父親の末期がん発覚、母親の事故死…と立て続けに不幸が度重なり、亮介は絶望の淵に立たされた。

関西出身・東京在住の主婦です。ドラマはミステリーがメイン。最近は海外ドラマにハマっています。.

gcse.src = 'https://cse.google.com/cse.js?cx=' + cx; Copyright ©モーモー シネマ&ライフ All rights reserved. そんな美紗子もやがて洋介(松山ケンイチ)と運命的な出会いをし、「愛」というこれまで知る由もなかった感情に触れることとなる。しかしそれはさらなる悲劇の幕開けにすぎなかった。 もちろんノートに記されている美紗子の産んだ子供は亮介です。, 「ユリゴコロ」を書き終えた美紗子は川で入水自殺を図りましたが

しかし”アナタ”に罪の意識が無ければ、”私”にご飯を奢ってくれることも無かったのです。, ”アナタ”に出会ってからしばらくすると、”私”は客との子供を身篭りました。 ネタバレ感想『ユリゴコロ』考察や評価レビュー. ”私”は”アナタ”と共に子育てをすることが初めて楽しいと感じ、

美紗子の両親は実の娘を殺せず、遠い土地へ美紗子を逃したのです。 大学卒業後に就職した会社を1年で追い出されてしまい、娼婦として働くことになります。, ある日”私”は客として声をかけた男の人にご飯を奢ってもらいます。 「ユリゴコロ」を読み終えました!前半がとてもショッキングな内容で、正直読むのが辛い場面もありました…ですが徐々に愛に満ちた物語に変わっていき、ラストは涙を流しながら読んでいました(泣)今回は「ユリゴコロ」のあらすじ・感想をネタバレ有りで紹介 gcse.async = true; 悩みの末、家族の手で殺すことを決め美紗子をダム湖に沈めました。 亮介は過去の記憶と照らし合わせ、「ユリゴコロ」の作者を探すことに 映画の感想、子育てや生活のいろいろを書きつづっています☆. PG-12指定のため、血が苦手な人は要注意です。, カフェを営む亮介(松坂桃李)の日常はある日突然崩れ去った。男手ひとつで育ててくれた父親が余命わずかと診断され、結婚を控えていた千絵(清野菜名)はこつ然と姿を消してしまったのだ。新しい家族を作ろうとしていた矢先の出来事を受けとめきれない亮介は、実家の押し入れで一冊のノートと巡り会う。「ユリゴコロ」と書かれたそのノートに書かれていたのは、美紗子と名乗る女(吉高由里子)の手記。人を殺めることでしか自分の生きる世界と繋がることができない女性の衝撃的な告白だった。 亮介……松坂桃李 亮介の父……貴山侑哉 そのノートにはある殺人鬼の生々しい告白文が記されていた。 Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. 2018年9月21日2019年9月26日 美紗子は洋介の素朴な優しさにふれ、徐々に惹かれていきます。, ところが、洋介から「大学生の時に男の子を死なせた」ことを打ち明けられ、美紗子は激しく動揺します。実はその子供を殺したのは美紗子で、洋介はそうとは知らずに美紗子の罪を被って苦しんでいたのでした。, 美紗子は父親のわからない子供を妊娠し、洋介から「結婚して一緒に育てよう」と言われます。 2018年9月21日 2019年9月26日 4分 「ユリゴコロ」 「映画」の記事一覧を見る. いわゆるサイコパスでしょう。, 物語は、松坂桃李さん演じる亮介と、吉高由里子さん演じる美紗子の視点で、交互に展開していきます。, わたしは、美紗子のストーリーには引きつけられましたが、亮介のストーリーにはあまり心が動きませんでした。少し強引な運び方だったように思います。, 経営するカフェは順調、千絵との結婚を控えて幸せいっぱいの亮介。 吉高由里子さん演じる美紗子は、次々と冷酷で残忍な殺人行為を繰り返します。, 特に前半、佐津川愛美さん演じる“みつ子”とのシーンは、ほとんど直視できませんでした(重要なシーンなのですが…)。, それでもラブストーリーだと思うのは、この作品がホラーでもなければ、殺人行為の倫理を問うものでもないからです。, これほどまでに残忍な殺人を繰り返す美紗子が、親切で心優しい洋介に選ばれ、愛されるという不条理。洋介に愛されることで、美紗子の〈ユリゴコロ〉が徐々に愛へと変化していく紛れもないラブストーリーなんです。, 残念だったのは、ミステリーになりうる要素が用意されているにも関わらず、どれも生かされていないこと。わたしは原作未読ですが、どうやら原作の設定を変えたことでミステリー要素が失われているようです。, 原作はミステリー、映画はラブストーリーに重点を置いたサスペンス、という感じでしょうか。, 冒頭で、美紗子を看たお医者さんが「ユリゴコロがない」などと言うので一瞬混乱しますが、「ユリゴコロ」という言葉は存在しません。, 幼い美沙子が、「拠りどころ」を「ユリゴコロ」と聞き間違えたんですね。 (function() { ”私”は溺れているミチルちゃんを眺め続け、やがてミチルちゃんは死んでしまいました。 そして亮介が経営している喫茶店の店員である細谷さんが しかし最後は躊躇いながらも美紗子の手に触れるのです。 この先はネタバレありの感想考察です。他の映画はおすすめ映画ジャンル別も参考にしてください。. 『ユリゴコロ』は、沼田まほかるのミステリ小説。2011年4月4日に双葉社から単行本が刊行された 。 2014年1月9日には双葉文庫から文庫本が発売された 。 2017年に映画化された。 すると衝撃の家族の秘密が明らかになる…!, ”私”は後頭部にコブがあり、人と喋ることができない子供でした。 「ユリゴコロ」は吉高由里子主演で映画化もされていますので、 美紗子は”死んでいる人”なので決して美紗子に触れることはありませんでした。 ”私”との結婚を望み、一緒に子供を育てる決意をします。, その後、無事に子供を出産し、”アナタ”を含め3人での生活が始まりました。 細谷……木村多江, この映画の原作は、沼田まほかるさんのミステリ小説「ユリゴコロ」(2011年刊行)です。, 2012年に大藪春彦賞受賞。 そして家族に内緒で1年に1度だけ亮介の父親と美紗子は会っていました。, 数日しか生きられない体になった亮介の父親を迎えにきたのは、なんと細谷さんでした。 s.parentNode.insertBefore(gcse, s); 4分, 怖くて切なくて悲しい映画でした。 別れの瞬間も亮介のことを”店長”と呼び従業員として別れを告げています。 最後の最後まで美紗子は死人だという事実を突き通したのですね。 以来、美沙子は〈ユリゴコロ〉を求めて人生をさまようことになります。, 生まれながらに良心が欠如し、他者に共感できない美沙子。 そのせいで亮介の未来が暗いものになってしまい、千絵との再会も素直に喜べませんでした。, 美紗子が病床の洋介と再会するラストシーンは、穏やかな光に満ちて幸福感に包まれていたけど、わたしは亮介の将来が気になって気になって……。, わたし、今まで吉高由里子さんのことが少し苦手だったのですが、これを見て好きになりました。それほど彼女が演じた“美紗子”は素晴らしかったです。, 前半を見る限りは絶対に共感できない役なのですが、洋平と出会ってからの美紗子には、生まれたての赤ん坊のような純粋ささえ感じました。, ダムで洋平から死を促される場面は、彼女の涙があまりにも痛々しくて、殺人鬼である美紗子に感情移入してしまいそうになったほどです。, 松山ケンイチさん、松坂桃李さんもよかったし、木村多江さん、佐津川愛美さん、清野菜名さんら女優陣の演技も光っていました。. ミチルちゃんの家の庭には井戸があり、”私”はその井戸を覗くと闇に飲み込まれてしまう経験をします。 (亮介が幼少期に感じた母親への違和感は間違いなかったのですね), なんと千絵は既婚者でした。夫の元に帰るために失踪したのです。 var s = document.getElementsByTagName('script')[0];

