Solasto Corporation All rights reserved. Copyright © 2019 nodeplace All Rights Reserved. 医療事務には、レセプトの作成や、薬の種類、効果など、専門の知識が必要です。資格を取得して知識を身につけ、能力を証明すれば、キャリアアップに繋がります。, キャリアアップを望んでいる方はどのような目的を持っているのでしょうか?キャリアアップを望んでいると回答した方に、その回答理由を尋ねてみました。, アンケートの結果を見ると、キャリアアップの目的は主に「給料アップ」「スキルアップ」「やりがいアップ」の3つがあると言えます。, キャリアアップすれば、任される業務も増えるため、より早く「スキル」を学ぶことが可能になり、「給料」も上がるでしょう。能力が認められて大きな仕事ができるようになれば、「やりがい」も同時に大きく感じられるはずです。仕事のモチベーションを上げるためにも、キャリアアップでこの3つの目的を叶えることは大事ですよね。, 先ほど、医療事務員はキャリアアップに資格取得を考える人が多いことを紹介しました。しかし、医療事務に関する資格は数多くあります。そこで現役の医療事務員200人に、取得している医療事務に関した資格を聞いてみました。, 資格を持っていない人は全体の約3割。つまり6割以上の方は医療系の資格を何かしら持っています。実際に医療事務員の多くが資格取得を考えて、実行していることがこの結果を見てわかりますね。, 多くの医療事務の方が取得したい資格として挙げた「医療事務検定試験」と「医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)」は、医療事務全般に関する知識やスキルを持っていることを証明できます。両資格とも、受験者数が多く、難易度は高い方ではありません。未経験で医療事務として働き始めたい方が最初に取得する資格としてもおすすめです。, 最後に「医療事務員がなぜ今の職業を選んだのか」も見てみましょう。医療事務で働いている理由がわかれば、医療事務員が仕事に求めていることは何かが見えてきます。, 今回一番多かった回答は「安定した仕事だから」、票数は全体の25%です。医療事務に安定性があると考えられる理由は、少子高齢化などの影響もあり、医療分野のニーズが高まっていることが挙げられます。さらに医療機関の需要は、景気に大きく左右されません。医療分野の知識を持つ医療事務員は、これからの社会でより重宝される人材になるでしょう。, 医療事務のスキルや資格を持つ人材は、全国共通で需要があります。少子高齢化の影響もあり、どこの医療機関も働き手を募集しています。そのため、諸事情で今の職場から遠く離れた地に移り住むことになっても、すぐに働き口を見つけることができます。, 医療事務員になるのに、年齢はあまり問われません。事務仕事なので比較的体力も必要なく、年配の方でも働きやすいです。また、医療事務は未経験者でも応募可能な求人も多いので、医療系の中でもチャレンジしやすい仕事です。, 医療事務員が考えるキャリアプランでは資格を取得したいと考えている方が多いことがわかりました。医療事務員のキャリアアップの目的は給料アップが大半で、医療事務は資格を取得することでスキルを証明でき、その目的に近づきやすくなります。, 医療事務は魅力の多い仕事ですし、キャリアアップすることで、より仕事の充実感を上げることができます。医療事務で働いている方も、今後医療事務を目指している方も、今一度自分のキャリアプランを考えてみてはいかがでしょうか。, .float-right { 医療事務の志望動機の書き方が知りたい新卒は多いですよね。そこで本記事では医療事務向けの志望動機の書き方を解説しました。例文に加えて、ng例文も掲載することでわかりやすく説明しているので、ぜひ参考にしてくださいね! 就職・転職活動の面接では、キャリアプランを聞かれることがあります。将来についての質問は、しっかりと準備しておかないと回答に困る質問でもあります。そこで今回は、企業がキャリアプランを聞きたい事情、さらに適切な回答のコツについてご紹介します。

