シンジロウ(新田真剣裕)推理好きで薬や医療関係の知識がある。 他に志の高い映画監督さんはたくさんいらっしゃるので、そちらに仕事を回して欲しいんだけどなあ…。, 本作とは直接関係ない作品の話題に触れて恐縮ですが、個人的に大応援している実写映画版『がっこうぐらし!』が、確実に本作のせいでお客を奪われている、公開2週目(2月7日)で多くの劇場で上映終了になることが悲しくて仕方がありません。, 切実なお願いがあります。この土日に実写映画版『がっこうぐらし!』を観てあげてください。興行収入は芳しくなく公開2週目で多くのシネコンで1日1回上映(朝の回)のため社会人の方はほぼラストチャンス。作り手の愛と情熱に溢れ、何より「面白い」素晴らしい作品ですから!https://t.co/apV0SXtrvD, 実写映画版『がっこうぐらし!』の本編は原作を大いにリスペクトしている素晴らしい作品であるのに、観る前から原作ファンに予告やポスターの印象でバッシングに晒されているのも不憫で仕方がないよ!

それぞれの理由で安楽死を望み、廃病院の密室に集まった12人の少年少女は、そこで死体を見つける。死体が何者で自殺なのか他殺なのか、集まった12人の中に殺人犯がいるのか。やがて、12人の死にたい理由が明らかになっていく。, エンドロールで流れてきた「秋川莉胡」の名前がブルブルッと震えて「橋本環奈」に変わったところが新しい!と思いました。, 話題づくりとして途中から謎の人物の正体がわかるというのは今までもあったと思いますが, セリフでさらっと言われ、次々と話が展開していくのでボーッとしていると聞き逃してしまいそうな時もありました。, 7番 (杉咲花)母親からネグレクトを受け家が火事に。12人の死によって悲惨な環境にいる子供たちを減らしたい, 10番 (坂東龍汰)母親が金目当てでかけた保険が1年以内の自殺なら保険金が降りないので今自殺したい, 11番(吉川愛)男から病気を移された(ヘルペス。不治とはいえ告白後周りから呆れられる), 5番(新田真剣祐)の「不治の病」が死にたい理由としては一番誰しもが納得できるものだと思います。, あとはいじめなど思春期ならではのものだったり、ゆがんだ親子関係など特殊な家庭環境だったり。, じっくり描かれれば、どれも思い入れが深まったと思うのですが、12人もいるので次から次へと話が出てきて気持ちを入れる時間がなかったですね。, ただ6番(黒島結菜)は映画の序盤から「うわ、この子変だな。ゆがんでる」と思って観ていました。, 父親を崇拝するセリフが多く、死にたい理由は「自分が死ねば父親の会社は助かるのよ!」と。, あとは8番の吃音の子は、はじめのころはひどくどもっていましたが話が進むにつれてそれが治っていきます。, 場に慣れただけじゃなくて、結局のところいつも飲んでいる薬をこの日は朝しか飲んでおらず、「なら薬がきれてきたからじゃないの」と周りから指摘され。, 毒親に支配されてきていたことが原因、ということが「流れ」で伝わったのがよかったです。, 実は12番とゼロ番は兄妹で、バイクに二人乗りしていた時に12番がふざけた事が原因で事故に。, そして12番は自分を責め続け生きてきましたが「もう十分耐えた」と思い、この計画に応募。, その時すでに定員は12人になってしまったのですが、車いすに兄を乗せて連れてきていたのでした。, ところが車いすを病院の裏口から入れることができずロビーを右往左往しているうちに7番(杉咲花)と9番(北村匠海)が車いすのゼロ番を発見。, 彼らが誰にも知られないように細工をしながらゼロ番を集合場所に運び込んだ・・・というものでした。, そしてその7番と9番の出会いやゼロ番を運び込む手順(手口?)に加え他のメンバーたちの動きが次々と明らかになることで、エレベータに挟まれた椅子やたばこの吸い殻や置き去りになった帽子、スニーカーの謎などが映画の終盤に一つにつながってくるというわけです。, 本来ならこれらの「回収」でうわ~そうだったのか~・・・と感動するところなんだけど。, ほぼ5番(真剣祐)が推理したことを話して、それが正解だった・・・という流れで真相がわかるのですが。