マロウブルーティーは「夜明けのハーブ」と呼ばれ、お湯を注ぐと鮮やかな青色となり、そこにレモン果汁を少し加えると、淡いピンク色に変化します。飲み口にクセはなく(無味に近い)、フローラルな香りがあり、主に消化器系の炎症を抑える効能があります。

ティーツリー ; ティー ... 精油は消毒、皮膚の問題に用いられ、スキンケア用品に配合されることもある。皮膚刺激性 のあるシネオールの少ないものが医療用に推奨されている 。他にティーツリーと呼ばれる植物も最初の項で説明する。 ティーツリー. 健康茶とハーブティー専門店 果林 / マロウブルーブレンド(ハイビスカス、ローズヒップ), ティーポット(急須)とティーカップにお湯を注ぎ、温まったらお湯を捨てる(ティーカップのお湯はそのまま). Copyright (C) 2015 - 2020 PLAN Co.,Ltd.

強アルカリや強酸性の洗剤と違って強力過ぎないので素材を痛める可能性が少ないので、とても扱いやすい洗剤となります。 まとめ. 専門業者ではない一般の方でもお掃除という作業は常日頃からするでしょうが、洗剤の性質や成分を考えて作業を行う人はそれほどいないでしょう。, おそらく多くの人はキッチン用だったりトイレ用だったりと用途に合わせたものを使うと思いますが、それでも大丈夫です。, どういうことかというと、汚れに有効でも素材に対してのダメージも強くなってしまうので、その辺りも把握した上で使う必要があるのです。, 水に馴染みやすい親水基と油に馴染みやすい親油基を持ち、この作用により、水と油が溶け合うようになります。, また界面活性剤には陽イオンの親水基をもつカチオン活性剤と陰イオンの親水基をもつアニオン活性剤の2種類があります。, なお、カチオンは酸性、アニオンはアルカリ性、どちらでもない場合はノニオンと言って中性となります。, 真ん中の7.0のみが中性のノニオンとなり、それ未満の数値ならカチオン(酸性)、それ以上ならアニオン(アルカリ性)です。, 例を上げると酸性の代表ともいえる塩酸はph0、アルカリ性代表の水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)はph14。, ph14をph13にするときは水で10倍に薄めるということです。ph14からph12なら100倍。, キッチンや換気扇の油汚れはもちろん、ドアやスイッチの手垢や皮脂汚れ、タバコのヤニも油となります。, 油汚れというのは性質が酸性です。ですから油汚れにはアルカリ性の洗剤を使うのが適切です。, キッチンや換気扇には強力な油用洗剤を使用しますが、ドアなどの建具には強すぎるため、ph8〜ph9程度に抑えられた弱アルカリ洗剤を使用します。, 酸性洗剤は用途によっていくつか使い分ける必要があり、具体的な成分と用途は下記の通りです。, なおフッ化水素酸(フッ酸)や10%以上の塩酸は医薬外毒物に指定されており、非常に危険な物となっております。, 使用する際は酸性用手袋を着用の上、皮膚につかないように注意を払いながら作業する必要があります。, 前述の通り、中性とはph値で言うと7.0です。物で言うと不純物を一切含まない純粋ということになります。, マルチクリーナーや万能洗剤と呼ばれているケースが多く、手垢などの軽度な汚れに使用されます。, 強アルカリや強酸性の洗剤と違って強力過ぎないので素材を痛める可能性が少ないので、とても扱いやすい洗剤となります。, イオン濃度を示したph値は7.0を中性として下回る数値が酸性、上回る数値がアルカリ性です。, そしてサビや水垢、尿石などの無機質な汚れに対しては酸性洗剤を、油汚れに対してはアルカリ性洗剤を使用します。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, これから開業を考えている方には役に立つ記事かと思いますので読んでくれると嬉しいです。時々、英会話について書きます。, 界面活性剤には陽イオンの親水基をもつカチオン活性剤と陰イオンの親水基をもつアニオン活性剤の2種類があります。, カチオンは酸性、アニオンはアルカリ性、どちらでもない場合はノニオンと言って中性となります。, サビや水垢、尿石などの無機質な汚れに対しては酸性洗剤を、油汚れに対してはアルカリ性洗剤を使用します。. クエン酸; リンゴ酸; といった、酸性の成分から生まれています。 マロウブルーティーは「夜明けのハーブ」と呼ばれ、お湯を注ぐと鮮やかな青色となり、そこにレモン果汁を少し加えると、淡いピンク色に変化します。飲み口にクセはなく(無味に近い)、フローラルな香りがあり、主に消化器系の炎症を抑える効能があります。