カモノハシ目 (カモノハシもく、学名: Monotremata )は、脊椎動物亜門 哺乳綱に属する動物の分類群である。 単孔目(たんこうもく)、単孔類(たんこうるい)、一穴目(いっけつもく)ともいう。この学名の単孔(一穴)は総排出腔を意味する。. 単弓類がイラスト付きでわかる! 四足類の一群。ぺルム紀の地上の覇者。 頭骨の、人間でいうこめかみの部分に穴が左右それぞれ一つづつあるので、このように呼ぶ。「弓」は、この「側頭窓」という穴を表している。 もとは爬虫類の分類のひとつだった。

カモノハシ目[1](カモノハシもく、学名: Monotremata)は、脊椎動物亜門 哺乳綱に属する動物の分類群である。単孔目(たんこうもく)、単孔類(たんこうるい)、一穴目(いっけつもく)ともいう。この学名の単孔(一穴)は総排出腔を意味する。, これらは、カモノハシ科と2つの化石科を含むカモノハシ亜目 (Platypoda) と、ハリモグラ科を含むハリモグラ亜目 (Tachyglossa) に分かれる。それぞれをカモノハシ目、ハリモグラ目(学名は同じ)とすることもある。混乱を防ぐため、ここでは、Monotremata の意味では単孔目と添えることとする。, 現存するのはカモノハシ科とハリモグラ科のみで、化石種を含めても4科しかいない。現生群はわずか2科3属5種しかいないが、オーストラリア区に広く分布する。, 単孔目(カモノハシ目)は、現存する哺乳類としては唯一、爬虫類や鳥類のように卵を産むグループとして知られている(卵生である)。(大部分の鳥類と同じように)母親が卵を温めて子を孵化させ、孵化した子は(他のすべての哺乳類と同じように)母乳によって育てられる。母親は他の哺乳類のような乳首をもたず、子は母親の乳腺から染み出した乳をなめている。, 爬虫類や鳥類と同様の総排出腔をもつ。尿や糞の排出も生殖も、全てここで共通に行われる。, 内温動物であるが、気温により保ちうる体温が変動するなど、有胎盤類や多くの鳥類に比べ、体温調節能力が低い。, 以上のような特徴から、単孔目(カモノハシ目)は、進化史の中で、非常に早い時期(おそらく三畳紀)に他の全ての哺乳類のグループと分岐したと考えられ、現生哺乳類で最も原始的なグループとされる。そのため、このグループは、「原獣亜綱」として、亜綱のレベルで他の哺乳類(獣亜綱)と区別されている。, 現存する2科のうち、カモノハシ科に属する現生の動物は、カモノハシ (Ornithorhynchus anatinus) 1種のみである。カモノハシはくちばしをもち、水中を泳ぐため前後肢が水かきになっている。タスマニアおよびオーストラリア東部に生息している。, もう一方のハリモグラ科に属する現生の動物としては、1属1種のハリモグラ (Tachyglossus aculeatus) と、1属3種のミユビハリモグラ (Zaglossus) の2グループがある。後者のミユビハリモグラ属は、従来 Z. bruijni の1種だけだったが、最近になって、さらに Z. bartoni と Z. attenboroughi が分離されて、3種となった(なお、従来 Z. bartoni は Z. bruijni のシノニムであった)。ハリモグラは背中に長いトゲが密生しており、敵に襲われたときは体を丸めて栗のイガ状になったり、土を掘って地中に沈むことで身を守る。ハリモグラはタスマニア、オーストラリアおよびニューギニア島に、ミユビハリモグラはニューギニア島のみに生息している。, 単孔目(カモノハシ目)の動物は、オスのみが後肢のかかとの部分に蹴爪をもつ。有袋類や一部のトガリネズミ目の動物と同様、睾丸を腹腔内にもち、体外に降りた陰嚢をもたないため、性別は主にこの蹴爪の有無によって判断される。この蹴爪には、毒液を生産して分泌するための組織があるが、ハリモグラ類の場合、導管が退化しているため、実際には機能しない。これに対して、カモノハシのオスの蹴爪は、実際に敵の体に毒を打ち込むことができる。, 一方、ハリモグラ類のメスは、腹の育児嚢(いくじのう)で卵を孵化させ、その中で子を育てるが、カモノハシはそのような育児嚢をもたない。, カモノハシが卵生であって、しかも嘴を持つことから、一般書では時に「単孔類は鳥類と哺乳類の中間型」と説明されていることがある。