/ subsp.(亜種)」・「var.(変)」・「f.(品種)」です。その他、同意語を表す「syn.」や、雑種を表す「x」、ケモタイプを表す「ct.」があります。これらはすべて斜体にせず表示されます。, subspeciesの略で、亜種名を表します。亜種とは種として分類するほどの違いはないが、基本的な種とかなり違いがあるものを指します。例:プチグレン「Citrus aurantium L. ssp. )の後に園芸品種名を書きます。cvはcultivar の略です。, 一般的な学名の表記の仕方です。例: セダム(属)モシニアナム「Sedum mocinianum」, 一般的な学名の表記の後に、園芸品種名が続く場合です。園芸品種名ではなく、園芸名をいう場合もあります。これは海外のものが日本に入ってきたときに名付けられた日本風の名前です。例: エケベリア(属)ピーコッキー‘デスメチアナ’「Echeveria peacockii ‘Desmetiana’」, 種小名を省き、園芸品種名を表記する場合です。例:エケベリア(属)‘パーティードレス’「Echeveria ‘Party Dress’」, cv. 2、ラテン語で表記する. 本日は、学名につくsp.spp.ssp.についてです。 名前似てるよねーww ってことで一気にまとめます。※前回までのことは↓こちら・var.

と書けば、「Canis(イヌ)属の一種」の意味になる。複数であるならば「sp.」を複数形の「spp.」にする。たとえば報告に Canis spp. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 同じ「ラベンダー」と言われるものでも、沢山の種類があり、それぞれ成分が異なります。中には同じように呼ばれている植物でも、実際は学名が異なり、植物的に違うものの可能性があります。場合によっては毒性のある危険があるものがあります。また、国や地域によって同じ植物でも違う呼び名で呼ばれていることがあります。そういったことで混同がおこらないよう、国際的に決められているものが学名です。逆にいうと、きちんと学名が書かれていないエッセンシャルオイル、フローラルウォーター、キャリアオイルなどの商品は信用度が低くなります。, 植物は一般的に、大きい分類から順に、界(kingdom)・門(division)・綱(class)・目(order)・科(familia)・属(genus)・種(species)と表されます。こらはスウェーデンのC.リンネの2命名法やフランスのA.L.ジュシューの自然分類法がもとになっています。例えは「オレンジ」の場合、下記のようにあらわされます。, アロマセラピーやハーブの世界では、学名は通常、国際命名規約に定められている「2命名法」で表されます。上の表で言うと下段の2つである、属名と種名で表され、属名は大文字から、種名は小文字から書かれ、ともに斜字体で表されます。言語はラテン語なので、少々読み方に馴染みのないものもあります。同じオレンジの精油の学名を2命名法で表すと、「Citrus sinensis」となります。Citrusが属名、sinensisが種名(種小名)を表します。アロマセラピーではCitrus sinensisはスイートオレンジと呼ばれています。, 通常アロマセラピーやハーブの世界では、スイートオレンジは「Citrus sinensis」と表しますが、公式には命名者を入れ「Citrus sinensis L.」と表されます。この場合のL.は、命名者であるリンネの略です。命名者は斜体にしません。, その他、さらに細かい説明を学名に入れる場合があります。その場合、省略した文字を入れて表します。多くみられるものは、3名法と呼ばれ、種の下位分類である、「ssp. ga('send', 'pageview'); どっちでもいい。 どっちでもいいけど、 学名は原則としてラテン語だから、 ラテン語読みの方が<望ましく>はある。 (個人的には.

