライズは17インチ 最大トルク・・・14.3kgf・m/2400-4000rpm, ライズの方が出力は低いですが、車重が軽いので、加速力は同程度になるのではないかと思います。, ライズはダイハツが製造しているので、ダイハツのスマートアシスト3が搭載されています。, ・プリクラッシュセーフティ エンジン最高出力・・・91ps/5500rpm

prius, 2020年2月にデビューした新型ヤリスのクロスオーバーとしてヤリスクロスが発表されました。 5ナンバーとは思えない空間が確保されておりボディサイズを考えると不満を持つ人はいないでしょう。(というかCセグメントがどれも狭すぎるというべきか?) ヤリスクロスは小型SUVというジャンルに当たるクルマであるが、トヨタの小型SUVといえば、2020年2月に初バイされた「ライズ」がある。多くのユーザーが、ヤリスクロスの発売を受けて「ヤリスクロスとライズ、どっちにしよう…」と悩んでいるのではないであろうか。今回は、私自身も悩んでいる「ヤリスクロスとライズ、どっちがいいの?」の疑問に答えを出すべく、記事をまとめたいと思う。, ライズとヤリスクロスは、トヨタの小型SUVというカテゴリーでくくればライバル関係となる。ただ全く同一のガチンコ対決するような2車種ではない。同じトヨタブランドが販売するクルマ。販売チャンネルが別ならまだしも、全く同じポジションな2種類のクルマを発売するわけがない。, そこで二つのクルマを比較するにあたり配慮すべき前提を整理しておいたい。始めに答えを言ってしまうが、ライズとヤリスクロスは、ガチンコライバル関係ではない。ヤリスクロスのほうが格上なクルマである。そこら辺を整理しておこう。, 表を見ての通りであるが、ヤリスクロスのほうが大きい。全長で184mm、全幅で70mm大きい。ただし全高はヤリスクロスのほうが60mm低い。ヤリスの全幅をみて気が付いただろうか。ヤリスという冠が与えられているが、ヤリスクロスは3ナンバー扱いのクルマである。サイズが大きいということは、ボディデザインにおいても自由度は高いということ。設計するデザイナイーはより思い通りな提案ができるわけで、つまりカッコいいデザインにできるということに繋がる。実際ヤリスクロスのデザインは、かっこいい。そのかっこいい印象を与えている理由の一つが、SUVらしく力強いフェンダーまわりではないだろうか。基本的に、幅広く・背低いクルマはカッコいい。ヤリスクロスとライズのデザインは、根本的に前提が異なっている。, これまた表に書いたまままであるが、1.5倍ライズとヤリスクロス排気量は違う。現代においては「排気量=車格」ではない事は認めるが、小型ガソリン車においては、やはり排気量が大きいほうが車格が上である。ちなみに小型SUV市場の先駆者であるホンダのヴェゼルは1500ccである。どちらかというとヤリスクロスは、C-HRと共にでの「ヴェゼル」イーターが使命なのかもしれない。, というわけで、ヤリスクロスとライズは、車格ベースでは住み分けをされている。ライズよりヤリスクロスのほうが、格上。, ヤリスクロスにはハイブリッド車があるが、ライズにはない。なので価格比較するにあたっては、ハイブリッド車の価格を無視した比較とする。, ライズの最安値はガソリンFFのXグレード、ヤリスクロスはガソリンFFのX”Bパッケージ”となる。価格差は11.7万円。両グレードとも多くの安全装備を日装備とした簡素なグレードである。, 逆にFFの最上級グレードを比較してみると両車ともZグレードで、価格差は15.0万円である。お互いの最上級グレードを対象に標準装備内容の違いについて比較してみよう。, ライズのカタログ標準装備をベースにヤリスクロスに同様の機能が装備されているかをチェックしてみた。ヤリスクロスについては、正式なカタログ等が出回っていないため、一部推測が入っていることをご勘弁を。情報が入手出来しだい、内容は補正していく。, ぱっと見比べた感じでは、ライズにある装備はヤリスクロスにも標準装備されていそうである。一つだけ「ADB(アダプティブドライビングビーム)」がライズのZグレードでは標準装備だが、ヤリスクロスではオプション扱いとなっている。