<すごいループやカーブで相手を悩ますことが出来ると共に、又相手のよく切れたカットやドライブに調子が合わず途方に暮れることもあります。(中略)敵も自分も驚くような奇妙なボールとなります> Copyright© SPAIA | スポーツデータAI予想解析メディア All Rights Reserved. 卓球が日本に伝わったのは20世紀前半のことであり、20世紀の中頃には日本が卓球王国と呼ばれるほどの全盛期を迎えていた。 ここまでいくつかの説を紹介してきましたが、このように卓球の発祥の地は世界各地に存在しているのです。, 最後に卓球の発祥とは関係が無い中国が、なぜここまで強くなったのかについて解説していきます。 卓球の発祥の地ではないのに、なぜ中国が卓球王国と呼ばれる程に強いのか、また卓球の発祥について詳しく調査してみました。, それではさっそく卓球の発祥の国について解説していきます。 その頃から中国が卓球の英才教育を始めたことから、強い選手が次々に誕生する好循環を生み出し、現在のような卓球王国となった。.

世界のトップを走る続ける中国へもあと一歩まで迫る活躍を見せてくれました。, 今回のリオ五輪女子代表の伊藤美誠選手をはじめ、同い年の平野美宇選手や、男子の怪物級の中学生・張本智和選手など、10代プレイヤーの実力が際立っています。 (c) 1996-2020 The Kyoto Shimbun Co.,Ltd All rights reserved. また、卓球は「テーブルテニス」と呼ばれるように、テニスを原型に考えられたスポーツのため、ジュ・ド・ポームが卓球の発祥だと考えられているのです。, 続いて「イギリスで誕生した」という説について解説していきます。 X���H��آ���={ЦN���Nm/��/);͇�HQ�bS�����R�t�_]W{vv6N������Ov9�6�����x���r|Qܬ��~�Y��?����|��/���,�N���O��1F)ƙ�"��� l�>����A��90@���M��� �yJ%ҽ,�ܤs�nv������pp��[�:���~Z����}Ub��QK����٧ c��}����4�8e|�[��a�_Eܓ�hu"�i4 4�W!A0$a("e��D��T׸�`H�c�������Ϡ L�L�i谙J�BJ�����HW�]�ϥ��`��e ��,95|bs@ch <>/ExtGState<>/ProcSet[/PDF/Text/ImageB/ImageC/ImageI] >>/MediaBox[ 0 0 594.96 842.04] /Contents 4 0 R/Group<>/Tabs/S/StructParents 0>> この当時は今のようにピンポン球を打ち合うのではなく、ワインのフタに用いられるコルクを削り出したものが使われていた。このあたりがいかにもイギリスっぽい。, この「ゴッシマテニス」という遊戯は、そもそもテニスが起源とも言われている。英語で「table tennis(テーブルテニス)」と言われるので、これはなんとなく想像できる。 現代では、「卓球」といって思い浮かべる国は世界最強に君臨し続けている中国や、日本などのアジアの国の印象が強いかと思います。, 卓球のはじまりはさまざまな説がありますが、19世紀のイギリスでテニス選手たちが、雨のため室内テーブルで打ち合って練習したのが始まりという説が有名です。 イギリスからルールブックと、ラケットやボールをはじめとした卓球の用具一式を日本に持ち帰ってきたことがスタートと言われている。 %PDF-1.7 冒頭でも解説しましたが、実は中国が卓球王国としての頭角をあらわすようになったのは1950年以降のことです。, それまで、世界の中でも卓球の強国として知られていたのは意外にも日本でした。

