週... 杉元は、土方に黄金を渡して

佐都は... この漫画で 【ホンシェルジュ】 女の将軍の正室になるために、男たちが恋愛の火花を散らす!大奥という江戸時代のハーレム制度を男女逆転で描いた作品がよしながふみ作『大奥』です。大胆で鮮やかな世界観に引き込まれる本作。心理描写が丁寧に描かれていることで、より深みが増している内容です。 大奥 第17巻 - よしながふみ/著 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!お手軽なうえに、個別梱包で届くので安心です。宅配もお選びいただ …

「モーニング」2019年46号、50号、2020年4・5合併号、8号、13号、17号、21・22合併号、26・27合併号.

「モーニング」2019年46号、50号、2020年4・5合併号、8号、13号、17号、21・22合併号、26・27合併号 : 著者紹介. 足りないッ!よしなが節コメディが、ほっこりが欲しい!!(無理ゆーな)

とっても素敵なレシピ漫画です。

大好きなシリーズ. 2019/9/19 今回も最先端な考え方を取り入れてくるとこがさすがよしなが先生です。, 和宮様と家茂様が仲良しになれて良かった・・・!何度も言うけど私は史実でのこのカップルが大好きなので(15巻感想参照→https://booklog.jp/users/yamaitsu/archives/1/4592145496)とても嬉しい。 嵐の二宮君で、映画化もされたのよね~ ずいぶん昔のお話(^^) で、14代将軍が亡くなったのが17巻. ほんの少しでも踏み違えれば、歴史に詳しい読者層には失笑を買ってもおかしくないほど危ない橋なのに、難なく渡りきった作者の才能と度胸には感服する。ただでさえ幕末は、維新側よりも、幕府側(例えば大奥など)の視点で描かれているものが私には興味深いのに、これでは、この物語が醸し出す魅力に抗えるはずがないではないか。ラストあたりで和宮の提案した策など、目を見開くほどの驚きを覚えた。帝の妹のような高貴な姫が、これほどに己の身を犠牲にするのか、と。家茂が京に上り、帝と政治情勢を語り合う場面では、歴史に明るくない者でも理解しやすく、しかも不自然にはならないよう細心の注意を払いながら描かれていて、思わず唸ってしまった。物語はいよいよ佳境に入り、ますます目が離せなくなるのだろう。次巻を楽しみにしている。, 奇天烈な設定を全く感じさせず、そしてダレることもなくグイグイと引き込んでくれ続ける傑作, 商品詳細ページを閲覧すると、ここに履歴が表示されます。チェックした商品詳細ページに簡単に戻る事が出来ます。, © 1996-2020, Amazon.com, Inc. or its affiliates.

2019年8月刊, stay home の暇に任せて1巻から再度(再再再、、、再度w)一気読み。 Amazonでよしながふみの大奥 17 (ヤングアニマルコミックス)。アマゾンならポイント還元本が多数。よしながふみ作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また大奥 17 (ヤングアニマルコミックス)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

出来、をしゅったい、って読むんだとしりました(^^)

ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちらをご覧ください。→ https://aebs.or.jp/, TVドラマ|「きのう何食べた?正月スペシャル2020」 2020年1月1日(水・祝)22:00~ テレビ東京系にて放送, 『きのう何食べた?』…第43回講談社漫画賞 一般部門 受賞 (2019.05.10), TVドラマ|「きのう何食べた?」 2019年4月5日より毎週金曜 深夜0:12~ テレビ東京系にて放送. 