, マロウブルーティーは面白い特徴があります。それは色の変化を楽しむことができるというものです。その美しい色の変化から「夜明けのハーブ」と呼ばれています。ここではマロウブルーティーの特徴、成分、効能、だけでなく、飲み方や注意点、ブレンドに至るまでご案内させていただきます。これを読めばきっとあなたもマロウブルーティーについて詳しくなれるでしょう。, マロウブルーティーの特徴はその色にあります。お湯を注ぐと鮮やかな青色となり、そこにレモン果汁を少し加えると、ピンク色に変化します。このロマンチックな色の変化から「夜明けのハーブ」と呼ばれています。飲み口にクセはなく(無味に近い)、フローラルな香りがあります。, また、マロウブル―はウスベニアオイと呼ばれるアオイ科の植物でハーブティーとして使用されるのは赤紫色の花の部分です。, マロウブルーティーの大きな特徴である色の変化、この仕組みに関わる物質はアントシアニンと呼ばれます。アントシアニンはpHの変化(酸性、中性、アルカリ性)によって色が変化します。, マロウブルーにお湯を注ぐとまずは青色になり、そこにレモン果汁など、酸性にするものを加えるとピンク色(赤)に変わります。これはpHの変化によってアントシアニンの構造が変化し、吸収する光の波長が変わることで起こります。また、色は時間の経過とともに退色していきます。, 同様に色の変化を楽しめるハーブとしてはマロウブラックがあります。こちらも酸で色が変化しますが、名前のとおり、暗い色味となります。価格はこちらのほうが少しリーズナブルとなります。(下記に商品紹介有), この作用はペクチンとタンニンによるものとされています。ペクチンは粘膜質と呼ばれる性質を持ち、消化器系、口から腸にかけて粘膜を保護することで炎症を抑えます。タンニンは収れん作用によって粘膜の保護をします。これにより、せきや気管支炎、花粉症による粘膜の炎症、タバコの吸いすぎなどの呼吸器系の症状や、胃炎、腸炎などの症状緩和にも良いとされています。収れん作用とは物質が体内のタンパク質と結合することによって不溶の沈殿物質を作り、組織表面を覆うことです。これにより組織が保護されることにつながります。, 肌の炎症を抑えるためには飲むのではなく、ティーをコットンなどに含ませて炎症部位にあてることでその効能が得られるとされています。その場合は飲む時よりも濃く作り使用すると良いでしょう。ただし、炎症を抑えることに使用するのは少しもったいないかもしれません。, ハーブは薬ではありませんので医師から処方された薬の代わりに使用することはできません。また、そのメカニズムについても解明されていない部分が多いというのが現状です。ですが、その効能が認められ、飲まれ続けているという事実は変わりません。効能についての理解した上でハーブティーの良さを楽しみましょう。, マロウブルーティーはホットだけでなく、アイス(水出し)で楽しむメリットが多くあります。それぞれの入れ方について紹介させていただきます。, ※ティーバッグを使用する際は商品によってハーブの量が異なりますので、表示の通りにいれてください。, 容器にマロウブルーを3~4gと水(常温)750mlを入れ常温でおきます。抽出時間の目安は2時間です。茶こしが付いていない容器の場合、茶こしを使って注ぎましょう。, マロウブル―ティーは安全性が高く、飲むタイミングや量についての注意はありません。(常備薬などがある場合はその限りではありません。), ストレートで飲む場合は無味に近いので、はちみつを加えると飲みやすくなります。色の変化を楽しみつつ美味しく飲む方法としてはアイスでカルピスをブレンドする飲み方が有名です。作り方としてはアイスのマロウブルーティー(水出し)150mlをガラスのコップに入れ、カルピスの原液を30ml程度加えてください。その際、ゆっくりと注ぎ込むことで色の変化を楽しむことができます。また、水出しにしたマロウブルーティーは氷にすると美しく、おもてなしなどにも良いでしょう。, 効能の面から相性の良いハーブとしてはまず、ローズマリーやローズヒップがあげられます。これらは腸の健康を整える効能で相性が良いと言えます。その他には鼻づまりなどの症状緩和のためにセージやフェンネル、風邪予防にはタイムを合わせると良いでしょう。, また、色を楽しむのに良いハーブとしてマリーゴールドなど黄色のハーブがおすすめです。黄色のハーブをブレンドすると、青色ではなく、きれいな緑色となりいつもと少し違うマロウブルーティーを楽しむことができます。, シンプルに楽しむためにはまずはマロウブルー単体で。下記の商品は参考までにご覧下さい。少量のものもあるのでまずはお試しも良いでしょう。