例えば、上司から「昨日の私のスピーチ、どうだったかな?」と聞かれたとします。このシチュエーションで「良かったです」というのは明らかに上から目線。そんなときには「最高でした」あるいは「素晴らしかったです」と言い換える敬語的表現はいかがでしょうか? 間違いではないけれど、知っておくべきビジネスシーンで目上の人に使うのは「ちょっと微妙」なビジネス敬語を24個厳選してまとめました。ビジネスパーソンの方は必見です! 目上の人でありながら、疎遠な人、あまり好感が持てない人に対し、失礼のないように「それは良かったです」というニュアンスを敬語で伝えたい場合、「それはようございました」という敬語に言い換えることができます。敬語表現として参考にしてみて下さい。. この類語への言い換えとしては、シーンにもよりますが、「安心しました」「最高でした」「嬉しかったです」などがあります。後ほど紹介します。他にも、「素晴らしいです」「光栄です」などが挙げられます。基本的に自分の感想にすると「上から目線感」がなくなります。, ビジネスメールでよくあるのが、「お会いできて良かったです」という表現を使いたくなるシチューエーションです。確かに「お会いできて良かったです」なんですが、これは上から目線の使い方になってしまいます。これを適切な敬語表現に変えるにはどう表現したら良いでしょうか? 「社会人としてのビジネスマナーの基本をもう一度見直したい」と思っている人に向けた本シリーズ記事、今回のテーマは「敬語」です。間違えやすい敬語の実例50選として、ビジネスシーンで注意しなければいけない言葉や表現の間違った使用例をまとめてみました。 次に、「御社のビジネスのお役に立てて良かったです」を言い換えましょう。この場合、言いたいのは「私達は御社のお役に立てて嬉しいです」という気持ちのはずです。 「良かったです」という使い方は敬語として適切かどうか、ご存知でしょうか?実は「良かったです」という言い回しは敬語ではなく、ビジネスではふさわしくない言い方なんです。ここでは、「良かったです」の類語やメールでの使い方、英語表現などについて説明していきます。 「良かったです」という使い方は敬語として適切かどうか、ご存知でしょうか?実は「良かったです」という言い回しは敬語ではなく、ビジネスではふさわしくない言い方なんです。ここでは、「良かったです」の類語やメールでの使い方、英語表現などについて説明していきます。, 良かったです、という言葉は敬語とは言えません。理由は、敬語の成り立ちから考えるとすぐに分かります。敬語とは、相手を敬う気持ち、その気持ちから素直に相手を持ち上げるか自分をへりくだる表現が生まれます。これが敬語の成り立ちです。

ビジネスシーンで「良かったです」という言葉を敬語として使っていませんか。上司からの連絡にほっとして思わず出てしまった「良かったです」は実は敬語ではありません。今回は、他の言葉で言い換えたり、正しい敬語を使った返事の仕方をまとめてみました。 レターパックには、「ライト」と「プラス」の2種類があり、様々な用途で利用されています。レターパックを賢く利用するには、用途... 手紙の時には気にしませんがビジネスなどで封筒を扱う時に、封筒のしめ方にマナーがあることを知らずにいると、大失敗の原因になり... ビジネスでは欠かすことのできない売上と原価の関係を正しく理解していますか?粗利と粗利率の違いとは?原価率とは?利益率の計算... クレジットカードを申し込む際の同一生計者、生計を同一とする世帯人数という項目。「何人で回答すればいいのか?」と疑問をお持ち... 貴社様という言葉の使い方や、そもそも「貴社様」と「様」を付けて表現しても間違いではないのか、貴社と御社の違いは等々。貴社様... 「職位」という用語をビジネスなどで聞くことがありますが、「職位」とは何を指すのでしょうか。役職や職務とは何が異なるのか、明... この記事では、叔母と伯母の違いについて解説します。叔母と伯母の違いだけではなく、使い分けの方法やその覚え方、読み方もご紹介... プラチナカードと言えば、ゴールドカードよりは上で、ブラックカードの下に位置する高級カードですが、年収がかなり多くないと作れ... ニュースなどでよく見かける国会に関すること。普段生活しているうえではあまり気にしませんが、政治は私たちの生活に根差したもの... 共産主義、社会主義とは何でしょうか。どう違うのかといわれると中々説明できない方も多いかもしれません。ここでは共産主義、社会... 社会人になると必ず一度は出席することになる宴会。