妙高警察署は21日、市内のスキー場で、心肺停止の状態で発見された男性の死亡を確認したと発表した。 死亡したのは、東京都練馬区高松在住の会社員54歳の男性。�

おととし1月、滋賀県の当時68歳の男性と当時40歳の息子が、妙高市のスキー場「ロッテアライリゾート」でスキーをしていたところ、コースを外れて遭難してゲレンデからおよそ1キロ離れた沢で死亡し、遺族側は、2人が遭難したのは激しい降雪で視界不良だったにも関わらず営業したことや、管理区域外への侵入を防ぐロープに異常があったことによるものだとして、運営会社に対しておよそ3 … ロッテアライリゾート(妙高・上越)ゲレンデ情報。圧倒的な積雪量と国内屈指の規模のフリーライディングゾーンを誇る伝説のリゾートが11年ぶりにオープン! 30日、妙高市のスキー場で上越市土橋在住の45歳の男性が沢に転落し、死亡する事故があった。妙高警察署によると、男性は仲間とともに妙高市内のスキー場にスノーボードに来ていた。きょう午前10時過ぎ、スノーボードの仲間から男性が沢に落ちたと連絡があった。 士は、請求の棄却を求め、争う姿勢を示しました。.