「子どもは空の上で親を選んで生まれてくる」「精子、卵子、胎児の頃から記憶がある」。そう主張する〈胎内記憶〉は、産婦人科医・池川明氏によって布教されているトンデモです。, さまざまなメディアで発信される胎内記憶解説には、<虐待する親や障がいも子どもが自ら選んでいる>という暴力レベルの呆れたお説も……(過去記事ご参照:ファンタジックな世界観で謳う「親子の絆」が暴力になるとき。胎内記憶の罪を医師が解き明かす) 。それにも関わらず、地味に広がり続けている気味の悪い物件です。, そんな広がりの中、また新たにズバ抜けて酷いものが登場していました。自称<かみさま>という小学生すみれちゃんの語りで構成された、『かみさまは小学5年生』(サンマーク出版)です。出版元の編集者岸田健児氏のFacebookには、8月の時点で20万部突破との報告がアップされています。, すみれちゃんとは、胎内記憶映画『かみさまとのやくそく』(過去記事ご参照:「胎内記憶はありまぁす!」派に感じる違和感…。全力でツッコみます。)に出演し、その世界で一挙有名になったという小学生です。同書で紹介されるプロフィールは、将来の夢「歌う助産師」(助産師の存在知っている小学生、すげー)、好きな授業は「道徳」。空の上では「2番目の神様」をやっていた。お話できる相手は人間、かみさま、妖精、宇宙人、薄い人(幽霊)、おなかの中のあかちゃん、石や物。オーラや前世も見られる。, 小学5年生というと、だいたい10歳でしょうか。同年代で気の合うお友だちがいるのか、おばちゃんちょっと心配だわ~。すみれちゃんはスピリチュアル好きな母親と講演活動も行っているそうで、客は毎回「言葉の全てが深すぎる」と号泣させられるんだとか。先述の編集者・岸田氏も、すみれちゃんを知り「かみさまと出会ってしまった!」と感動。そうやってこの本ができあがったという設定です。, 同書発売時にはスピ人脈からの援護射撃もぬかりなく、スピリチュアルタレントのCHIE氏はブログでこう紹介しています。, 「ちいさな身体から発せられる言葉は大人でもなかなか気づけないような深い真理があって、すみれちゃんと会話しているとまるで別次元からやってきた神様とお喋りしてるような感覚になります, すみれちゃんが話している姿は、私も映画『かみさまとのやくそく』にて拝見済みですが、「大人の関心を買うことに必死な子どもの姿、つれえ~」のひとことでした。そこから数年後のすみれちゃんが何を語っているのか、同書を見ていきましょう。, 「生まれたときからかみさまや天使さんたちとずっとお話している。ママはもともと生まれた時からかみさまや天使さんたちと話していたけれど、パパや友だちはかみさまや天使さんたちとお話していなかった。それを知ったのがしょうがく2年生くらい」, まず冒頭で、特殊能力宣言。そしてひらがなを多用したポエム調のすみれちゃん説法が展開されます。, 「かんぺきは自分をせめるだけ!」「人間はホームランを打とうとすると失敗する。だから、ヒットでいい」「心の本音にはなるべくしたがったほうがいい」「もうこれからは、自分の好きなとおりに生きなよ」 「かがやきなさい。キレイに生きなさい。先生を信じなさい」 「いい人生だった!って自信をもって言える人間になれ!」 「生と死は人生のテスト!」 「ごはんよりもママの笑顔がほしいっていうあかちゃんが多い」 「だって、えがおは、ごはんよりもあかちゃんの体を元気にできる一番のお薬だもん」, ちなみにお母さんが、「すみれに特別な力があること」に気づいたのは7歳のとき。すみれちゃんを連れてとあるトークショーへ参加したところ、「オーラが見えるのってふつうのことじゃないんだね」と言いだしたそう。そ、それはもしや<オーラが見えると言えば注目される>ことを、そのトークショーで学んだんじゃないかしらぁ。その後「かみさまの言葉を伝えたい!」と訴えるすみれちゃんの激しい欲求によりブログ開設→現在に至るのだとか。, 子ども時代、どんなコミュニティにも少し変わった子はいたし、小学校高学年ともなれば早めに<中二病>を発症するケースもありますから、不思議ちゃんトークを繰り出す子どもは珍しくありません。しかし、コレを大人たちがよってたかって「かみさまや~!」と祀りあげる光景が怖すぎるだろ。, スピかぶれなお母さんが作りだした環境で、<子どもがいいことを言うと、スピッた大人たち大喜び>という法則を知り、そこへどっぷりつかったすみれちゃん(あくまで想像ですけど)。同年代とのコミュニティに居場所がなかったのかなと想像してしまい、辛い気持ちがどんどんふくらんでいきます。そして読み進めるにつれ、その気持ちが頂点に達するのは、冒頭でご紹介した<胎内記憶>が登場するところ。, 自然派、エコ、オーガニック、ホリスティック、○○セラピー、お話会。だいたいそんな感じのキーワード周辺に漂う、科学的根拠のないトンデモ健康法をウォッチング中。長年女性向けの美容健康情報を取材し、そこへ潜む「トンデモ」の存在を実感。愛とツッコミ精神を交え、斬り込んでいる。2018年、当連載をベースにした著書『呪われ女子に、なっていませんか?』(KKベストセラーズ)を発売。, 安倍昭恵が傾倒する「ママ育協会」の思想がトンデモすぎ!! 行ったお店 1,347件, フォロー 1人 →『かみさまは小学5年生』あなたは神さまを信じますか?この世界を平和にするためにできること, また、私の母親による、まさかのカミングアウトも紹介します。