All rights reserved. 11月10日(日) 剣道三段以下審査会 小豆沢体育館 結果 ・板剣連事業 ・大会 ・審査会 2020.11.1更新 ・講習会 ・加盟団体 ・板橋区剣道連盟紹介 ・関連リンク ・お問い合わせ ・三段以下審査 学科試験解答用紙(pdf) ・四・五段審査 初段 12:00~12:30 二段 12:40~13:10 三段 13:20~13:50 備前和気審査会 (3級~三段) 和気町体育館 令和 2年12月19日(土) 時間については後日掲載します。 総社地区審査会 (3級~三段) 総 … 是非、無料メルマガにご登録ください。, 1987年12月8月生 東京都出身 お知らせ(冬季剣道段位審査会【五段・四段・高校三段】の開催について 2020/11/8<訂正>) 開催日時 :令和3年2月7日(日) 会 場:福岡市総合体育館 (福岡市東区香椎照葉6-1-1) 申込期限:令和2年12月18日(金)必着

copyright©2014 kokura keren all rights reserved.

剣道という武道が確立される際に、指導力、技量、人格などの剣道家としての完成度、つまりは「格付け」も同様に決めなければならないということで始まったのが「段位」という制度です。 時代とともに変化してきたこの段位制度なのですが、現在初段、弐段、参段、四段、五段、六段、七段、八段と八つの階級に分かれています。 (六段以降はさらに錬士、教士、範士という称号も取得することができます。) その中でも最高 …

剣道の段級位制(けんどうのだんきゅういせい)とは剣道の段位および級位の制度全般を指すもので、主に全日本剣道連盟や国際剣道連盟などの定める制度をいう。, 江戸時代は剣術各流派において師から弟子へ切紙、目録、免許等の伝位が与えられていたが、明治維新後警視庁が創立され組織的な剣術稽古が行われると、各流派の伝位は比較対照の目安にならず、共通基準による格付けが必要になった[1]。, 明治時代に警視庁が級位制を採用、大正時代に大日本武徳会が講道館柔道に倣い段位制を採用し、段級位制にまとめられ、同会解散後は全日本剣道連盟が制度を継承している。その時々の社会情勢や、柔道の段位制とのかかわりにおいて変遷を重ねた[2]。, 級位は数字の多い方から少ない方へ昇級するのに対して、段位は数字の少ない方から多い方へ昇段する。段位が高くなるほど合格率は低くなる。また、段位のほかに指導力や人格などを表す錬士、教士、範士の称号があり、高段者に授与される。, 明治6年(1873年)4月から剣術家の榊原鍵吉らが主宰した撃剣興行は、相撲興行に倣い大関、関脇、小結、前頭などの番付を設けた。段級位制とは異なるが、組織における剣士の順位付けであった。明治12年(1879年)、警視庁に撃剣世話掛が創設されると、撃剣興行の剣客たちは警察に引き抜かれた。, 警察官、海上保安官、刑務官、皇宮護衛官などの武道区分採用の受験資格において、柔道の段位は講道館、剣道の段位は全日本剣道連盟から授与されたものに限ると定められているなど、最も広く普及した段位となっており、全日本剣道連盟の段位は社会的に認められているといえる。, 平成25年(2013年)現在、六級から一級までの級位(地域によっては十級まで存在する)と、初段から八段までの段位、および錬士・教士・範士の称号がある。剣道の技術的力量(竹刀剣道と日本剣道形演武の実技)および学科の審査会を経て授与される。, 級位は市町村剣道連盟が、初段から五段までは都道府県剣道連盟が、六段以上は全日本剣道連盟が審査する。三段、四段審査に関しては、高等学校剣道専門部や大学連盟で、一般の審査会から独立して行われることがある(一般会場よりも合格率が高くなる傾向がある)。年間の審査会開催回数は段位ごとに異なるが、六段が8回程度(うち1回は外国人対象)、七段が6回程度、八段が4回程度である。東京、京都など主要都市で開かれる。, 段位を取得すると「全剣連番号」というシリアル番号が付され、データベースに登録される。六段以上の合格者は全剣連の広報誌や大手剣道雑誌に氏名が公表される。全剣連はそのデータをもとに、平成20年(2008年)現在、全国の有段者は148万名、そのうち活動中の有段者は29万名であると発表している。