内房線:千葉~君津 2. 外房線:千葉~上総一ノ宮 上総一ノ宮~安房鴨川、君津~安房鴨川はそもそもグリーン車が連結された列車が乗り入れない区間のため、今回は対象外になる。 >>JR内房線の混雑はどのくらい!?

普通・快速グリーン料金(首都圏エリア) jr東日本の首都圏エリアでは、東海道線、横須賀・総武快速線、宇都宮線、高崎線、湘南新宿ライン、上野東京ライン、常磐線の普通(快速)列車にグリーン車が連結されています。 朝と夕方のラッシュでは? jr東日本:普通列車グリーン車で列車移動を快適に!東海道線、横須賀・総武快速線、宇都宮線、高崎線、湘南新宿ライン、上野東京ライン、常磐線の普通(快速)列車に連結されてる普通列車グリーン車についてご案内します。 房総エリアの内房線、外房線においてグリーン車が連結されているかどうかの見わけ方は以下のようになる。 今回の対象としている区間に関しては、次の通りである。 1. 湘南ライナーなど東海道線のライナー列車のグリーン車は自由席なので、この場合も青春18きっぷ+グリーン券の組み合わせで乗車できます。普通列車のグリーン車とは違った185系や251系のグリーン車に乗ってみるのもいかがでしょうか? 京葉線直通の快速・通勤快速が朝夕に運転されており、内房線内では巌根駅を含む全駅に停車する。グリーン車なし全車ロングシート10両編成での運転である。2015年3月14日改正時点の運転本数は以下の …

žå†…の普通列車のグリーン料金は、50キロメートルまで510円、51キロメートル以上は720円です。, JR東日本の東京から高尾・青梅間を運転する〔中央ライナー〕・〔青梅ライナー〕をご利用の場合は720円です。. グリーン券を購入するには、改札口を出て、自動券売機か「みどりの窓口」で購入できます。券売機のほうが手軽でしょう。「みどりの窓口」で購入する場合は、乗車駅と降車駅を告げるだけで大丈夫です。 「スイカ」などを持っている場合は、駅のホーム上にあるグリーン券専用の自動券売機で「スイカグリーン券」(カード内に、グリーン券の情報を書き込む)を買うことができます。スイカなどを挿入して、乗車駅と下車駅を押すだけです。

内房線から総武快速線・横須賀線に直通する快速電車のグリーン車に乗ってみました。e217系のグリーン車は初めて乗るので、ワクワクドキドキ!デッキe217系グリーン車のドア。e231系以降のグリーン車のドアに比べて幅は狭め。デッキと客室を仕切っ B.B.BASEの運転スケジュールおよび旅行商品について”, https://web.archive.org/web/20201019221145/https://www.jreast.co.jp/chiba/news/pdf/pre1711_bbbase.pdf, https://web.archive.org/web/20180612140949/http://www.jreast.co.jp/chiba/news/pdf/pre1412_timetable.pdf, https://web.archive.org/web/20101011083614/http://www.jrchiba.jp/news/pdf/20100924daiya.pdf, 『歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』 通巻31号 内房線・外房線・久留里線 31頁, https://web.archive.org/web/20201113041738/https://www.chibanippo.co.jp/news/local/4429, https://web.archive.org/web/20200512084545/https://www.jreast.co.jp/press/2020/20200512_ho01.pdf, https://web.archive.org/web/20201112062336/https://www.jreast.co.jp/press/2020/yokohama/20201112_y02.pdf, 『歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』 通巻31号 内房線・外房線・久留里線 