値段だけが… 他は完璧, 投稿で20ポイントが加算。1000ポイントで500円分のアマゾンギフト券と交換できます。.

それ以外はとてもいいので上級者向けかなと思います。中級者でも使えると思います。 結論としてはテナジー、G1、キョウヒョウneo3を代表とした46〜48gのラバーを探して、185g前後のラケットを作ることを推奨します。, メタスラ バックが振りやすいグリップ, 私自身日頃、アウターカーボンでは水谷隼をよく使用していますがアウターのなかでもコントロール性能にはかなり難があると感じました。板としてはティモボルalcとティモスピ等と同じはずなのですが不思議とコントロールしづらかったです。 板構成はalc素材に内芯がアユース、上板もリンバ材2つとインナーフォースalcと全く同じで、打球感や制球度は殆ど一緒です。そもそもインナーALCの構成はかなり木材に近く、強打した時もZLCのような、「素材が勝手に直線的に飛ばしてしまう」ことがなく制球に難がありません。 (卓球歴:4~5年) 全中ランカー, 特にフリックがやりやすかったです 数あるアリレート カーボン搭載ラケットの原型となったラケット。 まとめとしては最近の主流であるバックを使った技術を多用する方に向いているラケットだと感じました。, インテグラ

・ブロック、カウンター 一方で、バックTenergy05Hardは固すぎかつ球離れが早すぎて、下回転に対するバックハンドドライブがことごとくネットに引っかかってしまいました。 万人に使いやすい良いラケット, 万人受けする使いやすいラケットです。グリップの性質上バックハンドがとても振りやすく、安定します。現行のティモボルALC、張継科ALC、林高遠ALC、松平健太ALCと合板構成は全く同じなのでこの5つの違いはグリップのみです。世界中で使用者の多い合板構成なのでこのラケットを使っておけばまず間違いないというラケットです。, Relze_dot

今回は単体88g、総重量202g。 今回は昔から大人気の卓球ラケット、ビスカリアについて①ビスカリアとは②特徴・性能について紹介します。ビスカリアとはビスカリアはバタフライから発売されているラケットで、1年ほど前までは国内では廃盤となっていましたが、あまりの人気で復活したラケ フォアDignics05は柔らかすぎて、カウンタードライブやブロックで抑えこむのが難しいと感じました。 正直楽しかったです, 狂飈厨

憧れの「ビスカリア」を入手しました! ※購入先と張継科alcとの比較 . みんな憧れるラケット, トップ選手が使用してることもあり人気のあるラケット。 何のラバーでも合いそうですが、しいて言うならテナジー・ディグニクス系に合いますね。 グリップが細いため面を合わせやすく、安定したブロックができる。カウンターは掛け返して自分の打球にした方が安定する。 粘着ラバーの方がいいか。。。, 硬めテンションラバーで打ってみました。 中国代表選手の「張継科」をはじめ、世界的な有名プレーヤーから根強い人気を誇る卓球ラケット、ビスカリア。 1993年に発売され,2007年に廃盤となりました。しかし2011年世界選手権男子シングルスで張継科選手が優勝した事を皮切りに人気が再燃しました。 キョウヒョウ龍は、なぜか3の次は4をすっ飛ばして、5が登場。 ザイロン系のラケットですが、馬龍はラケットを変えすぎてわけがわかりません。 本人が使っている、使っていないは別として、ワルドナーシリーズのようにブランドなんでしょうね。 柔らかいのにぶっ飛び, 柔らかいのにめちゃくちゃ飛びますね。 しかしバックはかなり良好でグリップの形状のおかげか振り抜きしやすく安定感もフォアに比べるとかなりあります。 (卓球歴:2~3年) 全中ランカー (卓球歴:4~5年) 控えめなカーボンラケット, 以前からスティガのカーボネード190に省狂3ブルースポンジを貼っていましたが、この度買い替え現在も省狂3ブルースポンジで使用しています。カーボネードに比べ、あまり飛ばないという印象です。ミート打ち・角度打ちというよりかは中国選手のような強い回転をかけたドライブに向いています。フォアハンドを馬龍選手のような開いた打ち方で打つ選手にはあまりおすすめ出来ませんが、張継科選手のようなバックハンドグリップで巻き込むような打ち方をする選手にはおすすめです。, Homoko 今の本命のギア, 今使っているギアを試打しました、軽打ではあまり弾みませんがドライブをしてみると、とても弾みが良く回転が掛かり球が走り球が重いと言われました。球が唸り低く弾道で相手のコートに入ってくれます。台についてからの伸びがとても良く相手も取りにくそうにしてました。バックは軽いタッチでも飛んでいく感じです、ラケット自体は結構弾むものなので安定感は無いかと思いきや回転をしっかりかけたら入ってくれます、バックG1の相性がとても良いです、チキータも安定しながらスピードも出ます、中陣からのバックドライブも安定感はあります、良い事ばっか書いててもあれなんで弱点としてはラケットとラバーの相性が大事なのとラケットの上板が硬いのでしっかりインパクトしないと棒球になりやすいです。でもそれくらいしか弱点は感じられなかったです高性能でとてもいいラケットだと思います, 投稿で20ポイントが加算。1000ポイントで500円分のアマゾンギフト券と交換できます。. あくまで参考程度で見てもらえると嬉しいですw, りんご郎 弱いタッチでも勝手に飛んでくれるので

