「医療機関の領収証や請求書のコピー」, 厚生労働省が定める生計困難者の方々に対して、医療機関が無料、または低額な料金にて診療を行う事業の事をいいます。, 但しこの制度は全ての医療機関で実施されているものではない為、利用の際には取り扱いの有無について予め確認する必要があります。, こちらの制度を理由するためには、のちに説明する病院のソーシャルワーカーと相談して、この措置が受けられるのかどうかを確認してください。, また、社会福祉協議会や福祉事務局などの関係機関にあらかじめ相談して、無料(低額)診療券を発行しておいてもらうことも可能です。, 支給される期間は会社を休み始めてから連続して3日間経過後の、4日目に当たる日より最長で1年6か月と定められています。, 必要書類の記入の際には「本人」「医師」「勤務先」それぞれが記載する必要がある為、申請には時間を要します。, 健康保険に加入している人や扶養家族が出産する場合に、一定額の出産費用を補助する制度です。, 出産前に申請することで病院側に直接補助金が出るため、妊婦の家族が支払うのは、出産費用一時金の限度額を超えた金額だけでよくなります。, 会社員:自分が所属する健康保険組合の窓口(申請書類は病院で受け取る) 養老保険おすすめランキング 病院による対応は様々ですが、一般的には分割払いの支払い契約をする事が多いといわれています。 歩み寄りにより分割払いが認められる場合も 自営業:自宅のある市区町村の役場, 出産時には他に育児休業給付金、出産手当金などの補助もあるので、同時に活用してみてください。, そういった制度を熟知した専門家に相談することで、受けられる補助について知ることができます。, 慣れない医療の現場で困った時には、ソーシャルワーカーに相談を依頼してみるとよいでしょう。, ソーシャルワーカーの存在を知らない人も多いですが、「社会福祉士」や「精神保健福祉士」という国家資格を持った専門家であり、一般の病院の「医療福祉相談室」や「地域連携室」にいることが多いです。, 基本的にどのようなことでも相談できますので、医療費に関することも聞いてもらうことができます。, また、病院にソーシャルワーカーがいないとか、退院してしまった後に困った時は、一度市区町村の窓口に相談するとよいでしょう。, 前述した減免制度の利用や、生活状況によっては生活保護による手続き等も利用出来る可能性があります。, また最近ではクレジットカードに対応した施設も出ている為、しっかりと支払い出来る方法を相談するとよいでしょう。, 上記に書いてあるような補助制度など、私たちが知らない方法を教えてくれることもあります。, 相談の結果、支払いがその時点でできないという場合には、クレジットカードのキャッシングなどのカードローンを利用するというのも選択肢の一つではありますが、できる限りそれ以外の方法で工面できる方法を考えましょう。, 詳細についてきちんと確認し、実際に利用が出来るようであれば申請して利用してください。, 特に無利子で貸付して貰える高額医療費貸付制度は、予め借りる事が出来る為非常に利用しやすいといえるでしょう。, また親しき仲にも礼儀ありですから、落ち着いた段階できちんとした形で返済をする事が重要といえるでしょう。, 突然の怪我や病気で予想外の入院費用が発生する等、支払いが困難になる事があると思います。, どうにもならない事態に放置をしてしまうという人もいるかも知れませんが、やはりこの対処の仕方は最もダメな方法といえるでしょう。, クレジットカードのキャッシングによるカードローンは手軽に現金を手に入れる方法です。, 確実に返せる方法があるとか、公的制度の補助金や給付金が出るまでの一時しのぎであればいいでしょう。, 消費者金融はカードローンに比べて若干審査が緩く、キャッシング機能のついているクレジットカードを持っていない人は消費者金融を選ばれる方もいるでしょう。, ただし、こちらも同様に一時しのぎにしかなりませんので、お金が入る当てがないのであれば利用しない方がいいでしょう。, これらのローンは、面倒な手続きや周りの人に頼むわずらわしさはありませんが、短期間で確実に返せる当てがなければ使用しないでください、まずはソーシャルワーカーなどの専門家に相談するようにしてください。, 今回は「入院費用が払えない場合の対処方法についての調査レポート」をまとめてきました。, 日頃から生活状況が厳しい場合においては、金銭的に厳しい為になかなか蓄えておくという事は難しいかも知れません。, しかしもしもの時のために、出来るだけ、少額の保険金でも入れる生命保険を掛けるなり、少しずつでも積み立てておくなりといった努力は必要であるといえるのではないでしょうか?, そのような努力をしていても、突然高額な医療費がかかった場合に払えないこともあるでしょう。