大奥 17 - よしながふみ - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。.  安寧とした世の中であれば、彼女のそういう力は発揮されなかっただろう。というか、その必要もなかった。 アクションシーンもすごいし、キャラは濃いし・・ 『大奥』(おおおく)は、よしながふみによる日本の少女漫画。隔月刊誌『MELODY』(白泉社)にて連載されている。2010年に実写映画化され[1]、2012年にテレビドラマと映画第2作による続編[2]が製作された(#実写作品を参照)。物語の舞台は日本の江戸時代をモデルとした世界。男子のみが罹る謎の疫病により男子の人口が急速に減少し、儒教思想など当時の概念はそのままであるが、社会運営の根幹や権力は男から女へと移っていく世界を江戸城の大奥を中心に描く。, 徳川家の代々の将軍達や要職にあった者など、歴史上では男性である人物が女性に、女性である人物が男性に置き換えられている。春日局が大奥を作ったことや、当時の「カピタン本国報告」にある、「御簾越しに家光拝謁し、少年のような声だと思った。拝謁の場は若い男性ばかり同座していた。市中で女性が多く働いているのを見た」などの詳細な史実と、フィクションを巧みに織り交ぜたストーリー構成となっている。掲載誌『MELODY』での扉絵や柱にある粗筋では「男女逆転!パラレル時代劇」「これは日本の江戸時代とは似て非なる物語」と必ず記載されており、いわゆるSF作品(歴史改変SF)であると位置付けされている。, 連載中からいくつかの重要な日本の漫画賞を受賞しているほか、ジェンダーに対する理解を深める内容を称えられジェイムズ・ティプトリー・ジュニア賞を受賞するなど、日本国外からも評価されている。雑誌『ダ・ヴィンチ』が発表した2012年の「Book of the Year 2012」では、女性誌コミックランキング部門で4位を記録した[3]。, 江戸幕府将軍・徳川家光の時代。関東のとある田舎村で熊に襲われた少年を発端に、後に「赤面疱瘡(あかづらほうそう)」と呼ばれる奇妙な病が日本中に広がりつつあった。この病は「若い男子にのみ感染」「感染すれば致死率80%」ということ以外対処法も治療法も発見されず、結果として男子の人口は女子の約1/4にまで激減し、日本の社会構造は激変した。, 男子は希少な種馬として大切に育てられ、他家に婿に行くか、婿の取れない貧しい家に一晩いくらで貸し出されるか、遊郭で体を売るかの人生を送ることに。もはやかつての婚姻制度は機能不能となり、婿を取ることが出来るのは武士階級や富裕な商人・庄屋などにのみ許された特権になっていた。一方、女子はかつての男子の代わりとして労働力の担い手となり、あらゆる家業が女から女へと受け継がれるようになる。江戸城でも三代家光以降将軍職は女子へと引き継がれ、大奥は将軍の威光の証であるがごとく希少な男子を囲い、俗に美男三千人などと称される男の世界となっていた。, すでに女子が家督を継ぐことが定着していた七代将軍・家継の時代。貧乏旗本の家に育った水野は、薬種問屋の跡取り娘・お信との身分違いの恋に悩み、彼女を諦めるためと経済的理由から大奥入りを決意する。大奥に入った水野は、男たちの権力争いやいじめが渦巻く現実の大奥に失望をおぼえつつも、徐々に周囲の支持を得て出世し、新しく就任した八代将軍・吉宗のお目見えの席に出ることとなる。, お目見えの席で水野を見つけた吉宗は彼を気に入り、「ご内証の方(未婚の将軍の初夜の相手)」に選ぶ。しかし、ご内証の方は事後に死罪にされる決まりであった。運命を受け入れ吉宗と一夜を過ごした水野だったが、吉宗の機転により処刑を免れ、町人・進吉として生きていくよう告げられる。大奥を出された進吉はお信のもとを訪れ、彼女と結ばれるのだった。, 一方、吉宗は質素倹約を旨とする幕政改革に着手。その中で吉宗は、なぜ女が男の名を名乗りながら家督を継ぐ世の中になったのかを疑問に思い、御右筆による大奥の歴史の記録『没日録』を読み始める。以降の作中では、吉宗の時代に追いつくまで、家光時代以来の過去の歴史が語られる。