4 バイロン・スコット | 16 レッド・ホルツマン | なお、2014-15シーズンはデマーカス・カズンズがキングスの選手としては2004年のブラッド・ミラーとペジャ・ストヤコビッチ以来のNBAオールスターゲームの出場メンバーに選出された。, レイジョン・ロンドやマルコ・ベリネッリなど、優勝経験者を獲得した2015-16シーズンだったが、それでも悪い流れは変わらず、10年連続負け越しとプレーオフ不出場に終わり、ジョージ・カールHCはシーズン終了後に解任。アルコ・アリーナから親しまれてきたスリープ・トレイン・アリーナの最後のシーズンを飾ることは出来ず、2016-17シーズンより、新アリーナのゴールデン1センターで再出発することになった。, 新アリーナに移転し、新ヘッドコーチにデビッド・イェイガーを招聘して挑んだ2016-17シーズンだったが、それでも悪い流れは変わらず、同シーズンのNBAオールスターゲーム開催日には、遂にデマーカス・カズンズをニューオーリンズ・ペリカンズに放出。同シーズンも負け越しで終了した。, 2017-18シーズンは、ヴィンス・カーターやザック・ランドルフといったイェイガーヘッドコーチのメンフィス・グリズリーズ時代の教え子やジョージ・ヒルなどベテラン選手を獲得しシーズンスタート。10月24日にはジェニー・ブーセックとコーチ契約を結び、リーグ3人目の女性コーチとして話題を呼んだ。, 太文字…殿堂入り選手 (C)…優勝時に在籍した選手 (M)…在籍時にMVPを獲得した選手 (50)…偉大な50人, ロチェスター・ロイヤルズ(1945-1957) さらに、オニールは、黄金期のレイカーズとブルズの指揮官が、いずれもフィル・ジャクソンだったことをポイントに挙げた。 この2チームが対戦する場合、名将のジャクソンがどちらのチームのヘッドコーチを務めるかが、勝負を大きく左右するからだ。 -- トム・マーシャル (Tom Marshall)1958-60 ダル「最も惑わせた投球賞」受賞 -- ジャック・マクマーン (Jack McMahon)1963-67 Sponichi Annexに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての著作権はスポーツニッポン新聞社と情報提供者に帰属します。. 32 マジック・ジョンソン | -- ルーク・ウォルトン (Luke Walton)2019-, 3 フランク・ソウル | 14 アーニー・ライゼン |

レイカーズのレジェンド、マジック・ジョンソン(左)がマブズのドンチッチ(右)獲得を熱望?(C)Getty Images, 「お前はNBAチャンプだ」ヤニス・アデトクンボが優勝を経験した弟を祝福。Twitter投稿には10万件の「いいね」, 【NBAデュオ列伝】KG&マーブリー――ミネソタを沸かせた若きデュオの「出会い」と「確執」|前編. Copyright(c)Nippon Sports Kikaku Publishing inc. All rights reserved. new! 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ジェームズ・エイガー・ウォージー (James Ager Worthy, 1961年 2月27日 -) は アメリカ合衆国 の元 バスケットボール 選手。8 80年代の ロサンゼルス・レイカーズ の黄金期のメンバーである。

19 トニー・キャンベル | NBAレイカーズの元監督で、北米4大スポーツの殿堂入りメンバーの生存者の中では最高齢だったジョン・クンドラ氏が22日、ミネソタ州ミネアポリス郊外の介護施設で死去。101歳だった。, 同氏は1947年、NBLというリーグに所属していたデトロイト・ジェムズがミネアポリスに移転してレイカーズとなった際に指揮官に就任。名センター、ジョージ・マイカンを擁していたレイカーズは1948年、まだBAAと呼ばれていたNBAに移籍し、そのシーズンにいきなりリーグ制覇を達成した。翌50年も優勝。52年からはファイナル3連覇を達成するなど、レイカーズの初期黄金期を築いた。 52 Mike Smrek |

 31歳で監督となって42歳で勇退。通算では423勝302敗という好成績を残したが、ベンチでのもの静かな態度は、叫んだり審判に文句を言うのが当たり前だった当時のNBAではひときわ異彩を放っていた。, 松山 通算8アンダーで13位「結果としては悔しいけど、いい1週間だった」マスターズ最終日. new!