これは全くの間違いであり、上記のように爬虫類的段階から哺乳類が進化する早い段階に分岐したものと考えられる。嘴は見かけ上の類似にすぎず、構造も異なる上、近縁のハリモグラには嘴はない。, National Center for Biotechnology Information, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=カモノハシ目&oldid=74942295. 有識者「カモノハシは鳥類」知識人「カモノハシは哺乳類」https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1571800457/, 水中で食い物取るくせに水の中で目が開けられないからクチバシに静電気センサーがあって爪には毒がある謎要素満載の生き物, 学者「鳥類みたいな嘴つけた哺乳類っぽい動物の死骸(化石?)見つけたわwwwうまいこと出来たパチモンやなwwww」, カモノハシら“ふしぎな生き物”の生態をまとめたイラスト図解が話題 教科書に載せて欲しいレベルの分かりやすさ ―ねとらぼ―, < ミリオンライブ!の可憐のソロ曲「教えてlast note...」を聴いてやはり最高の曲だと改めて実感する, かぐや様は告らせたい読者「早坂は幸せになれますか?」 作者「うん」 読者「マキちゃんは?」 >, https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1571800457/, https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1607/20/news155.html, 速水もこみち「『オリーブオイルなんて普通の家には無いだろ!』と怒られたけど今は受け入れられてる」, 水族館デート中ワイ「やっぱサメとか回遊魚ええな!!」彼女「ねえクラゲ見に行ってもいい…?」, オリックスファンのなにわ男子・藤原丈一郎、『中居正広のプロ野球魂2020』でオリックスが企画したじゃがいもデーとインドデーを話題に出す, 城島茂の娘(20)「パパ!成人式に行ってくるね!」城島茂(70)「フガフガ…」, 【急募】ソフトバンク・松田vs西武・十亀シミュレーターで10点以内に抑えられるなんJ民, 【ミリオンライブ!】今回追加された「寒空と微熱ガシャ」の昴がめちゃくちゃ可愛すぎて胸がキュンとしてくる, 『魔女の旅々』第7話、旅の魔女ニケの影響で壁に想いを刻んだ人々の物語とブドウ酒をめぐる村同士の争いに巻き込まれたイレイナの滞在記, 『安達としまむら』第6話、恋する乙女の安達が特別な存在であるしまむらと過ごした聖なる日の思い出は白雪のように降り積もっていく.

英語の長文問題で読んだわ 懐かしい . 34 (4): 249–259.

盤竜類(ばんりゅうるい、Pelycosauria)は、古生代 石炭紀およびペルム紀において繁栄した陸生脊椎動物のグループ。 四肢動物上綱・単弓綱(旧「哺乳類型爬虫類」)の下位分類群の一つ。 初期有羊膜類から進化した単弓類の初期グループで、ここから(哺乳類を含む)獣弓類が派生した。 "A second varanopseid skull from the Upper Permian of South Africa: implications for Late Permian 'pelycosaur' evolution". 有識者「カモノハシは鳥類」知識人「カモノハシは哺乳類」 ... 単弓類が卵を産んでた事に疑いの余地はないが、卵殻が硬かったかどうかは疑問だし . Lethaia. 盤竜類(ばんりゅうるい、Pelycosauria)は、古生代石炭紀およびペルム紀において繁栄した陸生脊椎動物のグループ。四肢動物上綱・単弓綱(旧「哺乳類型爬虫類」)の下位分類群の一つ。初期有羊膜類から進化した単弓類の初期グループで、ここから(哺乳類を含む)獣弓類が派生した。形態は現在の哺乳類からはかなり異なっているが、歯の生える場所によりその形態が異なる異歯性が現れ始めているなど、既に哺乳類的な特徴は見られる。ディメトロドンなどが代表的な属である。, 盤竜類は石炭紀後期に現れ、ペルム紀前期に繁栄したグループである。