30頁, https://web.archive.org/web/20200811131415/https://www.jreast.co.jp/chiba/news/pdf/20120321bohusaku.pdf, https://web.archive.org/web/20140102192013/http://jrrouso.com/__HPB_Recycled/jrluhp/tibajyouhou/gyoumu1.pdf, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=内房線&oldid=80414345, 3月14日:君津駅 - 安房鴨川駅間が東京近郊区間に組み込まれ、同時にICカード「Suica」サービス開始, 総武快速線直通列車用で、2020年12月21日より千葉駅 - 君津駅間で運行開始予定, 接続路線:東日本旅客鉄道の路線名は運転系統上の名称(正式路線名とは異なる)。駅名が異なる場合は⇒印で駅名を示す。. 分かりやすく言うと、総武快速線へ乗り入れる11両または15両編成の電車にはすべてグリーン車が4、5号車に付いている。, 千葉駅発着の内房線または外房線単独の電車、京葉線直通の電車は一切グリーン車が付いていない。, 房総エリアの内房線、外房線においてグリーン車が連結されているかどうかの見わけ方は以下のようになる。, 上総一ノ宮~安房鴨川、君津~安房鴨川はそもそもグリーン車が連結された列車が乗り入れない区間のため、今回は対象外になる。, 総武快速線とは、東京~千葉間の区間の総武本線のことを指す。中央総武線各駅停車と区別するためにこのような名称が付いている。, 一部の電車は千葉駅から内房線の君津駅または外房線の上総一ノ宮駅まで乗り入れている。, 上り列車は内房線・外房線内においても「快速」として運転されている。一方の下りは通過駅のない区間だと「普通」として運転される。, 総武快速線へ乗り入れる電車にはグリーン車が必ず設置されている。東京駅からは横須賀線へ乗り入れて久里浜駅や逗子駅まで乗り入れる便もある。, 京葉線へ乗り入れる列車も多くは「快速」として運転されるものの、こちらにはグリーン車は一切連結されていない。, ラインカラーは赤色。上り列車の東京行は蘇我駅から京葉線へ入る。海浜幕張駅、舞浜駅、新木場駅などを経由する。, グリーン車がない理由はとても単純で、京葉線内にはグリーンありの電車が運転されていないからである。, 特に上り列車では総武快速線と同じ「東京行」という点に注意が必要。下りは問題ないものの、上りなら「総武快速線経由」か「京葉線経由」かに注目することが求められる。, なお、京葉線は蘇我駅が起終点のため、千葉駅は絶対に経由しない。したがって、千葉駅に行くかどうかも見分け方の1つにである。, 千葉駅発着というのは、内房線・外房線単独の電車を意味する。こちらもすべてグリーン車無しである。, 使用される車両はすべて209系。連結車両数も4・6・8・10両編成のいずれかである。, ラインカラーはカナリアイエロー+ブルー。京葉線はレッドのため、一瞬にして内房線・外房線単独かどうかの見分けがつく。, 総武線快速・横須賀線と似ているものの、そもそもグリーン車有りの総武線系統は11両編成以上で運転されるため、ここで判別できる。, 内房線の千葉~君津間・外房線の千葉~上総一ノ宮間のいずれもほとんどの電車ではグリーン車が付いていない便である。, 答えは、利用者の傾向にある。千葉駅から房総エリア側に視点を置くと、大部分の乗客は短い距離しか乗らない人たちである。, グリーン車はあくまでも快適性を重視した特別車両。したがって、利用者層は長距離利用者が中心である。, 需要が少ないためにあえて供給していないのが内房線・外房線の地域輸送の普通列車の共通点だろう。, 総武快速線の場合は、東京駅~千葉駅を全区間通しで乗った上で、内房線・外房線、あるいは総武本線・成田線内へ行き来する人がそれなりの割合でいる。, グリーン車の需要も大きい。実際のところ、平日も土日祝もグリーン車が満席になることはよくあるほどだ。, 東京都江東区在住。1993年生まれ。2016年国立大学卒業。主に鉄道、就職、教育関連の記事を当ブログにて投稿しています。私見が含まれますが、是非読んでいただけたらと思います。. 