, 但し、加盟団体会長が特別な事由をもって認めた場合、前段位を有していない者でも、二段〜五段の段位を受審することができる[7]。, 称号は指導力や識見、人格などを備えた、剣道人としての完成度を示すものであるため、高段者のみ受審資格があり、いずれも加盟団体会長の推薦が必要である。称号を取得した後は、例えば「錬士六段」、「教士七段」など、段位の上に称号を冠する。, 日本剣道協会は、段位称号に年限を定めず、10代の少年といえども実力ある者には十段位を授与すると定めている[19]。, 個人道場が独自の段級位を定めていることがある。一例として、乳井義博は昭和24年(1949年)に高野佐三郎(修道学院)から剣道十段を授与されている[要出典]。, 地区や支部によって異なる。支部によっては一級の受審資格を二級合格後、一定の日数が経過してからと規定されている場合もある。また、過去においては一級受審条件として、中学生以上とのことになっていた。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=剣道の段級位制&oldid=79271878. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); © Copyright 2020 剣道を心から楽しむための情報メディア Kenjoy!!(ケンジョイ). 5歳より東競武道館(@東京都大田区)にて剣道を始め、 令和2年2月四・五段審査会(東京) 令和2年2月9日(日) 令和元年12月20日(金)必 着: 令和元年度町田市剣道連盟下期級位審査会: 令和元年11月23日(祝・土) 令和元年9月17日(火)必 着: 令和元年度三段以下審査会(11月) 令和元年11月16日(土) (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); © Copyright 2020 剣道を心から楽しむための情報メディア Kenjoy!!(ケンジョイ). 令和2年度長崎県剣道連盟主催で実施する大会 10月21日現在: 実施する主催大会 10月25日(日)第67回 県下剣道大会 「遅くとも大会1ヶ月前までに決定する」 中止 12月20日 第22回 県下剣道大会 中止 1月31日(日) 第43回 長崎県下女子剣道大会

日本初の剣道漫才及び剣道YouTuberコンビ「剣道三段五段」。確かな剣道歴を背景に、単なるキャラ付けではなく、本格的「剣道エンタメYouTubeチャンネル」と「剣道漫才」でのブレイクを目指していらっしゃいます。エンターテイメント側から見た剣道の価値と、その展望をお伺いしました。(以下 KENDO PARK=KP ), 剣道三段五段日本初の「剣道漫才」を展開するお笑いコンビ。プロダクションHIT所属。2019年3月にYouTuberチャンネルを開設。メンバー:五段(そのせん)1983年生 千葉県出身小学生から剣道を始める。関西創価高校から創価大学へ進学。創価大学時代は、剣道部主務にして、全日本学生選手権及び全日本学生優勝大会に出場。剣道五段メンバー:三段(よしき)1995年生 千葉県出身小学生から剣道を始める。横芝敬愛高校から日本大学に進学。お笑いコンビ「ボンゴレピーナッツ」も兼務。剣道三段(いずれも2019年2月現在), KP:お2人の剣道歴を教えてください。-五段:私は、剣道をやっていた兄の影響で、小学生の時に剣道を始めました。そのまま中学・高校・大学と剣道部に所属し、大学時代は主務を務めました。大学は創価大学に進学いたしましたが、主務にも関わらず個人でも団体でも全日本学生大会に出場しました。こう見えても、割とガチです。(笑)大学卒業後は、地元千葉の剣道クラブで小学生を教えたりしていました。その時の教え子が、相方のよしきです。私も大学卒業したばかりで体が動けていたので、小学生相手にしごき倒していました。(笑)-三段:私も小学生の時に、そのせんが教える剣道クラブで剣道を始めました。そのせんのしごきは、今考えても酷かったですね。時代的に、私の世代は「”しごき”や”可愛がり”はやめよう」という風潮のはずなのですが、ゴリゴリの昭和のしごきを持ち込まれました。(笑)児童虐待なども問題になっていた時期でしたので、アザを見た担任の先生に家庭での虐待を疑われました。