, 赤面疱瘡が日本中に広まりつつあった三代将軍・家光の時代。京から江戸城を訪れた公家出身の美貌の僧・有功は、春日局の脅迫により小僧の玉栄とともに無理矢理還俗させられ、家光の小姓となるべく大奥に入れられる。しかしそこで明かされたのは、「実は本来の家光はすでに赤面疱瘡で死亡しており、有功の大奥入りは家光の落胤である少女・千恵に世継ぎをもうけさせるため。将軍家の存続のために、大奥は春日局によって男性中心の世界に作り替えられている」という真実だった。, 有功は千恵と交流するうちに、彼女が将軍の身代わりにされ女としての人生を剥奪されてきた数々の辛い過去を知る。有功は千恵の女性としての存在を肯定、千恵もまた彼を愛し、愛情に満たされた彼女は元々の聡明さを発揮して政への才覚を見せるようになる。, 春日局亡きあと、千恵は全国の大名たちに対して本来の家光の死を明かし、自ら女将軍・家光として統治していくことを宣言する。男子の減少に悩まされていた大名らもこれに追随し、世の家督は女子が相続することが基本となってゆく。, その後、有功との間に子を成せなかった千恵は、玉栄を含む側室たちとの間に3人の女児をもうけ、27歳で死去する。千恵の死にともなって玉栄は落飾し桂昌院となったが、有功は出家せず、大奥総取締として千恵の遺言に従い大奥に留まり続けることとなる。, 千恵の長女・千代姫は11歳で四代将軍・家綱となる。家綱は政治に興味を示さず、幕臣の進言に対して全て「左様せい」で片付けてしまうため「左様せい様」とあだ名されていた。しかし、有功や家光時代の優秀な幕臣の支えにより政権は安定を維持する。, 江戸で明暦の大火が発生した晩、避難の際に有功と二人きりになった家綱は、突如彼への好意を告白する。有功は大火からの大奥の復興に尽力したあと、出家し大奥を去った。家綱はその後、世継ぎの無いまま死去し、五代将軍は千恵と玉栄の娘である綱吉となる。, 五代将軍となった綱吉は、側用人・柳沢吉保と共に先代とは打って変わって政治的手腕を発揮する一方、愛くるしく妖艶な容姿を武器に奔放な性生活を送っていた。綱吉は正室・信平が京から呼び寄せた側室候補・右衛門佐を気に入るが、右衛門佐は年齢を理由に側室を辞退し、代わりに大奥総取締の地位に就く。, その矢先、既にもうけていた唯一の世継ぎ・松姫の急死により、綱吉は再度の子作りを迫られる。これにより、父・桂昌院と右衛門佐、それぞれの子飼いの側室たちによる綱吉の寵愛を巡る権力争いが激化。綱吉は自分に愛情を注いでくれる父の意向を無下にできず、閉経を迎えてなお若い男を囲い続け、江戸市中では赤穂事件や生類憐れみの令も手伝って綱吉の評判が下落していった。善政を布けず世継ぎも作れない自分はなぜ生きているのかと自嘲する綱吉に、右衛門佐は「女と男の関係は子をなすことだけではない」と説く。右衛門佐と結ばれた綱吉は父の呪縛を断ち切り、次代将軍に父が嫌う綱重の子・家宣を指名するが、直後に右衛門佐は急死する。, その後、父・桂昌院はこの世を去り、綱吉も麻疹に倒れ危篤となる。側用人・吉保は病床の綱吉のもとを訪れ、心に秘めてきた綱吉への思いを告白しながら窒息死させる。その死は公式には麻疹による死とされ、吉保は家宣の将軍就任に伴い江戸城を去る。, 時はやや遡って綱吉存命時代。江戸の町でやさぐれた暮らしをしていた勝田左京は、賭けのトラブルで怪我を負ったところを家宣の側用人・間部詮房に拾われる。やがて左京は間部に恋心を抱くが、間部の思惑は左京を家宣の側室にすることだった。家宣に接した左京は家宣の人格に感銘を受け、間に後に世継ぎとなる千代姫をもうける。, 六代将軍となった家宣は綱吉の悪政を正す事に奮闘し、庶民からも政治を期待されたが、虚弱のため就任後3年でこの世を去る。この時、主の死に乱心した間部に対し左京が半ば強引に一夜限りの関係を持ってしまったことが、江島生島事件の序章となる。, 家宣の死により國熙は天英院、左京は月光院と落飾して名を改め、家宣と月光院の娘・千代姫が七代将軍家継となる。