, 現時点では見えていない(カタログが出回っていないのでわからない)標準装備の差はほかにもあるかもしれないが、主要な装備はこんなものであろう。, ライズとヤリスクロスの価格差は11.7~15万円。標準装備内容に大きな差(マジック)はないので、純粋に車体・エンジンの差が11.7~15万円と考えてよい。選ぶポイント1車体が一回り大きく、エンジンも1500ccのヤリスクロス。純粋に予算に応じてやや下の車格のライズにするか、格上のヤリスクロスにするかで判断してもよいと思う。またヤリスクロスは3ナンバーサイズであることをお忘れなく。, 選ぶポイント2ヤリスクロスのほうが車体サイズは大きいが、座席スペースは意外と小さい。特に後部座席については、ヤリス譲りであり、ライズのほうが広さはある。ライフスタイル的に4人乗車する機会が多いのであれば、後部座席に座る人に実車に乗ってもらい意見を聞いてみたほうがよい。念のためヤリスクロスのクロスをしておくが荷室・ラゲッジルームは広いのでたくさんの荷物を載せられる。, 選ぶポイント3純粋にエクステリアデザインで選ぶ。11-7~15万円の価格差が予算的に問題にならにのであれば、デザインで選ぶのもよいと思う。ライズとヤリスクロスは、クルマのキャラクターが全く異なる。同じトヨタ車で言うならば「RAV4とハリアーどっちを選ぶか」のようなものである。クルマに求めるイメージやライフスタイルにマッチするデザイン、キャラクターの車を選ぶのがよいと思う。, 前述のとおり、方向性の違う車を同軸で評価することは困難なので、ケースバイケースであることをお伝えしたが、それではこの記事が結末しない。, というわけで、私個人を軸にヤリスクロスとライズのおすすめを選ぶのであれば、「私は、ヤリスクロスをおすすめする」, 理由は、そのキャラクター。ヤリスクロスは欧州では先行セールスを開始しているグローバルな車である。特に伝統のある欧州での販売に力を入れているクルマということで、ヤリスクロスには独特の雰囲気がある。イメージがよい。もちろん性能についても手抜きはないと信じている。, 私はヤリスクロスを進める。ただし、あまりオプションをつけすぎると上位車種、下手するとハリアーにも手が届くような価格になってしまうので、グレードはGまで、安全装備のほどほどな内容とする。300万いないは当然、250万以内にしたいところである。, ガソリン価格 最新の動き 134.7円で先週より値下がり<2020/10/01版>, カローラツーリング ハイブリッド車とガソリン車の維持費や税金を計算!お得はどっち?. 全長:3,995mm 最大トルク・・・14.8kgf・m/4800-5200rpm, 【1.5Lハイブリッド】 ディーラーで下取り価格が20万円だった車が ライズは実際に運転席に納まってみても5ナンバーの狭さを感じさせません。 ・スマートパノラマパーキングアシスト, 【ヤリスクロスの価格】 しかしライズと乗り比べてみるとまだ一歩及びません。 全長が長くなったとはいえヤリスクロスに後席の足回りの広さは期待できません。 このためホイールベースを延ばさない限り後席スペースはどのクラスもきびしいようですね。, さらにヤリスクロスの1.5Lガソリンエンジンを試乗してみましたが、ストップ&ゴーの多い街中ではライズの1.0Lターボエンジンの方がパワフルで好感を持つ人が多いと思います。, 比較して感じるのが、ライズ(ロッキー)のデザインや設計の完成度の高さです。限られた制約の中で本当によくまとまっています。, ヤリスクロスは新開発1.5Lガソリンエンジンやハイブリッドの高い燃費性能、優秀なトヨタセーフティセンスが売りになりますが、ハイブリッドのZグレードで260万なので乗り出し価格は300万前後に達します。いくら燃費に優れるハイブリッド車とはいえライズとの価格差(少なくとも30万円以上)を埋めることは、年間走行距離が1万km程度では無理な話です。, このため安全・運転支援システムに特別にこだわりがない限り、ライズの選択は大いにアリだと思います。