, そうした時には、ご紹介したような高額療養費制度・高額医療費貸付制度・無料低額診療事業等の行政が支援してくれる医療費制度を利用してみてください。, また、支払った医療費負担を軽減するための方法として、支払った税金の一部が返ってくる医療費控除もあります。, それでもどうしても支払いが難しい場合は、最終手段として、減免制度や生活保護等の利用についても相談してみてください。, 今後高齢化社会や少子化問題が更に加速していく中で、医療の問題はとても大きな比重を占めてくると考えられます。, そんな中、治療費や入院費の不払いが溜まってしまえば医療制度や医療保険制度そのものが崩れてしまうことになりかねません。, 子供が親を見るといった当たり前と思われた構図も崩れ、老老介護で共倒れする等の問題も露呈していく中で、一人一人が日頃から出来る限りの蓄えを持つという事がいかに重要であるかを再認識する事が出来たのではないでしょうか。. 何の前触れもなく突然やってくるのが病気やケガで「入院」することです。 そして、入院して分かるのが、思っていたより掛かる入院費用です。 月に一回支払う入院費用請求書を見てびっくりしてしまうほどの金額が請求される場合もあります。 入院の自己負担額と抑える方法を解説します。 © Copyright 2020 お金の使い方まとめ. 入院費用の支払い日は退院日当日、期限は月末であることが多いです。(医療機関による)しかし、突然の入院で、入院費のが払えない場合もありますよね。そこでここでは、支払いが困難な場合の頼れる制度、高額療養費制度と生活保護を受けている方の対処法についても解説します。, この記事を読んでいただければ、入院費の支払い期限や支払いが困難な場合の対処法や制度について知ることができるはずです。, 入院費の支払い期限は病院によって異なりますが、基本的には月ごとに1日から末日までの医療費を取りまとめて、翌月に請求されます。月をまたぐことはありません。, ある病院では、入院中の場合、月末締めで翌月の11日以降に請求書が発行され、支払い期限が20日です。, 退院当日に支払いを済ませる必要があるため、希望にもよりますが退院間近となると窓口より、入院費の概算金額を教えていただける場合が多いです。, 入院費は高額となるので、急に入院した場合など、現金で用意するのが難しい場合もあるでしょう。, 現在では、ほとんどの病院で現金以外の支払いが可能です。可能な支払い方法は以下の通りです。, ここまで、入院費は翌月もしくは退院日に支払う必要があり、支払いには現金だけでなくクレジットカードや銀行振込が可能ということを解説してきました。, ですが、そもそも貯蓄がなく、入院費を支払うことが困難な場合はどうしたら良いのでしょうか?, ここからは、治療を受けたけれど払えないとなった場合の対処法について、解説していきます。, 病気や怪我で入院して高額な治療費がかかった場合、家計への負担を軽減する国の制度として、「高額療養費制度」というものがあります。, 同一月にかかった医療費の自己負担額(窓口で支払った額)が一定の金額を超えた場合、その超えた額が後で払い戻されます。, というわけで、高額療養費制度を利用すると、医療費の負担を大幅に減らすことができます。, ですが、一旦自己負担する必要があり、払い戻しまでには2、3ヶ月かかるのがデメリットです。, 前に述べたとおり、高額療養費制度は、高額な治療費がかかり自己負担額の上限を超えた場合に、その超えた額が後で戻ってくる制度です。, ですが、前もって「限度額適用認定証」を申請しておくと、窓口では自己負担の上限額までの支払いですみます。, というわけで、予定されている入院などで高額な治療費がかかることが分かっている場合は、事前に健康保険組合に問い合わせて、限度額適用認定証の申請をしておくのがおすすめです。, 実際のところ、50歳で年収600万円、治療費が100万円かかった場合、本来の窓口での自己負担額は30万円となりますが、限度額適用認定証を病院に提示することで、約9万円となります。, 高額療養費制度は同一月にかかった自己負担額が一定の金額を超えた場合に適用される制度です。, もし、月またぎの入院になった場合、それぞれの月ごとに医療費を精算することになり、自己負担額の上限を超えない場合は高額療養費制度を使うことができません。, というわけで、急な病気や怪我では難しいですが、予定入院の場合、可能であれば月またぎにならないように入院日を調整することは得策と言えるでしょう。, 高額療養費貸付制度とは、高額療養費の払い戻しには2、3ヶ月かかるため、当面の医療費の支払いを助ける資金として、無利子で貸付を行っている制度です。, 貸付額は健康保険組合の種類によりますが、高額療養費支給見込額の8割〜9割相当額となっています。