八戸市女子中学生刺殺事件(はちのへしじょしちゅうがくせいしさつじけん)とは、1993年 10月27日に、青森県 八戸市に住む中学2年(14歳。 当時)の女子生徒が、自宅で刺殺体となって発見された事件。. 2008年 10月27日に殺人罪の公訴時効(15年)を迎えた(未解決事件 千葉県松戸市にあるラブ探偵事務所が運営するブログ探偵「エル」のひとり言。2019年11月12日午後4時40分頃青森県八戸市で下校途中だった小学6年生の女子児童が刃物で切りつけられた事件を取り上げました。 2019/11/14, 14歳、中学2年生という少年がこのような事件を起こしたとして、ネットでは驚きの声が上がっています。, そこで今回は、八戸市切りつけ事件の犯人、14歳の少年の中学校や家族構成などについて調べていきたいと思います。, 八戸市の路上で起きた、女児切りつけ通り魔事件の犯人として、14歳(中学2年生)の少年が逮捕されました。, 14歳という若さに驚いた人も多かったようですが、なぜこの若さで殺意を覚えるような事が合ったのでしょうか。, 青森県八戸市の路上で小学6年の女子児童が切り付けられた事件で、県警は13日、殺人未遂の疑いで逮捕したのは市内の男子中学生(14)と発表した。中学生は「殺すつもりだった」という趣旨の供述をして容疑を認めており、県警は事件に使ったとみられるカッターナイフを押収した。, 県警は、2人は互いに面識がないとみており、中学生が女児を襲った動機などを詳しく調べている。, 逮捕容疑は12日午後4時40分ごろ、八戸市新井田西1丁目の路上で、女児の首の前部分を刃物で切り付け、殺害しようとした疑い。, 自分よりも弱い立場の人間を狙った犯行で、幸い大事には至りませんでしたが、少年だからと許される行為ではありません。, 八戸市の女児切りつけ事件で、犯人の中学生が女児の後をつける防犯カメラの映像が公開されました。, モザイクがかかっているものの、犯人の中学生が女児の後をピッタリ付けて歩いている様子がハッキリと分かります。, 今回の事件で逮捕された、14歳の中学2年生の少年の通う中学校はどこなのか調べてみました。, しかし犯人が中学生だったことからも、自宅近くで犯行に及んだ可能性が高いと思われます。, なお、今回起きた事件の犯行現場が学区内となっているのは「八戸市立大館中学校」となっています。, しかし現在も、犯人の少年が特定されないようにか、家族構成などの情報も何も公開はされていません。, また少年については特定もされていない為、家族構成などの情報は見つかりませんでした。, 2019年7月に埼玉県所沢で起きた、中学2年生の少年が同級生を殺害した事件では、少年がいじめ被害者だったことが分かりました。, 何らかの要因なく、殺意も覚えることも無いでしょうから、何が原因だったのか犯行動機のキッカケについて明らかになってほしいですね。.

