歴代本場所開催地 歴代年間最多勝 通算ランキング. 3位. 2位. çœŒç«‹é£¯ç”°é«˜æ ¡å‡ºèº«æœ‰åäººã‚’見る, 他のジャンルも合わせた新潟市立高志高校出身有名人を見る. 大相撲力士の出身高校を集計しました。 高校名のリンクをクリックすると、各高校の力士のリストに飛びます。各高校のリストは年齢の若い順に並べています。 1位. 歴代力士.

5位.

kPRl ‘å‘Š–o—ÍŽm–¼ŠÓi•½¬29”N“xj [ ‘Š–o•ÒW•” ], ‘å‘Š–o—ÍŽm–¼ŠÓi•½¬29”N“xj [ ‘Š–o•ÒW•” ], 3”NŽž‚ɉF²‘å‰ïŒÂl3ˆÊBŽž’Õ—e•ûi‘o—tŽRj‚ɃXƒJƒEƒg‚³‚ê‚Ä“ü–åBˆêŽžŠúuŒ˜ji‚Æ‚Ç‚ë‚«E‚킽‚éjv‚Æ‚¢‚¤’¿ŽlŒÒ–¼‚𖼏æ‚Á‚Ä‚¢‚½‚±‚Æ‚Å‚à’m‚ç‚ê‚éB41Î‚Ü‚ÅŒ»–ð‚𑱂¯‚½B, ¬Šw5”N‚©‚ç‘Š–o‚ðŽn‚߁AƒAƒ}‘Š–oŒoŒ±‚Ì‚ ‚éf•ƒ‚ÌŽw“±‚Å—Í‚ð‚‚¯‚½B‚Z‚Å‚Í2”NŽž‚ɃCƒ“ƒ^[ƒnƒC’c‘̏€—DŸ‚ɍvŒ£‚µA3”NŽž‚ɂ͉F²‘å‰ï‚Ōl—DŸ‚µ‚½B“ú‘å‚ðŒo‚ÄŽRŒûŒ§—§‘å’Í‚Z‚Ì‹³ˆõ‚ð‚µ‚È‚ª‚ç‘Š–o‚𑱂¯A•½¬Œ³”N‚ɃAƒ}‰¡j‚É‹P‚¢‚½B‚»‚ÌŒã“ú‘å‚Å3”NŒã”y‚¾‚Á‚½, ’†ŠwŽž‘ã‚ÍŒ•“¹•”‚ŁA‘Š–o‚͍‚Z‚©‚çŽn‚ß‚½BŽå‚É’c‘̐í‚ÅŠˆ–ô‚µA3”NŽž‚ɂ̓Cƒ“ƒ^[ƒnƒC’c‘Ì—DŸ‚ɍvŒ£‚µ‚½B, ¬4‚©‚ç‘Š–o‚ðŽn‚ß‚½B‚Z‚ł͌lƒ^ƒCƒgƒ‹‚Í‚È‚¢‚ªA2”NŽž‚ɍ‘‘̏­”N‚Ì•”’c‘Ì5ˆÊA2`3”NŽž‚ɃCƒ“ƒ^[ƒnƒCoêB“ú‘Ì‘å‚ðŒo‚ÄŒF–{Žs‚Ì—ÕŽžEˆõ‚Æ‚È‚èŽÐ‰ïl‚Ì‘å‰ï‚ɏoê‚µ‚Ä‚¢‚½‚ªA—ÍŽm‚É‚È‚é–²‚ðŽÌ‚Ä‚«‚ꂸA”N—ŒÀ‚Å‚ ‚é23Î‚Ì’a¶“ú’¼‘O‚É“ü–債‚½B, ¬1‚©‚ç‘Š–o‚ðŽn‚ß‚½B‚Z‚Å‚Í3”NŽž‚ɍ‘‘̏­”N‚Ì•”‚Å—DŸA‰F²‘å‰ïƒxƒXƒg8‚ȂǁB“Œ”_‘å‚ɐi‚݁B2”NŽž‚ÉŠw¶‰¡j‚É‹P‚­‚È‚ÇŠˆ–ô‚µA‘åŠw‚Ɖ‚Ì‚ ‚鎞’Õ—•”‰®‚É“ü–åB, ÝZŽž‚Í”ª‘ã‘æˆê‚ZB’†Šw‚©‚ç‘Š–o‚ðŽn‚ß‚½B‚ZŽž‘ã‚ÌŽÀÑ‚Í•s–¾B“ú‘å‚ðŒo‚āA, ÝZŽž‚ÍŒF–{H‘卂ZB‰º‹LE”ìŒãƒmŠC‚Æ‚Æ‚à‚É‘Š–o•”‚Ì‘nÝƒƒ“ƒo[‚Æ‚µ‚ÄŠ©—U‚³‚ê‚Ä“üŠw‚µ‚½B1”NŽž‚̐Vlí‚Å‚¢‚«‚È‚è’c‘Ì—DŸ‚µA3”NŽž‚ɂ͉F²‘å‰ï‚Ì’c‘Ì—DŸ‚ɍvŒ£‚µ‚½B“ú‘å‚ðŒo‚āA”ìŒãƒmŠC‚Æ‚Æ‚à‚ÉŽO•Ûƒ–ŠÖ•”‰®“ü‚èBŒ»E”öãe•ûB, ÝZŽž‚ÍŒF–{H‘卂ZBã‹LEà_ƒm“ˆ‚Æ‚Æ‚à‚É’c‘̐í‚ÌŽå—̓ƒ“ƒo[‚Æ‚µ‚ÄŠˆ–ô‚µ‚½B“ú‘å‚Å‚Í4”NŽž‚ÉŠw¶‰¡j‚É‹P‚¢‚½Bˆø‘ÞŒã‚͖ؐ£•”‰®‚ð‹»‚µ‚Ä, ÝZŽž‚ÍŒF–{H‘卂ZB3”NŽž‚ɃCƒ“ƒ^[ƒnƒC‚ŃxƒXƒg16“ü‚肵‚½B“ú‘å‚ðŒo‚Ä“ü–債A‘O‘Š–o‚©‚çŽæ‚Á‚½‘呲—ÍŽm‚Æ‚µ‚Ă͏‰‚߂ď\—¼¸i‚ð‰Ê‚½‚µ‚½B, ÝZŽž‚ÍŒF–{H‘卂ZB3”NŽž‚ɉF²‘å‰ï‚Ōl3ˆÊB“ú‘å‚Å‚Í, ¬Šw1”N‚Å‘Š–o‚ðŽn‚߁Aí‚É‘S‘‘å‰ï‚ÅŠˆ–ô‚µ‚½B‚Z‚Å‚Í2”NŽž‚É‹à‘ò‘å‰ïŒÂl—DŸB“ú‘å‚Å‚Í2”NŽž‚ɃAƒ}‰¡j‚É‚È‚é‚È‚Ç14ƒ^ƒCƒgƒ‹‚ðŠl“¾‚µ‚½BŒ»Eˆîìe•ûB, ŒÂlí‚Å‚Í–Ú—§‚Á‚½ƒ^ƒCƒgƒ‹‚Í‚È‚¢‚ªA2”NŽž‚ɍ‚Z‘‘Ì’c‘Ì—DŸA3”NŽž‚ɍ‘‘Ì‚Å’c‘Ì—DŸ‚ɍvŒ£‚µ‚½B“ú‘å‚ðŒo‚āA’†Šw‚©‚ç‘åŠw‚̐æ”y‚É‚ ‚½‚é”öãe•ûiŒ³Eà_ƒm“ˆj‚ð—Š‚Á‚Ä“ü–債‚½B, ŒÂlƒ^ƒCƒgƒ‹‚Í‚È‚¢‚ªAƒCƒ“ƒ^[ƒnƒC‚É3”N˜A‘±‚ŏoê‚µA2”NŽž‚ɃxƒXƒg8A3”NŽž‚ɃxƒXƒg16B“ú‘å‚Å‚Í4”NŽž‚ɃCƒ“ƒJƒŒ‚ŃxƒXƒg8BŽt ‚ª‚Z‚Æ‘åŠw‚̐æ”y‚Å‚ ‚é”öã•”‰®‚É“ü–債‚½B.