その初期から草食に適化したものや獰猛な捕食動物を輩出した。かれらはペルム紀中期には衰退し、後期初頭には絶滅してしまっていた。代わって繁栄したのが、その子孫である獣弓類であった。彼等の衰退、絶滅の原因は明らかになっていないが、超大陸パンゲア大陸の形成に向かう大陸移動、地殻活動による環境の変化や獣弓類との競合などが考えられる。更に、多くの盤竜類の衰退と絶滅は約2億7千万年前のペルム紀前期末に起きた何らかの環境激変による中小規模の大量絶滅事変の一部であったことが指摘されている(提唱者の古生物学者エベレット・C・オルソンにちなみ、オルソン絶滅事変en:Olson's Extinctionと呼ばれる)。, 盤竜類は、かつては初期有羊膜類のうち杯竜類のカプトリヌス形態と呼ばれるグループから進化したとされていた。しかし、このグループが盤竜類以上に特殊化が進んでいる事が分かり、祖先からは外された。その後、分岐学の発達の結果、盤竜類(単弓類)は、極めて初期に竜弓類(爬虫類を含むグループ)から分岐している事が分かった。現時点において、盤竜類の祖となる生物がいかなる形態であったかは判明していない。, 最初の盤竜類(単弓類)とされるのが、アーケオシリスおよび Clepsydrops である。これらはトカゲと大差ない外観の生物であったが、頭骨には側頭窓が存在していた。生息していた年代は3億1,130万年から3億920万年前とされる。やや遅れて現れたのが、高度に植物食に適応したエダフォサウルスである。この生物は帆を持っている事で有名であるが、史上最初の植物食有羊膜類でもある。かれらはペルム紀前期まで生き延びた。, そしてペルム紀前期に現れたディメトロドンは、強力な捕食動物であった。エダフォサウルス同様帆を持っている事で有名である。このディメトロドンを含むスフェナコドン科は、石炭紀後期に出現し、ペルム紀中期までの約4,000万年もの間命脈を保った。また、衰退しつつあるエダフォサウルス科に代わって繁栄したのが、同じく植物食のカセアなどのカセア科であった。かれらは盤竜類の中でも最後(ペルム紀中期末)まで生き延びたグループとなった。しかし、ペルム紀中期にはそのカセア科も含め盤竜類は、新鋭の獣弓類との生存競争に打ち負かされていき、やがて全ての盤竜類は絶滅していった[1]。, 盤竜類は、獣弓類だけでなく多様性を高める双弓類(爬虫類)はじめとする竜弓類とも競合せねばならず、ペルム紀の前期末、更に中期末(キャピタニアン絶滅事変en:Capitanian mass extinction event)と相次いだ大量絶滅事変も相まって、ペルム紀中期末を最後に姿を消した。ペルム紀後期以降、盤竜類の化石記録は完全に見られなくなる。単弓類は獣弓類に進化した系統のみが生き残る事になった。, 化石は北アメリカ大陸、特にテキサス近辺のものが大半であるが、ヨーロッパ、北アフリカからも出土している。またペルム紀中期、盤竜類が衰退していく中で、僅かに生き残ったものがロシアと南アフリカに生息していたことが化石から確認されている。ペルム紀は全ての大陸が繋がった超大陸パンゲアが形成されており、当時、これらの化石産地は全て陸続きであった。, 獣弓類は盤竜類スフェナコドン科から進化したグループであり、盤竜類は側系統群となる。初期の単弓類という程度の意味しか持たず、系統を正確に反映した分類群ではないために分岐学の立場を取る場合使われない。ただし、進化分類学においては使用されている。ちなみに真盤竜亜目は、獣弓類及びその近縁の盤竜類のメンバーと哺乳類を含む単系統群とされる。, The origin and early radiation of the therapsid mammal‐like reptiles: a palaeobiological hypothesis(TS Kemp:2006), https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=盤竜類&oldid=80448172. 59: 風吹けば名無し 2019/10/23(水) 12:26:47.22 ID:e6q85aAi0. Modesto, Christian A. Sidor, Bruce, Sean (2001-12-01).