, さっきも書いたけど話を追うのに一生懸命すぎて「なるほど」という感情しか出てきませんでした。, 12人を集めた1番が、実はこの集合をかけるのは3回目で、結局こうして毎回中止になっていたのでした。, 彼はそれを望んでいるわけではなくて、結果としていつも毎回こうなっている、と言っていました。, となると12人の半分はすでに名前が売れている俳優さんたち、半分はこれからの期待の俳優さんたちで、全体のバランスがとれて、誰が犯人でどうしてそうなったのか最後まで予想がつかなかった。, 杉咲花ちゃんも謎めいた雰囲気があって、最後まで死にたい理由も不明で、存在感は抜群でした。, 不治の病がなんなのかハッキリは描かれていませんでしたがあまり病人らしく見えませんでした。, いろいろ書きましたが、感情移入はできませんでしたが眠くなったりすることはなく、最後まで真相が全くわからなかったです。, それを知ればそんな大作を2時間ちょっとにまとめた上に最後まで飽きさせなかったのはすごいことだな、と思いました。, 原作はきっと一人一人じっくり描かれていて、最後に一気にまとまっていくんだろうなぁ。. 「死にたい」その思いで集まった12人の子どもたち。しかし、集いの場にはすでに1人の少年が横たわっていました。いるはずのない13人目。この中の誰かが嘘を付いているのでしょうか。集団安楽死を成し遂げるため、12人の未成年者たちが、廃病院で13人目の死体の謎を... ベストセラー作家・冲方丁(うぶかた・とう)のミステリー小説を原作とした実写映画『十二人の死にたい子どもたち』。舞台の作演出を手掛けてきた倉持裕が脚本を担当し、『イニシエーション・ラブ』『トリック』など数々のヒット作を送り出してきた堤幸彦監督が映画... 以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『十二人の死にたい子どもたち』ネタバレ・結末の記載がございます。『十二人の死にたい子どもたち』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。. 管理者サトシが運営する「自殺志願者サイト」によって廃病院に集まった12人の子どもたち。 彼らの目的は、安楽死。 その計画を実行するには管理者サトシが絶対と決めている「ルール」が存在した。 ①計画を実行する前に挙手によって全員の意思を確認すること ②全員一致しなければ計画は実行できない ③一人でも反対する人がいる場合はその場で話し合いをすること ④再度決められた時間になったらまた全員の意思の確認をすること ⑤全員一致するまでこれを繰り返すこと ⑥参加者はいつでも自分の意 … この「寝てただけ」というのは「不意」の出来事で登場人物は困惑の限りを尽くしていたのですが……映画では「なんだ寝てただけか〜」という声が上がります。まあ、そこまでは許せます。, で、この死体は実は植物人間であり、メンバーの中にはその妹がいました。 映画『十二人の死にたい子どもたち』公式サイト 2019年1月25日(金)全国公開 廃病院に集まった十二人の少年少女。彼らの目的は、「集団安楽死」。それを阻むのは― 「十三人目」の死体! なるほど「謎解き」としては矛盾がないように論理的に進むのですが……ほぼそれだけなんです。 とにかく言えるのは、肯定的な意見のみを載せた記事(それ自体が悪いというわけではないですが)だけを鵜呑みにするのは危険ということです。, まずは、十二人もいる登場人物の描き分けはしっかり出来ており、ちゃんとどういうキャラかが把握できること。一人一人の死にたい理由も「駆け足」かつ「説明」はできています(それはそれでどうかと思うけど)。 百歩譲ってこのシンジロウのセリフが話し合いの結果としてのものであったとしても、前述したように十二人それぞれが自殺をしようと考えた理由を概ねで2〜3人が室外に出た状態で話し出している、つまり「お前は全員の事情を知らないよね?」となるので白けるばかり。, で…その「過程」が欠如しているせいで陳腐なものしか思えない「みんなも生きたいって思ったはずだ!」というセリフに続いて、やっと「2回目」になる投票(自殺を決行するか否か)が行われるのですが、この時に登場人物が目を合わせたり、ゆっくりと手を上げるだけで、なんの感慨も湧かないんです。