, 申請すると福祉事務所に意見書を発行してもらえるので、申請者は医師に意見書を記入してもらい、福祉事務所に提出します。, 医療券と調剤券には有効期限の他にそれぞれ指定医療機関名、調剤薬局名が記載されており、指定の機関以外では使用することができなくなっています。, ここまでで、病気や怪我をして高額な治療費がかかった場合、国の制度により、最低限の保障はされることがお分かりいただけたかと思います。, ですが、実際に入院することになった場合、医療費以外にも食事代や差額ベッド代など、費用がかさみます。, ある調査によると、病気や怪我で入院した場合の自己負担額は、平均で20万円となっています。, そこで、健康なうちから医療保険に加入しておくと、万一、病気や怪我をした時の入院費の支払いに備えておくことができるのです。, 医療保険に加入しておらず、入院費の支払いのために貯蓄を切り崩すことになり、将来かかる教育費や老後資金に影響が出ては困りますよね。, というわけで、いつ起こるか分からない病気や怪我のために、医療保険への加入をおすすめします。, ほけんROOMでは専門家による無料相談を受け付けていますので、どの保険を選んだら良いのか分からないという方はぜひ利用してみて下さい。, 入院費の支払いや期限と支払いが困難な場合の対処法について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?, ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険の記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。, 銀行の窓口やATMで振込をする場合、振込用紙が病院の窓口で用意されていますので、あらかじめ受け取っておくと便利です。, これまで述べてきたように、高額療養費制度は医療費の負担を軽くする制度で、自己負担額が上限を超えた場合、その超過分が戻ってくる制度です。, 事前に限度額適用認定証を健康保険組合に申請していれば、自己負担額までの支払いとなります。, ですが、事前に限度額認定証の申請を行っておらず、入院費用の支払いが難しい場合はどうしたら良いのでしょうか?, では、生活保護受給者の方が入院した場合で、入院費が支払えない場合はどうしたら良いのでしょうか?, 東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。, 高額療養費制度は事前に限度額適用認定証を申請し、病院に認定証を提示すれば窓口負担額が減らせる. ベリーベスト法律事務所、代表弁護士の萩原 達也です。 国内最大級の拠点数を誇り、クオリティーの高いリーガルサービスを、日本全国津々浦々にて提供することをモットーにしています。 また、中国、ミャンマーをはじめとする海外拠点、世界各国の有力な専門家とのネットワークを生かしてボーダレスに問題解決を行うことができることも当事務所の大きな特徴です。, 病気やケガで入院してしまうリスクは、誰にでも起こりうる問題です。 予期していないタイミングで入院を強いられたときには、家計に「入院費用を工面する余裕がない」ということもあるかもしれません。, また、ケガ・病気による入院は、収入の減少につながることも少なくないので、入院が長期化したことによって、毎月の支払いに対応できる余裕がなくなってしまうこともあり得るでしょう。, このような場合には、借金によって入院費を工面する人も珍しくなく、そのまま収入が回復せずに自己破産の原因となってしまうこともあります。, そこで、今回は、入院費用の支払いが苦しくなった場合の対処方法や、入院費を債務整理で解決する際に知っておいてもらいたいことについてまとめてみました。, 入院の支払いは、患者さんにとって大きな負担です。 特に、大きい手術を伴う入院の場合には、1ヶ月あたりの自己負担額が10万円を超えるケースも珍しくありません。, そのような場合には、医療保険(健康保険)が用意している救済制度を利用することで、入院費の負担をさらに減らすことができます。, 高額療養費制度は、1ヶ月あたりの医療費負担額が基準額を超えた場合に、基準額を超過した部分について、事後に払い戻ししてくれる制度です。 国民健康保険などのいわゆる健保に加入していれば、誰でも利用することができます。, 立て替えた医療費の返金は、医療機関への支払いから3ヶ月ほどかかるのが一般的です。 また、複数の医療機関への支払額を合算して処理することもできます。 高額療養費制度による払い戻しの対象となる医療費の金額は、保険者(患者)の年齢・年収ごとに定められています。, また、細かい調整が行われることも少なくないので、下記のウェブサイトや加入している健康保険の窓口などで、最新の情報を取得することが大切です。