-10TH ANNIVERSARY Blu-ray Disc BOX-, Johnny's Dome Theatre〜SUMMARY2012〜 Sexy Zone, namie amuro 5 Major Domes Tour 2012 〜20th Anniversary Best〜, KANJANI∞ LIVE TOUR!! !。, 今、DVDレンタルしてきてみていたのですが…。ごめんなさい。私がおバカなだけですけど、始めから全くストーリーが掴めず、はっきり言って全然面白くないです。岡田君好きだし、嬰倉ちゃんも嫌いじゃないけど、やっぱり少しでも恋愛が絡むなら(原作がどうであっても)、釣り合いとれる男女にしません?, 図書館戦争は題名からしてつまらないだろうという先入観があったが良い意味で裏切られた。舞台はメディア良化法という思想統一のような政策で自由に本が読めなくなった世界。そんな中で自由に本を読める世界を目指して政府と闘う部隊があった。その名は図書隊。そんな図書隊の闘う姿を描いた作品。メディア良化法という現在にあってもおかしくない法律。実際「はだしのゲン」が島根県で検閲対象にされた。本が読めない=死ぬというわけではない。とはいえ本が読めないというのは息苦しいだろう。本は教養を育むものと言われているが、もしその教養が身につかないまま大人へと成長したら、おそらく道徳心に欠けた人間が多発するだろう。本は1000年以上昔から存在している。その時代の人々の教養を育んできた。だからこの先も本は存在しないといけない。映画から本の尊さを学べるという皮肉な作品。, 不器用な所がもうたまりませんね~(≧∇≦)そして笠原の発言がぁ~笑とてもじゃないけど、わたくしにはそんな発言出来ません~笑笑試写で一回観て、原作全部読んで、それからもう一回観たんですけど読者投票で堂々の1位だったこともあり堂上と笠原はハマり役でしたね~^ ^なんか本の世界からそのまま飛び出してきた感じ!笑岡田くんの鬼教官ぶりが(゚o゚;;凄すぎる^^;怒鳴ってる顔もイケメンなんですけどね~♡そして岡田准一といえば、アクション!!もうちょっと他の俳優さんとはレベルが違うというか…笑凄いですよね、もう尊敬の域(=゚ω゚)ノ笑う要素はたくさんあるけど、扱ってる事柄は結構考えさせられる問題で、無関心ということの恐ろしさを実感します。, 悪法施行により、自由を守る側と法律も守る側の戦い。その中心にあるのが「本」ということで、非現実的過ぎて、しらけてしまいました。 物語に盛り込まれていた戦争の恐怖、上司と部下の恋愛といったものもイマイチ。最後の戦闘シーンにハラハラしただけ。テーマの根底にあるにが、民衆の「無関心」。これには賛同。映画の中で、戦闘している、わずか10~20km離れた場所では、カップルが笑顔でデートしている。そんな無関心主義の社会にこの申す!といったところでしょうか。, 図書=本が重要なテーマになっているはずなのに、本=文学への愛情が微塵も感じられない。類似テーマの『華氏451』との決定的な違いはそこなんじゃないだろうか。寒っむいセリフとか、無駄にキレッキレ(笑)のアクションとか、ただ格好つけてるだけの悪役とか、ライトノベルやアニメだったらまあご勝手にという内容ですけどね。期待してたのに残念。, 岡田准一さんは格闘技で身体を鍛えているだけあってさすがのアクションでした!榮倉奈々ちゃんはカワイイし、栗山千明さんも良い味だしており、登場人物の個性が光った映画でした。単なるアイドル映画になっていなくて良かった!しかし扱っている内容はよく考えると怖いモノでしたね。メディア良化法って、名前は違いますが現実でも似たものが国会に出されつつありますよね。願わくば映画の中でのような世界が現実になりませんように。, なんといっても最初のシーンが衝撃的!立川図書館が武力で制圧される・・・。図書隊に入隊した笠原と「王子様」こと堂上教官とのやりとりが見ものです。とらわれの身となった図書基地指令・仁科巌(石坂浩二)が、笠原の「なぜこんな世の中になったの」との問いに答えた言葉は意味深ですね。かつての太平洋戦争を止められなかったことをほうふつします。題名に「戦争」ってついていますが、これは決して戦争映画ではなく、表現の自由を守る映画です。, おもしろい、と聞いていってきましたが・・私には合わなかったようです。なぜ図書館であの戦闘シーンが繰り広げられるのか?ずっとそこにひっかかって最後までついていけませんでした。, 岡田准一の超絶アクションが炸裂!『ザ・ファブル』より本予告映像と追加キャストが解禁, 御年90歳でも健在ぶりを見せつける、“クリント・イーストウッドの軌跡”を35mmフィルムで堪能!, 北村匠海と小松菜奈が『さくら』号泣シーンの舞台裏を語る「泣きすぎて、顔が動かなくなってしまうシーンもありました」, 1食300円以内!鮭の塩焼き、唐揚げ、卵焼き…井ノ原快彦が作るホッとする手作り弁当たち. 図書特殊部隊堂上班班長/二等図書正冷静でいるよう努力しているが、郁の行動に雷を落とす毎日。, 図書特殊部隊堂上班班員/一等図書士高三の秋に図書隊員に助けられ、彼を「王子様」と慕い、図書隊に入る。, 図書特殊部隊・堂上班班員/一等図書士真面目で努力家。特殊部隊新入りの郁が目障り。堂上を慕う。, 図書館員/一等図書士真の自分を隠し、八方美人に徹する。また、あらゆる情報に精通する。, 図書特殊部隊・堂上班副班長/二等図書正冷静沈着で、決して弱みを見せない。堂上の良き相談相手。, “図書館戦争”プロジェクト映画『図書館戦争 THE LAST MISSION』2016.3.25(FRI) Blu-ray&DVD ON RELEASE!, 2019年。公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる『メディア良化法』の成立から30年。日本はメディア良化委員会と図書隊が抗争を繰り広げていた。笠原郁は、図書特殊部隊に配属されるが……。, 図書館好きにはたまらない一冊。図書館の仕組みの細部までよくわかる。 「見計らい」って羨ましかった。現代の図書館の退廃ぶりに対する喝を入れるような物語。自由は戦うものだという民主主義の基本を地で行く。「, 図書館好きにはたまらない一冊。図書館の仕組みの細部までよくわかる。 「見計らい」って羨ましかった。現代の図書館の退廃ぶりに対する喝を入れるような物語。自由は戦うものだという民主主義の基本を地で行く。「メディア良化法」。主人公笠原郁を支える柴崎麻子に注目。登場人物も設定も現代社会そのもの。「赤毛のアン」という単語がでてきてほっとした。具体的な本の話題があると安心できるかも。参考文献一覧がよい。最後の児玉清との文庫化特別対談が面白い。文庫版あとがき、「ジュエルボックス」あり。, 単行本で初読、文庫で再読。震災後、まだ家に帰れなかった頃に購入。これで持ち歩きが便利に。検閲とか、こんな世の中にはならないでほしいな。, 大学の生協で売れているということだが…図書館を守る図書隊員とメディア良化を口実に表現を取り締まろうという勢力が対立した時代、王子様を求めて入隊した笠原郁の物語。上官には癖のある堂上などがおり、それなり, 大学の生協で売れているということだが…図書館を守る図書隊員とメディア良化を口実に表現を取り締まろうという勢力が対立した時代、王子様を求めて入隊した笠原郁の物語。上官には癖のある堂上などがおり、それなりに面白いのだが、あまりついていけなかった。むしろ番外編の方が面白かった。.