この時になって初めて政府はブルックの正体がかつてルンバー海賊団船長代行”鼻唄のブルック”であった事、そして現在麦わらの一味に所属する現役の海賊である事を把握した。 海賊団団員の役割としての肩書を各自もちつつも上下関係はなく、対等な関係同士(他のメンバーはルフィを船長ではなく名前で呼んでいるが、ルフィも特にそれについて怒ったりしない)であり、互いの絆も非常に強い。

あったかかわいい♡制服×カーディガンのイラスト特集 2020-11-12 18:00:00 広がる銀世界。雪景色を描いたイラスト特集 2020-11-12 17:00:00 大きな瞳がチャームポイント。 トムズワーカーズ時代には「伝説の船大工」トムの下で弟子として修行し、カティ・フラムという本名に代わって「フランキー」という愛称をつけ、海列車に挑んだフランキーが消息を絶った後も密かに案じ続け、無事だった事を知ると心から安堵して涙を流したほど。 ある日、世界政府から派遣された司法船にて、トムが「“海賊王”ゴールド・ロジャーの船を造った」という罪で死刑が求刑されてしまうが、トムはその刑を受け入れつつも「死ぬ前に、沈みゆくウォーターセブンを救うために“海列車”を製造したい」という考えを明かし、10年間の執行猶予が与えられる。 しかし逆を言えば、「たった一人の友達を助けるために、王下七武海であろうが世界政府であろうが四皇であろうが天竜人であろうがひるまず挑んでいく」ことができるのが彼らなのである。

二年後も変わらず健在であるようで、ガレーラの職長たちと共に新聞を囲んで読み耽る姿が描かれた。フランキーの手配書に写る“フランキー将軍(合体ロボ)”の姿を社員たち共々本人と勘違いし「とうとうここまで…」とつぶやきながら戦慄の表情を浮かべていた。, ワンピース ONEPIECE ウォーターセブン

本来ならば王下七武海にスカウトされても不思議ではないのだが、ルフィ以下一味は裏で様々な非道を行なっている世界政府を嫌っており、政府にとっても生かしておけない下記の数々の行為も行なっている為、その様な未来が実現する事はない。 「こういう船の名はどうだ? モンキー・D・ルフィが結成した少数精鋭の海賊団。

フランキー ヨコヅナ ココロ 

本人たちも基本的に犯罪行為を行ったり犯罪を肯定するような事は無いが、状況次第では多少の軽犯罪には躊躇いがなかったりする。 長年の信頼を裏切られたショックに苛まれる間もなく暗殺されそうになるが、その間際に割って入ったルフィたちに救い出され事なきを得る。 瀬戸際にマスクを外し明かされた正体は、なんと自身が信頼を置いていた職長のカクやルッチ、秘書のカリファ、さらには街の酒場の店主ブルーノであった。 喧嘩は売られればとりあえずは買う方針を取る場合が多い(相手も海賊である場合はより積極的)が、基本的に無益な戦いはしない主義であり、海軍との一騎打ちもなるべく避けている。

海賊であるがゆえに噂が独り歩きすることもしばしばで、偽物の海賊団が残虐な行為を繰り返しても全く疑われなかったり、船長のルフィがまるで巨人のような人物というイメージがついたりと、見た目以上に凶悪な海賊団と勘違いされやすい。そんな警戒心から警察組織や軍隊などと交戦することとなり、それを返り討ちにしてしまう事で更なる誤解を招くという悪循環に陥る場合も。 しかし、普段からそのような扱いを受ける場合が多い分、自分たちに協力してくれる人物や組織については可能な限りの真摯な対応を心掛けている。 都市におけるあらゆる分野に精通した敏腕市長ではあるのだが、職人気質で常々ぶっきらぼうな砕けた言動を用いる他、ときには子供のような気まぐれで行動することも。