内房線(うちぼうせん)は、千葉県千葉市中央区の蘇我駅から房総半島の西岸(東京湾側)を経由し千葉県鴨川市の安房鴨川駅へ至る東日本旅客鉄道(JR東日本)の鉄道路線(幹線)である。また、内房線の前身である房総西線についても記述する。, なお、運転系統としては外房線区間(千葉駅 - 蘇我駅間)を含めた千葉駅 - 安房鴨川駅間となっている(後述参照)。, 千葉市から東京湾沿いに房総半島を南下し、太平洋沿岸の鴨川市に至る路線。蘇我駅で外房線から分岐し、安房鴨川駅で再び外房線に接続する。なお、千葉駅から安房鴨川駅までの距離(営業キロ)は、内房線経由より外房線勝浦経由のほうが29.9km短い。, 蘇我駅 - 君津駅間は複線区間となっており、列車の本数も比較的多く東京方面からの快速列車も乗り入れている。一方で君津駅以南は単線区間となり、列車本数は少なくなる。平日朝夕には東京駅 - 君津駅間(京葉線経由)、休日には新宿駅 - 館山駅(総武本線経由)の特急列車が運転されている。, 全線が旅客営業規則の定める大都市近郊区間の「東京近郊区間」、およびIC乗車カード「Suica」の首都圏エリアに含まれている。, 房総半島を一周する鉄道のうち、東京湾側の鉄道として1912年(明治45年)に蘇我駅 - 姉ケ崎駅間が木更津線(きさらづせん)として開業したのが始まりである。以後小刻みに延伸を繰り返し、1919年(大正8年)に安房北条駅(現在の館山駅)まで達したところで北条線(ほうじょうせん)と改称し、その後1925年(大正14年)に安房鴨川駅に達して現在の内房線の区間が全通した[5]。, 1929年(昭和4年)には、房総半島の東側で建設されていた房総線が安房鴨川駅まで延伸され、北条線を編入の上、千葉駅 - 大網駅 - 安房北条駅 - 木更津駅 - 蘇我駅間が房総線(ぼうそうせん)とされた[5]。1933年(昭和8年)には再び蘇我駅 - 木更津駅 - 安房鴨川駅間が房総西線(ぼうそうさいせん)として分離され、1972年(昭和47年)に現在の内房線に改称された[6]。, 1950年(昭和25年)の夏には太平洋戦争後初の海水浴客向けの臨時列車「潮風」を運行する。以後、夏期は各地から房総西線(内房線)へ向けて臨時列車が数多く運行された。1963年(昭和38年)と1964年(昭和39年)の夏には、列車不足を補うために当時未電化であった房総西線に電車も入線させた。電車は千葉駅でパンタグラフをたたみ、ディーゼル機関車の牽引によって館山駅まで運行された[7]。, 普通列車を中心としたダイヤ編成で、千葉駅を発着する系統が主体である。東京方面から直通する列車は、東京駅 - 千葉駅間は総武本線を、千葉駅 - 蘇我駅間は外房線を経由する。また特急列車と一部の普通列車(快速含む)は京葉線を経由し蘇我駅から当線に合流する。, 京葉線の東京駅から君津駅まで特急「さざなみ」が運転されている。かつては特急「ビューさざなみ」や、朝の上りに「おはようさざなみ」、夕方下りに「ホームタウンさざなみ」が運転されていたが[19]、2005年12月10日のダイヤ改正で「さざなみ」に統一された。また、臨時列車であるが、週末に特急「新宿さざなみ」(主に新宿駅 - 館山駅間)が運転されている。, かつては千倉駅まで運転する列車もあった[19]。またかつては停車パターンが列車ごとに異なっていた[19]。2015年3月14日のダイヤ改正で、特急「さざなみ」の定期運用ではすべての列車が平日に東京駅 - 君津駅間での運転に統一され、君津駅 - 館山駅間の特急列車の運用は土曜・日曜・祝日の臨時特急「新宿さざなみ」のみとなった[20]。, 普通列車は、日中は主に千葉駅 - 木更津駅・君津駅間、木更津駅 - 館山駅間および館山駅 - 安房鴨川駅間の列車が運転される。千葉から安房鴨川までの内房線全線を直通運転する列車は少ない。複線区間の千葉駅 - 木更津駅・君津駅間は総武線快速直通列車も合わせると1時間に3本程度(巌根駅を除く)運行されている。, 君津駅以南は単線で、朝夕は多少本数が増えるが、基本的に1時間に1本程度の運行となっている。なお、2017年3月4日の改正で、日中時間帯の千葉駅 - 館山駅間の系統は木更津駅 - 館山駅間の運転に変更され、横須賀・総武線からの快速列車と木更津駅 - 館山駅間で運行する普通列車を君津駅で隣のホームで乗り換えるようになった[17]。