3、属名は名詞、種名は形容詞が望ましい. ・cv…

speculatorと表記。 ※cf.はconfer(=参照)の略、aff.はaffinity(=類縁)の略。共にイタリック体にしない。, 発送準備が出来しだい、即日もしくは翌日発送いたします。銀行振込の場合は入金確認がとれ次第、発送いたします。発送に2日以上かかる商品に関してはご連絡いたします。商品によっては定形外郵便を使用しています。, 「不良品の場合は返品を受け付けますが、それ以外の場合は返品に応じることはできません。」詳しくはこちら。, 古生物なんでも塾 | 恐竜の図鑑/イラスト[写真] |恐竜のイベントグッズのレンタル | 化石のプレミアム情報はこちら, 〒733-0002 広島県広島市西区楠木町4-2-16-401 tel (050)3550-1734 info@kaseki7.com, 恐竜のイベント グッズのレンタル |3D 恐竜 |恐竜の図鑑/イラスト[写真] |恐竜に会える博物館(関東・関西・東北・北海道・九州の科学/自然)|よく分かる「古生物・恐竜」なんでも塾, 最新情報・最新ニュース | ティラノサウルスと人間 大きさ徹底比較 |化石の保存方法|記念日に化石 | 父の日に化石 | 恐竜イベント情報 | 交渉可能販売商品 | 販売商品のラッピング | お客様の声 | 恐竜コラム・発掘の瞬間 | 販売商品の梱包について | 化石販売店としてのこだわり | 化石の下取り | 化石セブン 個人のお客様 | 化石セブン 法人のお客様 | 販売化石のプレミアム情報 | 子供に人気のプレゼント化石を販売 | 何でも百科事典 | 三葉虫の種類 | 絶滅動物 | 絶滅植物 | 生きた化石一覧 | ヒトに関する用語集 | 用語集1 | 用語集2 | 三葉虫の販売 | アンモナイトの販売 | 化石の販売 | 鉱物・鉱石の販売 | アメシストの販売 | ルビーの販売 | サファイアの販売 | オパールの販売 | その他の鉱物の販売 | 隕石の販売 | 石質隕石の販売 | 石鉄隕石の販売 | 鉄隕石の販売 | 関連ゲーム | 恐竜関連 | 大学・団体・公的機関 | 厳選netshop | アクセスアップ相互 | 隕石の書籍 | 鉱物・鉱石の書籍 | 化石の論文 - 1 - 2 - 3 - 4 - 5 - 6 - 7 - 8 - 9 - 10 - 11 - 12 - 13 - 14 - 15 - 16 - 17 - 18 - 19 - 20 - 21 - 22 - 23 |三葉虫のカタログ販売・分類・種類 |書籍紹介 - 1 - 2 - 3 - 4 - 5 - 6 - 7 - 8 - 9 - 10 - 11 - 12 - 13 - 14 - 15 - 16 |ニセモノ化石について |モロッコの市場 |北海道 - 青森県 - 岩手県 - 宮城県 - 秋田県 - 山形県 - 福島県 - 茨城県 - 栃木県 - 群馬県 - 埼玉県 - 千葉県 - 東京都 - 神奈川県 - 新潟県 - 富山県 - 石川県 - 福井県 - 山梨県 - 長野県 - 岐阜県 - 静岡県 - 愛知県 - 三重県 - 滋賀県 - 京都府 - 大阪府 - 兵庫県 - 奈良県 - 和歌山県 - 鳥取県 - 島根県 - 岡山県 - 広島県 - 山口県 - 徳島県 - 香川県 - 愛媛県 - 高知県 - 福岡県 - 佐賀県 - 長崎県 - 熊本県 - 大分県 - 宮崎県 - 鹿児島県 - 沖縄県, 新生代の海の支配者、バシロサウルス科(古代クジラ)の生物は、前時代の支配者と何がちがうのか?. 大久保憲秀『動物学名の仕組み─国際動物命名規約第4版の読み方』伊藤印刷出版部、2006年8月。oclc 676026427。 isbn 4-9903219-0-1、isbn 978-4-9903219-0-1。 『菌類のふしぎ─形とはたらきの驚異の多様性』国立科学博物館編、東海大学出版会〈国立科学博物館叢書 9〉、2008年9月26日。 [CDATA[ 注)間違いがあったら、遠慮なくご指摘下さい。, 精油を買うときには、これがきちんとかかれていないといけません。(もちろん、産地や抽出方法等も大事。), 他のメーカーなら「シダーウッド」「シダーウッドヴァージニア」という商品名のものもあります。, でも、学名が読めれば植物が特定できるので、自分が欲しい精油なのかどうかがわかるということです。, 私は以前、「ラベンダー」と書かれた精油をインターネットで購入したところ、思ったものと全く違うものが来ました。, 私は真正ラベンダー(ラベンダー・アングスティフォリア)を購入したつもりでしたが、全く知らないラベンダーの種類だったんです。,
(i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), ・f. 生物の名前は国際的な混乱を避けるため、スウェーデンの学者リンネが提唱した2名法を使います。2名法とは左側に属名、右側に種名を書く表記方法です。, 5、種名が同定できないものは、属名の後にイタリック体にせずにsp.と表記 例)Phacops sp.