「あれ?見逃したのかな?」と、何度か巻き戻すも 。クラウドに好きなだけ写真も保存可能。, 全体的な星の評価と星ごとの割合の内訳を計算するために、単純な平均は使用されません。その代わり、レビューの日時がどれだけ新しいかや、レビューアーがAmazonで商品を購入したかどうかなどが考慮されます。また、レビューを分析して信頼性が検証されます。, 集団自殺する為に集まりました。それぞれ死にたい理由を語り合います。やっぱり頑張って生きていこうとみんなで決めました。, 10代の話なのでしょうがないのかもしれないが薄っぺらい感情をだらだら語り合ってるだけの映画で特にスリリングさもなければ響く物もない。橋本環奈を使った意味はただの話題性かなって感じで他の作品で見るような彼女の奇抜な演技もない12人の優しい日本人みたいなのを作りたかったのかな?それにしては内容があまりにもお粗末, 「死にたい」と思い悩み苦しみ続ける自分としては、本当は自分は「生きたい」んだと。誰かに必要とされ、自己肯定感をあげたいんだと。「死にたい」は「生きたい」んだと。一般論ですが、これは私にも当てはまることです。, © 1996-2020, Amazon.com, Inc. or its affiliates. 十二人の死にたい子どもたちがある廃病院へと集まってくる。 彼らの目的は同じ『安楽死』。 12人でその『計画』を実行するはずだったが、13人目の登場により問題が発生する。 果たし … 動機:自分たちの死によって望まれない命の誕生を否定するため。, タカヒロ(萩原利久)吃音で人と接するのが苦手なタイプの少年。 まずは豪華若手俳優陣の起用で話題を呼び、橋本環奈の配役を伏せておいて後から発表することでさらに興味をひき、嘘八百なキャッチコピーと予告は『人狼ゲーム』などのサスペンスものが好きな若者の心をバッチリと捉えることができています。, 一方で、映画の内容は「豪華若手俳優陣を集められる」ことが第一、それ以外のことはないがしろにしていると断言してもいいくらいの不誠実さを感じる内容になっているんですよ……。 自身の吃音や幼い頃のわがままは治らない病と母親から言い聞かされてきたため。, セイゴ(坂東龍汰)不良キャラ、タバコが欠かせない。 行動の根拠となるシーンはいくつか欠落しており、 いやいや……その自殺の理由は原作小説では会議室でみんなが「共有」していたことだったじゃないか……。, 確かにこの変更点におかげで展開のメリハリはつくようにはなったと言えるし、別にいいじゃないかと思われるかもしれませんが……この「自殺の理由の告白」を「全員いで共有していること」は物語の結末、オチ部分に深く関わっていることなんです。 動機:ある事情から“もう楽になっていいはずだと思った”ため。, 1番のサトシ主催のもとに開かれたこの“集い”は、この場で集団自殺をするためのものでした。, それぞれ、抱える事情や自殺を望む理由はバラバラですが、集団で自殺することを望んでいました。, 最後の場所となったのは地下の多目的ホール、そこには人数分のベッドが用意されていました。, 7番と9番は彼こそ1番であり、集団での意思決定を待たずに決断したのだろうと結論付けました。, 誰かが漏らしたの、それとも自力で調べたのか、仮にゼロバンと呼ぶことにしたベッドの青年の扱いについて“集い”の中で議論が起きます。, お調子者気質の2番は誰も知らないゼロバンとともに死ぬことに疑問を抱き、集団自殺のすぐの実行に待ったをかけます。, 長い事、病気と闘っている5番。警察官を両親に持つ彼は思考だけが唯一の娯楽であり、この状況が示すことを推理していきます。, 焦点の一つにゼロバンが自殺したのか、殺されたうえで“集い”の犠牲者に紛れ込まされているのかという事が挙がりました。, ゼロバンの傍らには大量の睡眠薬のカラが置かれていましたが、この薬物の量では死に至らないことを薬物に詳しい5番に加えて、自身も経験があるらしい8番もつっかえつっかえですが、語ります。