(笑)今思えば、小学生時代が私の剣道のピークでしたね。-五段:私の世代は、先生方に突き倒されたりした最後の方の世代だと思います。私自身が受けてきた「教育」を、ただそのまま伝えただけです。私は何も悪くありません。(笑), KP:お笑いを始めた経緯を教えてください。-五段:小学生の時から、将来は教員になるかお笑い芸人になりたいと考えていました。教え子を剣道日本一にするか、お笑いで日本一になるかどちらかが、当時から変わらない目標です。ちなみに自分が剣道日本一になるという選択肢は、なぜか無かったです。(笑)その後大学時代に教員免許も取得したのですが、やはり芸道に進みたいと考え、卒業後は地元で剣道を教えながらピン芸人として活動していました。剣道を全面に押し出した芸人はいなかったので、「これは良いものを見つけた」と思いました。-三段:私は地元の高校卒業後、日本大学に進学致しました。大学では、いわゆる体育会の剣道部には所属せず、お笑いサークルに所属していました。その時に、ピンで「剣道ネタ」をやっていたそのせんに声をかけてもらい、3段5段として活動を開始しました。実は、現在ボンゴレピーナッツというお笑いコンビも兼務しており、3段5段との割合でいうと、9:1くらいでしょうか。あ、1のほうが3段5段です。(笑)-五段:おい。(笑)もともと4〜5年ほど、ピン芸人として剣道ネタをやっていたのですが、一人でやっていると、どうしても内容がマニアックでシュールなものになってしまいがちでした。ある程度マスに対して笑いを取るにあたって、「これはツッコミが必要だな」と感じていました。そこで相方を探そうと考えたのですが、「剣道ができて、お笑いをやっている人間」は彼以外にいませんでした。選択肢がないので、お笑いの能力は度外視で声をかけました。(笑), KP:ネタを作りについて教えてください。-五段:ライブで剣道ネタをやると、お客さんの中に剣道経験者が必ず1〜2名はいらっしゃるので、それを逆手にとってネタにしています。ただ他に無いスタイルをとっているため、難しい事も多数あります。例えば、ネタの中で面を被らずに頭を打つシーンがあるのですが、剣道を観たことがない方からは「痛そう」という意見をいただく事もありますし、ネット上では「パワハラにつながる」というコメントも頂きました。これを聞いたよしきが、一時ネタの中での打突が弱くなりました。打ちが弱いと叩いた音が鳴らないので、それはそれでウケにくくなり、ジレンマですね。(笑)-三段:あとは、シチュエーションコントがやりにくいというのもあります。我々は剣道具を装着してネタをやっているので、あらかじめ「剣道家」という設定が載っている状態です。そこからさらに設定を追加すると、情報過多になり、特に剣道を知らない人は「ワケわかりません」という状態に陥る可能性があります。そう考えると、マス向けのネタと剣道家向けのマニアックなネタと分ける必要があると考えています。ちなみに、ネタを書いているのは基本的にそのせんです。(笑)-五段:「面をつけるか否か問題」もあります。以前、日本テレビの人気番組「新春おもしろ荘」のオーディションを受けた時の話ですが、過去の放送を観ていたので、キャラクターがついた芸風が比較的採用されやすいと考えていました。※過去「おもしろ荘」からは、ブルゾンちえみwithB、日本エレキテル連合、小島よしお等がブレイク。そこで、本件ではあえて面を被ってネタ見せを行いました。ネタがウケた手応えもあり、「これは採用されるかもしれない」と思っていましたが、ディレクターから言われたのは「面を被ってると言葉が聞き取りづらい」という言葉でした。ネタの内容云々以前の部分で、失敗していました。(笑)面を被ると顔も見えなくなるので、普段のネタは面を被らずに行なっています。, KP:剣道YouTuberとして、YouTubeチャンネルを開設なさいました。-三段:芸人として芸を磨く一方、剣道にエンターテイメントを絡めたコンテンツを作りたいと考えておりました。そこで、剣道関連動画を出されていた「あおさのみそしる」さんのことを知り、そのチャンネルを引き継ぐ形で「剣道三段五段」チャンネルとして開設いたしました。参考記事:【”剣道Youtuber”という生き方】あおさのみそしる ゆうと&キタロー(1)-五段:小さい頃、「これをやってみたら面白いだろうな」と思っていたようなことを自由にできるので、やっていてとても楽しいですね。