挨拶に順番があったり、依頼する方の役職が決まっていたり、知らないと恥をかく... 「幸甚」という言葉は日常生活の中では滅多に使われないため、読み方も意味も知らない人も多いでしょう。ビジネス文書などで使われ... 三回忌のお布施の金額相場、お布施を入れる封筒の書き方や渡し方・マナーなどの三回忌のお布施について知りたい人に三回忌のお布施... ヒアリングシートの役割、メリットを紹介します。役割、メリットを知れば効率的な作り方、使い方が出来るようになります。無料のテ... つい使いがちな「なので」という言葉ですが、実は敬語表現ではありません。そのため、「なので」をビジネスや面接で使うことはマナ... ビジネス文書などで比較的良く使われる言葉に「何卒」という言葉がありますが、何卒とはどのような意味なのでしょうか。何卒とはど... 仕事を辞めたあとに、履歴書や職務経歴書にある退職理由の書き方や、仕事を辞めるときの退職願か退職届か迷わないように、読み進め... 皆さん「寸志」という言葉の意味をご存知ですか?寸志とは、お礼や感謝のちょっとした気持ちを金銭や品物で表す際に使う言葉です。... あなたは、「もらう」を正しく敬語で表現することはできますか?ビジネスで必要な尊敬語や謙譲語を、使える例文を用いてわかりやす... 美しい日本語ですが、敬語や謙譲語の使い方は日本人でも難しいもの。「御社」「弊社」をはじめ会社を指す言葉は社会人になると使う... 社会人になると様々な場で家族構成を提出する場面があります。家族構成に本人は入るのでしょうか?同居している家族、子供はどう記... マイホームを持つ時に、土地を買って工事を始める前に行なう地鎮祭。そうそう経験する事ではないため、地鎮祭の流れや服装、準備に... 社長や会長の正しい呼び方をご存知でしょうか。社長であれば「社長」と「社長様」の二択で迷う人が多いと思いますが、実は「社長様... 会社内の仕事は、そこで働く全ての人が力を合わせる事で進んでいきます。ですがたまには体調不良で仕事を休む時もあります。体調不... 「遅延証明書」のもらい方をご存知でしょうか。「遅延証明書」のもらい方について徹底的に解説していきましょう。電車やバスで乗り... 「平素よりお世話になっております」という表現の意味と使い方をまとめました。ビジネスシーンで使うことが多い「平素よりお世話に... お小遣い用で使用していたけれど、今は使っていないなど様々な理由でタンスに眠っている銀行口座はありませんか?そんな銀行口座を... 「頑張ってください」は敬語に思えるけど、上司や目上の人に「頑張ってください」と言ってよいのでしょうか。気さくな上司の方なら... 同じ内容のメールの宛名を複数人に送信する場合、CCやBCCの機能を使い一斉送信すると便利です。一方でメールの一斉送信の際に... 様々なシーンで使う封筒ですが、封筒の裏側に差出人を書くときに、どのような書き方をするか迷うときはありませんか?そこで、横書... 授業や会議などを欠席する場合のメールの送り方には気をつけたいところです。特に相手先が就活やビジネスの場合にはその後に与える... 社会人の「顔」ともいえる「名刺」ですが、うっかり持ってくるのを忘れた!なんて経験はありませんか?名刺を取りに戻る時間もない... 「良かったです」という使い方は敬語として適切かどうか、ご存知でしょうか?実は「良かったです」という言い回しは敬語ではなく、... 四季のある我が国日本でも冬の訪れへと近づくのが11月です。1年を締めくくる時期まであとわずかという11月の時候の挨拶では、... 現金書留の送り方についてまとめています。現金をそのまま封筒に入れて郵送することは禁止されています。現金を郵送するには、現金... 通常の会話やビジネスなどで使われることがある「近日中」という言葉ですが、近日中とはどれくらいの日数のことを指すのか。ここで... 御礼や感謝の気持ちを「寸志」として包むことがよくあります。「寸志」に使う封筒の表書きは立場や会の内容により「寸志」では失礼... 「良かったです」は敬語として正しい?ビジネスでの使い方や類語・英語表現も紹介のページです。Kuraneo[クラネオ]は暮らしの知識やファッション・恋愛や生活雑貨に関するライフスタイルメディアです。, 今回の記事では、ビジネスメールの返信の基本的なマナーなどについてお伝えします。お礼の場合なども含めて非常に注意点の多く書き方の難しいビジネスメールですが、返信の例文なども交えながら細かい部分までしっかり掘り下げながら解説します。. 