高校では個人タイトルはないが、2年時に国体少年の部団体5位、2~3年時にインターハイ出場。日体大を経て熊本市の臨時職員となり社会人の大会に出場していたが、力士になる夢を捨てきれず、年齢制限である23歳の誕生日直前に入門した。

若隆景 渥(わかたかかげ あつし、1994年12月6日 - )は、福島県福島市出身で荒汐部屋所属の現役大相撲力士。本名は大波 渥(おおなみ あつし)。身長182cm、体重125kg、血液型はO型[1]。最高位は西前頭筆頭(2020年11月場所)。得意手は右四つ、寄り。, 祖父は小結・若葉山(時津風部屋)、父は幕下・若信夫(立田川部屋)、兄は幕下・若隆元と十両・若元春という相撲一家に生まれる。, 福島市立吉井田小学校1年生から福島県の県北相撲協会で相撲を始めた[2]。小学生時代は、柔道や陸上競技にも打ち込んでいた[2]。福島市立信夫中学校を卒業するまでは全国大会に出ても1回戦敗退することが多く、全国で実績を残すことは無かった[3]。2010年には2人の兄も進んだ学法福島高校に進学した。2011年3月11日の東日本大震災では、高校の土俵が壊れたため、1ヶ月間、長兄の渡が所属している荒汐部屋で避難生活を送った[4]。高校時代は3年次に全日本ジュニア体重別相撲選手権大会100kg未満級優勝、世界ジュニア相撲選手権大会団体優勝・軽量級2位などの実績を残した[3]。, 高校卒業のタイミングで大相撲入りした2人の兄とは違い、自身は大学進学を選んだ。東洋大学法学部企業法学科に進むと、4年次には相撲部副主将となり、2週間前に右足首の靭帯を断裂して手術を受けたばかりの状態で出場した[3]全国学生相撲選手権大会は団体で優勝、個人で準優勝の成績を残し[5]、大相撲の三段目最下位格付出資格を獲得した。元々はプロに行ける体ではないと考えていたこともあり、プロ入りか実業団入りかで悩んでいたが、三段目付出資格を獲得したことで大相撲入りを決意した[6]。学生時代の戦績は2014年、東日本学生相撲個人体重別選手権大会115kg未満級第3位。2015年、東日本学生相撲個人体重別選手権大会115kg未満級 優勝。2016年、全日本大学選抜相撲宇和島大会団体優勝。全国大学選抜相撲宇佐大会団体優勝。全日本大学選抜相撲十和田大会個人第3位。全国学生相撲選手権大会団体優勝、個人準優勝である。, 卒業後の進路は大相撲入りを選び、2人の兄が所属する荒汐部屋に入門した。2017年3月場所で初土俵を踏み、四股名は若隆景となった。これは三子教訓状で知られる戦国武将の小早川隆景に肖った四股名である。同時に兄二人も改名し、毛利隆元と吉川元春(小早川隆景の兄)から名前を取り、それぞれ「若隆元」「若元春」と名乗った。なお、「若」の字は、祖父の若葉山と父の若信夫から来ている[7]。初土俵の同期には炎鵬らがいる。, 三段目付出となった初土俵の場所は4連勝で勝ち越したが、5番目で同じく4連勝とした東洋大学相撲部時代の同期であり主将を務めていた村田と対戦しプロ初黒星となった[8]。この場所は最終的に5勝2敗で終えた。初めて番付表に名前が載り、西三段目63枚目となった5月場所は、村田との優勝決定戦を制して、7戦全勝で三段目優勝を飾った[9]。翌7月場所で幕下に昇進した後は2場所連続で勝ち越して、同年11月場所で東幕下12枚目まで上がったが、この場所は2連勝の後で4連敗して入門後初めての負け越しとなった。千秋楽は勝って、最終成績は3勝4敗だった。この場所は変化やいなしに頼っていたため、荒汐からは「今のままでは、上には通用しない」と叱咤された[10]。翌2018年1月場所は東幕下17枚目に下がって迎えて、7戦全勝で幕下優勝とした[11]。この場所は前場所の反省を生かして立合いでしっかり踏み込み、相手をしたから起こす相撲を心がけ、優勝インタビューでもそれについて触れていた。また「矢後や水戸龍などの同学年の力士に負けないように頑張りたい」と飛躍を誓った[10]。この場所に際して、3代目若乃花の動画を見て立合いの研究をしたという[12]。幕下15枚目以内ではないため通常ならば十両昇進は不可能な成績だが、同場所では十両からの陥落者が多く見込まれたこともあり、一部報道では3月場所での十両昇進も取り沙汰された[13]。しかし場所後の番付編成会議の結果昇進はならなかった[14]。翌3月場所は西幕下筆頭に番付を上げて、4勝3敗と勝ち越し。場所後の番付編成会議で、5月場所での新十両昇進が決定した[15]。新十両となる5月場所のNHK大相撲中継では、十両に上がった同学年の力士に刺激を受けていると思いを明かした。この場所は、千秋楽に関取として初めての勝ち越しを決めて、8勝7敗だった。8月10日の凱旋巡業である夏巡業白河場所では額の左にヘルペスが確認された。