わずか4歳の家継は病弱ゆえに成人も危ぶまれたため、大奥では次代将軍候補を巡って紀州吉宗派の天英院と尾州継友派の間部・月光院が対立していた。そんな折、江島生島事件により、月光院側の人間である大奥総取締・江島が捕らえられる。月光院と間部の不義密通を証言させようという吉宗派の陰謀だったが、江島は一切を否定し、死罪を言い渡される。月光院は天英院に、次代将軍に吉宗を推す代わりに江島の助命と将軍交代後の間部の待遇維持を乞い、天英院はこれを受け入れる。, ここまでの大奥と日本の歴史を『没日録』を読んで知った吉宗は、男が少ない現状で諸外国に攻め込まれることを危惧し、赤面疱瘡撲滅に向けた取り組みを始める。同時に表の政治についても画期的な改革を行ない、やがて3人の娘にも恵まれ、将軍・吉宗の治世は安泰であるかに見えた。しかし世継ぎである長女・家重には言語障害があり、一方で次女の宗武は容姿端麗で聡明だったため「家重を廃嫡して宗武を世継ぎに」と周囲から提言される有様。家重の知能が正常であり身体の障害に苦しんでいることを知っていた吉宗は、家重が次代将軍であると宣言するが、周囲からの偏見と嘲りにさらされ続けていた家重は歪んだ性格になり、酒色に溺れる日々を送る。吉宗治世の負の遺産が出たこと、天災、さらには大御所として吉宗が健在であったため、家重の治世は無能と評価される。一方で家重の側用人・田沼意次は吉宗に見識の才を見出され、政治の表舞台で活躍し始める。, 吉宗の死後、意次は吉宗の遺志を継いで赤面疱瘡対策に乗り出す。長崎で蘭方医学を学んでいた混血児・青沼を大奥に招いて大奥の男達に蘭学の講義を行ない、諸国を渡り歩く平賀源内からも情報を集めた。その過程で青沼らは、赤面疱瘡の治療策ではなく予防策を講じるべきではないかとの考えに至る。, 家重は将軍職を長女・家治に譲り西の丸へ隠居し、家治は側用人・田沼意次を老中に取り立て幕政と赤面疱瘡の全面解明を託す。田沼はその手腕で大奥や幕閣から絶大な支持を得るが、蘭学奨励や唯金主義を推し進めたことにより、幕臣や江戸市中の庶民の中にも田沼を快く思わない者達が出始めていた。さらにその裏で、吉宗の孫であり一橋家の当主である治済が暗躍し始める。, 一方、青沼と彼から蘭学を学んだ黒木らは、赤面疱瘡の予防法を探り、洋書で得た情報を元に人痘(種痘)法に辿り着く。源内が弱毒性患者を見つけてきたことによって人痘は成功し、成果をあげたが、接種を受けた者のうち松平定信の甥が副作用で死亡してしまう。さらに度重なる天災(浅間山噴火、天明の大飢饉)・家治の世継ぎである家基の死・田沼の娘意知の暗殺等の出来事が積み重なり、力を失った田沼は家治の死と同時に失脚。青沼は死罪に処され、蘭学を学んだ黒木らは大奥から追放される。治済の陰謀により梅毒を患っていた源内も死亡し、残された黒木はあまりの理不尽に怒りをあらわにする。, 十一代将軍の座に就くかと思われた治済だが、彼女は自身の息子・家斉を将軍にすると告げる。治済は、かつて家斉は青沼らの人痘接種を受けており、赤面疱瘡の心配は無いとして幕臣を説得。これにより、家光以来の男将軍・家斉が誕生する。, 男将軍として就任した家斉だが、政治に口を出すことは許されず、実権は母・治済が握っていた。治済は家斉に子作りを強制させ、その一方で、生まれた子らを退屈しのぎに暗殺していく。そんな中、家斉は治済に隠れて黒木らに接触し、極秘裏に赤面疱瘡研究を再開させる。やがて黒木らは熊の弱毒赤面疱瘡を種とする熊痘法に辿り着き、副作用のない赤面疱瘡予防に成功。だがその評判が江戸城まで届いたことにより、家斉が隠れて赤面疱瘡研究に手を貸していたことが治済に露見してしまう。, 治済は家斉を毒殺しようとするが、その瞬間、毒に倒れたのは治済の方だった。実は家斉の正室・茂姫と側室・お志賀が、それぞれの子を毒殺したのが治済であることに気付き、長年にわたって家斉すら欺きながら治済暗殺の計画を進めていたのだ。治済の毒見役として自らも長年毒を摂り続けていたお志賀はその場で死亡、治済は一命をとりとめたものの話すことも身動きすることもできない身となった。