ミニは今日のあらゆるスポーツカーよりダイレクト且つクイックで、現代のクルマの中では『4人乗りのリアルスポーツ』と言えるレベルです。  助手席側のドアミラーにも手が届くほど狭い室内、ちょっと前屈みになれば路面でタバコが消せるほど低いシート位置など、現代のクルマに慣れている多くの人が第一声で『怖い』と言います。(アイポイントの高さは初代ポルシェ911に匹敵する低さで、『後方に流れ去る路面のツブツブ』がハッキリ見えるほどです。) Webやこちらの質問、回答に出てくる「シンクロ不良」の可能性を疑った方が良いでしょうか? ベルトを強めに張ってみたり、鳴き止めスプレーをかけてみたりしました。 「走行時は、なるべくニュートラルにしてしまって、エンジンはアイドリング状態にして、車輪はフリーで惰性だけで回して、トランスミッションは休ませる。」といったことを心掛けることが、“ベスト”と感じますね。 ブレーキについて 以上が僕の感想です。 「ただし、ダブルクラッチも、上手にやりませんと、かえって音が出たり負担を与えたりしてしまいます。」 (ゴムの特性として、復元時にはスプリングのようにもとの大きさ以上になろうとする力が働かないので、揺り戻しがほとんどなく、その分車全体が跳ねるような動きをするのではないかと思います。) いくらネットで探してもはずし方の情報は載っていません。 ※基本的には、ミニだとそんなモノです。っと言いますか、新車でもその様な症状の傾向があります。 3.自分はコラムシャフトをコラムサポートから外して『宙ブラリン』にしておきますが、コラムシャフト全体を取...続きを読む, ミニに乗っています。

最近、試しにクーラーをかけてみたのですが、やはりベルト鳴きが酷い状態が2~3日続きました。 >信号待ちなどで停止する際など早めにニュートラルに入れて惰性で走行すると、フロア付近から「カタカタカタ・・・」という小さな音がします。どこかのギアに入った状態でアクセルOFFで減速中にはその音が聞こえることはありません。 エンジンオイルは、MAXまで入れない事。MINとMAXの中間がベストです。 1万キロ又は1年毎に「グリスアップ」が、必要です。 (2)次に、御指摘の様に『シンクロ不良』  というのは、シンクロが作動し易い/し難い、という事です。  御質問の症状は、ちょっと微妙なんですが。  差が付くのは空調。ビートルのヒーターは申し訳程度にしか効かず、エアコン(クーラー)が装着されたモデルは希少ですが、ミニには強力なヒーターが装備されており、またエンジンがインジェクション化された'92年以降はクーラーも標準装備となっています。 2.ダッシュ左右のフレッシュエアダクトを外します。 (http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3013903.html)の ANo.6 と ANo.11  シンクロはクラッチ、という事を先に述べましたが、要するに滑っているワケで、故にシンクロの間に入りこむオイルの性質でシンクロし易い/し難いという差が出て来てしまいます。

タイヤが新品から程よくむけてきたことや、ミニの乗り味に慣れてきた を感じて、彼女でも乗せたら楽しいデートカーでもあります。 エアコンの爪が緩んできたのと、好奇心ではずしてみたいだけなのですがちゃんとお店に持っていったほうがいいのでしょうか。 良いところ。 私は90年式MINI1000に乗っています。私も不勉強であまり詳しくないんですが、なんとかトラブルを乗り越えてきました。96年式で、35,000kmならまだまだイケル!でも、基本設計がなんといっても40年も前の車ですからフツーの車より壊れやすいことは確かです。#1の方の、『故障の数だけ思い出があり、直した費用以上に僕を楽しませてくれました』という感想には同感です。大切に乗ってあげてくださいね♪ ※ミニがアンダ・パワだったという指摘も、残念ながらハズレです。

私の素人頭で考えるには、「5万km超過によるショックのへたりとエコ系新品タイヤでの走行の結果と考えられ、ミニという小さく特殊な車ではやむをえない」のだろうということです。 バルタンはあまり気に入られていないようですね。 どうして「ギアの入りが悪い」という違いが出てくるのでしょうか?  これでダッシュが手前に外せます。