, 50g入り。オーガニックのものです。同社には50g、100g、1kgのタイプがあります。大容量になるにつれてコストパフォーマンスは良くなります。, 下記には目的別のブレンドティーとマロウブルーと同品種で同じく色が変化するマロウブラックを紹介させていただきます。, ティーバッグタイプ8個入り。鎮静作用のあるハーブを中心に6種類がブレンドされています。, 30g入り。マロウブルーにハイビスカスとローズヒップをブレンド、ビタミンを多く含む美容に向くブレンドです。, 100g入り。マロウブルーと同様pHの変化で色が変わるハーブ、マロウブラックです。同社には500g入りのものもあります。, このページは、ピントルのハーブティー専門ページです。ハーブティーの種類や特徴などを詳しく解説すると共に、おすすめランキングや選び方などについても紹介していますので、ハーブティーについて詳しく知りたい方は必見です。. ティーツリー(一般名Narrow-leaved Paperbark Tea tree[3])は、フトモモ科コバノブラシノキ属(英語版)の常緑植物、学名はMelaleuca alternifolia。精油のティーツリー油(英: Tea tree oil、ティーツリーオイル)はこの植物の葉から抽出されたもの。精油は消毒、皮膚の問題に用いられ、スキンケア用品に配合されることもある。皮膚刺激性のあるシネオールの少ないものが医療用に推奨されている[4]。他にティーツリーと呼ばれる植物も最初の項で説明する。, フトモモ科の植物は葉に斑点があり絞ると精油を放出し、コバノブラシノキ属(英語版) (Melaleuca、メラレウカ) に属する種を、オーストラリアでは集合的にティーツリーと呼んでいるため混乱がある[2]。, 別の植物 マヌカ(学名 Leptospermum scoparium、マヌカハニーの原料)の葉を煮ることで茶ができることから、当時の探検家ジェームズ・クック(クック船長)は Tea Plant と呼んで自家製ビールにも配合した[5]。探検家のジョン・ホワイトは、1790年の著書『ニューサウスウェールズへの航海(スペイン語版)』に、ティーツリーの呼称が乗船員によって名付けられたことを記しており、これには本種 (M. alternifolia) とは異なるが同様にお茶(Tea)として利用されていた M. attenuatum と見られる植物の挿絵が描かれていた[5]。こうして19世紀には、総称としてティーツリーと呼ばれるようになった[5]。, 一般名 Narrow-leaved Paperbark Tea tree が同名のもの[6]。, カヌカ(学名 Kunzea ericoides、通称ホワイトティーツリー)もティーツリーとよばれることがある。精油の毒性試験や抗菌活性試験が行われているのはティーツリーのみであり、マヌカ、カヌカは成分組成に大きな違いがあるため、アロマテラピー(芳香療法、精油療法)で代用することはできない[7][要説明]。, 化粧品などに用いられるティーシードオイル(Tea seed oil)、ティーオイル(Tea oil)は、ツバキ科の植物の種子から作られる。, 日光のよく当たる場所に生育し、8メートルほどまで成長する。花期は春で、5cmほどの筒状の白色の花が密集して咲く。, 先住民族のアボリジニの間では、この葉をつぶして患部につけ、上から粘土パックで覆いケガや皮膚の治療などに使われてきた[9][10]。西洋人は未開人の知識としてこれをなかなか受け入れられなかったが、1920-1930年代には各国で研究が行われ注目を集め、1949年には「英国薬局方」にも掲載される[11]。, 1925年にはオーストラリアのニューサウスウェールズの科学者アーサー・ペンフィールドが体系的な分析を発表し、この地方には30の蒸留器が設置された[12]。1930年までにオーストラリア・ティーツリー・オイル社がメラゾルという製品を調剤、1930年代には、メラゾル、水溶性混濁液のティートロルという呼称で医師も使うようになった[13]。特に、第二次世界大戦では、ティーツリー油(ティーツリーオイル、英: Tea tree oil)がオーストラリア兵の救急箱の常備薬だったが、合成薬品が登場してから注目を奪われた[11]。1950年代には蒸留器は3つしか稼働しなかった[13]。その後、伝統医学への関心の高まりと、副作用が比較的少ないことから、近代的な医療からも注目が再燃した[11]。抗生物質の使用によって耐性菌が生じる問題は21世紀になり大きくなってきたが、精油は、耐性菌の出現にほとんど影響しない[14][15]。