「てめェ…本当に……!!生きててよかったなぁ…………!! 【ワンピース】今回は革命軍の参謀総長"サボ"が世界会議(レヴェリー)にて死んでしまったのか、考察していきます!世界経済新聞に掲載された「死亡記事」の真相とは…!? 麦わら3強 「過酷なる“千の海”を“太陽”の様に陽気に越えていく船…あいつらにぴったりだ」



冒険中に世話になった国や恩人などに迷惑を掛けないように、あえてお礼の品を「奪う」という形で戴いたりもする(バカ正直に「お礼」してやり取りするとその相手や国が「海賊に荷担した」と見なされるため)。 トムズワーカーズ トム(ONEPIECE) バルトロメオが狂喜のあまり自殺をしかけていたり CV:神谷浩史, ファイアタンク海賊団 尾田先生にチェックしてもらっているわりには

ルフィ曰く

ちなみに『最強ジャンプ』の読者層は小学生だが、ちょっとエッチな描写も(少なくとも本編よりは)多く、同誌の広告ページでは「最強ジャンプのお色気枠!」などと銘打たれていた。また、サンジがナミとロビンに最早紐そのものなエロ水着をプレゼントしようとしたり、ナミが「Dってドウ…」と言いかけてローから即座にダメ出しされるなど、児童誌にあるまじき下ネタも散見される。 !」。 これを止めようとしたフランキーもまた、全速前進する海列車にはねられ、消息を絶った。

フランキーは同じくトムに師事した弟弟子であったが、仕事をそっちのけで自作の戦艦シリーズ作りに没頭していた彼とは職人として反りが合わず、互いに反目していた。 無名のままアルビダ海賊団、バギー海賊団、クロネコ海賊団、クリーク海賊団、アーロン一味などの”東の海”で指折りの強豪海賊と交戦し、次々と撃破。

そのため、原作で空白期間は存在せず、映画『FILM Z』『FILM GOLD』今のところ(原作においては)パラレル扱いである(一応『FILM Z』は「原作との繋がりを強調させたい」という意向で作られており、魚人島編直後の出来事になっている)。

かの事件から数年経ったある日、秘書のカリファを介して「フランキー」と名乗る人物からの伝言を受け取ったアイスバーグは、伝言を頼りにその晩かつてのトムズワーカーズの本社跡に密かに足を運び、死んだと思われたかつての弟弟子と再会する。 かつて七つの造船会社が業績を競い合う群雄割拠の世界だったウォーターセブン造船業界を纏め上げ、ガレーラカンパニーを創設するなど、指導者・経営者としても優秀。 「おれはこんなにすごい海賊船を見た事がない…見事な生き様だった」 おれは肉が喰いてェ! ...「よう、メガネ女」に変更

ローがキャラ崩壊していたり←本作の一番の特徴である しかし、当事者の人々にとってはまさしく「英雄」であり、「正義の海賊」「義賊」と呼ぶに相応しいのだが、ルフィ達はあくまでも自分達はヒーローではないと否定している。

海賊ではあるが、殺人や略奪といった民間人に危害を加えるような行為は絶対にせず、むしろ嫌悪している(一味のほぼ全員が大切な人を失った悲しい過去を抱いているため)。 しかし能力自体は非常に優秀であり、頭脳明晰かつ理性的で造船技術も一流である。

そして麦わらの一味二代目海賊船サウザンドサニー号の造船後、不可能だったはずの海列車2号船「パッフィング・アイス」を作り出す事を成し遂げている事からも、自分やトムやフランキーに匹敵するかそれ以上の天才的な腕前を持つ船大工を多く集め、育てられる事がうかがえる。, 少年時代は造船会社「トムズワーカーズ」の社長であるコンゴウフグの魚人トムの下で弟子として過ごしていた。