-- カンザスシティ=オマハ・キングス(1972-1985) 「夢が」D・ジョンソンの目に涙

Kostas Antetokounmpo Antetokounmpo F 22 208 91 Kg 37 Dayton USD 79,568 Devontae Cacok Cacok PF 24 201 109 Kg 12 North Carolina Wilmington- Alex Caruso Caruso SG 26 196 84 Kg 4 … -- ジェリー・レイノルズ (Jerry Reynolds)1987-90 2014-15シーズンは、開幕から5割前後の闘いで踏ん張ってきたが、12月に入りデマーカス・カズンズをウィルス性髄膜炎で欠いて以降連敗が続き、マイケル・マローンHCは、12月14日に解任された[1]。12月16日、ペジャ・ストヤコビッチの背番号16を永久欠番とすることを、祝賀セレモニーで発表した。ストヤコビッチの16番は、チーム11番目の永久欠番となった[2]。その後、タイロン・コービンがアシスタントからヘッドコーチに昇格したものの事態は好転せず、コービンは退任となり、オールスターゲーム明けからジョージ・カールを新たにヘッドコーチに招聘し、再出発したがチーム状況が好転したとは言えず、チーム再建は2015-16シーズン以降に持ち越しとなった。 -- フィル・ジョンソン (Phil Johnson)1973-78 -- レジー・セウス (Reggie Theus)2007-09 -- ラリー・ステイヴァーマン (Larry Staverman)1977-78 20 ジョー・マクナミー | 2009-10シーズン続く最悪の成績から、ドラフト上位指名権を得てタイリーク・エバンスを4位指名で獲得し、わずかではあるが成績を上げ、引き続き2010-11シーズン、5位指名でデマーカス・カズンズを獲得したが、50敗以上の“ドアマット・チーム”から抜け出すことはできなかった。

毎年好カードが組まれるクリスマスゲーム。今年は王者レイカーズがウォリアーズと激突か?, レブロンがマジックに次ぐ2位…2019ー20シーズン終了時点でのNBAプレーオフ通算アシストランキング, 2WAY契約から這い上がった苦労人カルーソが、レブロン&デイビスの2大エースから評価される理由, 超大物ぞろい! 2021年のフリーエージェント上位15選手を現地メディアがランキング, 現役最高の司令塔クリス・ポールにレイカーズ入りの可能性が浮上!親友レブロンとのタッグ結成か. Copyright © SPORTS NIPPON NEWSPAPERS. All Right Reserved. -- デビッド・イェイガー (David Joerger)2016-2019 -- エリック・マッセルマン (Eric Musselman)2006-07 -- リック・アデルマン (Rick Adelman)1998-06 43 マイカル・トンプソン |

ジェームズ・エイガー・ウォージー(James Ager Worthy, 1961年2月27日 - ) はアメリカ合衆国の元バスケットボール選手。80年代のロサンゼルス・レイカーズの黄金期のメンバーである。カリーム・アブドゥル=ジャバーやマジック・ジョンソンを中心としてショータイムと形容され、NBAファイナルの常連となっていたレイカーズで、その速攻オフェンスの要の一人として、1985年・1987年・1988年の3回のチャンピオンシップ優勝を経験した。2003年にバスケットボール殿堂入りした。ロサンゼルスのKCBSテレビジョンで解説者を経て、現在はロサンゼルス・レイカーズのアシスタントコーチ。, ウォージーはノースカロライナ州のアッシュブルック高校を1979年に卒業した。高校時代からその才能は際立っており、最終学年では平均21.0ポイント、2.6アシストをマークし、1979年のジュニアワールドカップメンバーにもなっている。大学は2年間ノースカロライナ大学に通った。1982年には彼の活躍でNCAAチャンピオンシップまで進み、彼はNCAAファイナル4のMVP、東地区のMVP、11メディアでのオールアメリカチームに選出されている。大学ではゲーム平均14.5ポイント、7.4リバウンド、2.5アシストをマークしている。在学時のエピソードとしては、17点差で勝っていた試合でジミー・ブラックとともに派手なプレーをして、そのことをコーチから厳しく叱責されたことがあり、そのことについてはデイヴィッド・ハルバースタムの著書『ジョーダン』に記されているほか、日本のノンフィクション作家海老沢泰久も著書やコラムで取り上げていた。, ウォージーのカレッジ時代の活躍はNBAからも大きな注目を集め、1982年のNBAドラフトの目玉となり全体一位指名でロサンゼルス・レイカーズに入団する。当時レイカーズにはカリーム・アブドゥル=ジャバーとマジック・ジョンソンがおり、既に西地区の強豪チームとなっていたが、ウォージーの加入はそれに「速攻」の要素を加えることになる。マジック・ジョンソンの芸術的なパスはウォージーによってさらに活かされ、「ショータイム」と称されるようになる。ウォージーの在籍中にレイカーズは実に7回のNBAファイナル進出(1983年・1984年・1985年・1987年・1988年・1989年・1991年)し、3回の優勝(1985年・1987年・1988年)を果す。特に1988年のファイナルでは22.0ポイント、7.4リバウンド、4.4アシストを記録し、第7戦には36ポイント、16リバウンド、10アシストのトリプルダブルを記録してファイナルのMVPに選ばれた。, 彼は1994年に引退するまでレイカーズに在籍し続け、引退後はレイカーズのゲームの解説者となった。1996年にはNBAの50周年を記念して選ばれた「NBA偉大な50選手」の一人にも選出され、2003年に殿堂入りした。, 2015年9月28日、ロサンゼルス・レイカーズのコーチングスタッフの一員となった[1]。, 4 バイロン・スコット | 11 ボブ・マカドゥー | 12 ロニー・レスター | 21 マイケル・クーパー | 25 ミッチ・カプチャック | 31 カート・ランビス | 32 マジック・ジョンソン | 33 カリーム・アブドゥル=ジャバー(ファイナルMVP) | 35 ラリー・スプリッグス | 40 マイク・マクギー | 42 ジェームス・ウォージー | 43 チャック・ネヴィット | 52 ジャマール・ウィルキス | コーチ: パット・ライリー, 1 ウェズ・マシューズ |