, なお、家計がかなり苦しいため、入院費を立て替えることも難しい(返金まで3ヶ月も待てない)という場合には、あらかじめ「限度額適用認定証」の交付を受けておけば、病院へ支払い費用それ自体を減額させることが可能です(※70歳以上の人の場合には、限度額適用認定証の交付は不要です)。, 高額療養費制度を利用したときには、医療機関が発行するレセプト(診療報酬明細)の審査を経てからでないと払い戻しができないため、どうしても時間がかかってしまいます。 家計の状況によっては、この期間を待っていたら毎月の支払いに対応できないということもあると思います。, そのような場合には、「高度医療費貸付制度」を利用することで、自己負担分の一部(8~9割)について無利子の貸与を受けることができます。, ただし、この貸付制度は、高額療養費制度による還付が開始されるまでの「つなぎ資金」を貸与するための制度にすぎませんから、還付金を受給したときにはすぐに返済しなければなりません(通常は、返済分を差し引いた金額が還付される対応になります)。, 入院費は、毎月ごとの支払いとなるのが一般的です。 入院が長期化した場合には、入院による収入減などが原因で、途中で入院費を工面できなくなることもあるかもしれません。, 入院の際には、入院費用の支払いを担保することなどを目的に連帯保証人を立てなければならないケースが多いといえます。 したがって、入院費用が工面できないときには、連帯保証人となってくれた人に援助をお願いすることが、一番基本的な方法といえます。, 連帯保証人をお願いする人は、(別生計の)家族・親類の場合が多いでしょうから、「入院費の支払い」ということであれば、力になってもらえるケースも多いと思います。 家族・親類などからの資金援助であれば、厳格な返済期限や利息の負担などを心配する必要も少ない点でも安心といえます。, 入院の際の連帯保証人は、通常は入院患者と別生計の人を立てる必要があります。 同一生計の家族(たとえば、専業主婦(夫)である患者の配偶者)を連帯保証人にした場合には、入院費用支払いの担保として意味をなさない場合が多いからです。, とはいえ、入院費用の場合の連帯保証人については、金融機関から借金する場合の連帯保証人の場合と違い、厳しい審査が行われるケースは稀といえます。, そもそも病院側には、連帯保証人の収入状況などを詳細・正確に調査できるノウハウ(権限)がない場合の方が多いからです(たとえば、金融機関ではない病院は、信用情報を調査するようなことはできません)。 したがって、連帯保証人に相談をしても、連帯保証人の側にも支払いに応じられるだけの資力がないことも珍しいことではありません。 そのような場合には、「支払いが苦しい事情がある」ということを正直に病院に告げた上で、分納や(退院後収入が回復してからの)後払いの相談をすることも有効な方法です。 病院は、医療費の大半については保険会社から支払いを受けられるのですから、金融機関への借金の支払いの場合に比べれば、分割払いなどに応じてもらえる可能性もかなり高いといえます。, なお、「入院費用が支払えなければ病院を追い出される(診療拒否にあう)」ことを不安に感じる人もいるかもしれませんが、別に解説を加えるように、医療機関は医療費(入院費)の不払いだけを理由に診療を拒否することは禁止されています。, 病院への支払いだけが問題であれば、分割払いなどのお願いをすることで、債務整理をせずに入院費用を解決できる場合の方が多いといえます。 とはいえ、入院費用(に加え、生活費やそのほか必要な支払い)のために、金融機関から借金をした場合や、入院費の支払いにクレジットカード(リボ払いなど)を用いた場合には、これらの返済ができなくなってしまうこともあるかもしれません。 特に、大きな病気・ケガが原因でその後の就労にも大きな影響がでた場合には、思うように収入が回復しないということもあるからです。, このような入院のために抱えてしまった借金を返せなくなったときや溜まっている入院費用を支払えなくなったときには、「債務整理」で解決することが有効です。, 入院費用が支払えないというケースは、入院(病気・ケガ)による大幅な減収や失職(後、収入が回復しないこと)を原因とする場合が多いといえます。 たとえば、支払うべき入院費用(や他の借金)が100万円を軽く超えてしまったケースでは、「自己破産」によって解決を図ることが基本となるでしょう。 任意整理・個人再生といった他の債務整理の方法では、借金(の一部)を分割で返済できるだけの収入(資力)が必要となるからです。, なお、入院費用が原因の借金を自己破産する場合には、免責不許可などの心配をする必要はありません。 病気・ケガによる失職・減収などが原因で、診療費用などを支払えなくなることは、誰がどう考えてもやむを得ない事情といえるからです。