ビスカリアのレビューと口コミ59件を紹介しています。実際に使っているプレイヤーが弾みや重さ、打球感などなど気になる項目別に徹底評価しています。 オリジナルにこだわり、発売当初からのデザインを可能な限り再現し、復刻しました。 グリップはがっしりしてて太めが好きな人ならいいかと思います。, 豚面 butazura レイヤーALCより柔らかい。打球感はZLC系。力を加えるとエネルギーに満ちた力強さを感じる。 素晴らしい、レベルが違うが…。, 打った感じとしてはとてもいい。こりゃートップ選手が使っててもおかしくない性能ですが、 (卓球歴:4~5年) 全中ランカー 比較は同ラバーのレイヤーALC。

このラケットは90g近くあり、大会を上位で戦うためには190gを超えると一気に厳しくなるので、ある程度使えるラバーは限られてきます。ラザンター、スーパーヴェンタス、オメガ、Qシリーズなどの50gをこえるドイツ系ハイエンドラバーを貼ると一気に振るのが大変になります。また粘着ラバーでもproターボ系は1枚56g近くなるので控えた方が賢明です。 キョウヒョウ 龍 5のレビューと口コミ26件を紹介しています。実際に使っているプレイヤーが弾みや重さ、打球感などなど気になる項目別に徹底評価しています。, katsuo000 インナーALCと遜色無い。弾むのになんで?って感想。不思議。フリックやチキータは弾こうとするよりも球持ちを活かして回転を掛けた方が好感触。 (卓球歴:6~10年) 全中ランカー

張継科alcとビスカリアの違いというのは かなり重要なポイントとなりそうですね! では、早速本題について書いていきたいと思います^^ 張継科alcとビスカリア(廃盤)の違いとは? ということで、 ビスカリアと張継科alcを両方入手しました。

でもインナーで回転がかけやすいので安定もします。 スピード感のあるボールが打てるので、扱えるのなら高い攻撃性能を生かせるでしょう。 僕はグリップ細いのしか使いませんが、このラケットは太めって感じです。なのでちょっと使いずらいです(-_-;)

・ドライブ チキータなどがやりやすかったです ・サーブ

キョウヒョウ皓3 23,800円(税込) キョウヒョウ皓2 21,800円(税込) クァンタムX 5,280円(税込) キョウヒョウ龍5-X CS 24,800円(税込) 国狂 ブルースポンジ 9,800円(税込) 明星国狂 馬龍 BH 2.1mm/37度 14,800円(税込) 明星国狂 馬龍FH 2.1mm/42度 14,800円(税込) ・軽打 強打で格の違いを思い知る。弾むのに深い弧線を描き、レイヤーALCでは届かない場所に刺さる印象。過激な先端重心が威力を底上げしていると思われる。 (卓球歴:6~10年) ビギナー

球離れは速いのですが、初速はアウターALCの方が速いと思います。 エヴォリューション系も合います。 キョウヒョウラケットについてもうひとつ小ネタです。 馬龍が使っているラケット、 キョウヒョウ龍5、つまり特殊素材が入っています。しかし、おかしなことが。 三日月だけで、2軸入っていないじゃないか! と思われる人。。。いると思います。たぶん。

ラケット自体はTimo Boll Spiritに似ていると感じました。 フォアでテナジー05を使用していたのですがドライブの際テナジーの特徴であるオートマ回転プラスこのラケットの組み合わせの球威は中々なものだと感じましたが、やはりオーバーミスが目立ちました。 下回転打ちもボールがネットにかかることは少ない。ループで上げようとするのは勿体ない。 アウターALCですが、素材系の中でもそこまでガチガチではないですね。

グリップが少し細めなので好き嫌い分かれると思います。, 粘着スキー 粘着なので切れる。普通にいいサーブだせる。, ○総評 (卓球歴:6~10年) 市町村チャンピオン