lupus のように表記してもよい。, 学名を命名するには、過去に命名されたどの種とも別種であることを証明する手続きが必要とされるため、発見者が命名者になるとは限らない。一般には、その種の特徴、近縁種との区別を明確に示した「記載論文」を発表するので、その論文の発表者が命名したことになる。その際、その種類の生物の標本を1体以上指定するが、この標本(模式標本)は、永久保存される必要がある。一度命名された種名は、分類が変更されない限り変更できない。このため発表時に誤植された種名がそのまま使われている例もある。ただし例外として、属名と種小名の性の不一致があった場合だけは種小名は正しい語尾に変更される必要がある。, 学名がまだつけられていない生物も、多く存在する。この場合の名前の表記は、分類されると予想される属名+「sp.」とし、Canis sp. 学名とは、その動物に対して世界共通の呼び名になるものです。例えば「犬」は日本人にだけ通じる呼び名であって、これとは別に正式名称として学名が存在するのです。 普段身近に感じる動物も、学名でみてみると何のこっちゃわからん!といった動物が沢山います。 という方はコチラから。 例えば三葉虫のファコプス・スペキュレーターを例にしてみましょう。 1、イタリック体(斜体文字)で表記する. florentina」, formaの略で、品種名を表します。品種とは、基本的な種と殆ど変わりはないが、1,2点ほど違いがわかるものを指します。例:「Canaga odorata f. geniuna」, synonymの略で、同意語を指します。例:ラベンダー「Lavandula angustifolia syn.

speculatorもしくは、Phacops aff.