例えば、うまく行った出来事を「良かったです」と表現する場合、相手の状況を心配して、でも大丈夫だったと知ったときの「良かったです」など、シチュエーションは様々です。その時々でいろいろな類語の使い方があります。以下では、いくつか紹介していきます。, 例えば、あなたの上司が「懸案だったA社の受注がついに決まったよ!」とおっしゃったら、何と答えるでしょうか?つい「良かったです」と言いたくなりますが、それは上から目線だとご説明しました。 次に、「良かったです」を考えると、良い、悪いのジャッジをしていることになります。つまり、目上の人の何らかの発言に対し、目下の自分がジャッジすることになり、「上から目線」のコメントになってしまいます。これが「良かったです」という表現が敬語とは言えないゆえんです。, 「良かったです」ということを適切に敬語表現しながら、目上の方に失礼でない方法でお伝えしなければなりません。その考え方で正しい敬語表現を考えると、適切な形で「良かったです」という気持ちを変えて表現すれば良いことに気が付きます。

ビジネスでよく使われる「やり取り」は、直接会話の中で使える言葉ではありません。「やり取り」の類語や敬語表現をまとめました。「やり取り」の意味や使い方を例文で紹介しています。場面に応じた「やり取り」の類語を多く知って印象のよいビジネス会話に役立てましょう。 相手を優先した気持ちを表した「もしよろしければ」という敬語表現はいかがでしょうか?少しの違いですが、こちらは「あなたの意思を尊重します」という気持ちが隠れているため、リスペクトが感じられる敬語表現です。, 「良かったです」の類語の使い方について見ていきましょう。「良かったです」と思う気持ちはどのようなシチュエーションでしょうか?状況に応じて、「良かったです」の類語も変わってきます。 例えば、「もしよかったら」という表現が挙げられます。日常会話では普通に使いますが、目上の方や大事なお取引先にはこの様な表現はリスペクトが感じられない表現になります。その理由は「私はどっちでもいいけど」が隠れているからです。これは失礼な言い方になります。 ビジネスシーンでは「安心します」と現在形で使う場合もありますが、これは間違いです。この表現は過去形のみになるため、気を付けましょう。また、「安心しました」という表現は話し言葉としても、メールでも使うことができるので敬語ではありませんが、覚えておくといいかもしれません。, メールでは「良かったです」ではなく「幸いに存じます」などと敬語に言い換えましょう。「幸甚に存じます」という言い方もビジネスシーンではよく使いますが、この「幸甚」という言葉は、非常に幸いであるという意味になります。敬意を込めて感情を伝える場合、より気持ちが強い時に「幸甚」という言葉を使い、さらに敬語の「存じます」をつけてメールを送ってみましょう。, 「良かったです」という言葉をメールで使う場合は、「嬉しく存じます」「光栄に存じます」という言葉で言い換えましょう。「嬉しい」という言葉は敬語ではありませんが、「思います」という言葉を敬語で「存じます」と表現しましょう。たとえば、「私もそういっていただけると嬉しく存じます」と敬語を使ったメールをすることで相手はとても丁寧な人という印象を持ってくれるかもしれません。 何気なく使っている「ありがとう」という言葉ですが、その意味や語源を知っていますか?実は「あり... 「大丈夫です」という言葉、よく使っていませんか?とても便利な言葉ではあるのですが、この言葉は... 管理栄養士、ライターとして活動しています。食やライフスタイルなど気になったことを書いていきたいと思います。, That is wonderful news.(いいニュースが聞けて嬉しいです。), I am pleased to meet you.(あなたにお会いできて光栄です。), It is great to hear from you.(あなたからの知らせが届いて嬉しく存じます。), It's awesome to see you again.(再会できてとても嬉しい。), It's superb to get your news.(君の知らせが届いて感激です。), My colleague is very reassured to hear your bag was found.(同僚は貴方の鞄が見つかったときいてホッとしていました。). 使われない理由としては、敬語だが言い回しが古い点、丁寧表現のみであり使うケースが限定される点が挙げられます。ただ、「それは」をつけた場合に限り、使われるケースはまだ見受けられます。