今までは、先生方や剣道業界の目を気にしてできなかったことも、時代の流れとともにできるようになってきたのではないかと思います。もちろん目的は剣道の入り口を広げていくことですので、「剣道の本質」は間違わないよう、コンテンツ作りには十分に気をつけています。, KP:芸人さんがいわゆる「売れる」ためには、どのようなルートがあるのですか?-三段:基本的には、M-1グランプリ(テレビ朝日)とキングオブコント(TBS)等の有名賞レースで勝ち上がることが、いわゆる「売れる王道」です。とはいえM-1グランプリでも5000組程度のエントリーがあるので、その中で勝ち上がるのは宝くじのようなものかもしれません。仮に上記賞レースで優勝しても、必ずしも売れているわけではないので、賞レース以外での展開も必要だと感じています。最近ではYoutubeやアマゾンprime等、芸人のブレイク手法も多様化しているので、そこは色々と試していく段階には来ていると思います。実際、他のメディアである程度売れてから、箔付けとして賞レースで勝ち上がるケースもあります。-五段:私はピン芸人時代から、Youtubeやメルマガなどにトライしてきました。特にメルマガは、4年にわたって続けてきたので、その甲斐あって現在の登録購読者はなんと「4人」です。なぜか有料なので、今でもその4人に向けてメルマガを書いています。4人しか読んでいないのに、先日ついに配信200号を迎えました。(笑)内容は時事問題に剣道を絡めたり、「剣道カフェ」「剣道アイドル」等、パッと思いつくアイデアを文に起こして配信しています。, KP:今後の目標を教えてください。-三段:どんどんテレビに出演して、「剣道といえば3段5段」という存在になりたいです。我々がメディアに出ることで国内、ひいては海外へ剣道の輪を広げたいです。日本は人口が減少する国ですが、海外は日本文化に興味がある方が多く市場も大きいので、剣道の価値が伝わりやすいにではないでしょうか。ちなみに海外で剣道をしたことはありません。(笑)-五段:今の目標は、NHKで剣道番組を持つことと自前の道場を持つことです。そして芸人として成功した暁には、我々の発言を通して剣道を広めるとともに、ボランティア精神が強い剣道の価値観を変えていければ良いと考えています。現在、「芸人剣道クラブ」というものを立ち上げており、有志の芸人剣道家を集めて稽古会をしています。影響力がある人たちが、新しい剣道の価値を広めるきっかけとなれが良いと考えています。ちなみにメンバーですが、現在3名もの部員が集まっています。そのうち2名は我々です。(笑)最近は、あえて「剣道のオリンピック化」をはっきり言うようにしています。私自身ずっと剣道をやってきたので、剣道の雰囲気や価値観を守るためにオリンピック化は反対でしたが、芸能の仕事を始めてからは、「まずは、観てもらわないことには何も始まらない」と感じるようになりました。芸人として成功し、そういったことも発信していければ最高だと思います。, KENDO PARK会員及びメルマガ登録していただいたお客様に、剣道に関する情報を発信いたします。 日本剣道形とは、真剣を用いることを想定しながら剣道の稽古をするために編み出された、剣道で重要な動きすべてを凝縮した形稽古のことです。今日では、段審査を受ける際に必要であったり、刃筋や姿勢・打突の機会などを確認するために剣道の稽古に用いられます。今回はそんな日本剣道形の意義や動きの説明などを順を追って解説していきたいと思います。, 剣道は一般的なスポーツとは異なり、剣道のような武道には大会実績のほかにも「段位」という視点からもその人の実績を見ることができます。学科試験や実技審査があり、地域によってもその形態は異なります。今回はそのような剣道の昇段審査についてまとめてみました。, 剣道という武道が確立される際に、指導力、技量、人格などの剣道家としての完成度、つまりは「格付け」も同様に決めなければならないということで始まったのが「段位」という制度です。時代とともに変化してきたこの段位制度なのですが、現在初段、弐段、参段、四段、五段、六段、七段、八段と八つの階級に分かれています。(六段以降はさらに錬士、教士、範士という称号も取得することができます。)