もうダメだとあきらめたり、そのまま捨てたりする前に、カビの原因を突き止めて除去をすることも可能です。, 土に生えたカビは、その土や室内が植物にとって育ちにくい環境だということを知らせるサインです。目の前のカビとカビが生えた土だけではなく、カビが好む環境ができた様々な要因を改善すれば、土も室内も植物にとって心地よい環境になりますよ。, 観葉植物の土に白い綿状のカビが生えてしまったら、まずお部屋がカビ好みの環境ではないか、置き場所は適切かどうかを見直しましょう。カビが発生しやすいのは梅雨時期だけではありません。, 気密性の高い現代の住宅では積極的に換気をしないとすぐに湿気がこもります。通気性や日当たりが悪いと、鉢植えの土にもカビが発生しやすくなります。, 植物の土にカビが生える主な原因は水のやりすぎです。常に土が湿っている状態だとカビが発生しやすくなります。植物の水やりは「土が乾いてから、たっぷり」が基本です。, また、土そのものや鉢の水はけが悪いことも考えられます。排水性の良くない土や古い土を使い続けると、水が浸透せずに表面にたまってカビが生えやすくなります。かわいいからといって底穴が開いていない鉢カバーを使ったり、鉢底の水はけをよくするための軽石(鉢底石)が入っていないと、鉢内に湿気がこもります。, 水気、湿気の他、与えすぎた肥料も土中のカビ菌や微生物が分解しきれないため、カビの原因となります。土の表面の乾燥防止や見た目をよくするためにウッドチップを置くこともありますが、土中の水分と湿気が多すぎるとウッドチップにカビが生えることもあるので注意しましょう。, 土に生えたカビそのものが植物に影響するわけではありませんが、カビが生える条件を放置しておくと、その他の植物の病気につながりかねません。土のカビは危険信号、土や育て方を見直して、病気から植物を守りましょう。, 鉢植えの土に白いカビを見つけたら、放置したり、鉢ごと捨てたりせずに、白カビの生えた部分の土を取り除いて新しい土と入れ替えましょう。取り除いた土は捨ててもよいですが、日光に当てて乾燥・消毒すればカビの発生は落ち着きます。, 庭があれば庭に返してもかまいません。カビは有機物、鉢植えの場合は与えすぎた肥料などの栄養分を分解し終えれば、その役割を終えます。植物の生育が終わった後の鉢植えの土は、根やごみを取り除き、土壌改良材等と合わせて日光消毒しておけば、カビや雑菌の再発の心配なく再利用できます。, 消毒用エタノールや酢でカビが生えた土を殺菌する方法もあります。ドラッグストアで購入できるスプレー型の消毒用エタノールでもよいですし、無水エタノールを水で70%程度に希釈してスプレーボトルに入れてもよいです。, 直接噴霧すると植物にかかってしまうおそれがありますので、カビが生えた表面部分をスコップなどでそっとすくい、ビニールシートなどに広げてから噴霧するとよいでしょう。消毒用エタノールを吹きかけた土は日光に当ててよく乾燥させてから鉢に戻します。ただし、植物の生育を左右する土壌のph値が大きく変わってしまうおそれもあるので、エタノールや酢の吹きかけすぎには注意しましょう。, ホームセンター等で売っている観葉植物用の防カビ剤を使うのもありです。スプレータイプや化粧石タイプの防カビ剤があります。化粧石タイプは白カビが発生する前に鉢の土が隠れるくらいに敷き詰めれば、見た目もおしゃれで、中に浸透している防カビ剤が白カビの付着や繁殖を抑えてくれます。, カビが好む環境とならないよう、こまめに換気をしましょう。また部屋にも鉢内にも湿気がこもらないよう、植物を置く場所には風通しと日当たりが良い場所を選びましょう。, 植物に水や肥料を与える場合は、適切な量とタイミングが大事です。水やりは「土が乾いてから、たっぷりと」が基本ですが、水やりのコツは育てる植物によっても変わります。サボテンや多肉植物のように乾燥気味に育てる植物の場合は特に注意しましょう。, また、土そのものの水はけが悪い場合、水を与えすぎると湿気がこもり、カビの他にも根腐れや病気の原因となりかねません。花や野菜用の培養土に排水性の高いバーミキュライトやパーライトといった土を2~3割混ぜると、水はけがよくなります。, 多肉植物やハーブ専用にブレンドされた土も売られています。これらは園芸店やホームセンターで取り扱いがありますので、問い合わせてみましょう。, 鉢は素焼きのように余分な水分を蒸発させやすい素材を選ぶと、鉢の内部に湿気がこもらないのでおすすめです。, 生活に潤いと安らぎを与えてくれる観葉植物ですが、置き場所や鉢内部の環境、育て方によっては、カビが繁殖してしまうことがあります。しかし、植物を育てるための適切な環境やカビの特性を知れば、土のカビの繁殖を抑えることができます。