座席のリクライニングがほとんど寝ません。 ※ではミニの速さの元は何だったか?ですが。 1つポイントは、「丁寧丁寧」といっても、シフトレバーを左右に振ったあと上下に振りますよね、そして、クッとギアーが入るところでは、のろのろやらずにスッといった感じで一気に進めるほうが良いですよ。 ドライバー? 良い思い出しかないですね。いろいろありましたが、全て良い思い出になる、とても好きな車ですね。 速度が~80km位までならすんなり回りますが、100km以上出すと 一般道と高速道との舗装路面の質の差が一番大きいのかもしれません。 1度は失格扱いの幻の優勝になっていますが、 その頃のミニと比べますと、1997年式ミニは、外観こそ全く同じ車ですが、中身などはどこまで同じなのでしょうかね~。 PS.私のミニは >どうして「ギアの入りが悪い」という違いが出てくるのでしょうか? 他にも続きがあるとすれば、、 知人には高い!と言われました・・・この仕様では高いですか?失敗したのかな??? ホイル:純正8本スポーク 車には全く無知である為アドバイス頂きたいのですが、もしminiを購入する場合、どのぐらいの金額で購入出来ますでしょうか?  逆に、BPがクラシック車専用として出しているCLASSIC20W-60は、実際ミニにも入れているヒトが多いですが、あまり相性がよいとは思えません。端的に言って固過ぎだと思われます。きっと摩耗には抜群の効果があるんでしょうが・・・。, 現在で3台目、のミニ乗りです。 もっと書き込みが増えてるだろうと思って覗きにきたのに意外ですね。  ミニのギヤは、クルマを発売する’59年当時、BP(イギリスのオイル会社)がエンジンと共用オイルでギヤを潤滑する事に大反対したほどのヤッカイな機構です。(バイクで同じ潤滑構造が成立しているのは、シンクロが無いからです。) 個性がありますから優劣は難しいと思いますが、双方乗った方がおられましたらご意見・感想をお伺いしたいです。, 今となっては完全に趣味の領域の話なので、結局のところ『直感で気にいった方を買えばよい』という話になってしまいますが・・・とりあえず『自動車という機械』としてドライに分析しますと。 ウォーターポンプとラジエターファンブレード、ベルトを交換しました。 貼付写真の車種(97年式以降)は、旧車の分類には入りません。 よろしくお願いします。, 98年って・・・ウッドの3連メータですよね?すると・・・ 「放置しておいても大丈夫」とは決して言っていませんよ。 購入後3週間が経ちました。ミニというある意味「小さく特殊な車」を400km弱走行してみての感想なので、不慣れ、思い込み、国産車との不当な比較があるのかもしれませんが、高速走行が不安定だと感じました。 >またこういったニュートラルでの惰走はミッションのためには良くないものか、まったく問題ないものか教えてください。 あがっています。 我々が通常街乗りするには、ギアチェンジは丁寧に、、、 (http://en.wikipedia.org/wiki/Austin_1100) ※元々シンクロとは、『変速時の補助』程度の効果を期待して付けられていた装置で、決して現代のクルマのシンクロの様に『初心者でもラクラク変速出来る』様にするモノではありませんでした。  量産で無くレーシングカーとしては前輪駆動が既に成功していましたし(戦前のハリー・ミラーのFF車などは、インディ500を始めとするオーバルトラックレースで無敵の時代がありました)、量産車(大衆車)としてみても、前輪駆動は戦前のシトロエン6CV『トラクシオン・アバン』から始まっています。(ミニは、『史上初のエンジ...続きを読む, ローバーミニのクーパー1.3iの98年製MTに乗っています。 あと、普段のギアチェンジでWクラッチを使う方がminiのミッションを長持ちさせることにつながるのでしょうか。

ミニのショップを何軒も寄りましたがとりあえず欲しいなら買って  対するビートルは・・・'54年、欧州で初めてオペル社が衝突安全性の研究を開始しましたが、比較対象としたビートルの衝突安全性には、その時点で既に問題がありました。'50年代後半に開発されたミニより更に20年以上も古い戦前の設計のビートルでは、仕方のないところです。