【キスとまじない】 園子が寝室で本を読んでいると風呂上りの真が入ってきた。 「本ですか?」 「うん。面白いからって蘭が貸してくれたの」 そういって本から目を離した園子は真の手にあるものが目に入ると眉をひそめた。 「・・・湿布? 真の愛撫に応え、園子の口から喘ぎ声が漏れ、肌が熱くなっていく。 園子の秘所からは蜜が滴り始める。 そろそろ良いかと真は自身を園子の秘所にあてがい、一気に貫いた。 「あううううっ!痛っっ!!」 園子の悲鳴に驚いて真は動きを止める。

鈴木園子はつい先頃京極真と学生結婚したのだが、真の方が姓が変わり、園子は鈴木園子のままである。 ☆☆☆ 「ねえ蘭、見て見てこれ!」 ある日、工藤邸に遊びに来た鈴木園子が、蘭に見せたのは、フリフリスケスケのランジェリーだった。

真×園子 &志保: 帰還: Birthday Present: 夏の陽射し (おまけの新蘭・真園編) 月の光と日の光 (番外編・時を越えて) ずっと一緒に シャッフルロマンス・リベンジ~2年B組クラスメートたちの陰謀~ ピンポーン、とチャイムが鳴る。 ここは京極が借りているウィークリーマンションの1室。 京極が1週間だけ日本に帰ってきたのは母国でゆっくりするためなどではなく、東京で開催された空手の大会に出場するためだった。 園子は、さあ話してご覧なさいとばかりに蘭の顔を覗き込んでいる。 「…今朝わたしの下駄箱に手紙が入ってただけよ。それでご機嫌ナナメになっちゃったの。」 蘭は園子から視線を逸らせて白状した。 「愛されちゃってるねー。蘭は!で?誰から?

The 小説 "眠りの園子" is tagged "京園". 京極真と園子 キスシーンは何巻?【京園】 キスシーンという単語が関連ワードにあったんだけど、これまで園子と京極真はデートに行くことはあっても、 キスシーンが描かれることはなかったようです。