介護 資格 > 調剤薬局事務 > 資格のキャリカレ / キャリアカレッジジャパン > 調剤薬局事務講座〈42〉, ムダなし、ムリなしの効率的学習法で、必要な知識が着実に身に付く! キャリアカレッジジャパン, Point1 就転職に強いJADP認定資格を、わずか2ヶ月で取得! 今回、200名の医療事務員に医療事務のキャリアパスについてのアンケートを実施しました。その結果をもとに、キャリアパスについて紹介します。また、本記事のアンケート結果は全て、医療事務の実態を知るため、現役で働いている職員に意見を聞いたものです。 家の近所で調剤薬局のパートの募集を見つけ、“薬局なら、身体の事を考えながら働ける”と思い、そこで働くことにしました。働いているうちに、“もっと調剤のことを学びたい! font-weight: bold; 「何か資格が欲しいな」と考えている人には、絶対、調剤事務の資格がオススメです!キャリアカレッジジャパンの講座なら、誰でも無理なく資格が取れると思うので、ぜひ多くの人に頑張って欲しいです。, ★ケア資格ナビから資料請求のうえ、当校ホームページから受講お申し込みの場合、1万円割引★通信教育、通信講座、生涯学習、生涯教育、通信スクール学校をお探しの方に最適の通信教育をお届け。. document.write(new Date().getFullYear()); 【例文で解説】事務職のキャリアプランはこう書けば落とされない! - Duration: 25:31. kae 1,670 views. 医療事務の仕事に就くためには、面接を突破しなければなりません。経営者や院長は、その人が医療事務の仕事を責任持ってやれるのかどうか、見極めたいと考えているからです。, 医療は、患者の命を預かる重要な仕事。そのため、高い責任感と使命感を持つ必要があります。一般的な事務と同じような気持ちで面接に望むと、良くない印象を与えてしまうかもしれません。, 面接に臨む前に、これだけはチェックしておきましょう。チェックポイントは、以下のとおりです。, 未経験で医療事務の面接を受ける場合は、志望動機や自己PRが矛盾していないか、という点が大事です。なぜ未経験の状態で医療事務を志したのか、自分の中で整理して、スラスラ言えるようにしておきましょう。, 単に、「医療事務になりたかった」だけではなく、その医療法人やクリニックを選んだ理由や、そこでなければらない理由も、かならず考えておいてください。答えに窮してしまうと、面接官に「適当に受けているんだな」と思われかねません。, 医療事務の面接では、一般的な事務の面接同様、質問が中心に進行されていきます。向こうからの質問に答えるだけではなく、多くの場合に、最後のほうで「なにか質問はありますか?」という逆質問が待っています。, 逆質問は、面接での話をきちんと理解しているか、こちらに対して熱意を持っているかなどをチェックされます。一番は、会話の中で質問を見つけることですが、難しい場合はあらかじめ考えておきましょう。, 自分が将来どうなりたいかを伝えることは、医療事務の面接において重要なことです。もっとも、40代、50代であれば、それほど重要ではありません。もしあなたが20代、30代であれば、ビジョンはかならず考えるようにしましょう。, ビジョンといえども、そこまで難しく考える必要はありません。医療事務の仕事を通して、自分がどうなっていきたいのか、面接を受ける医療法人やクリニックでどのようなことをしたいのか、を明確にしておきましょう。医療はこれからの成長が期待できる分野なので、ビジョンを明確にできるとアピールにつながります。, 面接会場には、遅くても10分以内には着いておきましょう。あまりにも早すぎると、相手を急がせたり、慌てさせたりしてしまいかねません。指定された時間より1分か2分程度早い状態で、面接が始まるよう時間配分を意識しましょう。, 面接当日の服装は、スーツが基本です。医療事務の面接を受けるのはほとんどが女性でしょうが、髪は後ろに束ねておいてください。医療関連のお仕事ですので、爪は綺麗に切って、化粧は薄めが基本です。言葉遣いは、目上の人と話すときのように敬語を使いましょう。, 医療事務の面接でよく聞かれる質問をまとめてみました。これらに対する答えは、かならず用意しておきましょう。, かならず質問されるのが、志望動機についてです。志望動機については、以下の4点を抑えておきましょう。, ・医療事務を仕事にしたい理由・その医療法人、クリニックなどを選んだ理由・自分のビジョン・自分の強み, 医療事務に対しての意識も、面接でよくされる質問のひとつです。未経験の場合は、なぜ医療事務の仕事を志そうとしたのか、を考えるといいでしょう。, 実体験がある場合は、それを踏まえて話すと信憑性が格段に向上します。