八戸市女子中学生刺殺事件(はちのへしじょしちゅうがくせいしさつじけん)とは、1993年10月27日に、青森県八戸市に住む中学2年(14歳。当時)の女子生徒が、自宅で刺殺体となって発見された事件。, 1993年10月27日、八戸市城下4丁目で、中学2年生の女子生徒(14)が自宅で刺殺され、病院で働く母親(46)が帰宅して発見した。玄関のガラス戸が割れ、外側に向かって破片が飛び散っていた。室内に物色された形跡はなかったが、玄関、居間、風呂場の脱衣所の3か所の窓が施錠されていなかった。, 犯行は住宅密集地の細い路地を入った被害者の自宅で、短時間のうちに行われた。そのため、当初は「犯人はすぐ逮捕される」と思われていた。青森県警は12万人の捜査員を投入し、重要参考人を含む約600人から事情聴取したが、結局手がかりは得られず、2008年10月27日午前0時、殺人罪の公訴時効(15年)を迎えた。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=八戸市女子中学生刺殺事件&oldid=71202057, 玄関のガラス戸が割れ、外側に向かって破片が飛び散っていた。被害者の左ひざには傷があった(「逃げようとしてガラス戸を割った時にできた」と思われている)。, 廊下から玄関には、痕跡が残っていた。「玄関まで逃げ、ひざでガラス戸を割ったあと犯人に捕まり、部屋まで引きずり戻された」と思われている。, 殺害場所(寝室)以外で血痕があったのは、玄関付近の廊下1か所だけである。「玄関から引きずり戻す時に、心臓を刺した」と思われている。, 室内に物色された形跡はなかったが、玄関、居間、風呂場の脱衣所の3か所の窓が施錠されていなかった。, 事件当日、被害者は18時頃に帰宅。母親は18時23分頃に帰宅している。従って、犯行は20分ほどの間に行われている。, 被害者のひざの傷が、「玄関のガラスを割った時に付いたもの」だとすると、18時15分~18時20分頃にガラスが割れる音を近隣の人たちが聞いていることから、母親が帰宅するまでの3分間から8分間に殺された可能性がある。, 父親(47)は単身赴任のような感じであり、地方の仕事で家を空けることが多かった。事件当日も不在だった。, 当時同居していたのは、母親と高校生の次男(16)と被害者の3人だったが、事件発生時は母親と次男は家にいなかった。, レッスンは19時からで、いつもは18時50分頃に家を出ていたという。母親は、普段は19時30分頃に仕事から帰るが、水曜日は一緒にバレエに行くため、18時30分前後に帰宅していた。, このため、被害者も18時30分までに帰宅すればよいことになるが、「今日は18時までに帰宅し、18時20分頃までは家にいなければならない」と友人に話していたことが分かっている。友人が理由を聞いても、バレエのレッスンのことも言わず、理由を濁していたという。, 「被害者が1人だけになる時間帯」に「家族と会う確率も高く、居合わせても疑われない人物」と会う約束をしていた可能性に、警察も着目していた。, 犯人は、凶器をあらかじめ準備していたと見られている。「誰が、どのタイミングで、何の目的でこの包丁を台所から持ち出した」のか、警察も着目していた。, 被害者は、帰宅した後、部屋にかばんを置き、六畳居間の室内灯をつけ、コタツのスイッチも入れたと見られている。, 「帰ってすぐ犯人に襲われた」とすると、被害者が包丁を台所から持ち出すことはほとんど無理と考えられる。台所にもみ合った跡などもないので、「犯人を振り切って台所に行き、包丁を取り出した」とも考えられない。逃げるのならば、玄関がすぐ近くにあるので、外へ逃げることも可能だったと思われる。, また、「犯人が台所から包丁を持ち出しておいて、刺す時だけあらかじめ準備していた凶器に取り替えた」とも考えにくい。, 台所に血痕がない点から、「負傷する前に、被害者が威嚇・防衛などの目的で持ち出した」可能性もあると、警察は見ている。, つまり、「警戒感を抱かない顔見知り」か「その他の訪問者」を玄関で迎えた後に身の危険を感じ、持ち出したが奪われ、放置された、という可能性もある。これは「被害者と犯人が、顔見知りかどうか」を判断する、重要なポイントになっている。, 遺体には、ひざ、ふくらはぎ、首に切り傷があったが、心臓を貫通する刺し傷が致命傷になった。, 「犯行後に逃走すれば、事件との関連がわからなくなる人物」(他人)か、「顔を目撃されても、自分の立場が危うくならない人物」(顔見知り)が「明確な殺意を示す部位である、心臓を狙う可能性は低い」ことから、「被害者の証言で自分の犯行が明らかになってしまうことを恐れたため、, このことから、「被害者と犯人とは顔見知りである可能性」も視野に入れ、捜査していた。.