ナビゲート ビジネス基本用語集 - 仮説演繹法の用語解説 - ある現象を説明できる理論や法則を得るための科学的な研究方法。帰納法によって仮説を立て、演繹法と帰納法を組み合わせて仮説を検証する。例えば、ダーウィンの進化論はこの方法に基づいて提唱された。 ツイッターにて疑問点や依頼などを募集しています! 経験的な事実から「仮説」を導き出す(帰納法) 2. © 2020 ネットdeカガク All rights reserved. 論理的に推論する方法が演繹と帰納です. 仮説演繹法(hypothetico deductive method)とは、帰納法によって仮説を提示し、仮説から実験可能な命題(予測)を演繹し、その予測が正しいかどうかを実験によって確かめる方法のことです。, ただし、仮説演繹法には問題点もあるため実際に方法論として使う場合は注意が必要です。, このサイトは人文社会科学系学問をより多くの人が学び、楽しみ、支えるようになることを目指して運営している学術メディアです。, ぜひブックマーク&フォローしてこれからもご覧ください。→Twitterのフォローはこちら, これだけでは抽象的で分かりにくいと思いますので、まずは演繹法、帰納法の意味から説明し、それから仮説演繹法の具体的な流れを説明します。, そもそも演繹法(deduction-method)とは、「普遍的命題」から「個別的命題」を論理的に導き出すことです。また、帰納法(inductive method)とは、個々の経験的な事実から得られた「個別的命題」から「普遍的命題」を導き出すことです。, これらの推論の方法は古来から形成されてきたもので、形成される中でその特徴や問題点が浮き彫りになりました。, 演繹法について簡単に言うと、すでに知られている前提や普遍的な法則から、結論や個別具体的な法則を導き出すことです。, 演繹法の特徴は、前提が正しければ必ず結論も正しい(真理保存性)ということです。しかし一方で、前提に結論となるものが含まれているということでもあるため、「新たな知識が得られない」という問題点もあります。, たとえば、上記の例にように「すべてのトカゲは爬虫類」「すべての爬虫類は卵を産む」ことが知られている世界で、すべてのトカゲが卵を産むことを主張しても、何も新しくありません。, 帰納法について簡単に言うと、経験的に得られた事実や事例から、結論や普遍的な法則を導き出すということです。, 帰納法の特徴は、個別的な事例や出来事から結論を導き出すため、結論が論理的に必ず正しいとは言えないことです。, 例えば、上記の例の場合、世界中のカラスを1匹残らず観察することはできないため、「すべてのカラスは黒い」という結論は必ず正しいとは言えません。「ある程度正しいだろう」という程度にしかなりません。, 一方、帰納法は個別的な事例や事実から新しい法則や命題を導き出すことができるため、新しいことを明らかにできるメリットがあります。, このように、演繹法と帰納法は一長一短なのです。学問の研究では、「正しい」ことと「新しい」ことがともに求められるため、演繹法と帰納法はともに活用することが求められます。. 演繹は一般論(前提)をもとに当てはめて一つの結論(仮説)を得る論理的推論法. 3分, 演繹と帰納はどちらも「りんご→赤い」とか「人間→必ず死ぬ」などといった「結論を導き出す方法」ですが、結論を導く根拠の結びつけ方が異なります。, 日常的に使っている推論はどちらかといえば演繹です。数学でピタゴラスの定理(一般論)に当てはめて直角三角形の斜辺の長さを求める(結論)のも演繹法です。帰納はデータを集める必要があるので大変ですね。, カラスは鳥であるから、カラスは空を飛ぶと推論できます。同じく、すずめもオウムも鳥なので空を飛びます。, 演繹推論の弱点は、前提となる一般論が間違っている。あるいは例外があると間違った推論をしてしまうことです。, 例えば、ダチョウは鳥ですが、空を飛ぶことができません。演繹法で推論すると、ダチョウは鳥なので、スズメやオウムの例と同じく空を飛べるという誤った推論をしてしまいます。, 前提となる一般論自体が誤っているとそこから導き出した結論も誤ってしまうのが演繹法の弱点の一つです。たとえば、ただの偏見や先入観、古くからのしきたりなどをもとにした前提は客観的な検証がないために間違っている場合があります。, 美人は性格が悪いというのは偏見であり、それに当てはめて考えると誤った結論を導いてしまいます。, 帰納法の利点は観察事実を複数集めることによって、例外をきちんと把握できる点です。上の例に鳥でも飛べないダチョウが入れば、確かにダチョウは鳥類だけども飛べない例外もいるというように認識できます。, 一方で帰納法の弱点は観察事実に対してバイアスがかかることです。例えば、自分の仮説に対して都合の良い観察事実だけに注目して集めてしまう確証バイアスがあります。