, その後、家斉は本来の将軍としての力を発揮し、半ば強権的に赤面疱瘡予防接種を普及させていった。結果として男子の人口は急速に回復し、化政文化は頂点に達する。家斉は将軍職を息子・家慶に譲りつつも引き続き大御所として政治の実権を握り続け、数年後、治済毒殺未遂事件以来疎遠だった茂姫と和解し、この世を去った。, 男子の人口回復により、武家における男子相続が復活しつつある中、古くから徳川家に仕える阿部家では阿部正弘が女性当主として家督を相続した。寺社奉行として数々の手柄をあげた正弘は、幕閣から女性が減りつつある時勢の中、若くして老中に取り立てられることになる。正弘は懇意にしていた武家出身の陰間・瀧山を身請けし、共に日本のため、将軍のために働こうと誘いかける。, そして1853年、黒船来航の年に十三代将軍に就任したのは、家慶の娘・家定であった。, 家定は幼少時より実父である家慶から性的虐待を受けていた。老中として江戸城に上がった正弘はそれを察知し、広大院(落飾後の茂姫)の協力を仰ぎつつ、家定を西の丸奥に囲い込んで家慶から守ることに成功する。西の丸奥の総取締には瀧山が就任した。その一方で、家慶の家定に対する執着は止んでおらず、家定が迎えた正室は二人連続で暗殺されてしまう。, その頃、日本の状況は変化し攘夷論が高まっていた。1853年に黒船が来航すると江戸は大騒動となり、家慶はパニックに陥り急死、家定が将軍となる。正弘は武士、町人、農民問わず意見を募らせ、海軍伝習所を設置するとともに日米通商条約を結び、二百年続いた鎖国体制は終焉を告げた。, 薩摩に生まれ育った今和泉家の次男、島津忠敬は頭脳明晰で市井の女と戯れ家来を困らせることがあった。ある日、本家の島津家当主・島津斉彬の養子になることが決まり鹿児島城に入城、徳川家定の三番目の正室になるべく教育される。, 忠敬は名を「胤篤」と改め徳川家に輿入れ、家定と結ばれる。当初、家定は胤篤を警戒し薩摩が一橋家・徳川慶喜の擁立する使命を帯びて来たものと見破るが胤篤にはそれに臆することなくそれを認め、薩摩時代の思い出話を語り家定の警戒心を解き、彼女の健康の改善に努めた。, その間、開国で力を費やした正弘は家定、胤篤、瀧山に後を託して逝去、家定は自分を助けて支えた側近の死を悼んだ。, 遂に家定の心が開き懐妊、胤篤は父親になる喜びを噛み締めるのもつかの間、家定が「薨去」した報せを受ける。胤篤はひどく落胆するも「遺言」により落飾することが許されず「天璋院」と名乗り、紀州徳川家から徳川家茂と名を改めた福子(とみこ)を養子に迎えて将軍に据えた。, 徳川家茂が将軍に就いて間もなく「安政の大獄」が起こり、徳川斉昭ら攘夷派が粛清され、慶喜も謹慎された。幕府と朝廷との繋りを強化した「公武合体」で孝明天皇の弟・和宮が降嫁し家茂と結ばれる。家茂婚礼の夜、浴室で騒ぎが起こり、報せを聞いた瀧山が駆けつけて見たものは男のなりをした女がいた。, 症状はまず高熱を発することから始まる。そして真っ赤な発疹が全身に広がり、爛れ上がり死に至るというものである。発病した者は「十人のうち八人が死ぬ」。罹患者はほとんど10代から20代の男性である[28]。しかし、長崎で吾作らが赤面疱瘡を発症した際、罹患した全員が2、3日で全快して流行には至らなかったというケースもある。, 作者のよしながふみ自身が、赤面疱瘡は架空の伝染病で実在しないことを明らかにしている。, 大奥に仕える男性の身分は、将軍にお目通りが許される「お目見え以上」と、お目通りが許されない「お目見え以下」の大きく二つに分かれる。, 帯刀が許されるのは「お目見え以上」の者と、御火の番の者のみ。また御年寄や御中﨟などお目見え以上の中でも上級職に就いた者には専用の部屋と使用人が与えられる。, 2010年の水野・吉宗を主人公とした映画に続き、2012年に連続テレビドラマで有功・家光の時代、映画第2作で右衛門佐・綱吉の時代を描いた実写映像作品が製作されている。いずれもTBSテレビを中心とする製作委員会によるプロジェクトで、監督およびメイン演出は金子文紀による。