その後、1937年に日本初となる国際試合が開催され、元世界チャンピオンでもあるハンガリーの選手と対戦している。この当時、日本選手が用いていたラケットにはラバーは貼られておらず、木べらの状態で試合をしていたと言われている。, 第二次世界大戦以降は、ボールとの接触面積が広く強い回転を掛けやすい「裏ラバー」や、当時、軍事用に使用されていた「独立気泡スポンジ」を用いた「スポンジラバー」、裏ラバーとスポンジラバーを併用した「裏ソフトラバー」など、さまざまなラバーが用いられるようになった。

h��cU�����p�NH� Mm�h.�f�AY�iZݾ�,_���B&������R���``i��$�f6;�3�jb�ol� ���28�mdݗj��������$�\8�6�&K�2�ab����Ab//7S~�㮥��aG�&�{��S�Qz٫�l��l��\�/W���g�}\�I&)N3���+��A�-@1(q^J��jlL

そして、この宗教的な儀式はヨーロッパへと伝わっていき、やがてテニスへと発展していったのです。, 卓球の起源はテニスだとされているため、テニスの起源となったエジプトが卓球の発祥の地と考えてもおかしくはないですよね。 x���Mo�6���x�

卓球の発祥は中国だと思われていますが実は違います。卓球の発祥の地は定かではありませんが、原型となった競技はフランス、イギリス、インド、エジプトといった国々で発祥したと考えられています。日本に伝わったのは20世紀初頭でした © 2020 JAPANESE OLYMPIC COMMITTEE All Rights Reserved. しかし、1959年に国際卓球連盟が用具を制限するルールを制定した。 ����Wb�j�H�"#,WG5Y�v�d(2��5�K�Ӎ�s#��k^�d���̕���gqTS@�aW����GG!�Z��ьU�@6��e&�E����. 今後もさらに変更が加えられる可能性があるため、まだまだ目が離せない。, ISMS認証登録番号:ISO/IEC 27001認証取得 No.ISA IS 0311. そして2015年からは国際大会においても使用されている。, テニスが起源となっていた卓球。その後、さまざまな変更が加えられ、現在のルールとなった。 しかし、実際は中国と卓球の発祥には全く関係が無く、卓球の発祥の地はフランス、イギリス、インド、エジプトといった国々だとされている。 卓球各種打法に関する研究(Ⅴ) 葛西 順一 , 森 武 , 中野 昭一 , 油座 信男 , 飯本 雄二 , 吉田 和人 , 小林 一敏 人間科学研究 = Waseda journal of human sciences 第2巻(第1号), 41-48, 1989 卓球が強い国といえば、おそらくほとんどの人が「中国」を思い浮かべるのではないでしょうか?, そのことから、卓球は中国で誕生したスポーツだと思われていますが、実は卓球の発祥と中国は全く関係がありません。 stream しかし、テニスは基本的に屋外で行われるスポーツのため、天候に左右されやすいという一面がありました。, 特にイギリスの気候は季節によっては雨が降り続く時期もあり、その間はテニスをプレーすることが出来なくなってしまったんですね。 そんな注目の卓球の歴史や英才教育・練習方法から中国の強さの秘密までリサーチしました。 卓球の見方・楽しみ方がまた少し変わるかもしれませんよ。 スポンサーリンク // 意外と知らない卓球の歴史 当然、卓球発祥の地は中国かなと思いましたが、意外にもイギリスで誕生しています。 19 この記事で卓球の歴史についてご説明したいと思う。, 今や競技人口も多く、メジャースポーツのひとつでもある卓球。 <>/Metadata 11904 0 R/ViewerPreferences 11905 0 R>> イギリスにはテニスの聖地と呼ばれている「ウィンブルドン」がありますよね。, そのため、近代のイギリスでは盛んにテニスが楽しまれていました。