, これまでに登場した演繹法と帰納法は論理的推論法の基本的な方法の一つです。論理的推論法とは、論理的に推論する方法ー論理的に未知の事例に結論づける方法です。, 物事を主張したり認識、理解したりするには理由付けが必要です。カラスが鳥だと理解しているのも羽が生えているのが鳥である。というような理由付けが行われているからカラスは鳥であると主張したり、理解できています。, 未知の情報、事例に対して理由付けを行って結論づけることを「推論」といいます。しかし「かさかさしているものは虫」とか「羽が生えているものは鳥」というように適当な結論の出し方では誤った認識をしがちです。, 演繹法と帰納法では流れが違います。演繹法ではトップダウン型の流れで、一般理論や法則から始まって、仮説事例を当てはめて検証していって、結論を出します。, 一方で帰納法では、観察した事例からパターンを見つけ出して仮説、理論づけを行います。, 演繹と帰納が直感的にわかりにくいのは漢字のせいだと思います。言葉から何を意味しているのか想像しにくいです。, 演繹の語源は中国の思想家、朱子学を創始した「朱熹」の「中庸章句序」に登場した言葉と言われています。, 「演」は訓読みでは「のべる(演べる)」と読み。ひきのばすとか説明するという意味があります(参考:デジタル大辞泉)。, 「繹」は訓読みで「たずねる(繹ねる)」と読み。糸を引く動作を意味していて「糸口を引き出す」という意味があります(参考:デジタル大辞泉)。, 帰納の語源は西周という日本人の哲学者が帰納の英訳「induction」を和訳したことで生まれたようです(wikipedia日本語版:西周), こめやんは理学博士です!化学の面白さと学ぶメリットを少しでも伝えるために日々頑張ります! 演繹的論証、帰納的論証のほかにも論証の形があります。ここでは、実際の科学論文でよく使われる論証の形として仮説演繹を説明します。. 演繹法は、誰しもが知っている普遍的な事実を前提として、そこから結論を導き出す方法です。たとえば下記のような使い方があります。 <前提1>馬は哺乳類である もう一度整理しましょう。仮説演繹法とは、 1. 帰納は個別の結果から一つの結論を見つける論理的推論法 . こめやん. © 2020 ダイゾーコンサルティング株式会社 All rights reserved. 帰納法:複数の出来事とその結果から規則性を見つける という違いがあります。 でも両方覚えようとすると面倒なので、 1. 演繹法; 枚挙的帰納法; アナロジー(類推) アブダクション(仮説形成) ①演繹法. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 仮説演繹法はジョージ・ハーシェルが『自然哲学研究に関する予備的考察』(1930)で定式化し、その後18世紀~19世紀の科学者ウィリアム・ヒューエルや、19世紀の経済学者ウィリアム・ジェヴォンズらによって発展させられました。, 上記のように、問題を発見したらそれに対する仮説を帰納法によって導きだし、そこからさらに実験可能な「予測」を演繹法で導き出すのが仮説演繹法です。つまり、演繹法と帰納法を組み合わせることで、「正しさ」と「新しさ」を両立できるように考えられているのです。, 仮説演繹法も実験によって確かさを確認するのですから、実験による検証は帰納的です。そのため、実験結果が「予測が正しい」という結果でも、論理的に100%正しいとは言えず、一定の範囲で「確からしい」としか言えないのです。, とはいえ、演繹法や帰納法を単独で利用するよりも、新しい知識が得られてかつ確からしさを高められる点で、やはり仮説演繹法には意義があるのです。, 戸田山和久の『科学哲学の冒険』という本では、仮説演繹法の代表例として「産褥熱(さんじょくねつ)」を用いて説明されています。とてもわかりやすいので、まずはこの例を元に解説します。, 「産褥熱」とは、イグナッツ・フィリップ・ゼンメルワイス(Ignaz Philipp Semmelweis)という医師によって「手を洗うことで感染症が防げる」ということが明らかにされた例です。, この事実から帰納法によって、死体に含まれる物質が体内に入っており、それが産褥熱の原因になると考えました。これが「②問題に対する仮説を作る(帰納)」です。, 次に、「お産の前に手を洗うことで発生率が防げるかもしれない」という仮説を立てました。これは実験によって確かめることができるため「③仮説から実験可能な命題である予測を演繹する」です。, これは予測であるため、実験して確かめる必要があります。そこで、実際に手洗いを行って発生率を検証したところ、産褥熱の発生を抑えることができました。, こうして、手洗いという実験によって「予測」の確かさが分かったため、「仮説」が正しかったことが分かります。