植物にも人間も心地よい環境を作って、グリーンライフを楽しみましょう。, 今回は観葉植物のカビについてお話をしましたが、もしかしたら観葉植物にカビが生えたということはお部屋全体がカビやすい環境ということかも知れません。もしも, などにカビが発生しているようでしたら、身体への影響が出る前に一度プロのカビ取り業者にご相談ください。, このように、ひどいカビにお困りの方は、一度カビ取りのプロ「ハーツクリーン」に相談してみませんか?!, 安全性の高い薬剤で、自社オリジナルの厳しい研修をクリアしたカビ取りの専門業者だからできる技術力の高いカビ対策方法をご提案します。, 大切な本を読み返そうとしたら、カビが発生していた! もしくは、古本屋に不要な本を出そうと取り出したら、カビが生えていて売れない! そんなご経験はありませんか? 本のカビは、放置しておくと字が読めなくなるほど広がってしまっ […], 毎日洗った食器の水切りとして使う「食器かご」 お手入れを怠ると、カビが発生することがあります。食品を直接入れる食器を置く場所だからこそ より一層清潔でありたい場所ですよね。そこで今回の記事では食器かごに生えてしまったカビ […], 洗濯機の排水口に生えたカビは気づきにくい!カビと汚れを一気に落として、再発防止する方法をご紹介します。, 敷布団をそのまま敷きっぱなしにしていませんか? 敷布団は、毎日使うものですが、管理状態や室内の環境によってはカビが発生してしまうことがあります。 敷布団の下を裏返すと「あれ?」こんなところに模様合ったかしら?と思ったら実 […], 4年前から悩んでいた黒カビで、リフォーム会社さんに行っても、カビを取らないと再発するとアドバイスを頂いて、御社に依頼しました。, 漏水を放置していたため、床下全体がカビが発生していました。臭いもすごかったため、施主様より完璧なカビ対策を要望されていました。
専門会社の施工後は臭いも、カビも完全になくなっており、お客様も大変満足していました。, カビの臭いが酷かったので、業者さんへ依頼しました。真っ白なクロスだったのですが、業者さんが指摘した箇所を剥がしたら、真っ黒な, 以前リフォームを行って、すぐカビが発生したので、自分でカビ取りをしていたのですが、どんどんカビが酷くなるので、プロにお願いしました。壁紙の裏側にカビが侵食しているとのことで、下地から根本的にカビ取り・防カビを行ってもらいました。
仕上がりは大変満足しています。, 鉢 三河焼 KANEYOSHI 【日本製/安心の国産品質】 陶器 植木鉢 素焼き鉢 8号. 多肉植物・サボテンについて, あまり水やりの必要ない多肉植物は病気に強いイメージですが、ほかの植物と同じように病気にかかることがあります。多肉植物がかかりやすい病気の中で代表的なのが「うどんこ病」です。ここではうどんこ病とはどんな病気なのか、多肉植物がうどんこ病になってしまったらどう対処するのかなどをご紹介しましょう。大切な多肉植物がいつまでも美しくいられるように、うどんこ病から守ってあげてくださいね。, うどんこ病は、野菜や観葉植物、草花など、幅広い植物に発生する病気の一つです。たいていの植物はうどんこ病にかかる可能性があると考えていていいでしょう。うどんこ病の症状は主に葉の部分に集中しています。うっすらと白い斑点ができ、それが前面に広がるとうどん粉を振り掛けたような状態にになります。白い斑点の正体はカビで、全体に広がるとかれることもあります。うどんこ病にかかった植物は生育が悪くなりますし、多肉植物や観葉植物のような観賞用の植物は、観賞価値が下がってしまいます。多肉植物の場合は、ほかの植物より形状が入り組んでいるため、うどんこ病の症状が見えづらい場合もあります。白い斑点が広がるだけでなく、根元が茶色に変色する場合もあります。葉の根元の色がいつもと違う色になってきたら要注意です。, うどんこ病は広がりやすい病気です。多肉植物がうどんこ病になったら、薬を散布するのが最も早い解決方法です。傷んだ葉っぱだけでなく、多肉植物全体に塗布しておきましょう。薬の散布は指示通りにしておき、さらに病変の広がりを防ぐため、白い斑点のついた株は抜いてしまいましょう。うどんこ病になったからと言ってすべて枯れてしまうわけではありません。寄せ植えにしている場合は病変の広がりがないかどうかをすみずみまで確認し、全体に薬を散布するのを忘れないようにしてください。, うどんこ病の特徴は、他のカビ類とちがって乾燥していても発生するということです。うどんこ病は春から秋にかけて発生しやすくなります。比較的湿気の多い時期ですが、水枯れしないように水やりに気を配りましょう。多肉植物は比較的水やりが少なくてもダイジョウブ、というイメージがあるためか、うっかり水枯れさせてしまう人も多いようです。