, 水野を助けた件については秘密裏に行われたはずだが、お幸の方ら後の大奥の人間は何らかの形でこの件を伝え聞いているものと思われる。, 「美男子ならば解雇されても婿の貰い手がいくらでもある」という理由で大奥のリストラを行っているが、自分が手をつけてしまった男は跡継ぎの問題もありリストラする訳にいかなくなるため。, 異父姉の家綱が41歳で死去した後に就任しており、生母の千恵の死亡年齢から家綱との年齢差は10歳以内であるため就任時は既に30を過ぎていると思われる。, 幼少時に麻疹にかかったと綱吉が語る場面があり、麻疹は一度かかると再発しない(終生免疫)ため、不自然な話の流れとなっている, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=大奥_(漫画)&oldid=78305502, 表向きへの文書作成、諸家への書状作成の他に、大奥で起きた全ての出来事を記録・執筆する役職。, お目見え以上の人々(「旦那様」と呼ばれる)が勤めを終えて部屋に戻るまでに、部屋の掃除を済ませる。, 清掃などに従事。お目見え以下の中でも地位は最下位だが、身元のしっかりした裕福な商家などの息子たち。, 江戸時代初期までは日本の男女構成比はほぼ1:1であったが、家光の時代に赤面疱瘡が大流行したため、男子が激減し、女子の約4分の1になった。その結果、土地を守るために畑仕事を始める女性が増え始め、力仕事も女性の手にとって変わられてゆく。作業がしやすいように、髷を結う髪型が女性の間で流行し始める。, 男は子種を持つ宝として大事にされるあまり、一般庶民には夜の種付け以外特に何もせず家でぶらぶらしている成人男性も多かったが、国防上男子の体力増強も必要と考えた吉宗の意向で, 貴重な男子を婿として迎えるには相手方に多額の結納金を払わねばならず、このため高位の武士階級や富裕な商人・, 家業を継ぐ者は、男名を名乗る。記録には男名で記され、夫がいても書かないか、わざわざ女名で「妻・〜〜〜」などと記される。家督を継ぐ時は男名で公儀に届け出る。, この時代には家督は女が継ぐのが当たり前と考えられており、成長することのできた若い男は謝礼を貰って子種をばら撒くよう、主に母親である世帯主によって管理される立場であった。一般庶民はもちろん公家・武家でも貧しい家は息子を毎晩のように金で売るのが常態化しており、作中の水野家のように息子を売らないポリシーの家は稀であった。, 諸外国には日本が女性中心の国家になったことは伏せられており、鎖国はその事情を隠す意味もあった。外国からの使いが来たときは将軍は男装し、直接対面はせず御簾越しに会い会話は男性の側近が代わりに行う。長崎の出島には男性か男装した女性しか入れない。幕府の表向きの公文書にも将軍は男性であるかのように描写され、体格や年齢に関しても事実と異なる表記が行われる。事実を書いた文章は将軍と執筆者である御右筆頭のみが閲覧できるようになっていたが、家重時代には青沼など御右筆の全員がこれを読み男女逆転の歴史を知っている。, 男子が生まれると家業を手伝わせずに家の奥で大事に育て、高い値で息子の体を売る家も増える。, 幕府は、諸国を治める大名家をこれ以上取り潰すと少数の大名家が広大な領地を統治することになり、必然、一家の所有できる兵士も多くなり, 100年後、2代将軍秀忠以来の男将軍、11代将軍家斉が赤面疱瘡予防接種を強制執行し、男子の人口が回復。男子への家督を受け継ぐ習慣が可能となり、庶民の順に移行した。それを受け家斉は綱吉以来断絶した男子相続を復活させ諸大名に通達した。しかし相続したもの重責に耐えかね放棄する男性当主や一部、女子相続する家が存在した。, 第十五巻の初回特装版に同梱されたもの。初期の人気エピソード「有功・家光編」を音と声で物語る。, 英語訳 "Ōoku: The Inner Chambers" (VIZ Media) 既刊17巻(2020年8月現在), よしながふみ、男女逆転「大奥」製作委員会『映画&原作「大奥」公式ガイドブック -大奥細見-』.