精油の学名はラテン語で書いてあります。おかげで、なんて書いてあるのか読めない、と思っている方は多いでしょう。 読み方にはある程度決まりがあるので、それを覚えてしまえばたいていのものは読めるようになります。 どちらも<正しい>読み方。 国際命名規約には読み方まで記載されてないしねww. 菌類の分類には有性胞子形成の段階の形態が非常に重要であるのに対し、子嚢菌類および担子菌類には無性生殖段階(アナモルフ)で長く独立に生活するものがあり、このような菌(不完全菌、アナモルフ菌)はそれ以外の菌と整合的に分類することが困難であった。 生物学でいう学名(がくめい、ラテン語: binomen)とは、生物学(かつては博物学)の手続きに基づき、世界共通で生物の種および分類に付けられる名称である。英語では「二名法による名称」という意味で binomen あるいは binomial name というほか、「科学的名称」という意味で scientific name ともいう。, 命名には一定の規則があり、語構成要素が何語に由来しようとも、あくまでラテン語の文法に則ったラテン語形で表記される。この規則は、生物学の3つに大別された分野ごとにある命名規約によって取り決められている。動物には「国際動物命名規約」があり、藻類・菌類と植物には「国際藻類・菌類・植物命名規約」が、細菌・古細菌には「国際原核生物命名規約」がある。日本語独自の和名(特に標準和名)などと異なり、全世界で通用し、属以下の名を重複使用しない規約により、一つの種に対して有効な学名は一つ切りでなければならない。ただし、過去に誤って何度も記載されていたり、記載後の分類の変更などによって、複数の学名が存在する場合、どの学名を有効とみなすかは研究者によって見解が異なる場合も多い。, 種の学名、すなわち「種名(しゅめい)」は[属名〈ぞくめい〉+ 種小名〈しゅしょうめい〉](細菌では[属名 + 種形容語〈しゅけいようご〉])で構成される。この表し方を二名法(にめいほう、英: binominal nomenclature)という。二名法は「分類学の父」と呼ばれるカール・フォン・リンネによって体系化された。, 種名の初めの部分である属名とは、分類上の位置が近い種をまとめて取り扱う分類単位である属の名称で、同じ属に分類されている全ての種で共通の名前である。, 第2の部分である種小名は、属名と結合させる事によりその種に固有のものとなる。例えば、タイリクオオカミ、コヨーテは同じイヌ属 Canis に分類されている別種なので、学名はそれぞれ Canis lupus、Canis latrans となる。なお、これ(たとえば lupus)を「種小名 specific name」というのは、属名と種小名を合わせた「種名 species name, name of a species」(たとえば Canis lupus)と区別するためである。, 種小名は属が異なれば同一の物が認められるため種小名だけでは種を表す事にはならず、種を表す場合には属名(または後述のような属名の頭文字)との併記が必須である。種小名の大文字開始を禁則としている動物命名規約においては、種小名(亜種小名も)が文頭にくる事により大文字で記述されてしまうことを回避するためにも、種小名単独で文頭に配置する事を避けるように特別に勧告が成されている。, 属名と種小名とで同じものを用いること(反復名、トートニム、tautonym)は国際藻類・菌類・植物命名規約では認められていないが、国際動物命名規約では許容されているため、動物ではこれが存在する(アメリカバイソン Bison bison など。List of tautonyms を参照)。, 種小名(種形容語)がラテン語の文法に則っている場合は、文法的には名詞または形容詞、動詞の分詞形を用いることになる。名詞(名詞化した形容詞を含む。)ならば語形としては属格または同格の形をとることになり、属格の場合は2名法による学名「○○○ ×××」は全体として「×××の○○○」という意味をもつ(例は次の段落)。同格の時は主格同格形を取り、○○○即ち×××の意味となる(地の文がラテン語ではない場合、多くの言語で学名自身は格変化させないので、同格は主格形を取ることとなるが地の文がラテン語の場合は属名の格・数に合わせる。但し同格名詞には不活用形が認められており、いわゆる種小名がラテン語の文法に則っていない場合の一つである。)例えば先の Canis lupus はラテン語で属名は犬、種小名は狼の意味の名詞単数主格形である。この場合当然性が異なっても構わない。種小名が形容詞ならば「×××な○○○」といった意味となる。例えばシャガの種名 Iris japonica の japonica は「日本の、日本産の」を意味する形容詞で、種名は「日本のイリス」というほどの意味。この際、種小名の形容詞はその性と数を属名の名詞に一致させなければならない。この japonica は Iris に同じく女性単数形で、男性名詞の属名には japonicus、中性名詞なら japonicum となり、いずれも同じ「日本の」意味になる。また、分詞形の場合、「×××する○○○」といった意味になる。例えば、ヘテロ乳酸菌の学名 Lactobacillus fructivorans の fructivorans は「果物をむさぼり食う」という意味の分詞形容詞で、種名は「果糖を代謝する乳酸菌」というほどの意味になる。この場合も性を一致させる必要がある。, なお、献名などで人名を種小名につける場合もあるが、この場合は属格の形をとることになり、「○○○ ×××」は全体として「×××の○○○」という意味をもつ。例えばシュンラン Cymbidium goeringii の種小名 goeringii は、採集家ゲーリングの名をラテン語化した goeringius の語尾を男性名詞属格の -i にしたもので、種名は「ゲーリングのシンビジウム」というほどの意味。概ねこの語尾が -i ならその人名は男性、-ae なら女性と考えて良い。, 属名、種小名は、地の文と明確に区別できる異なる字体で表記しなければならない。欧文では一般にイタリック体(斜字体)が使用されることが多い。イタリック体による表記が難しい場合は、下線を引くことでも代用できる。, 属名は最初の1文字のみ大文字で表記し、種小名は(植物の例外規則を別として)すべて小文字で表記する。学名表記は長いため、文章中で最初の1回だけはつづりをすべて書き、どの属のことを指すか明確であれば、2回目以降に登場するときは、属名を頭文字+ピリオドで短縮して、C. "(変種) "f."(型)等の用語のどちらかをはっきりと使用している場合、その学名は亜種の階級となるが、その学名の著者が同時にその学名に亜種より低位の階級をはっきりと与えている場合、その学名は亜種より低位の階級となる[4]。, 園芸方面では、園芸品種名を下記のように引用符で括ったり、符号 cv.(複数形は cvs.)で表記することがある。, 属と種の間には「亜属」があるが、植物や菌類では属の下に節 (section)、節の下に系を用いることがある。属>(亜属>節>亜節>系>亜系>)種となる。, 等のようにする。亜属名等は属名と同様の形式で表記する。() で括るためこれをカウントして、亜種、変種などの時のように「3名法」と呼ぶことはない。Subgen.