極端な乾燥はうどんこ病を発生させやすくする可能性もあります!適度な水やりと日光浴を欠かさないようにし、うどんこ病のチェックは毎日行いましょう。うどんこ病にかかってしまったら、前項にあったように薬を散布しながら様子を見ます。その時も乾燥させないように注意してください。, 多肉植物のうどんこ病についてご紹介しました。いちどうどんこ病にかかったら、変色した葉っぱは元の色には戻りません。ひどい場合ははさみでカットするか、病変のある株ごと破棄しましょう。病気になっても蔓延させなければ大丈夫です!あきらめずに薬を散布しながら、水分補給に気を配ってくださいね。. 手軽に育てられ、時に可愛らしい花を咲かせる多肉植物。多肉植物を育てていて、土にカビが生えてしまったことはないでしょうか。今回は、カビが生えてしまった時の対処法と気を付けることをご紹介します。, 表土が乾いていても中が湿っていることがあります。それに気がつかず水やりをしていると、カビや病害虫の発生する原因になります。, 密封された室内など風通しが良くない場所に置くと、土が蒸れてしまいカビの発生する原因になります。また、夏場の室内は高温多湿になってしまうのもNGです。水やり後は、風通しの良いところで管理しましょう。多肉植物は風通しの良いところに置いた方が生育もいいと思います。, まず歯ブラシ・ティッシュでカビを取り除いてみましょう。カビが生えている部分の土は取り除き、新しい土に替えましょう。, 根を傷つけないよう植物を丁寧に土から抜き出し、手で土を払います。その後2、3日、明るい風通しのいい場所で植物を完全に乾かします。そうすることで、根についたカビの胞子を枯らすことができます。, ・底に穴が空いた鉢(今まで育てていた鉢と同サイズのものが良いです)

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Copyright ©  山梨で多肉植物を育てるBLOG All rights reserved. ・鉢底石(軽石) @‰»Šw•¨Ž¿‚É‚æ‚錒NáŠQ‚Ì–hŽ~‚ÌŒ´‘¥‚́A, ‚Å‚ ‚èA”ԍ†‚̏¬‚³‚ȑ΍ô‚Ù‚Ç—LŒø«‚ª‚‚¢B‰½‚çî•ñ‚ð—^‚¦‚ç‚ê‚Ä‚¢‚È‚¢AŒ¤C‹@‰ï‚Ì‚È‚¢˜J“­ŽÒ‚̘J“­ŠÂ‹«‚ðŽç‚邽‚߂ɂ́Aij‚ð‘I‘ð‚¹‚´‚é‚𓾂Ȃ¢ê‡‚ª‘½‚¢B, Copyright (C) Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology. 秋ですね。多肉植物は夏を無事に越せましたか。わたしのところは黒くなったのが数名。黒くなったと言っても原因はさまざまです。今日は多肉が黒くなる原因である「日焼け」と「カビ」について解説します。 「なんで多肉すぐ黒くなってしまうん? 今回の記事は、多肉植物に発症する黒い点々(カビ)対策として、市販されている「stダコニール1000」という殺菌剤を使い、その効果を検証しています。(※現在、検証中) 梅雨の時期に発症し黒点病とか黒斑病といわれているカビ菌による被害だと思われます。 2014/10/21 多肉植物は風通しの良いところに置いた方が生育もいいと思います。 カビが生えてしまったら. みどりのある生活で癒されませんか?本日は多肉植物の「エケベリアの黒星病」対策方法を紹介しています。多肉植物を育てる時の参考にして頂ければと思います。是非、おうち時間を楽しい多肉植物ライフで過ごして下さい。 ・鉢底ネット 観葉植物の土に白い綿状のカビが生えてしまったら、まずお部屋がカビ好みの環境ではないか、置き場所は適切かどうかを見直しましょう。カビが発生しやすいのは梅雨時期だけではありません。 通気性の悪いところではありませんか?!こまめに掃除はしていますか?! 気密性の高い現代の住宅では積 … 観葉植物の土に白い綿状のカビが生えてしまったら、まずお部屋がカビ好みの環境ではないか、置き場所は適切かどうかを見直しましょう。カビが発生しやすいのは梅雨時期だけではありません。 多肉植物がうどんこ病になったら、薬を散布するのが最も早い解決方法です。 傷んだ葉っぱだけでなく、多肉植物全体に塗布しておきましょう。 薬の散布は指示通りにしておき、さらに病変の広がりを防ぐため、白い斑点のついた株は抜いてしまいましょう。 まず歯ブラシ・ティッシュでカビを取り除いてみましょう。カビが生えている部分の土は取り除き、新しい土に替えましょう。 多肉植物にとって大好きな季節なので一週間に1~2回たっぷりと水やりを。肥料はなくても十分。必要かなと思ったら 【夏】 多肉植物の仲間は、高温多湿の梅雨から夏にかけて、弱ったり腐りやすくなります。日本の夏の熱帯夜が苦手。