(なんで今まで黙ってたかなぁ〜?), 細かく分けると、陣痛から誕生までの「誕生記憶」、地球(母親のお腹)に来る以前の「中間生記憶」などにも分けられますが、一般的には、「産まれる前の記憶」を総じて「胎内記憶」と呼んでいるようことが多いようです。, 前回、紹介した著書『かみさまは小学5年生』は、胎内記憶や前世記憶をもった10歳のすみれちゃんのはじめての著書です。, 以前に、紹介した『生きがいの創造(決定版)』の中にも、もちろん、そのような胎内記憶や前世記憶をもった子供の事例は、たくさん紹介されています。, 言ってみれば、そっち系(スピリチュアル系)では、わりとポピュラーで、とくに珍しい話でももありません。, 最近では、超自然的な能力を子供たちのことを「インディゴチルドレン」、「クリスタルチルドレン」、「スターチルドレン」などと呼ぶことがあります。, 母親は、はじめは、そのリスクを考えて反対しましたが、最後は、すみれちゃんの覚悟に負けて、一緒に伝える活動をスタートさせました。, そして、大きな転機となったのが『かみさまとのやくそく〜あなたは親を選んで生まれてきた〜』というドキュメンタリー映画への出演でした。, 『かみさま との やくそく〜あなたは親を選んで生まれてきた〜』は、事前取材無しの撮影と、音楽やナレーションを使わず、出演者たちの会話のやりとりとインタビュー、シーンのキーワードテロップのみで編集されたドキュメンタリー映画です。, この映画は、お客様の口コミだけで、2014年から上映され続けてきた「かみさま との やくそく」を、2016年の春に大きく内容をリニューアルしたものです。, 胎内記憶研究の第一人者である医学博士で、池川クリニック院長 池川明氏の新たなインタビューや、中部大学教授 大門正幸氏との最新の聞き取り調査のシーンが新たに追加され、すみれさんの驚きのインタビュー内容も大反響を呼んでいます。, 「私たちは、あらかじめ自分で計画してきた筋書きの冒険を、楽しむために地球にやってきている」, ということですが、そっち系(スピリチュアル系)の人にとっては、これらのことも、わりとポピュラーな話しです。, 『かみさま との やくそく〜あなたは親を選んで生まれてきた〜』は、いまのところDVD化の予定はなく、自主上映会を通してしか観ることのできない映画のようです。, 「映画をご覧になりたい方」や「上映会を開催してみたい方」は、こちらをご覧ください。, じつは私は、『かみさま との やくそく〜あなたは親を選んで生まれてきた〜』という映画は、予告編しか観てはいません。, 私は、気に入った本は、手元に置いておきたいため、読み終わってすぐに『神様は小学5年生』を購入し、借りた本を母親に返しに行きました。, そして、本の内容について軽い話しをしていたとき、まさかのカミングアウトがありました。, 大昔、私と母親がふたりでいたときに、小学生低学年の私は、次のように母親に言ったそうです。, 「(私も母親も)生まれる前に、こんど生まれるときは、お母さんの子供として生まれてくる約束をしたんだよ。」, その当時は、私も母親もスピリチュアル系には全く興味がなく、そのような本を読んだりもしていませんし、そもそもスピリチュアルなんて言葉自体を知らなかったと思います。, その後、私は中学生になった頃から、なんとなくスピリチュアル系の本を読むようになりました。, そして、その後しばらくは、スピリチュアル系のことは忘れていましたが、大人になって、なんとなく再び興味が湧き、現在に至っています。, 何の希望もない大人になってしまい、何のために生きているのかわからなくなり、答えを探し始めたのでしょう。, 本田健さんなどの自己啓発本からたどり着いた、斎藤一人さんの本やCDをきっかけに、雲黒斎さんや、さとうみつろうさんなど、ちょっと笑える感じのスピリチュアルな本に出会い、興味が再燃しました。, そして、以前、紹介した飯田文彦先生の『生きがいの創造(決定版)』を読んで、物質主義ではない生き方を目指すべきなのではないかと思うようになりました。, とくに示し合わせたわけではありませんが、離れて暮らす母親も、いつの間にか、スピリチュアル系に興味を持つようになったようで、時々、本の貸し借りや意見交換をしていました。, にもかかわらず、私が子供の頃に胎内記憶(中間記憶)を覚えていた可能性について、先日まで、まったく教えてくれませんでした。, きっと、当時の母親に、胎内記憶などの知識があれば、ピンときたのでしょうが、当時の母親にしてみれば、意味が理解できずに、聞き流したというところでしょう。, というわけで、小学生の私が、すみれちゃんのように世に出ることはなく、童謡を聴いて喜んで育ったのでした。, それにしても、小学生低学年の頃の私は、いったいどんな記憶を持っていたのでしょうか。, →『死んだらどうなる?前世や来世、生まれ変わりは?名著「生きがいの創造(決定版)」. 従来の問い合わせフォームから問い合わせる 続きを読む», 「みんなで作るグルメサイト」という性質上、店舗情報の正確性は保証されませんので、必ず事前にご確認の上ご利用ください。 木村拓哉・菅田将暉の母親も講演, 「『かみさまは小学5年生』に見る、大人の期待に必死で答えようとする子どもの痛々しさ」のページです。育児、教育、本などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。, ファンタジックな世界観で謳う「親子の絆」が暴力になるとき。胎内記憶の罪を医師が解き明かす.