たとえば、「病院を訪れた際に、医療事務さんの配慮に感激し、医療事務を志そうと思いました」などといったエピソードがあれば、添えておきましょう。, 未経験の場合は、医療事務の仕事に対してどれだけ理解があるのかを問われます。資格を持っているのなら、「なぜその資格を取ったのか」といったきっかけを話すとスムーズです。, 医療事務の仕事は、PCを使うことが多いです。点数の算定はPCで行いますし、カルテも電子カルテが主流になりつつあるからです。そのため、面接ではPCの扱いについて質問されることがあります。20代、30代でPCを使いこなせていない人は少数派ですので、どこまで使えるかを具体的に説明するのがいいでしょう。, たとえば、「Wordでは基本的な文書作成ができるます」、「Excelによる計算式の入力ができます」などと分かりやすく言えば、面接官の反応も上々なはずです。, もしあなたが医療事務未経験の場合、電子カルテやPCについての資格を持っておくことで、アピールすることもできます。ヒューマンアカデミーの電子カルテオペレーション講座や医療事務コンピュータ講座などの受講を検討してもいいでしょう。, 転職の場合は、かならず前職について質問されます。退職理由などを、自分の中でまとめておきましょう。この部分を志望動機に繋げられれば、なお良いです。, 前職ではこれができなかった、だからそれができる医療事務の仕事を目指しました…などと言えば、志望動機も絡めることができます。注意すべき点は、前職でできなかったことが、なぜここならできると思ったのか? !”と考えるようになり、資格を取ることを決心。内容と価格で魅力的だったキャリアカレッジジャパンで学ぶことにしました。実際に受講してみると、実技問題が多くてすごく勉強になり、添削の先生のコメントにも励まされました。 Point2 「わかりやすくて学びやすい」教材セットが大人気! padding:0 20px 0;

自宅でプチ開業も目指せる! JADP認定「メンタル心理カウンセラー資格」取得講座〈25〉. 医療事務の面接では、パソコンのスキルや医療事務として働いた経験があるかといったことが聞かれるこ Copyright© ※本気で就活を成功させたい方のみ読んでください。, 医療事務の志望動機のポイントを紹介する前に、まずは医療事務として求められる人物像について解説しておきますね!, 医療事務は患者さんと直接接する仕事なので、まず患者さんやその家族と適切にコミュニケーションをとれることは必須です。, 根本的な問題なので、「コミュニケーションスキルがない」「人と接するのが苦手」という人は、違う職種を検討したほうがいいかもしれません。, また、医療事務は受付やカルテの管理など、ほぼすべての業務においてパソコンを使います。, よって、エクセルや表の作成など基本的なパソコンスキルも必須と考えておくべきでしょう。, あとは膨大な量の患者さんのカルテや情報を管理する仕事の性質上、正確かつスピーディな仕事ができる人が求められます。, スケジュールや管理やそのほかの業務など、臨機応変に対応できるかどうかも重要視されますね!, 医療に関わる仕事をしているため、保険医療制度や医学的な知識を持っている人は、病院側も積極的に採用したいと思っているはずです。, 資格やスキルなどは必須でない場合が多いですが、人物像はかなり重要視されるので、応募する際はチェックしておいたほうがいいですね!, 志望動機で高い評価をしてもらうためにも、どんなポイントを意識するべきか、しっかりチェックしておいてくださいね!, 面接官に志望動機で高く評価されるためには、なぜ医療事務を選んだかを明確にしましょう!, 医療事務の職種に限ったことではありませんが、世の中には色々な種類の職種があります。, 面接官に良い印象をもってもらうためには、「数ある職種の中からなぜ医療事務を選んだのか」を明確に答えることが大切です。, だって採用側からしたら「別に医療事務じゃなくても良いんでしょ?」という疑問を持っているはず。, そのため、医療事務という職種の特徴や仕事内容に焦点をあて、自分のスキルや人物像がマッチしていることを理由にするのがベストです!, できれば、自分の性格や過去の仕事経験などを織り交ぜながら志望動機をアピールするといいですね。, 「人とコミュニケーションをとるのが好きで、患者さんと接することの多い医療事務に以前から興味があった」, 医療事務を選んだ明確な理由を伝えれば、面接官にも良い印象をもってもらえるはずです!, 医療事務を選んだ理由を考えたら、なぜその病院じゃないといけないのかまで考えておきましょう!, 医療事務と一言でいっても、病院の規模や施設の大きさ、スタッフの数などによって仕事内容や業務の流れは大きく異なります。