, 少なくともゼロバンは、“集い”の場では自殺していないことはほぼ明らかになりました。, 最終的に自分たちが迎える死の形が、他者によるものでは困るに参加者からは、事情がはっきりするまでは集団自殺に賛成できないという意見が出てきます。, サトシは一番最初についたつもりだったものの、配電盤のスイッチが入っていることを気にします。, 入り組んだ話についていけなくなりつつある11番ですが、裏口から入るときに脇の花壇にマスクと帽子が捨てられていたことを思い出します。, タバコを吸うわけでもなく10番に同行したサトシは、表のベンチに10番とは別の銘柄のタバコが落ちていたことを証言します。, 結果として参加者たちはいくつかのグループに分かれて病院内を探索することに決めます。, 裏口脇に落ちていた帽子とマスクと、同じようなものを身に着けている4番に、事情を問いただします。, その顔を見た3番は、自分のような後追い自殺者が出るからやめるべきだと責めますが、芸能の世界で作り上げられてきた自分を崩すために、4番は何としても自殺したかったのです。, それぞれの証言とそれを裏付ける別の参加者からの証言を合わせていくことで8番は、ゼロバンのことは9番の仕業ではないかと問いただします。, すると素直に9番はそれを認めますが、集いの場に戻る階段で何者かに突き落とされてしまいます。, 9番の安否とこのまま自殺を進めていくのかという意思の有無を押しのけて6番は、半ば強引に自殺を薦めようとします。, 当初は同調していたように見えた7番と6番ですが、いつの間にか自殺は大人へのメッセージだという7番と、自己の強い願望を叶えるために自殺したがる6番とは険悪な関係になっていきます。, 9番は自分を突き落としたたのは6番であり、自分もまた一年前に同じように人を突き落として死なせたことを告白します。, その時、衝撃的なことが起きます、死んでいると思われてゼロバンがかすかに呼吸をしていたのでした。, 誰よりも先に病院にやってきて屋上から参加者を見張っていた二人は、何者かが車いすに乗ったゼロバンを運び込んだ姿を見ます。, 一階に向かった二人は、そこで車いすに乗せられたまま放置されているゼロバンを発見します。, 車いすを押してきた何者かは表口に回り自動ドアを起動させようとし、更に配電盤も操作するためにその場を離れていました。, そこで運び込んだ者の手を離れたゼロバンを“集い”の参加者だろうと考えた7番と9番は、参加者に仕立て上げるために工作を始めます。, ただ、7番と9番は偽装工作は認めましたが、ゼロバンが死んでいるものだと思い込んで偽装工作をしたのであって、よもやゼロバンが生きているとは思わなかったと語ります。, 5番は更にゼロバンを運び込んだ者についても話し始めます。その参加者はゼロバンの家族でした。, 5番は自殺の動機を聞いた中で、その物言いが“自分を助けようとしている人がいることが分かっている立場”では、発することのできない言葉であり、“(その参加者と)同じように厳しい状況にある人間(ゼロバン)に向けての言葉”だと感じました。, ゼロバンの正体と、“集い”の場に連れてこられた事情、そして他の参加者の事情をすべて聞いた5番は、“死について考える”ことは“生きることについて考える”ことでもあるとして、主催者の1番のサトシに集団自殺の中止の提案します。, それまで常に意見の分かれてきた参加者ですが、全員が賛成し、それを受けたサトシは中止に12票が入ったとして“集い”を中止するのでした。, 『マスカレードホテル』でも少し触れましたが、いわゆる“フーダニット(Who Done It?)”を映像化する時にはキャスティングという大きなフィルターがかかります。, 困ったことに、“フーダニット(Who Done It?)”はミステリーのド定番で、はるか昔から無数の作品が存在しています。, 文面で読んでいる分には登場回数以外にキャラクターを格付けするものはありませんが、これを映像化するとなると、演ずる俳優さんの格が見ている側観客の中で自然とフィルターとなってしまいます。