Google認証システムアプリに表示される認証コードは、30秒ごとに更新されるため、 モバイル端末設定で表示させる時刻設定が「自動タイムゾーン(ネットワークから提供されるタイムゾーン)」に設定されていない場合、数秒差で認証コードが合わない場合があります。 ただし、リスクが高くなるので、早めにサーバー側で最新の更新プログラムを適用するようにお願いします。クライアントPCの下記の設定も元に戻すようにお願いします。

常時でないにしても会社のPCに外出先や家から接続できたらいいなと思うことは多々あると思います。そんな時に使用できるのがChromeを利用したChrome Remote desktopです。設定は簡単でだれでも使用することができます。ぜひ、リモートアクセスを行いたいという人がいれば実行してみてください。 Google認証システムアプリに表示される認証コードは、30秒ごとに更新されるため、 モバイル端末設定で表示させる時刻設定が「自動タイムゾーン(ネットワークから提供されるタイムゾーン)」に設定されていない場合、数秒差で認証コードが合わない場合があります。 Copyright (C) 2020 IT Trend All Rights Reserved.

2020/11/10, スリープ状態になったら接続できなくなるかもしれないのでスリープの設定はなしにしています。, セキュリティに関してですが、リモートデスクトップを設定したPCにアクセスするためには、Googleのアカウントのメールアドレスとパスワード、設定中に決めるPIN番号が必要になります。この3つがわかると会社のPCに第3者からアクセス可能となります。Googleアカウントを業務で使用する場合は2段階認証を設定しておきましょう。, Googleにログインしていない場合はアカウントのメールアドレスとパスワードを入力する必要があります。2段階認証を行っている場合は確認コードも入力する必要があります。, また文字が小さくて見えない場合はディスプレイの設定の拡大縮小とレイアウトでサイズの倍率を変更してください。普段からデスクトップにアイコンをたくさん配置している場合はサイズを大きくすると画面がアイコンで埋まってしまうので日頃の整理が大事だと感じてください。, アップロードはローカルからリモート側へのファイル送信、ダウンロードはリモート側からローカルへのファイル送信です。ファイルを選択するだけで簡単に行うことができます。, モニターの設定についてはリモートデスクトップの機能ではなく通常通り画面上で右クリックしてディスプレイ設定で設定を行うことができます。.

本来、サーバー側にも2018年5月以降のWindows Update(更新プログラム)を適用する必要があります。 Microsoft社などの情報を含む詳細は以下ナレッジをご覧ください。 スタートからgpedit.mscを入力します。

[Windows] 2018年5月の更新以降リモートデスクトップ接続ができない, クライアントPCで、ローカルグル―プポリシーエディタを起動します。 IT 技術の進化はとどまることを知りません。矢継ぎ早に新たな技術が出てきたり、数... nesuke の考える NW エンジニアの2つの道 ネットワークエンジニアには... 【図解】初心者向けWSUSの設計/運用と使い方~仕組みやグループ分けの負荷分散,サイジング,承認について~, ひと目でわかるActive Directory Windows Server 2019版. Copyright(C) 2020 OTSUKA CORPORATION All Rights Reserved. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 次に『アカウントロックアウトのポリシー』にてパスワード間違え時のアカウントロックを設定。, ここでは Administrators 等は禁止し、個人を識別できるアカウントを作成して登録すべきです。, TCP/UDP: 3389 を変更し、攻撃者から推測しにくくします。変更するためにはレジストリの変更が必要です。, Windowsキー + R ⇒ 『ファイル名を指定して実行』にて "regedit" を入力し、Enter, (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ここを例えば 65432 に変更して再起動します。これで TCP も UDP もポート番号が 65432 に変わります。, RDP で使われる TLS のバージョンは現在 1.2 になっていますが、少しカスタマイズが入っているようで、完全な RFC 準拠にはなっていません。, パケットキャプチャを Wireshark で見てみると "Ignore Unknown Record" と表示され、RFC 規格には存在しない [ Record Type=0x03 ] が埋め込まれています。, 他は RFC のものに非常に似通っていますが、ネゴの最後の "Finished" が無く、Encrypted Handshake Message でネゴを締めています。, UDP は以下のように Client<->Server 間で互いにやり取りしています。(詳細は不明), 【FG60E】セキュアなリモートIPsec VPN+FortiClientの設計・構成設定例.

2 段階認証プロセス(2 要素認証プロセスとも呼ばれます)は、パスワードが盗まれた場合に備えてアカウントのセキュリティを強化するものです。2 段階認証プロセスを設定すると、アカウントへのログインは、次のものを使って 2 段階で行うことになります。, お使いのアカウント username@gmail.com が職場や学校に関連付けられているものである場合、2 段階認証プロセスを設定できないときには、管理者にお問い合わせください。, 2 段階認証プロセスを有効にした後には、ログインの際に 2 つ目の手順により本人確認を行うことが必要となります。このように、設定した 2 つ目の手順を完了することがログインに必須となるので、お使いのアカウントの保護を強化できます。, 重要: Google からのメッセージを使用するには、最新の Google Play 開発者サービスがインストールされた Android スマートフォンが必要です。, Google では、2 段階認証プロセスの 2 つ目の手順として、Google からのメッセージを使うことをおすすめしています。このメッセージは、確認コードよりも簡単に使え、SIM スワップのような電話番号を利用したハッキングを防ぐこともできます。, お持ちの Google アカウントで Google からのメッセージを受け取るには、次のようなデバイスが必要です。, このプッシュ通知内のデバイス情報や位置情報を確認したうえで、次のいずれかを選ぶことができます。, 物理的なセキュリティ キーとは、本人がログインしていることを証明できるようにするための小型のデバイス(別途購入が必要)です。本人確認が必要となったときに、このキーをスマートフォンやタブレット、パソコンに接続するだけで済みます。セキュリティ キーの注文については、こちらの記事をご覧ください。, また、対応スマートフォンの組み込みのセキュリティ キーを使用するという方法でも、新しいデバイスにログインできます。, ヒント: たとえばハッカーがユーザーのパスワードなどの個人情報をだまし取ろうとしたとき、セキュリティ キーは、そうしたフィッシング攻撃から Google アカウントを保護するのに役立ちます。詳しくは、フィッシング攻撃についてのブログ記事をご覧ください。, インターネット接続やモバイル サービスを利用できない場合は、Google 認証システムなどのアプリの設定により、1 回限りの確認コードを作成できます。, 以前に指定した電話番号宛てに 6 桁のコードが送信される場合があります。コードについては、テキスト メッセージ(SMS)か音声通話のどちらで受け取るかを設定できます。本人確認を行うには、このコードをログイン画面で入力します。, 8 桁のバックアップ コードを印刷またはダウンロードして、安全な場所に保管しておくことができます。バックアップ コードは、スマートフォンを紛失した場合に役に立ちます。, お使いのパソコンやスマートフォンでログインするたびに 2 段階認証プロセスの 2 つ目の手順を行わずに済むようにするには、[このコンピュータでは次回から表示しない] チェックボックスをオンにします。, //www.google.com/tools/feedback/metric/report.