, よって、他の病院ではなくなぜその病院を選んだのか、という理由も合わせて明確化しておくことも大切です。, その際、病院の規模や医療体制・スタッフの数なども事前に調べておくと、より具体的な志望動機が答えられます!, 例えば地方の小さい病院なら「地元の患者さんが多く訪れるので、温かいコミュケーションがとれると思った」と伝えれば納得させられる。, 都会の大きい病院なら「充実した施設の中で、多くの患者さんをサポートできると思った」と伝えれば、聞き手は納得しますよね。, このように、応募する病院の規模や特徴に合わせたアピールをすれば、面接官に好印象をもってもらえます!, もし応募する病院となにかしらの関連性や実体験があるなら、それらのエピソードも盛り込むと、さらに周りと差別化できる志望動機がアピールできますよ。, 就職したあとの将来像まで踏み込んで考えておくと、より評価される志望動機が答えられます。, 応募する病院側からすると、一番困るのは「採用した人がすぐに退職してしまうこと」です。, せっかく採用してもすぐに辞められては人件費もかかりますし、また新たに募集しなければならない手間もかかります。, しかし就職した後の長期的なキャリアプランや目標をアピールすれば、面接官に「この人は長く勤めてくれそう」という印象をもってもらえますよね!, 将来像としてのキャリアプランが応募先の病院とマッチすれば、内定をもらえる可能性もぐっと上がります。, 志望動機を答えるときは、一歩踏み込んだ将来像についても積極的にアピールしましょう。, なるほど!これらの3つのポイントを押さえた志望動機を作れば、聞き手の納得度が高まるってことですね。, そのとおり!こうしたポイントを押さえておかないと、どうしても条件面ばかりを語りがちだからね。, ここからは、医療事務の志望動機を答える際、どんな文章構成でアピールすればいいかを解説します!, 医療事務の志望動機で評価されるポイントでも解説した「なぜ医療事務を選んだのかを明確化する」の内容と同じですね!, 他の業界ではなくなぜ医療事務なのかを最初に説明することで、このあとの志望動機がスムーズな流れでアピールできます。, そして医療事務の中でも、私自身が以前こちらの病院でお世話になったことがあり、その時に大変親切な対応をしていただいたからです。, 医療事務は患者さんと接するだけでなく、受付やレセプション、カルテの管理などを通し、様々な面から患者さんをサポートできる仕事だと考えています。, さらに診療報酬請求の事務能力など、専門的な知識が身に付けられるのも医療事務だからこそだと思っています。, 私はそのような業務に携わり、病院に訪れる患者さんをサポートしたいと思い、医療事務を選びました。, なぜ医療事務を選んだのかを答えたら、次に「医療事務の中でもなぜその病院を選んだのか」を答えましょう!, ここも「なぜその病院じゃないといけないのかまで考えておく」の項目で解説した内容を、文章にすればOKです。, しかし、「なぜ医療事務の中でもその病院を選んだのか」になると、なかなか答えられない人がほとんど。, より具体的かつ重要なポイントをしっかりアピールできるかによって、就活の成功率にも大きな差が生まれます。, そのため、医療事務を選んだ理由を述べたあとは、必ず医療事務の中でもその病院を選んだ理由をしっかりアピールしましょう。, その病院を選んだ理由が明確だと、「その病院じゃないといけない」という熱意がアピールできますよね。, そうすれば面接官にも「この人を採用すれば活躍してくれそう」とイメージをもってもらえますし、志望動機の説得力も増します!, 医療事務の中でも貴院を選んだ理由としては、過去に私自身が病気を患いこちらの病院に入院した際。受付で医療事務をしていた方に大変親身な対応をしていただき、感銘を受けたからです。, 私も貴院での医療事務の仕事に就き、病院に来る患者さんの体だけでなく精神面でのサポートもできればと思い、志望しました。, ここまでの文章ができたら、最後に「自分の企業選びの軸と希望する企業の条件がマッチしていること」をアピールしましょう。, 簡単にいうと、「私は企業を選ぶ上で〇〇を重要視しており、貴社はその条件にぴったりマッチします」ということですね!, 御社の募集要項を確認したところ、業務内容が受付・会計・レセプション・カルテの管理など多岐にわたると書いてありました。