, それを回避するには端役に至るまで相応の認知度の役者さんをキャスティングしなくてはいけません。, 邦画で言えば『マスカレードホテル』(2019)や『インシテミル』(2010)、市川崑監督の「金田一耕助」シリーズなど、洋画で言えばリメイクもされている『オリエント急行殺人事件』(2017)『裏切りのサーカス』(2012)などが分かり易い例でしょう。, 本作でも杉咲花、新田真剣裕、北村匠海、高杉真宙、黒島結菜、橋本環奈という若手の売れっ子が揃いました。, それに対してオーディションで選ばれた吉川愛、萩原利久、淵野右登、坂東龍汰、古川琴音、竹内愛紗の6人は認知度の面ではこれからの存在ですが、それぞれに空気の読めないお調子者、ゴスロリ少女、ギャル風女子高生、不良タイプ、身体に障害のある少女、吃音の少年とある意味“分かり易い”色を付けることで、どうして見てしまう役者としてのキャリアの溝を見事に埋め、文字通り同一線上に並んだ12人を揃いあげました。, 原作を読んで真相を分かっている方は仕方がない部分がありますが、原作未読の方は、本当に最後まで誰が何をしたのかがわからない作りにできてます。, この映画は作りで言うと、『オリエント急行殺人事件』に近い作りがあります、閉ざされた空間で、限られた人間たちが何かをした。, 12人だけと言いつつも他の人間が基本的に介在しないために一人一人の情報の密度が濃く、読みながら整理するだけでも大変です。, さらに集いの場の廃病院という複雑な作りの舞台も手伝って、どうやってら映画になるんだろうかと思いましたが、これが倉持裕の見事な脚本によってまとめ上げられていました。, 圧倒的な完成度の高い脚本ですが、それもそのはずなんと脚本開発に2年近くかけた力作とのことです。, 倉持裕は映画脚本は本作品『十二人の死にたい子どもたち』が初めてとのことですが、すでにドラマ・演劇で実績を積んでいて、2004年には岸田國士戯曲賞を受賞しています。, 倉持裕自身の劇団「ペンギンプルペイルパイルズ」のほか、ドラマ『弱くても勝てます』『信長のシェフ』や、劇団☆新感線の『乱鶯』やNHKのコント番組『LIFE~人生に捧げるコント~』なども手掛けています。, Tags : 日本映画 / ワーナー・ブラザース映画 / 堤幸彦 / 2019年公開, キアヌリーヴス映画『ブルー・ダイヤモンド』あらすじと感想評価。丁寧な人間ドラマも見どころ, 映画『ブルー・ダイヤモンド』は、2019年8月30日(金)から全国公開。 ロシアを舞台に、ロシアンマフィアとの取引に挑む男の、危険な駆け引きを描いた映画『ブルー・ダイヤモンド』。 ダイヤモンドにだけ魅 …, 三浦しおん原作映画『光』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【井浦新×瑛太共演作品】, 「まほろ駅前」シリーズでタッグを組んだ三浦しをん&大森立嗣監督がん再タッグを組んだサスペンス。 25年前に犯した罪がもとで、周囲の人間も巻き込みながら再び不穏な空気の中に身を投じる男女の姿を演じる主演 …, 東野圭吾の作家デビュー30周年にして、80作目となる『ラプラスの魔女』。 「これまでの私の小説をぶっ壊してみたかった」と、東野圭吾自身が語っている小説を原作に、三池崇史が豪華キャストを迎え映画化。 2 …, 映画『屍人荘の殺人』感想レビューと評価。真犯人を解く謎のほかにクローズド・サークルの存在が斬新⁈, 映画『屍人荘の殺人』は、2019年12月13日(金)より全国ロードショー。 デビュー作にして国内ミステリー賞4冠を達成した今村昌弘の原作を『金田一少年の事件簿N』や『ATARU』『99・9%』などの木 …, 映画『ミスター・ガラス』ネタバレあらすじと感想レビュー。内容解説のアンブレイカブルとスプリットの事前学習も, M.ナイト・シャマラン監督待望の作品『ミスター・ガラス』は、2019年1月18日(金)より公開! M.ナイト・シャマラン監督の『アンブレイカブル』『スプリット』の後受け継ぐ三部作の完結編。 『アンブレ ….