その中でも最高位に位置している八段の審査は、その合格率の低さ、難易度から「日本一難しい試験」と呼ばれています。全国で名のある七段の剣士たちでも、その合格率は1パーセントを下回るそうです。, 初段…一級を保持し満13歳以上の者弐段…初段合格から1年以上修業した者参段…弐段合格から2年以上修業した者四段…参段合格から3年以上修業した者五段…四段合格から4年以上修業した者六段…五段合格から5年以上修業した者七段…六段合格から6年以上修業した者八段…七段合格から10年以上修業し、かつ46歳以上の者, その様な昇段審査の試験形態は、地域差もある程度はあるのですが決まっていますのでご紹介します。, 剣道の昇段審査では、ただ実技のみが出来ていも受かりません。五段以下の審査では、剣道の理念や練習の際意識することを理解できているかを問われます。問題も多種多様なので、所属している剣道連盟ではどのような問題を出されているか確認しておきましょう。一般的な知識を身に着けていれば必ず問題を解けるようになっていますので、参考文献などを読み込むようにしましょう。また、試験会場に行ってその場で問題を解く形式と、予め解答用紙を渡され、当日提出するという形式のものがあるので注意しましょう。参考記事:完全版!昇段審査向け【学科試験模擬回答集】, 次にもっとも大事と言われる実技試験についてご説明します。初めに切り返しを行った後に、地稽古形式での試験を審査員の前で行います。相手は審査番号が一つ前の人と一つ後の人になるのが通常で、その二回のチャンスの中で実力を発揮しなければなりません。普段の試合とは異なり、単に勝ち負けを問われるわけではないので、正しい姿勢、攻め、打突を心がけるようにしましょう。, 実技試験の合否は審査直後に発表され、合格者はそのまま形の審査に入ります。日本剣道形を実演し、その出来栄えを審査するものです。日本剣道形は本来実践稽古と並び剣道の大切な要素とされているため、昇段審査でも取り入れられています。一本目から七本目、そして小太刀を用いた形が三本目まであり、受ける段位が上がるにつれ実演する形も徐々に増えていきます。大抵は打太刀か仕太刀をその場で指定されて、どちらかの役を務めることになります。竹刀とは異なり木刀を用いるため、間合いや剣線の高さが普段の稽古とは異なるので注意しましょう。また、練習する際にはきちんと相手との呼吸を合わせる必要があります。当日、初めて会う相手と演舞を行うが多いため、きちんとできるように、一つ一つの動きを覚え込んで試験に臨みましょう。, 段審査には大きく分けて「受審料」と「登録料」があり、前者は受験者全員、後者は合格者のみが支払います。これらは各都道府県によって多少異なるのですが、おおむね同じなので大阪府剣道連盟の料金を例として挙げています。, 昇段審査についてお判りいただけましたでしょうか。同じことの繰り返しになりますが、剣道の昇段審査には地域差があります。必ず周りの人に聞いたり、剣道連盟のHP等で昇段審査についての情報収集を行うようにしてください。ここからは日本剣道形について解説していきます。, それでは本題に入っていきましょう。この日本剣道形は太刀同士の形が7本と、小太刀を利用した形が3本あり、合計10本の形で構成されています。「打太刀」・「仕太刀」と呼ばれる二つの役割からなり、打太刀が仕太刀を先導し打たせるという形を取ります。日本剣道形は、多くの技の中から重要な動きを含む10本の技を厳選したものです。それぞれの形に剣道に必要な動きが含まれています。また、日本剣道形を理解することにより、相手の呼吸を理解し、実戦でも必要な手の内や太刀筋を覚えることができます。以下では具体的な日本剣道形の動きを、順を追ってご説明いたします。, 昇段審査において、初段を取得するには3本目まで、二段は5本目まで、三段は7本、そして四段は太刀の7本と小太刀の3本を習得することが必要になってきます。そこで、それぞれの段階ごとに分類しながら、日本剣道形についてご説明していきます。, ・初めの所作 太刀・1本目・2本目・3本目・4本目・5本目・6本目・7本目小太刀・1本目・2本目・3本目, まず、日本剣道形を覚える前に行う、所作を覚えなければければなりません。剣道は、礼に始まり礼に終わると言われているように、礼儀を重んじる武道です。そこで、日本剣道形では、所作も大変重要な要素となります。