それからはミチルちゃんの家に行った際は欠かさずカタツムリや虫を井戸に落とすことで、心を落ち着かせるようになりました。, ある日”私”の前でミチルちゃんが庭の池に落ちて溺れました。 感想(以下ネタバレ含む) 前後半の圧倒的な対比が秀逸!まったく共感できなかったはずの殺人者の心情の変化に、憐憫が湧き上がる!! 俳優ピックアップ. (美紗子を追いかけ亮介も川で溺れましたが、美紗子は1人で死のうとしました), その後「ユリゴコロ」を読んだ美紗子の家族は しかし”アナタ”も美紗子に殺されてしまうんだろう…と予想していたところからがどんでん返しでしたね。

})(); 映画の感想が主です。それらを通じて社会に対する考えを述べたり、個人的な疑問などを考えたりすることも, 事実を基に製作された、連続殺人犯の運命を描いた作品。主役のシャーリーズ・セロンの醜さがやばい。恋人役のクリスティーナ・リッチの容姿も酷い(笑)。ある種の切実な感情を訴えてくるストーリーの面白さに加え、シャーリーズ・セロンの女優としての凄みを感じる作品であった。ネタバレあり。 ―2004年公開 米 109分―, 失業したことで裏社会の仕事をすることになった主人公が、自分の中に隠れていたある才能に気づく。その才能とは、殺人を犯すことであった。そんな彼が、どうなっちゃうのかという話。個人的には、なんだかよくわからない変な映画だと思った。あと、主人公の恋人に全く魅力を感じない。ネタバレ少し。 ―2014年製作 韓 102分―, ソシオパスの主人公がシリアルキラーと対決する話。シリアルキラーの殺人現場を目撃したことで彼に興味を持ち、相手の生活に入り込んで少しずつ追い詰めていき、クライマックスのあの展開。あれは何だったんだろうか。よくわからん(笑)ネタバレあり。 ―2017年公開 愛=英 104分―, 勝手にサスペンスだと思っていたので、終盤の展開でやっとホラー映画だったことに気付いた(笑)。サスペンスにしては適当すぎて、ホラーにしては殺人鬼が普通すぎて何の驚きもない。個人的には作品の質と関係ないところで感慨深い作品である。ネタバレあり。 ―1999年 日 118分―, 映画 家族ゲーム ネタバレ感想 松田優作がラストに一家の食事に便乗してパイ投げ(笑).