, 私は◯◯で培った経験やスキルを活かすために、1つの業務ではなく様々な業務に携わりたいと思っております。, 以上のことから、私の考える企業の軸と御社の条件が一致すると考えたのも、御社を志望する理由の1つです。」, このように、自分の企業選びの軸と病院側の条件がマッチしていることをアピールすれば、説得力のある文章構成となりますよね。, また、最後の締めくくりに就職後のキャリアプランや将来像を合わせてアピールするのもおすすめです。, 「就職後は◯◯の資格取得や◯◯のスキルアップを目指し、患者さん一人一人に寄り添った仕事ができるよう努力したいと考えております」, 上記のような文章を合わせてアピールすると、流れとしてもまとまりの良い文章になりますよ!, それではこれまで解説したポイントや文章構成を参考に、医療事務の志望動機の文章例文を作ってみましょう。, 医療事務の中でも貴院を選んだ理由としては、過去に私自身が病気を患いこちらの病院に入院した際に、受付で医療事務をしていた方に大変親身な対応をしていただき、感銘を受けたからです。, また、私は病院を選ぶ際に「多様性のある仕事ができる企業」を軸に考えています。今回貴院が募集している仕事では、診察の受付だけでなく会計・レセプション・カルテの管理など、幅広い仕事に携わると伺っております。, これらの条件が、まさに私が考える企業選びの軸にぴったり一致していたのも、貴院を志望した理由の1つです。, 貴院に就職できた際には医療事務検定の資格を取得し、医療事務としての仕事のスキルを高めながら、一人一人の患者さんに寄り添った仕事ができるよう努めたいと考えております。」, こちらの例文は、過去に面接を受ける病院で実際にお世話になったことがあることを前提として作成しています。, さらに「多様性」という軸と企業の募集条件がマッチしていることを盛り込み、より周りと差をつけられるよう文章を作りました。, このほかにも、過去のエピソードや病院のことをしっかりリサーチしていることなどをアピールすれば、採用につながるはずです!, 上記の例文も参考にしながら、より具体的で明確な志望動機を意識して、文章を考えてみてくださいね。, こうして読んでみると、「評価ポイント」から逆算して作られているので、面接官の疑問がうまく網羅されている志望動機ですね!, そうなんだよ!志望動機を作成する時には「何を伝えるのか」を明確化してから作ることが重要だからね。, 私が御社を志望した理由は、医療事務の仕事ができること、そして医療事務の中でも、待遇面や仕事の条件が非常に良かったからです。, 私は学生時代、飲食店で接客のアルバイトをしており、お客様と関わることにもやりがいを感じておりました。, しかしただ接客をするよりも、より専門的な知識が身に付けられる仕事はないかと悩んでおりました。, そんな時に医療事務の仕事を調べたところ、医療事務は患者様と直接触れ合う機会が多く、診療報酬請求に関する知識なども身に付けられることを知りました。, 医療事務を選んだのは、学生時代のアルバイトの経験を活かし、さらに専門的な知識も身に付けられると思ったのがきっかけです。, 医療事務の中でも御社を選んだのは、御社の給料や福利厚生などの待遇面が非常によく、私が求める条件と一致していたからです。, 休日制度なども整っており、御社なら仕事とプライベートのバランスをうまく取りながら働き続けられると思い、志望しました。, 御社の「患者様を第一に考える」という経営理念の元、これまで培ってきた接客経験やコミュニケーション能力を活かし、全力で御社に貢献したいと考えています。, この例文で一番問題なのは、まずその病院を選んだ理由として待遇面を挙げていることですね。, いくら給料や福利厚生が良くても、そこを選んだ理由にすると面接官に良い印象を与えられません。, 志望動機で評価されるためには、自分の過去の経験やその病院の具体的な仕事内容などを交えた理由にするべきです。, また文章の流れとして、その病院を選んだ理由よりも、医療事務を選んだ理由のほうに焦点を当ててしまっています。, もちろん医療事務を選んだ理由を説明することも大切ですが、流れとしてはそのあと、その病院を選んだ理由をもう少し強くアピールしたいところです。, 最後の締めくくりでも企業の軸や具体的な将来像などもなく、これでは面接官から高く評価されるのは難しいでしょう。