同じ「ラベンダー」と言われるものでも、沢山の種類があり、それぞれ成分が異なります。中には同じように呼ばれている植物でも、実際は学名が異なり、植物的に違うものの可能性があります。場合によっては毒性のある危険があるものがあります。また、国や地域によって同じ植物でも違う呼び名で呼ばれていることがあります。そういったことで混同がおこらないよう、国際的に決められているものが学名です。逆にいうと … のように略す慣習がある。植物では標準的な略記法が書籍 (Authors of Plant Names) にまとめられているのでそれにしたがうのが良い。一方、現在の国際動物命名規約のもとでは略記は不適当であるとされている (Appendix B.12)。, 命名後に属名が変わった場合は、はじめの命名者名(動物の場合、出版年号も)を、ヒョウ Panthera pardus (Linnaeus, 1758) のように、丸括弧に入れて表記する。この場合、最初にリンネが命名したときには別属(ネコ属であり、Felis pardus Linnaeus, 1758)だったものが、後に Oken によってヒョウ属に移されたことを示す。命名者と別属に移動した人物の両方を引用したい場合、括弧付き命名者名のあとに括弧なしで続けて Panthera pardus (Linnaeus) Oken または Panthera pardus (Linnaeus, 1758) Oken, 1816 のように記述する。動物の場合、属の移動者まで記述する事は希だが、植物の場合は非常に頻繁に見られる。属を移動した人物のみを引用する記法はない。, 動物においては、Papilio adippe [Denis & Schiffermüler], 1775 のように命名者が角括弧に囲まれている場合がある。これは当初の命名時に命名者が匿名・不明であり、のちに命名者が判明もしくは外的証拠により推定された事を示す。ただし動物の場合、匿名での命名が有効なのは1950年以前の発表に限られる。なお植物の場合、外的証拠による命名者の推測は現在でも有効で通常の命名者と同じ扱いとなり、角括弧は用いない。, 同一の種に別々の人物が異なる学名を命名して記載論文を発表した場合、原則として先に発表された学名が有効となる。逆に、別々の種に同じ学名が命名されてしまった場合にも、原則として先に発表された学名が有効となる。これを先取権の原則という。同一の種が異なる名を持つことはシノニム(異名・同物異名)、別の種が同じ名を持つことはホモニム(同名・異物同名)と呼ばれる。, ただし、先に発表されていた学名が、長い年月のあいだ誰にも気づかれることなく使用されず、その後に発表された学名のほうが広く知れわたっていて長く使用されていたと判明することもありうる。このような場合、学名の変更はその生物にかかわりのある分野へ大きな混乱を及ぼすおそれがある。これを避けるための措置が命名規約に明記されている。動物の場合、一定の手続きに従って審査を受け、それが受理されれば、先に発表された学名を遺失名として扱い、後から発表された学名をこれまでどおりに使用することができる。遺失名の決定は、動物命名法国際審議会の強権発動によってのみ行われる。植物の場合、その可能性がある学名をあらかじめリストアップして対処している。, 本来、ホモニム(同名)は先取権の原則や規約の規定により必ず回避されなければならないが、動物命名規約と植物命名規約は互いに独立しているため、界を越えたホモニムは今のところ規制する事が出来ない。実際に、属レベルでは植物と動物に同名属の存在が数例知られている。, 学名が指し示す対象は、厳密にはその「種」ではなく、記載者が記載論文で指定した「模式標本(タイプ標本とも)」そのもののみである。, たとえば、記載者がある、ごく身近で一般的な種「A」に「a」という学名を命名するために指定したつもりの模式標本が、後に、非常に近縁で紛らわしく、たいへん珍しい別の種「B」であると判明した場合には、これまで広く使用されよく知られていた学名「a」は、種「B」に使用され、なじみのある種「A」には、別の有効名を探すか、新たな種として記載する必要がある。, この、模式標本と学名との完全な対応関係は、日本の和名には見られない独自のシステムである。, 上記のように生物の種1つにつき、学名は1つが原則であるが、菌類については歴史的経緯により大規模な混乱が生じている。 記号の読み方の一覧は、おもにコ ンピュータプログラマーや情報処理に関する職業の人たちが使っている読み方の一例です。読み方は、各国によって違いがあります。 Wikipedia, the free encyclopedia.