親方衆から無理をしないように言われたものの、ヘルペスに怯まず通常通り参加した[16]。2019年5月場所のNHK大相撲中継では、同学年の力士が続々幕内に上がったので1年前よりも負けたくないという思いが強くなったということが放送席で明かされた。, 2019年1月27日、2018年5月に介護士の女性と結婚しており、長女が誕生していたことを発表した。若隆景によると、東洋大在学中の約3年前から交際していたという[17]。, 2019年11月場所に新入幕を果たした。福島県出身では2013年3月場所の双大竜以来で戦後7人目、東洋大からは史上5人目、部屋からは史上2人目[18]。新入幕の際には「自分にできるのは本場所の土俵で活躍すること。福島に勇気を与えられるように頑張りたい」と令和元年東日本台風(台風19号)の被害を受けた郷土の福島県を想うコメントを残した[19]。11月場所は4勝していたが、4日目の照強戦で右足首を痛めた[20]ため5日目から休場することとなった[21]。「右足部ショパール関節脱臼で約1カ月間の治療を要する見込み」との診断書が提出されたという[22]。場所後の27日、12月1日から開始される冬巡業を初日から休場することが相撲協会から発表された[23]。, 師匠の8代荒汐の停年直前の場所である2020年3月場所では西十両2枚目の地位で10勝5敗の勝ち越しを記録し、停年退職する師匠への餞別として再入幕することとなった[24]。再入幕した5月場所は自己最高位を更新する西前頭14枚目。番付発表後「自分たちは準備することしかできない。万全に体調を整えるだけ」と開催を信じて調整に励む意志を示した[25]。その5月場所は2019新型コロナウイルス感染拡大により中止になったが、続く7月場所では12日目に自身初となる幕内勝ち越しを確定させた。「去年の九州場所は(途中休場で)悔しい思いをした。体を大きくして戻ってこられた」と勝ち越しに際してコメントしていた[26]。この場所は最終的に10勝5敗まで星を伸ばした。, 西前頭8枚目でむかえた9月場所では、序盤連敗するも11日目まで2敗を守り、優勝争いの先頭に並んでいた。12日目には相星の翔猿に敗れ、3敗に後退。14日目には御嶽海戦で敗れ、優勝争いから脱落するも、千秋楽は白星とし、11勝4敗と2場所連続の2桁勝利となった。, 軽量ながら右四つに組み止めて寄り切る相撲が持ち味。上手投げ、肩透かしなども得意手としてあるが、足が出なかったり途中で一呼吸置いたりすると軽量を突かれて逆転されがち。, “「夢は関取」大波3兄弟 三男・渥も荒汐部屋で来月初土俵 祖父・父も、力士一家3代”, https://mainichi.jp/articles/20170221/dde/035/050/055000c, http://www.sankei.com/sports/news/161106/spo1611060026-n1.html, http://www.minpo.jp/pub/topics/hotnews/2017/05/post_1410.html, https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/201801260000493.html, https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/201801290000165.html, http://www.sankei.com/sports/news/180131/spo1801310017-n1.html, https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/201803280000387.html, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=若隆景渥&oldid=80397904, 東洋大相撲部は勉強もきちんと行わせる方針であり、テスト期間は部で試験対策の勉強会を開くなど、学業ともしっかり両立したつもりである旨を本人は振り返っている, 少なくとも入門当初の時点では、兄弟子を四股名に「さん」付けで呼んでおり、番付や長幼の序は守っている, 2018年3月場所後の番付編成会議で、翌5月場所での新十両昇進が決定し、3兄弟の中で一番初めに関取になることが決まった。師匠の荒汐は3兄弟に対し、一番初めに関取に上がった力士に他の2人を付け人として付けることを伝えて発破をかけていたが、この時点では若隆元(2018年3月場所の番付は西幕下22枚目)と若元春(同、東幕下12枚目)も幕下上位にあり、番付が接近しているため時間的余裕がないとして、見送られることになった.