, 上記のような例文は悪い例として参考にし、もっと具体的かつ踏み込んだ内容の志望動機がアピールできるよう、意識してみてくださいね!, 医療事務に限らず、企業の事務職として働くことも視野に入れている人は多いと思います。, ぜひそちらの記事を参考に、自分にぴったりの事務職としての職場を探してくださいね!!, そいや内定2個目いただきました....!オファーボックスからの企業(日系IT)で、ほぼ1ヶ月の間にGD→面接→面接で決まった!まじで逆オファー型の文章しっかりさせたら、直接本選考オファー来るからオススメ!!!. document.write(new Date().getFullYear()); 医療事務を志すきっかけは人によってさまざまですが、よく挙げられるものとして、「年齢に左右されず長く勤められるから」「結婚・出産後も働きやすいから」「医療の現場に携わりたいから」といった理由があります。, 専門的な知識やスキルがあれば何歳になっても働くことができ、パートやアルバイトなどの求人も多数あることから、子育てと仕事を両立したい人にとって魅力のある職業だといえます。, また、「人の役に立ちたい」「接客が好き」という思いを持つ人も、患者さんのサポートがおもな業務となる医療事務に興味を持ちやすいといえます。, 履歴書や面接で志望動機を伝える際には、これらのきっかけを得ることになった自分自身の経験やエピソードを交えながら説明するとよいでしょう。, 医療事務職として病院などの求人に応募する際には、書類選考のほか、ほぼ確実に面接が行われています。, 医療事務は病気やケガを抱える患者さんと直にコミュニケーションをとる仕事であるため、「誠実で責任感があるか」、「信頼されうる人かどうか」など、面接を通して人間性を判断されることになるでしょう。, 志望動機というと難しく思えるかもしれませんが、これからの仕事に対する意欲はもちろん、自分の個性や考え方、人柄を伝える絶好のチャンスとなります。, 時間をかけて、医療事務の仕事を目指すきっかけや、仕事に対する思いをまとめてみるとよいでしょう。, 医療事務の仕事内容は、病院やクリニックでの受付窓口業務やレセプト業務など、多岐にわたります。, 専門的な知識やスキルが求められる業務もありますが、患者さんと接する機会が多いことが、数ある事務職のなかでも医療事務の特徴です。, したがって、この仕事に就くうえでは事務処理の能力だけではなく、患者さんの気持ちになって対応するための思いやりの心、コミュニケーション能力が求められますし、接遇で注意しなければならない点も多々あります。, 医療事務の募集に応募する場合は、そうした点を理解したうえで、適性があることを示すのがよいでしょう。, 「私は現在、一般企業の事務をしておりますが、コンピュータの前で作業するよりも、人とたくさん接したり誰かの力になったりすることに喜びを感じます。, 世話好きな自分の性格には人と関わりあう仕事が向いていると考え、医療事務の仕事をしてみたいと思い、医療事務の資格を取得しました。, 貴院のホームページを拝見したところ、自宅から30分以内で通勤できる場所にあり、地域医療に貢献され、また在宅医療のサポートなどもされていることを知りました。, せっかく医療事務の資格を取得することができましたので、これまで身に付けてきた事務スキルや接客の経験を活かし、ぜひとも貴院で少しでもお役にたちたいと思い応募させていただきました。」, その経験を生かすことができ、さらに経験のない診療科にて医療事務のスキルを磨きたく、応募させていただきました。, 私には子どもの頃からお世話になっている病院があり、病気になったときは、必ずその病院に行きます。, それは病院が歩いて10分という距離にあり、幼い頃から通院して親密感があるからです。, そのため、貴院の『早期発見は、遠くにある大学病院の役目ではなく、地域医療の最前線である開業医の役目』という考えには、非常に感銘をうけています。, 病院は病気を治すところですが、患者さんに本当に安心して治療をしてもらうことは難しいことだと思います。, かかりつけのお医者さんがいるということが、病気で不安なときにどんなに心強いことか実際に知っている私だからこそ、医療事務は私に向いている仕事だと思っています。, 今まで経験したことがない診療科での仕事は覚えることがたくさんあるかと思いますが、精一杯取り組んでいきます。, 患者さんと笑顔で向き合い、そして業務では正確さや迅速さを大切にしたいと思っています。, 貴院で少しでもお役に立てるよう頑張って参りますので、ぜひともよろしくお願いいたします。」