初めは刀を右に持ち、15度の角度で相手と礼をしてから左手に持ち替えて、互いに3歩ずつ進み刀を抜きながら蹲踞します。そこから立ち上がった時の間合いは「横手」であり、刀と刀が触れ合うくらいの間合いを取ります。そして立ち上がり、刀を開きながら相手の左の膝の下付近まで下げ、小さく5歩下がります。日本剣道形は必ず師匠である打太刀から動き、それに合わせて仕太刀が動きます。また、いつでも相手から目を離さないことも重要です。, まず、1本目は打太刀が左足を前に出しながら左諸手上段をとり、仕太刀が右諸手上段をとります。, 打太刀が相手の手ごと切るつもりで振り下ろすのに対し、仕太刀は一歩下がりながら刀を振りかぶって避け、一歩前に出ながら相手の面を打ちます。, 打太刀が1歩下がるのに合わせて仕太刀は相手の眉間に剣尖を向け、もう1歩下がるところを追い込むように仕太刀は左上段をとります。, 2本目は、お互い中段同士から打太刀が大きく振りかぶって小手を打つところを、仕太刀は左斜め後ろに下がりながら下に抜き、相手の小手を打ちます。, 一足一刀の間合いに入ったら、息を合わせ中段に戻しきった後、打太刀が仕太刀の水月を突きます。, その時打太刀は右足で下がりながら裏のしのぎを用いて避け、仕太刀がもう一度突いてくるところを左足で下がりながら面しのぎを用いて避け、左足から3歩下がると同時に構えを解き追い詰められる形になるところを、仕太刀は右足から3歩前に出ながら眉間に剣先を向けます。, 充分な残心が取れたら、仕太刀は5歩下がり、打太刀はその最後の3歩に合わせて前に出ます。, 二段を取得するには、日本剣道形を5本まで習得することが必要です。3本目、4本目、そして5本目では相手の攻めをしのぎを用いて避け、攻める技量が必要になります。, 4本目は、打太刀が左足を前に出しながら八相の構え、仕太刀が右足を引きながら脇構えをとります。, 打太刀が相手の右の肺を突くところを仕太刀は左手を頭上に上げ、しのぎを用いて相手の剣を避け、左足を下げながら面を打ちます。, 仕太刀は右足を引きながら、剣先を相手の眉間に滑らせ左上段に構え残心、その後お互い3歩ずつ元の位置に戻ります。, 三段を取得するためには、日本剣道形を7本目、つまり太刀の形全てを習得することが必要です。, 仕太刀が中段に戻すところを打太刀は右足を下げながら左上段に構え、仕太刀はすぐさま間合いを詰めて剣先を相手の左こぶしにつけます。, そこを打太刀はすぐさま中段に戻し、小さく小手を打つところを仕太刀はすり上げ小手を打ちます。, 仕太刀が更に攻めようとするので、打太刀は一歩下がり仕太刀は左上段で残心をとります。, 6本目では、一連の流れを切らさず、つまり縁を切らさぬように取り組むことが重要です。, 次に7本目は、お互い中段から打太刀が胸をつくところを仕太刀は下がりながら支え上げ、構え直して打太刀が左足から大きく面を打ちます。, 打太刀が振り返りお互いに目が合あった時、仕太刀は刀を脇にとり、その後息を合わせてお互い上段を通して構え合います。, 打太刀が引っ張り上げるようにして仕太刀は立ち上がり、お互い回りながら元の位置に戻ります。, 小太刀での1本目は、打太刀は左上段を取り、仕太刀は少し高めに半身の構えをとります。, 仕太刀はそれを右斜め前にさばきながら受け流し、打ち返した後左足から一歩下がりながら振りかぶり残心を取ります。, 打太刀が中段に戻そうとするところを小太刀で抑えようとし、打太刀は右足を出しながら脇構えをとります。, すかさず仕太刀は間合いを詰め、打太刀は腰を使いながら右足を出しながら面を打ちます。, 仕太刀はそれをすり上げすり下ろし、打太刀が胴を打つところを仕太刀はすり流しすり込みます。, 小太刀は、いずれも刃筋正しく、スピーディーに展開を早くしないといけないため、多くの時間を費やし練習しないといけません。, そのいずれもが剣道の上達に必要不可欠なものであり、その形を覚えることにより、より上達が早くなるでしょう。, また、段を取得するためにも日本剣道形は必要であり、剣道を修練する上で重要な存在です。, 間合いや刃筋、相手の呼吸を覚えるためにはもちろん、段を取得するためにも今のうちに日本剣道形を習得しましょう。, KENDO PARK会員及びメルマガ登録していただいたお客様に、剣道に関する情報を発信いたします。