メールや手紙などで使われることがある「心待ちにしております」という言い方は、ビジネスでもプライベートでも使える敬語表現です。「心待ちにしております」の使い方の例文や、「心待ちにしております」の言い換えができる類義語をご紹介しましょう。

その場合、「お会いできて光栄でした」と変えてみてはいかがでしょうか?相手の方も悪い気はしないですし、相手に対するリスペクトが伝わり、立派な敬語表現になります。 メールや手紙などで使われることがある「心待ちにしております」という言い方は、ビジネスでもプライベートでも使える敬語表現です。「心待ちにしております」の使い方の例文や、「心待ちにしております」の言い換えができる類義語をご紹介しましょう。, 「心待ちにしております」という言葉は、ビジネスメールやプライベートの手紙など色々な場面で使われることがあります。「心待ちにしております」という言葉を間違って使っているという人は少ないでしょう。それほどに「心待ちにしております」という言葉は日本人の生活の中になじんでいる言葉だと言えます。, 「心待ちにしております」という言葉は、ビジネスシーンにおいて取引先にメールを送る時に使われたり、プライベートで友人や知人に手紙やメールを送る時に使われたりすることが多く、使ったことがある人も少なくないでしょう。, それではまず、「心待ちにしております」という言葉の使い方と意味についてご紹介しましょう。, 手紙やメールなどでなじみのある「心待ちにしております」という言葉の使い方は、敬語表現での使い方です。「心待ちに」という言い方はとても美しい日本語の使い方で、それに「しております」というとても丁寧な言い回しがくっついています。この二つがくっついたことにより、さらに丁寧な敬語表現となっています。, 「しております」は「しています」よりも丁寧な敬語になりますので、「心待ちにしています」という言い方より「心待ちにしております」という言い方の方が、より丁寧な言い方になります。, 「心待ちにしております」という言葉は、とても丁寧で美しい敬語表現であると言うことができるということです。, 「心待ちにしております」という言葉の使い方は敬語表現だとご紹介しましたので、次は「心待ちにしております」の意味についてご紹介します。「心待ちにしております」の意味の一つ目は、「期待して待つ」という意味です。「心待ち」という言葉の文字からイメージできるように「心待ち」には「心から待っている」という意味があります。, 「期待」の意味は「何かをあてにし、心待ちにすること」「将来それが実現するよう待ち構えること」で、意味の中に「心待ち」が入っていますので、「心待ちにしております」の意味である「期待して待つ」は類義語でもあると言えます。, 「心待ちにしております」の意味の二つ目は、「待ち望む」という意味です。「待ち望む」の意味は「早くそうなるように非常に期待して願う」という意味ですので、「心待ちにしております」はどのぐらい楽しみに期待している状態なのかということがよくわかるでしょう。, つまり「心待ちにしております」は相手に対して自分がどれほど期待しているのかを表す言い方だということです。, 「心待ちにしております」は敬語表現だということと、「心待ちにしております」の意味は「期待して待つ」「待ち望む」だということをご紹介しましたので、次は「心待ちにしております」を使うのはどういうシーンなのかについてご紹介します。実は、「心待ちにしております」は意外に色々な場面で使われています。, 「心待ちにしております」という敬語表現はちょっと堅いイメージがあるため、ビジネスシーン以外では使われないようなイメージもありますが、そういうわけではありません。「心待ちにしております」はビジネス以外でも使われることが結構あります。, それでは「心待ちにしております」はどのようなシーンで使われるのか、「心待ちにしております」が使われるシーンについていくつかご紹介しましょう。, 「心待ちにしております」を使うシーンの一つ目は、ビジネスシーンです。取引先の人と会う前などにメールを送る際に「お会いできるのを心待ちにしております」などというような「心待ちにしております」の使い方をするなど、ビジネスシーンにおいて「心待ちにしております」を使うシーンはかなり多くあります。, 「心待ちにしております」は「期待して待つ」「待ち望む」という意味ですので、そういった気持ちを取引先などに伝えることによって交流が円滑に行われるため、「心待ちにしております」という敬語表現を使うのがビジネスシーンです。.