卓球のマナーや暗黙のルールまとめ一覧、実は完勝してはいけない。  それまでラケットに貼られていたゴム製シートを裏返すという単純な発想だが、卓球界の新たな扉を開く一歩となった。結果、京都は悲願の連覇を達成。その一方で、ストロークは難しくなり、若い選手が邪道に走る可能性があるとして「裏」の技術は他人に勧めなかったという。 これから新しい歴史を作ってくれるでしょう。. 卓球の起源は19世紀終わりのイギリス。当時上流階級の間ではテニスが流行していたが、雨天時に食堂のテーブルをコートに見立ててテニスの真似ごとをしたのが始まりといわれ、そのまま「テーブルテニス」の呼び名がつきました。当初の用具は、ラケットに葉巻入れのふた、ボールにはシャンパンのコルクを丸めたものという実に上流階級らしいものでした。現在は、木製の版に特殊ゴム(ラバー)が貼られたラケット、プラスチック製のボールが使われています。, 国際卓球連盟は1926年に設立され、2017年時点で約226という国際スポーツ統括組織としては有数の加盟国数を誇っています。, 男子・女子ともに正式競技としてオリンピックに登場したのは1988年ソウル大会。当初は男女それぞれシングルス・ダブルスの4種目でしたが、2008年北京大会より男女シングルス・男女団体の4種目が実施されています。, シングルスの試合形式は1ゲーム11ポイントの7ゲームマッチで、4ゲーム先取した選手が勝利します。団体ではシングルスとダブルスを組み合わせた5試合で3試合を先取したチームが勝者となります(団体戦それぞれの試合は5ゲームマッチで3ゲームを先取した選手が勝利)。, 卓上にボールが落ちる音が「ピン」「ポン」と聞こえることから「ピンポン」という呼び名でも広く知られる卓球。一般では、普段着で行える手軽な遊戯として楽しまれることも多いスポーツですが、トップレベルの競技者同士の戦いは眼にもとまらぬ火花のような攻防を展開します。, トップアスリートが打つボールの速度は時速100km以上にもなり、幅152.5cm、長さ274cmという狭い台の上で繰り広げられるスピード感に観る者は引き込まれます。それだけの速度をもって、ラインぎりぎりのコースを狙ってやりとりされる大胆な攻撃の応酬は、競技スペースの小ささとは裏腹に激しくダイナミックです。, また、卓球の試合は選手のとる「戦型」によって、全く違う様相を見せます。現在、世界のトップ選手の主戦型となっているのが、卓球台から少し距離をとったポジションから前後左右のフットワークを使い、腕を大きく使ってボールに強いドライブをかけ、常に攻撃的に試合に臨む「ドライブ主戦型」。体の大きな選手が得意とするスタイルです。, 対して「前陣速攻型」は、卓球台に身を寄せたポジショニングから、相手の打球の種類やコースを素早く把握して速いタイミングで球を打ち返し、相手の反応を遅らせてポイントをとるスタイル。こちらは小柄な選手が強みを発揮しやすい戦型です。, 「カット主戦型」は卓球台から距離をとり、相手の強打に対して強い下回転をかけたボール(カットボール)を返球し、回転の変化でミスを誘います。そしてチャンスと見るや一気に前に出て強烈な球を放ち、ポイントを奪います。現在カット主戦型をとる選手の数は減っていますが、緩急に富んだこの戦い方は他の戦型にないドラマティックさがあり、ファンも多くいます。, それぞれの選手がどの戦型を採用しているか、異なる戦型や、同じ戦型同士の戦いなど、戦型という視点で観戦すると、選手ごとの特徴がよりはっきりして面白くなります。, サーブ(サービス)も注目のポイントです。相手を惑わす下回転のサーブ、ワンバウンドしてからの勢いがある上回転のサーブ、横に曲がる横回転のサーブなど、さまざまなサーブがあります。レシーブの種類も多く、下回転のカット(ツッツキ)に加え、最近多くの選手が使うのは、バックハンドから手首をクルッと回して横回転させるチキータです。球が曲がっていく軌道がバナナのようであるとされ、この名が付きました。こうした細かなテクニックに注目し、ほんの一瞬に選手がいかにさまざまなテクニックを繰り出しているかを知ると、新鮮な驚きが味わえます。.