もし実験によって「予測」が間違っていることが分かれば、それは「仮説」が間違っていたことになります。, このように、医師ゼンメルワイスは仮説演繹法を用いて、「手を洗うことで感染症を予防できる」ことを発見したのです。, 先ほども説明したように、100回手を洗って予防できても101回目には予防できない可能性が論理的に残ってしまうという、帰納法の問題点は残されています。しかし、新しい予防法という知識を見つけ出すことができた点で、仮説演繹法という手法には大きな意義があるのです。, 仮説演繹法についてここまで説明してきましたが、仮説演繹法にも問題点があります。それは、仮説演繹法は「仮説を発見する方法」については教えてくれないということです。, そこで、仮説演繹法と似た方法として「アブダクション(abduction)」という方法が、哲学者のC・S・パース(Charles Sanders Peirce/1839-1914)によって提唱されました。, パースはアブダクションの具体的な方法を整理していなかったのですが、後に哲学者N・R・ハンソンが『科学的発見のパターン』という書籍でアブダクションの方法を整理して提示しました。, 論理学について理解している方は、アブダクションの推論には問題があることが分かると思います。, 整理すると、「現象Aが起こった。仮説Bがあれば『BならばA』として説明できる。ゆえに、Bは正しい」というのがアブダクションの推論ですが、これは仮説を前提として結論を導き出しているため、推論としては間違った結論になる可能性があるものです。, A君は今年はじめて学校を欠席した。A君の欠席は、「A君がUFOにさらわれた」という仮説を立てると説明できる。ゆえに、「A君がUFOにさらわれた」という仮説には正しいと考えるべき理由がある。, この例を見れば分かる通り、アブダクションは推論としては論理的に間違う可能性が高いです。, しかし、ハンソンらアブダクションの支持者は、アブダクションに「正しい結果を導き出す」ことを期待したわけではありません。アブダクションは、仮説の発見法として有用性があると考えたのです。, もちろん、作った仮説は研究を進めるうちに間違っていることが分かることもあるのですが、その場合は再びアブダクションによって別の仮説を作れば良いのです。, このことから、アブダクションを社会科学の研究方法の一つとして重視する研究者もいます(3-2で紹介します)。, ここまで読んで、「アブダクションと仮説演繹法って同じものでは?」と思われたかもしれません。しかし、繰り返しになりますがこの2つは異なる手法です。, アブダクションを社会科学の研究手法に活用することを提唱している、政治学者の保城広至は、アブダクションと仮説演繹法の違いを以下のように整理しています。, 最大の違いは、仮説演繹法は仮説を実験によって「検証」することが目的であるのに対し、アブダクションは仮説を「発見」するために利用される手法である、という点です。, 論理的に正しい推論の方法だけでは、仮説のアイディアが導き出せない場合に、非常に有用だと言えるのです。, この記事で説明したのは、一般的な原則にすぎません。より詳しくはこれから紹介する書籍から学んでください。, オススメ度★★★戸田山和久『科学哲学の冒険ーサイエンスの目的と方法をさぐるー』(NHKBOOKS), この本では、演繹法、帰納法、仮説演繹法、アブダクションを含むさまざまな推論の方法が、科学哲学の分野からとても分かりやすく説明されています。初心者でも読みやすい内容ですので、ぜひ読んでみてください。, オススメ度★★★保城広至『歴史から理論を創造する方法ー社会科学と歴史学を統合するー』(勁草書房), この本は、社会科学の「恣意的に事例をピックアップして理論化しがち」という問題と、歴史学の「記述重視で理論化を軽視しがち」という問題をクリアする、「中範囲の理論」という方法を提唱している本です。アブダクションが取り入れられており、アブダクションや仮説演繹法の手法について理解するのにも向いています。とてもいい本です。, 一部の書籍は「耳で読む」こともできます。通勤・通学中の時間も勉強に使えるようになるため、おすすめです。, Amazonプライムは、1ヶ月無料で利用することができますので非常に有益です。学生なら6ヶ月無料です。, などの特典もあります。学術的感性は読書や映画鑑賞などの幅広い経験から鍛えられますので、ぜひお試しください。, このサイトでは、他にもさまざまな科学哲学や研究手法のテーマを説明していますので、ぜひブックマークしてください。, リベラルアーツガイドは、質の高いコンテンツを作成し続けるためにご支援をお願いしています。詳しくは下記ページをご覧ください。, 当メディアは純広告(メディア内に設置する広告)を募集しています。詳しくは以下のページをご覧ください。