難読漢字とは、その名の通り読み方が難しい漢字のことです。ここでは主に常用漢字表に記載されていない漢字・読み方や熟字訓など、普段あまり目にすることのない漢字(読み方)を紹介しています。 現在様々な分類群について、通常の優先権に従って学名を統一するか否かの検討作業が進められているところであるが、その結果が周知浸透するまでは長い時間がかかると考えられる。, ドメイン、界、門、綱、目、科などの、属よりも大きな区分には、最初の1文字が大文字で、それ以外は小文字の名前を用いる。これらは属名や種小名の字体(一般にイタリック体)と同じ字体は用いない。これらの分類群の学名を属名+種小名の前に続けて書くことはあまりしない。, さらに細分が必要な場合には、大・上・亜・下・小の接頭辞 (Magn-, Super-, Sub-, Infra-, Parv-) をつける。(例:下目、上科、亜科、等), また、科の下に Tribe を立てることもある。この階級に対する訳語は動物学と植物学で異なり、動物学では族、植物学では連と呼ばれる。, 生物分類の基本単位は「種」だが、さらに亜種・変種・品種と、細目に分類することがある。, 亜種名等は、種小名と同様の形式(一般にイタリック体ですべて小文字)で表記し、属名+種小名の後に続けて書く。, この表記を「3名法」とよぶ。ssp.

こんにちは。 AEAJ認定アロマセラピスト、アロマテラピーインストラクターのhiromiです。精油のプロフィールには必ず学名が記載されていますが、この読み方や意味はご存知ですか?AEAJの場合、精油の学名はアロマテラピーインストラクター試験の出題範囲です。

の Punctuation marks (英語)などを参考にしてください。 ー音訳の部屋へ戻るー 始めに 単位の読み方辞典(1)ではsi単位について記載しました。 単位の読み方辞典(2)では実際に使用する単位一覧を記載します。 単位一覧は物象の状態の量・呼び名・単位記号(単位の略字)・補助計量単位(10の整数乗単位)を記しました。 しかし、DNA配列情報が分類に利用可能となったことで、完全世代を見出さなくとも生物の系統的位置を知ることができるようになった。このために1992年のHolomorph Conferenceの場でこれを独立の分類群としては扱わないことが決められた。学名そのものの扱いについても後にテレオモルフが発見されても新たに学名を与えなくてよいことになった。そして現在有効な国際藻類・菌類・植物命名規約では、2013年以降1つの学名に統一することとなった。

等の符号は属名や種小名の字体(一般にイタリック体)にしない。なお、亜種や変種の無かった種に新たにそれらが作られた場合、元になった種には、種小名の後ろに基本亜種(変種)を示す亜種名(変種名)としてもとの種小名が繰り返される。これは新亜種(変種)の記載によって自動的に生じるものである。, なお、動物の場合、上に示した ハイイロオオカミ Canis lupus lupus のように、subsp. amara」, variantの略で、変種名を表します。変種とは、基本的な種とあまり違いはないが、気候などの理由からはっきり違いがわかるものを指します。例:イリス「Iris germanica var.

ga('create', 'UA-40277276-1', 'auto'); })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga');

アロマやハーブのことを知ろうとすると、必ずその植物の「学名」を見かけると思います。普通に植物を鑑賞するだけの場合は、ラベンダーはラベンダーであって、学名まで細かく見る必要はそこまでないかもしれません。しかし、その植物の香りや作用を考えて使用するとなると、意外に大切なものなのです。. 難読漢字一覧.

学名の読み方. そこで不完全菌として発見された菌は、まず不完全菌門に属する独立の菌として分類命名され、後に完全世代(テレオモルフ)が発見されれば完全世代としての分類命名が行われた。この場合、後者がこの菌の学名となるが、不完全世代に限っては前者の学名も使用が認められていた(国際植物命名規約第59条)。つまり1つの種につき、完全世代と不完全世代で2つの学名が存在していた。