館山駅 - 安房鴨川駅間についても、区間内を折り返し運転する列車がほとんどで、館山以北との直通列車は少なくなっている。館山駅での木更津方面の列車と安房鴨川方面の列車の接続も良くない。かつては安房鴨川駅で外房線と相互直通を行う列車もあったが、現在は安房鴨川駅を越えて運転される列車はない。, 京葉線直通列車は君津発東京行きの普通列車(京葉線内も各駅停車)が夜に2本設定されている。, 千葉駅 - 千倉駅間では最大10両編成、千倉駅 - 安房鴨川駅間では最大8両編成(ホーム自体は10両編成に対応)で運転されている。, 総武線快速が朝の1往復のみ木更津駅発着である以外は君津駅まで乗り入れている。内房線内では巌根駅を除く各駅に停車する。グリーン車付き15両編成または11両編成での運転である。, 運転本数は一部時間帯を除き1時間に1本で、1972年の設定当初は千葉駅 - 木更津駅間の停車駅は五井駅のみだったが、ダイヤ改正を重ねるにつれて停車駅が増えていき、1990年時点の千葉駅からの停車駅は蘇我駅・八幡宿駅・五井駅・姉ケ崎駅・木更津駅となっていた(ラッシュ時のみ長浦駅にも停車)。その後も沿線自治体による快速停車の陳情で、徐々に停車駅が増えていき、2001年12月1日の改正でラッシュ時のみ袖ケ浦駅に停車、2004年10月16日からは長浦駅・袖ケ浦駅に終日停車し、2009年3月のダイヤ改正では浜野駅、2010年12月4日のダイヤ改正から本千葉駅にも停車するようになり[21]、千葉駅 - 木更津駅間の通過駅は巌根駅のみとなっている。, 2015年3月14日のダイヤ改正では特急「さざなみ」の本数減便による建て替えで一部の普通列車を総武快速線直通に変更、千葉発木更津行きの列車(巌根駅は通過)も朝に下り1本のみ新設された。2017年3月4日のダイヤ改正では特別快速が走っていた時間帯に増発され、これにて総武線快速の設定のない時間帯がなくなり、1時間に1本以上運転されるようになった。, 京葉線直通の快速・通勤快速が朝夕に運転されており、内房線内では巌根駅を含む全駅に停車する。グリーン車なし全車ロングシート10両編成での運転である。2015年3月14日改正時点の運転本数は以下の通りである。, 快速は、平日ダイヤでは朝に上り1本、夜に下り4本運転されており、すべて君津駅発着で運転されている。土・休日ダイヤでは、朝に上り3本、夜に下り5本運転されており、朝の上りのうち1本のみ上総湊発で、残りは君津駅発着となっている。下りの上総湊行きは運転されていない。, 通勤快速は平日のみ運転されており、朝に上り2本、夜に下り1本運転されている。朝の上りのうち1本のみ上総湊発であるが、下りの上総湊行きは運転されていない。木更津駅で夜間滞泊した車両が上総湊駅まで回送され、折り返して営業列車となる。, 京葉線直通の通勤快速・快速は2015年3月14日のダイヤ改正より巌根駅も停車駅となり、内房線内は各駅に停車する。しかし、下り列車に関しては「普通」「各駅停車」とは案内されず、「通勤快速」「快速」のまま案内される。, このほか、前述したように京葉線東京行き普通列車が夜に上り2本運転されており、夜1本目の快速と夜2本目の快速(土休日は3本目の快速)が、君津駅到着後に折り返す運用である。なお、平日の通勤快速(土休日は快速)と夜3本目の快速(土休日の4本目)は、君津駅到着後、普通列車として千葉駅まで運行され、千葉駅から平日の通勤快速(土休日は快速)は木更津駅、夜3本目の快速(土休日の4本目)は君津駅まで運行後、終点で夜間滞泊する。これは、京葉車両センターに所属する京葉線の車両が千葉駅に乗り入れる唯一の運用である。, 1975年3月10日のダイヤ改正で千葉駅 - 館山駅間に1日1往復設定された快速。朝に上り、夜に下りが運転され、当初の停車駅は千葉駅・五井駅・木更津駅・君津駅・大貫駅・上総湊駅・浜金谷駅・安房勝山駅・岩井駅・富浦駅・館山駅だったが、1978年10月2日のダイヤ改正で八幡宿駅・姉ケ崎駅・巌根駅、1979年10月1日のダイヤ改正で蘇我駅が停車駅に追加され、1981年10月1日のダイヤ改正で普通に格下げされる形で廃止された。, なお、2020年3月14日ダイヤ改正現在でも下りのみ千葉駅始発の快速が1本運転されている。, 2015年3月14日のダイヤ改正(実際は月曜日の16日から)より、東京駅 - 館山駅間に総武快速線直通の特別快速が設定された。