, 演繹法と帰納法を組み合わせることで、「正しさ」と「新しさ」を両立できるように考えられている, そのため、実験結果が「予測が正しい」という結果でも、論理的に100%正しいとは言えず、一定の範囲で「確からしい」としか言えないのです。, 演繹法には「新しい知識が獲得できない」という問題点があり、帰納法には、結果が必ずしも論理的に正しいとは言えないという問題点がある, 仮説演繹法は、帰納法によって仮説を作り、それを演繹法によって実験可能な予測にし、実験によって仮説を検証する手法, アブダクションとは、とある仮説を作ると起こった現象が説明できるという場合、その仮説を正しいものとして研究する意義がある、と考える方法, 仮説演繹法が仮説の正しさを検証するものであるのに対して、アブダクションは仮説を「作り出す」手法, 仮説演繹法とは、帰納法によって事例から仮説を導き出し、その仮説から演繹法によって実験可能な予測を導き出し、実験によって仮説の正しさを検証する方法, 仮説演繹法は、演繹法と帰納法のそれぞれの問題点をカバーできるが、実験によって確かめる点に、100%論理的に正しいとは言えない問題点もある. 演繹:簡単、当てはめて考える、「常識的に考えて…� 2019年9月22日2019年10月4日 仮説から実験可能な「予測」を導き出す(演繹法) 3. 帰納法(きのうほう)は、起こった出来事から共通する部分を見つけ出し、パターンを理解することで、新たに起こった出来事の仮説(=結論)を立てる方法です。, 逆に演繹法(えんえきほう)は、すでに知られている「一般論」をベースに仮説(=結論)を立てる方法です。どの一般論を使うかによって、立てる仮説(=結論)の内容も大きく変わります。, 演繹法(えんえきほう)そして帰納法(きのうほう)は、ロジカル・シンキング(論理的思考)でよく登場する言葉です。でも、どちらがどちらなのかわかりにくい用語ですよね。, まず帰納法(きのうほう)を見てみると、起こった出来事だけで仮説を立てることができるのがわかります。, すでにわかっていることが判断のベースになるので、パターンさえ見つかれば推測することができます。逆にまだ起こっていないことは、帰納法で推測することができません。, 一方で演繹法(えんえきほう)は「一般論」を必要とします。すでにわかっていることから理論を展開するので、仮説の精度は帰納法より高くなります。, ここで注意しなければならないのは、推論はあくまで「仮説」だということです。「仮説」は「仮説検証」することで「一般論」になります。, このように、演繹法と帰納法の大きな違いは、すでにわかっていることである「一般論」を推測に使うかどうかになります。, ここまでご紹介した演繹法と帰納法の他にも、物事を推測するための手法が存在しています。, ここからはもう少し踏み込んで、複数の具体例を踏まえて解説していきたいと思います。繰り返しの説明になっている箇所もあるので、軽く読み飛ばしつつ読み進めてください。, 英語では「Deductive Reasoning(ディダクティブ・リーズニング)」「Deductive Logic(ディダクティブ・ロジック)」「Logical Deduction(ロジカル・ディダクション)」などと呼ばれます。, あなたは「プロ野球チームの球団Aが負けた日の翌日は上司の機嫌が悪い」という「一般論」を知っていたとします。, これは上司自身も飲みの席で公言している内容であり、部署内の誰もが知っている一般常識に近い理論です。, 社内プレゼンテーションの場で「エビデンスは?(根拠は?)」などと聞かれそうな時には、過去の統計データなどを使って演繹法で説明すれば説得力が上がります。, 例えばあなたが、社内報告で「円安の影響で原料のコストが上がっている」ことを伝えたいとします。, という手順を踏めば、ビジネスシーンで物事をすっきりとわかりやすく伝えることができます。, 英語では「Inductive Reasoning(インダクティブ・リーズニング)」などと呼ばれます。, ということが何度か起こると、「A ならば B」というパターンを発見することができます。, この帰納法は、狭義では「枚挙的帰納法」とも呼ばれたりします。根拠になる事例を「枚挙する(いくつも挙げる)」ことで推論を行うためです。, ただし、これはあくまで「仮説」であり、「株を買うと儲かる」という因果関係を証明するものではありません。周りにつられて高値の株式に手を出してしまうと、大損をしてしまうかもしれません。(もちろんその仮説が当たって、一緒に儲かる可能性もあります。), しかし、このようなビジネスでのノウハウや情報などは、最初からすべてわかっているわけではありません。初めて挑戦することや前例のないことから将来を予測する場合は、「帰納法」を使うことがほとんどになると思います。, そしてこの「仮説」がその後の事例も含めて、統計データなどで裏付けができた時に「一般論」として使えるものになります。