懸賞金:2億→4億4000万→王下七武海入りのため懸賞金停止→5億ベリー ドラゴンさんにもぶたれたこと無いのにィ! 例:1巻のたしぎに対してゾロの台詞「よう、パクリ女」 !」, “偉大なる航路”にある水の都「ウォーターセブン」の市長 兼 造船会社「ガレーラカンパニー」の社長。 また、その社長という地位をとても強かに利用している。, 船大工としての信念は当然に持っており、ルフィがボロボロのメリー号で航海を続けると主張したときは叱責する一方、最後の最後でメリー号から自分に奇跡が起こる可能性を求められてメリー号に最低限航行可能なまでに応急処置を施した末に、最終的なそのメリー号の雄姿には感動する姿を見せた。(上記セリフ参照) 結果として「竜骨を損傷していてもはや修理不能」「どちらにしてもメリー号ではこの先の海を越えられない」という旨を告げるも、事実を受け入れられず食い下がる船長のルフィの姿に呆れ、厳しい言葉を投げかける。

ルフィ達に会う少し前に拾ったハツカネズミのティラノサウルスをペットとしている。, 唇の色と青髭が濃い。口癖が「ンマー」なので一見そっち方面の人に見えるが、全くその気はなく、男らしい好人物。 あらかたの修理を終えて我に返ったアイスバーグはそのまま立ち去ろうとするが、「ありがとう」という言葉と共に波に攫われていったメリー号を目の当たりにし、自身を探しに現れた部下たちを引き連れて、共にメリー号を追うために船を出させた。 しかし、フランキーもまたトムを死なせた自責の念と、彼の遺志でもあるウォーターセブン(ひいてはアイスバーグ)を守るため、街を離れないことを宣言。 「おれは今…奇跡を見てる …もう限界なんかとうに越えてる船の奇跡を… 長年船大工をやってるが…おれはこんなにすごい海賊船を見た事がない 見事な生き様だった」 カリファ パウリー ロブ・ルッチ カク タイルストン ピープリー・ルル



6月13日・・・麦わらの一味の日, 漫画『ONEPIECE』の主人公、モンキー・D・ルフィが結成した海賊団のことを指す。乗船している10人全員が賞金首で、その内6人が億越え。現在の総合賞金額は31億6100万100ベリー。.

そしてルフィによって誘き出されたフランキーに対し「もう自分を許してやれよ」と言葉を投げかけ、彼の抱え続けた自責の念を解いた。, 一味が去ってからは傷も無事に回復し、再び市長・船職人として邁進の日々を送っている。 「ヒーローは大好きだけどなるのは嫌だ!」「例えば肉があるだろ! 海賊は肉で宴やるけどヒーローってのは肉を人に分け与える奴の事だ! とある事情により世界政府の役人たちに周囲を嗅ぎ回られているが、こうした掴みどころのない言動でのらりくらりといなしていた。, W7(ウォーターセブン)市長にして造船会社「ガレーラカンパニー」社長。元トムズワーカーズ社員。海列車の管理者。 その日からトムズワーカーズは執行猶予期間の全てを会社総出で海列車作りにあてがい、10年もの期間を費やして海列車を完成させ、堕落した都市情勢を大きく立て直す功績を残した。

ダイナミック勘違いがイラスト付きでわかる! 色々とぶっ飛んだ勘違いのこと とんでもない方向に間違って>間違いいる勘違いのこと。 ... このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24354. 四皇ビッグ・マムを倒す為に結んだ同盟。倒せなかったために同盟解散。, 船長:カポネ・ベッジ(最悪の世代) そもそも前秘書があんなだったが…。, 職務としての予定を気分で突然キャンセルするなど、一流企業のトップらしからぬ無節操な振る舞いが垣間見られる上、言葉遣いもさほど丁寧ではない。 なお、この漫画には、本編にも扉絵劇場にも描かれなかった話も登場する(ポートガス・D・エースの項目を参照)。 ガレーラカンパニー 都市の生活の要となっている海列車「パッフィング・トム」を開発した「トムズワーカーズ」の元社員で、現在の管理者でもある。

また基本的に全員お人好しで、困っている人は放っておけず誰かしらが手を差し伸べようとする。そして大切な友人や恩人を虐げる存在は誰だろうと徹底して懲らしめる(ただしどんな相手でも殺してしまうことはしない)。