, したがって、入院費用を自己破産すれば、裁判所の決定で免責が与えられることによって、入院費用(や入院のための借金)の支払い(返済)義務が完全に免除されます。, ただし、自己破産によって入院費用を解決する際には、自宅不動産などの高価な資産は、債権者への配当(残額の支払い)に充てるために手放す必要があります。 また、保有財産の状況によっては、自己破産を申し立てても認めてもらえないケースがあることにも注意が必要です。 「保有財産を処分すれば入院費用を支払える」という場合には、自己破産を認められないからです。, 入院費用を自己破産で解決できない(解決すべきではない)場合には、任意整理という方法を選択することが考えられます。 とはいえ、金融機関からの借金がなく「病院への支払い」だけが問題の場合であれば、任意整理をする必要性は高くないといえます。 (弁護士などに依頼をして)債務整理としての任意整理を行わなくても、病院と直接交渉することで分割払いに応じてもらえる場合の方が多いからです。, また、病院の入院費には利息も発生しないので、任意整理による減額の効果もありません。, 入院を必要とする重い病気やケガをしてしまったときには、さまざまなことに強い不安を感じてしまうことも多いと思います。 たとえば、「入院費を滞納したら病院を追い出されるのではないか」、「入院費を債務整理したら今後の治療を拒否されるのではないか」といったことを考える人もいるかもしれません。, しかし、病院(医療機関)は、法律や監督官庁による厳しい規制があるため、治療費の不払いを原因に、治療・診療を拒否することはできません。 医療機関による診療拒否は患者の生命身体に大きな悪影響を与えることになるからです。, たとえば、医師法は、医師が診療を拒否するためには、「正当な事由」がなければいけないことを定めています(医師法19条)。 また、厚生労働省の通達においては、次のようなケースでの診療拒否は、「医師法19条が定める「正当な事由に該当しないので認められない」とされています。, 突然、大きな病気やケガになり長期間の入院や、大がかりな手術が必要になったときには、入院費用・手術費用の支払いに不安を感じることも多いでしょう。 特に、長期入院は、家計を直撃することも多く、多額の借金を抱え込む原因になることも少なくありません。, しかし、病院への支払い(入院費)などについては、公的制度による救済(支援)があり、また、病院自体も柔軟に対応してくれることが少なくありません。 その意味では、「入院費が支払えない」とあわてて、カードローンのような高利の借金で工面をすることは危険といえます。 大きな病気をした後は、収入が回復するまでに時間がかかる(収入を回復させること自体が難しい)ケースも珍しくないからです。, 万が一、入院(病気・ケガ)が原因で、多額の借金を抱えてしまった場合や、すでに抱えていた借金を返済できなくなった場合には、できるだけ早く弁護士などに相談することが重要です。 借金問題に詳しい弁護士であれば、それぞれのケースに応じた最善の解決方法を選択することができるからです。 最近では、無料相談に対応している弁護士事務所だけでなく、事務所に訪れることの難しい人の場合には出張相談に応じてくれる事務所も増えていますので、まずは気軽に問い合わせしてみるとよいでしょう。, 当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。, 今すぐには弁護士に依頼しないけれど、その時が来たら依頼を考えているという方には、弁護士費用保険メルシーへの加入がおすすめです。, 何か法律トラブルに巻き込まれた際、弁護士に相談するのが一番良いと知りながらも、どうしても費用がネックになり相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。そんな方々をいざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。, 弁護士費用保険メルシーに加入すると月額2,500円の保険料で、ご自身やご家族に万が一があった際の弁護士費用補償(着手金・報酬金)が受けられます。離婚、労働トラブル、ネット誹謗中傷、自転車事故、相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認下さい。), ご自身、そして大切な家族をトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。, リンクの先には、弊社電話番号・カテゴリー毎の法律のお問い合わせ先がございます。そちらからご自身のお悩みのカテゴリーを選択してください。, 私たちベリーベスト法律事務所は、お客様にとって最高の解決が得られるように、情熱と誠意をもって全力を尽くす弁護士集団です。.