, 「私は総合病院にて2年間、外来クラークとして患者様の応対やカルテの入力、検査の案内などの業務を経験しました。, 外来に来られる患者様の不安な気持ちに寄り添ったり、診察や検査がスムーズに進むよう工夫をしたりしながら、やりがいを持って業務をおこなっておりました。, これらの経験を生かしながら、今後はレセプト作成や会計業務など、医療事務としての仕事の幅を広げていきたいと考えています。, 少人数体制を採られている貴院にて、幅広い業務を任せていただきたいという思いを持ち、志望いたしました。, 未経験の分野でもお役に立てるよう、貴院への応募にあたり「医療事務技能審査試験」を取得しました。, 貴院の掲げる「患者様第一」という理念のもと、私自身もスキルアップをしながら、患者様の気持ちにより広く寄り添っていきたいと考えています。」, 求人情報を探して、履歴書や職務経歴書などの必要書類を送付し、書類選考に通った場合は、面接が行われます。, 医療事務の面接で必ずといっていいほど聞かれるのは、「医療事務という職業を志望する理由」や「当院を選んだ理由」です。, 「当院を選んだ理由」については、単に医療事務に興味があるとか、やりがいを感じているという話だけでなく、その病院・診療所のことを詳しく調べたうえで、そこで働きたいと思う理由を明確にするとよいでしょう。, 医療事務の面接では、質問に対する答えを用意しておく以外にも注意することがあります。, 勤務先となる病院やクリニックなどの医療機関で働くスタッフには、清潔感が求められます。, 女性の場合は髪が肩につかないよう後ろで束ね、メイクやネイルもシンプルなものにすると好印象です。, 男性の場合も、前髪が目にかかっていたり寝癖があったりすると印象がよくないので注意しましょう。, 医療事務の求人を探すと「未経験者OK」としている病院もありますが、やはり経験者のほうが優先される傾向にあります。, そのため、医療事務を目指す未経験者の多くはまず医療事務の資格を取得し、アピールできるポイントを作ってから応募しています。, 面接試験を受けるということは、その病院・診療所は応募者に興味を持ってくれているということです。, それをチャンスだととらえ、面接ではやる気や志望動機を伝えるのと同時に、これからのキャリアプランや努力していきたいことなどを伝えていきたいものです。, 医療事務の面接では、パソコンのスキルや医療事務として働いた経験があるかといったことが聞かれることもあります。, 医療事務はパソコンの前に向かって入力作業を行うだけの仕事ではなく、人と接することが多いです。, そのため、面接では他人と適切なコミュニケーションができるかどうかといった点も見られています。, 学生時代の部活動やアルバイト経験、とくに打ち込んできたことなどを思い返し、自分の強みや個性が伝わるエピソードを探して、人柄が相手によく伝わる内容にまとめてみてください。, 医療事務を目指す人は大勢いるからこそ、ただ「医療事務になりたい」という言葉を超えて、「この人と一緒に働いてみたい!」と思われるようなオリジナリティある自己PRを考えておくようにしましょう。, 医療事務に応募する履歴書を作成する際には、丁寧な字を心がける、誤字脱字に気をつけるといった基本的なマナーのほか、医療事務ならではの注意点があります。, 実務経験や資格を持っている場合は、できるだけ具体的に記載して能力をアピールすることが大切です。, 医療事務の業務は受付や会計、レセプト作成、外来・病棟クラークなど幅広いため、どの業務にどれくらいの期間従事し、どんな役割を担ってきたかを、数字や経験を用いて説明しましょう。, 未経験の場合は、コミュニケーション能力やパソコン操作ができること、資格取得に向けて勉強していることなど、医療事務への適性や意欲を積極的に伝えることが大切です。, 医療現場という、一人ひとりのスタッフが必ず貢献できる場所で責任を持って働きたいという意思があったことと、地域に根付いた場所で地元の人の役に立ちたいという思いから、クリニックで働くことにしました。, 自分がいなければ、という気持ちを得ることができたのは達成感につながっていたと思います。, 病院の受付窓口業務や診療報酬明細書を作成する、医療現場における事務のスペシャリスト。, 大病院に勤務し、入院患者のカルテ管理や各種手続きを行い医師と看護師をサポートする。, 介護関連施設において、受付や会計をはじめ、介護サービスに関する事務全般を担当する。.