, このような「仮説」→「一般論」という流れは、ビジネスの場でよく見かけることができます。, そして実際に店頭で実験してみる(仮説検証する)ことで、その仮説が正しいかどうか判断できます。, もしその仮説が正しければ、新しいノウハウとして別の店舗での「一般論」として、店舗レイアウトの提案に使うことができるようになります。, 取引先に新しい商品を進める時に役立つのが、「導入事例」や「お客様の声」などの営業資料ですよね。, 実際に営業として活動されている方は、効果があるかどうかわからないものを売ることが、いかに大変かを実感されているんじゃないでしょうか。, その時に「導入事例」や「お客様の声」をまとめた資料があれば、受注の可能性は一気に上がります。, その理由は、取引先の担当者が、営業資料の内容を材料に勝手に推論を行なってくれるからです。, 過去の統計データから「導入企業の〇〇%がコスト削減に成功しました!」なんて言えたら説得力があります。しかし、演繹法で使えるような根拠(一般論)が手に入るまでには時間がかかるので、初期の営業活動では使えません。, 帰納法では、いくつかの少ない事例があれば、受け手の方が「うちの会社も成功事例のようになるかも」という仮説を立ててくれます。, その成功事例が、たとえ導入した10社のうちたまたま上手くいった3社の事例だったとしても、受け手がそのことを知らなければ「成功する」という推論に誘導することができます。, もちろん、情報操作をすることはあまりよくないことです。しかし逆の立場になることを考えれば、悪意のある会社の「帰納的営業資料」や「帰納的広告」にダマされることを防げるかもしれません。, このことを頭に入れた上で「導入事例」や「お客様の声」を上手く使って、商品の価値を伝えるようにしてみてください。, 例えば、パナソニックの創業者である松下幸之助氏は「水道哲学」と呼ばれる考え方を持っていました。, この水道哲学の考え方をベースに、1950年代には「家電製品の大量生産」と日本初の「系列電気店ネットワーク 」を組み合わせることで、手頃な価格の家電製品を日本中どこでも蛇口をひねるように手に入れることができるようになりました。, このように、他の業界の「常識」を自分たちの業界の「非常識」に当てはめることで、新しい戦略を生み出すことができます。, 「仮説推論」とも呼ばれる推論方法で、英語では「Abductive Reasoning(アブダクティブ・リーズニング)」などとも呼ばれます。, ということがわかっている時に、「B」という結果が得られた場合には「A」が起こったことを推測することができます。, 探偵は殺人現場に残された証拠や様子を観察し、過去の経験や知識と照らし合わせることで、その場所で起こったことを推測します。, この「アブダクション」という考え方は、ビジネスの場では原因究明や課題発見によく使われます。, これらの推論は、上手く使えば精度の高い推測をすることができます。その一方で、洞察力に欠けていたり、一般論の選び方を間違うと、役に立たない精度の低い推測になってしまうこともあります。, 特に「一般論」が「業界の常識」のような凝り固まったものである場合は、他社の常識破りの戦略に足元をすくわれてしまうかもしれません。そのため、根拠となる一般論を考える時には、より広い視野を持った上で根拠を選ぶ必要があります。, 帰納法の考え方では、これまでに起こったことや、自分で観察している範囲でしか仮説を立てることができません。そのため、新しい情報や新しい視点には非常に弱い推論です。, このような帰納的な考え方の弱点を補うためには、別の事例に共通点を探す「アナロジー」などが役に立つかもしれません。自分の業界で前例がなくても、別の業界で前例が作られている可能性があります。, ここまでご紹介した4タイプの推論は、それぞれに上記で挙げたような注意点が存在しています。ビジネスシーンではそれぞれの特徴を理解した上で、複数を組み合わせて使うことで、より精度の高い推論ができるようになります。, 例えば「太陽は東から昇る」という一般的な知識から、「東の空が明るいからもうすぐ陽が登るだろう」と想像するのが演繹法の考え方です。, 例えば、毎朝太陽が東の方角から登っているというパターンから、「太陽は東から昇る」と結論づけるのが帰納法の考え方です。, 例えば「太陽は東から昇る」という知識から、「空を横切る」という共通点を持つ「月」も「東から昇るだろう」と想像するのがアナロジーの考え方です。, 例えば「つい先ほど太陽が昇ったばかり」という事実と「太陽が出ていない時間は暗い」という知識から、「数時間前はまだ暗かっただろう」と推測するのがアブダクションの考え方です。, 1980年生まれ。ミシガン州立大学卒。慶應義塾大学大学院経営管理研究科でMBA取得。現役経営コンサルタント。.