, ニューサウスウェールズの北部ベリナのバンガワルビン川周辺の沼地にティーツリーの木が分布しているが、1976年にはサーズデイ・プランテーション社が再開発を行い最高品質の木を栽培している[16]。1985年には生産量は10トンだったが、1990年には60トンとなり、1998年には需要は700トンとなった[17]。, ティーツリー精油は、プラスチックに吸収される[19]。(またその結果、プラスチックを脆くする), フトモモ科の植物は自然に化学種(ケモタイプ)が生じてしまうため、産地による成分の差が大きく、同じティーツリー油でも薬効に差がある。オーストラリアには精油の品質規格があり、成分調整が行われ質は比較的安定しているが、ニュージーランド産は製品ごとの成分の差が大きいため、アロマテラピーに利用するのは難しい[7]。, 医療用では成分のテルピネン-4-オルは30%以上が求められ、一方でシネオール(1,8-シネオール)には粘膜と皮膚への刺激があるため含有量が多いものは傷や皮疹には不向きなため、少ないものを医療用に使うべきとされイギリスやオーストラリアでの規格化につながった[4]。高品質なものではテルピネン-4-オルは35%を超え、シネオールは5%未満となる[4]。オーストラリア・ティーツリー産業協会 (ATTIA) は、テルピネン-4-オル30%以上、シネオール15%未満という基準を満たしている場合に証明書を発行している[20]。前述の、最高品質の木を栽培しているベリナで生産された精油では生産者はそれぞれ36%以上、7%以下を保証している[16]。, 自然界には珍しい、ビリジフロレン、ベータテルピネオール、L-テルピネオール、アリヘキサン酸エステルを含む[20]。, 健全な皮膚を損傷せず毒性はないとされてきた[21]。シネオールに対してアレルギー反応を起こしうる[21]。アレルギーの有無を確認するためのパッチテストでは手の内側など目立たない部位に原液を塗り、1時間ほど待ち、アレルギー反応があるなら希釈するか、使用を諦める[21]。, 皮膚感作性が近年数多く報告されている。ティーツリーに含まれる1,8-シネオール(シネオール)による過敏症は一般的であり、オーストラリアの精油の規格では1,8-cineoleの含有率を低く設定している。また、精油のアレルギー性過敏症は30症例以上報告されており、新鮮な精油でも弱い作用であるがアレルゲンとなりうる。光酸化作用で生じた分解産物はアレルギー性接触皮膚炎の発症原因になると考えられている。また23カ月の乳幼児で市販の精油10ml未満経口摂取した際に、30分後に錯乱状態になり歩行困難になった例がある(摂取後5時間以内に回復し、翌日退院している。)内服による蕁麻疹、好中球増加症、倦怠感、眠気の報告もある[7]。1,8-cineoleの高い精油には、ユーカリ油と同様の毒性を示すものもあるが、ユーカリ油では呼吸障害、昏睡の他に死亡例も報告されているため、注意を要する。, ペット向けアロマテラピーで利用されており、動物の中毒事故も多い。ティーツリーを始めとするメラルーカ属の精油を、犬や猫といったペットに外用した際の中毒症状が、獣医師により多数報告されている。典型的な症状は、沈鬱、衰弱、協調運動失調、筋肉の震顫で、四肢の麻痺も見られる[7]。, オーストラリア・ティーツリー産業協会 (ATTIA) は、ラットの半数致死量 LD50を、1.9-2.6ml/kgとした[20]。, マリア・リス・バルチン 著 『アロマセラピーサイエンス』 田邉和子 松村康生 監訳、フレグランスジャーナル社、2011年, “Treatment Strategies for Infected Wounds”, https://www.mdpi.com/1420-3049/23/9/2392/htm, “Melaleuca alternifolia (Tea Tree) oil: a review of antimicrobial and other medicinal properties”, https://doi.org/10.1128/CMR.19.1.50-62.2006, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ティーツリー&oldid=76296078, 100mlのキャリアオイルに50滴、ティースプーン(5ml)では2-3滴、シャンプーには100mlに60滴, Native Plants : The Definitive guide to Australian Plants, Global Book Publishing, Chryl Campbell他、.