運転本数は平日のみに1日1往復であり、東京駅 - 館山駅間の停車駅は、錦糸町駅・船橋駅・津田沼駅・千葉駅・蘇我駅・五井駅・木更津駅・君津駅・佐貫町駅・浜金谷駅・保田駅・岩井駅・富浦駅で、錦糸町駅 - 館山駅間の停車駅は従来の特急「新宿さざなみ」と同一である。車両の編成長は東京駅 - 木更津駅間では15両(グリーン車2両連結)、木更津駅 - 館山駅間では4両(グリーン車連結なし)編成である[20]。, 2017年3月4日のダイヤ改正(実際は金曜日の3日)をもって登場からわずか約2年で運転を取り止めた[17]。, これら上記以外で、国鉄時代には千葉鉄道局所属のみの車両では手持ちが少ない事を理由に夏期限定で、海水浴臨時快速列車(房総循環)には各製造会社より試運転前提で北海道・東北・新潟・北陸・近畿・中国・四国・九州向けの新車やその他局からの車両が応援で房総地区の路線を走行した。その中には北海道専用キハ56形、碓氷峠(横軽)対策キハ57形、準急日光用キハ55形。中央西線用キハ65形、千葉無配置で他線区向け2基エンジン搭載のキハ58形の新車、同じ仕様でキハ20形をベースとしたキハ52形、そして通勤用キハ30・35・36形の他線区向け新車もあった。, 内房線の正式な起点は蘇我であり、千葉駅 - 蘇我駅間は外房線となっている。しかし、内房線の普通列車は千葉駅を発着駅とするため、JRの旅客案内やウェブサイトでの乗換案内では内房線の(事実上の)起点は千葉との案内表記が多く、千葉駅 - 蘇我駅間は内房線・外房線が共用している状態となっている。, この区間は東京や千葉の通勤圏であるとともに京葉工業地域でもある、沿線は住宅地に囲まれているが、この区間でも利用者数が減少し、1992年から2015年度と比べ蘇我駅 - 君津駅間の利用者数は約19.5%減っており、利用者が増加中の駅は浜野駅と袖ケ浦駅のみである。利用者の利便性向上のために、浜野駅・長浦駅・袖ケ浦駅には快速・通勤快速が終日停車するようになった。, 東京や千葉都心への通勤・通学利用が多く、ラッシュ時は千葉駅発着の普通列車のほかに、総武線に直通する快速、京葉線に直通する快速、通勤快速が設定されており、同区間から東京都心まで1本の列車でアクセスできる。特に京葉線の通勤快速は、京葉線内での通過駅が多いこともあって、所要時間を大幅に短縮している。ただし、東京駅の京葉線地下ホームは地上ホームと離れているため、乗り換えには時間がかかる。, 利用者が多い区間のため、特急を除いた(日中時間帯に定期の特急列車は、運行していない)日中の君津駅までの運行本数は1時間に3本(木更津駅 - 館山駅の列車含む)であり、日中でも総武線快速が直通運転として君津駅まで乗り入れている。, 多数の石油化学プラントが立ち並ぶ京葉工業地域を走る内房線の209系。(2014年10月3日撮影), 君津駅以南は東京湾と房総丘陵の間のわずかな平地を、東京湾の沿岸に寄り添う形で走行する。沿線にはマザー牧場・鋸山などの観光スポットや、多数の海水浴場が点在する。また館山は南房総における観光拠点の一つであり、観光アクセスとしての役割が目立つ区間である。海岸沿いを走行するため、風の影響を受けやすく、しばしば運休する。複数ある風規制区間のうち、特に運転中止になりやすい佐貫町駅 - 上総湊駅間では、防風柵の設置が行われ、2012年3月21日に完成したが[27]、それ以外の区間でも風規制になることも多く、線区全体での対策が求められている[28]。, この区間の沿線人口は少なく、館山市街地以外は集積した市街地がないため、乗車人員が300 - 400人程度の駅が連続する。君津駅を境界に利用者における極端な段差が生じているため、君津駅以南の普通列車は、日中は1時間に1本で、路線も単線となる。また、この区間の普通列車は、2017年3月4日のダイヤ改正により日中は千葉駅への直通運転がなくなり、木更津駅 - 館山駅間の運行となり、君津・木更津以北の系統と分断された。, 利用状況面において、同区間を通過する観光利用者数も減少傾向にある。慢性的な渋滞になっている京葉道路を迂回する東京湾アクアラインや館山自動車道・富津館山道路・国道127号館山バイパスの開通により、東京から南房総へのアクセスは自動車の比率が劇的に高まりつつあり、これが君津駅以南の観光利用客を減少させる結果となった。平日日中の特急「さざなみ」が軒並み定期列車から臨時列車に変更されたのが代表例である。逆に高速道路網が茂原までしかない外房線沿線は現在も鉄道利用が主体となっている。, 館山駅より先は進路を東に変えて、外房線と連絡する安房鴨川駅を目指す。この区間は基本的に普通列車のみが運行され、ほとんどの列車はこの区間内のみの折り返し運行で、館山以北との直通は少なくなっている。千倉駅 - 安房鴨川駅間は外房の海である太平洋の沿岸に寄り添って進み、海水浴場やマリンスポット・マリンリゾートなどの海に関するレジャー施設が多くなる。この区間における利用者は少なく、館山駅 - 安房鴨川駅間の両都市間の相互移動と、南房総の観光の入り口の一つである千倉駅への観光利用のほか、地元住民の利用では安房拓心高等学校の最寄である南三原駅への通学利用や鴨川市にある亀田病院への通院利用が中心である。, 市原市の構想として、五井駅 - 姉ケ崎駅間に島野駅(仮称)の設置が検討されている[29]。, 東海道本線(東京 - 熱海) - 山手線 - 赤羽線 - 南武線 - 鶴見線 - 武蔵野線 - 横浜線 - 根岸線 - 横須賀線 - 相模線 - 伊東線, 中央本線(東京 - 塩尻) - 青梅線 - 五日市線 - 八高線 - 小海線 - 篠ノ井線 - 大糸線(松本 - 南小谷), 東北本線▽ - 常磐線 - 川越線 - 高崎線 - 上越線 - 吾妻線 - 両毛線 - 足尾線△ - 水戸線 - 真岡線△ - 水郡線 - 日光線 - 烏山線 - 仙山線 - 仙石線 - 石巻線 - 気仙沼線 - 大船渡線 - 北上線 - 釜石線 - 田沢湖線 - 山田線▽ - 岩泉線× - 花輪線 - 八戸線 - 大湊線, 総武本線 - 京葉線 - 外房線 - 木原線△ - 内房線 - 成田線 - 鹿島線 - 久留里線 - 東金線, 奥羽本線 - 米坂線 - 長井線△ - 左沢線 - 男鹿線 - 五能線 - 津軽線, 東海道線〈東海道本線〉 - 横須賀・総武線(快速)〈横須賀線〉 - 京浜東北線・根岸線 - 横浜線* - 南武線* - 鶴見線 - 山手線 - 中央線(快速) - 青梅線 - 五日市線 - 中央・総武線(各駅停車) - 宇都宮線〈東北本線〉 - 高崎線 - 埼京線〈一部区間赤羽線〉 - 常磐線(快速) - 常磐線(各駅停車) - 京葉線* - 武蔵野線* - 湘南新宿ライン - ■上野東京ライン - 相鉄線直通列車(*印は「東京メガループ」), ■■川越線 - ■相模線 - ■八高線 - 伊東線 - ■常磐線 - 中央本線, ■ 総武本線 - ■成田線 - ■鹿島線 - ■外房線 - ■東金線 - ■内房線 - ■久留里線, ■八高線 - ■信越本線 - ■上越線 - ■吾妻線 - ■両毛線 - ■水戸線 - ■日光線 - ■烏山線, 『歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』 通巻31号 内房線・外房線・久留里線 5頁, 『歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』 通巻31号 内房線・外房線・久留里線 14頁, 『歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』 通巻31号 内房線・外房線・久留里線 15頁, https://web.archive.org/web/20190503211623/https://www.jreast.co.jp/press/2008/20081218.pdf, https://web.archive.org/web/20100215154551/http://www.jrchiba.jp/news/pdf/20090821209kei.pdf, https://web.archive.org/web/20191219115409/https://www.jreast.co.jp/chiba/news/pdf/pre1612_daikai.pdf, “2018年1月6日!B.B.BASE始動!!!

満員になりやすい時とは? >>外房線の混雑はどのくらい激しい!? ©Copyright2020 たくみっく.All Rights Reserved.